« 第1章 抑止力としてのICC〜ICCの傘の下へ移動せよ!/2.ICCのすごいところ! | トップページ | 第1章 抑止力としてのICC〜ICCの傘の下へ移動せよ!/【豆知識5】人道法に実効性を持たせるために何をする? »

第1章 抑止力としてのICC〜ICCの傘の下へ移動せよ!/【豆知識4】国際人道法の流れ

国民あげての総力戦や無差別爆撃、正規兵同士の戦闘とは違った形態で進められるゲリラ戦、そして、正当化されうる軍事目的をはるかに超える被害をもたらす、さまざまな大量破壊兵器の出現、文民犠牲者の爆発的増大……。
 19世紀以降、戦争のもたらす被害は拡大の一途をたどり、その抑止が、全人類にとっての深刻かつ重大な課題として浮上してきた。この課題を解決すべく発展してきたのが、国際人道法だ。
 ICC設立につながった、国際人道法の歴史を語るうえで欠かせない条約と、戦争裁判を、あげてみよう。

 1907年 ハーグ陸戦条約
 1946年 ニュルンベルグ裁判、東京裁判
 1948年 ジェノサイド条約
 1949年 ジュネーヴ諸条約
 1977年 ジュネーヴ諸条約の追加議定書
 1993年 旧ユーゴスラビア国際刑事法廷
 1994年 ルワンダ国際刑事法廷
 1998年 ICC規程(国際刑事裁判所規程)
Joyaku_2

▼「ハーグ陸戦条約(陸戦の法規慣習に関する条約)」は、捕虜の待遇や占領国の占領行政上の義務などを定めた他、害敵手段の基本原則である「軍事目標主義」を掲げるなど(第25条、第27条)して、害敵手段を制限した。その源流には、

 「戦争において国家が達成しようと努めるべき唯一の正当な目的は、敵の軍事力を弱めること」であり、
 「そのためにはできるだけ多数の者を戦闘外に置けば十分」であり、
 「すでに戦闘外に置かれた者の苦痛を無益に増大したり、その死を必然的にしたりするような兵器の使用は、正当な目的の範囲を超え」「人道に反する」

 としたサンクト・ペテルブルク宣言(1868年12月。「蝦夷島共和国」がフランス政府に承認されるちょっと前、のことだそうな)がある。
 この「ハーグ陸戦条約」は、第2次大戦の敗戦国を裁いたニュルンベルグ裁判で、1939年までに慣習法化したことが認められた。現在では、あらゆる国を拘束する慣習法として確立している、と言えよう。

▼ニュルンベルグ裁判、東京裁判では、「人道に対する罪」「平和に対する罪」という概念が登場した。また、「ジェノサイド条約」は、ナチスによるホロコーストのような悲劇を繰り返さぬために、ジェノサイドを禁止(ジェノサイドについては、本章「3.ICCが裁く犯罪リスト」を参照)。

▼1949年のジュネーヴ諸条約は、
 「戦地にある軍隊の傷病者の状態の改善に関する条約」(第1条約)
 「海上にある軍隊の傷病と難船者の状態の改善に関する条約」(第2条約)
 「捕虜の待遇に関する条約」(第3条約)
 「戦時における文民の保護に関する条約」(第4条約)
 からなる。第4条約の「文民」は、主として「締約国にとっての外国籍者」を指す。内戦(非国際武力紛争)に適用される規則が、ここで登場した。
 このジュネーブ諸条約は、2005年2月末現在、192カ国が批准や加入などの形で遵守を約束している。ちなみに191は国連加盟国の数と同じ。

▼「ジュネーヴ諸条約の追加議定書」は、国際武力紛争(植民地支配や外国の占領、あるいは人種差別体制に対して闘う武力紛争を含む)についての「第1追加議定書」と、非国際武力紛争についての「第2追加議定書」からなる。
 第2次大戦後の植民地独立戦争や、ベトナム戦争で新しく噴出した被害、そして何より、第1次大戦以降爆発的勢いで増大してきた文民被害を抑えるために、文民や捕虜、傷病者の保護を拡大・強化しつつ、「軍事目標と民用物の区別原則」を徹底。「戦闘行為(敵対行為)(←【豆知識7】参照)を差し控える」のを条件に、正規軍か不正規軍かなどにかかわりなく、すべての傷病者、難船者が「第1追加議定書」でカバーされることになった。
 なお、「第1追加議定書」を中国、北朝鮮、ロシアは批准しているが、アメリカ、イギリス、イスラエル、フランスは批准していない。しかし、批准・加入のペースから見て「第1追加議定書」はすでに慣習法になっている、それどころか、一般国際法の地位に近づいている、との見解もある(Abi-Saab)。実際、アメリカとイスラエルでさえ、「第1追加議定書」中のすべての慣習規則を尊重することを、正式に表明しているほどだ(『国際人道法』藤田久一、p245,248,271-272)。

▼第2次大戦後、ニュルンベルグ裁判や東京裁判のような臨時の裁判所ではない、常設の国際刑事裁判所を創ろう、という動きがあった。しかし、東西冷戦の発生で、とん挫。冷戦終了後、常設裁判所を求める声が再び高まり、ユーゴ内戦やルワンダ内戦の残虐な現実が、設立に向けた動きを加速。ついにICC規程が生まれた。
 ICC規程は、「人道の罪」と「ジェノサイドの罪」、「ジュネーブ諸条約」とその「追加議定書」の重大な違反、国際慣習法の重大な違反について、裁判権を持つ。ICCはまさに、20世紀の戦争がもたらした惨禍を2度と繰り返さぬためにと編み出された国際人道法の、ひとつの集大成なのだ。

批准国(2006年6月末現在)
 ジュネーヴ諸条約 192カ国(たぶん)
 ジュネーヴ条約第1追加議定書 162カ国(おそらく)
 ジュネーヴ条約第2追加議定書 157カ国(きっと)
 ICC規程 100カ国(署名済みで批准待ち43カ国)

|

« 第1章 抑止力としてのICC〜ICCの傘の下へ移動せよ!/2.ICCのすごいところ! | トップページ | 第1章 抑止力としてのICC〜ICCの傘の下へ移動せよ!/【豆知識5】人道法に実効性を持たせるために何をする? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61333/10945426

この記事へのトラックバック一覧です: 第1章 抑止力としてのICC〜ICCの傘の下へ移動せよ!/【豆知識4】国際人道法の流れ:

» これが1929年ジュネーブ国際協定だ!〜翻訳文、NPJに掲載! [情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士]
 1929年のジュネーブ国際協定について、早速、訳文を送っていただいた。そこで、News for the People in Japan に全文を掲載してもらった。上記トップページの5段めの右から2つめの列「資料」の一番上に掲載してある(直接ならこちら)。 ★追記:その後、テキスト化されたものが、ここ、ここにあるとの情報をいただきました。  負傷した捕虜に対する治療、家族への手紙を書く権利、補充部隊と同様の食料を食べる権利、補充部隊と同様の寝室を得る権利、逃走しても最大30日間の投獄しか課せられ... [続きを読む]

受信: 2007年6月13日 (水) 07時47分

» 原発危機:なぜ2号機ピットから噴き出てる水をバケツで受けない? [静かなる革命2009]
おめでとう!やったね. 汚染水の流出止まる 福島第1原発2号機 2011年4月6日 06時52分 http://www.excite.co.jp/News/science/20110406/Kyodo_OT_MN2011040601000068.html  福島第1原発2号機の取水口付近で高濃度の放射性物質を含む水が海に流出していた問題で、東京電力は6日、薬剤注入の結果、同日未明に流出が止まったと発表した。 とりあえず,2号建屋のピットから流出している高濃度放射性廃水を止... [続きを読む]

受信: 2011年4月 6日 (水) 10時36分

« 第1章 抑止力としてのICC〜ICCの傘の下へ移動せよ!/2.ICCのすごいところ! | トップページ | 第1章 抑止力としてのICC〜ICCの傘の下へ移動せよ!/【豆知識5】人道法に実効性を持たせるために何をする? »