最近のトラックバック

無料ブログはココログ

護憲派アマゾネス軍団

複国籍PT


2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

音楽

2012年12月25日 (火)

かわりばんこで爆発をして 汚染の肥料をまきちらして  ぐんぐんがれき燃やして もうダメそうじゃん(2分の位置♫)

2分の位置 (from 『メロディを求めて』 T.Ukiyoye, copyleft)

 このように私は聞いた。
 ある日、そのポニーテールの女剣士は、京都は太秦映画村、ではなく、三条河原町近くの旅籠の前で、くのいちガールと竹刀ボーイ、そして、大きな鎖鎌を抱えたべっぴんさんと並んで、言った。

「今から伝えるのは、できたばかりの歌の歌詞です。
 まだ、曲はありません。
 よい曲がつけば良いのですが、どうなるかはわかりません。
 そこで、今から、通りすがりのあなたがたに、歌詞を伝えます。
 よく覚えて、素敵なメロディにのせて、くちずさんでください。
 気分がひょっとしたら、よくなるかも知れません」

 そして、女剣士は、竹刀ボーイと鎖鎌のべっぴんさんに目配せすると、くのいちガールと声を合わせて、朗々と、詩のようなものを、そらんじはじめた。
 竹刀ボーイは、それに合わせてひらりひらりと、鎖鎌のべっぴんさんがどすんと据えた、落語高座脇にかかげられた「めくり」のようなものを、流れるように、めくっていった。そこには、女剣士たちのそらんじる歌詞が一行ずつ、書かれていた。

「背中に罵声をどっと浴びて 駆け出した
 安全バイアスみたいな心理がじゃまだね どっかいっちゃえそんなのさ

 黙ってると 被曝しそうだから こんな社会
 半径数百キロの圏外でもっと もっとくつろいでたいのさ

 かわりばんこで爆発をして 汚染の肥料をまきちらして
 ぐんぐんがれき燃やして もうダメそうじゃん
 初めて感じた国の狂気 誰よりも強くなりたい
 あったかいリズム 2コの心臓がくっついてく

 唇と唇 瞳と瞳と 手と手
 神様は何も禁止なんかしてない 愛してる 愛してる 愛してる

 やつらまだ懲りてない 言葉じゃわかんない
 苦しくて せつなくて 逃げたくて パンクしちゃう

 そっぽ見て待ってるから ポッケの迷ってる手で やつらを殴って
 恋してるチカラに魔法をかけて」

 生命のチカラを揺さぶり起こすかのような活力あふれる二人の声に引き寄せられて、道ゆく人びとは皆、足を止めた。
 「2番も、あるよ!」
 くのいちガールがジャンプしてシャウト!
 どっと歓声が上がり、二人は互いに目配せをして、2番をそらんじはじめた。

「いつも一緒に遠回りしてた 帰り道
 ストロンチウム こぼれるような空に 何だか angry & sad

 あたしたちってどうして生まれたの こんな国に
 一人で考えてもみるけど やっぱへたっぴなのさ

 見えなくなるほど遠くに ただちに逃げれる思い切り
 うらやましくて危険厨になりたかった

 死んだ土地より生きる人 誰よりも強くなりたい
 ちっちゃな頃みたい へんね涙こぼれてく

 唇と唇 瞳と瞳と 手と手
 同じもの同じ感じかたしてるの 愛してる 愛してる 愛してる

 やつらまだ懲りてない 言葉じゃわかんない
 逃げれないって 言われても このままダッシュしたい
 バイバイのキックするから 最後の一瞬まで あきらめないで
 太陽がずっと沈まないように」

 一瞬の静寂の後、割れんばかりの喝采が響き渡った。
 拍手と歓声で、旅籠も揺れた。壊れそうになった。

 ざわめきが少し収まったところで、女剣士が言った。
「いよいよ、シメです」
 女剣士とくのいちガールは、三たび、声を合わせてそらんじはじめた。

「一コの夕陽ぽつんとふたりで見てた きれいだけどもさ
 なんか違ってるね なんか余分だね… 守るから!!

 広瀬隆が予言した通り 原発が
 爆発したけどひとつになりたい
 あったかいリズム 2コの心臓がくっついてく

 唇と唇 瞳と瞳と 手と手
 神様は何も禁止なんかしてない 愛してる 愛してる 愛してる

 やつらまだ懲りてない 言葉じゃわかんない
 苦しくて せつなくて 逃げたくて パンクしちゃう

 そっぽ見て待ってるから ポッケの迷ってる手で やつらを殴って
 恋してるチカラに魔法をかけて 太陽がずっと沈まないように」

 あの日以来、あの女剣士と、くのいちガール、竹刀ボーイと鎖鎌のべっぴんさんに出会った者はない。
 そして、気分がよくなるメロディは今も浮かんでこない。困ったものだ。


にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村  
人気ブログランキングへ

2012年7月12日 (木)

げんぱつやめ いきるみらい つかもう (げんぱつじこ・まっくす♫)

げんぱつじこ・まっくす (from 『メロディを求めて』 T.Ukiyoye, copyleft)

 このように私は聞いた。
 ある日、その托鉢僧は、とある街角で、ピンポンダッシュを30回繰り返して、言った。

「今から伝えるのは、できたばかりの歌の歌詞である。
 まだ、曲はない。
 よい曲がつけば良いのだが、どうなるかはわからない。
 それゆえ、今から、通りすがりのあなたがたに、歌詞を伝える。
 よく覚えて、素敵なメロディにのせて、くちずさんでほしい。
 気分がひょっとしたら、よくなるかもよ」

 そして、僧は、朗々と、詩のようなものを、穏やかに、そらんじた。

「まっくす! まっくす! まっくす!
 まっくす! まっくす! まっくす!
 げんぱつじこ まーっくす!

 あじあの はてで やってしまった
 ぼくらのあすを つみとる じこ

 よくぼうだけが どうりょくげんで
 だいじなものを こわす ようき

 あきらめないで つたえよう
 なみださえ つよさに かえたら

 まっくす! まっくす! まっくす!
 まっくす! まっくす! まっくす!

 せいいっぱい みらいをいま めざそう

 まっくす! まっくす! まっくす!
 まっくす! まっくす! まっくす!
 げんぱつじこ まーっくす!」

 銀河の彼方から届いてくる光のような不思議なその声に、誰もが立ち止まり、耳を傾けた。
 僧は、言った。
「2番も、ある」

「どんなひがいも ますこみつかい
 ふうひょうだよと きずな するよ

 うそつく きみが おしえてくれた
 じぶんでしこう がんばること

 なげださないで いつのひにか
 きぼうを つかみとる このてで

 まっくす! まっくす! まっくす!
 まっくす! まっくす! まっくす!

 げんぱつやめ いきるみらい つかもう

 まっくす! まっくす! まっくす!
 まっくす! まっくす! まっくす!
 げんぱつじこ まーっくす!」

 メロディもないのに、聴衆たちは老いも若きも、思い思いのリズムをとり、からだをゆらしはじめていた。
 僧は、言った。
「いよいよ、しめである」

「ひさいがくれた めっせーじ
 いつも むねのおくに だきしめ

 まっくす! まっくす! まっくす!
 まっくす! まっくす! まっくす!

 せいいっぱい みらいをいま めざそう

 まっくす! まっくす! まっくす!
 まっくす! まっくす! まっくす!

 げんかいこえ いきるあかし つかもう

 まっくす! まっくす! まっくす!
 まっくす! まっくす! まっくす!

 うるとらまん まーっくす!」

 あれ??


にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村  
人気ブログランキングへ

2012年7月11日 (水)

想い出はいつもキレイだけど それだけじゃ 被曝をするわ (がいがあ♫)

がいがあ (from 『メロディを求めて』 T.Ukiyoye, copyleft)

 このように私は聞いた。
 ある日、ほおに大きな×印のある小柄なその托鉢僧は、お江戸下町、破落戸長屋の脇で、言った。

「今から伝えるのは、できたばかりの歌の歌詞でござる。
 まだ、曲はない。
 よい曲がつけば良いのだが、どうなるかはわからない。
 それゆえ、今から、通りすがりのあなたがたに、歌詞を伝える。
 よく覚えて、素敵なメロディにのせて、くちずさんでほしい。
 気分がひょっとしたら、よくなるかもでござるよ。にんにん。」

 そして、僧は、隣に立つ、「悪」の一文字を上着の背中に染め上げた、目つきの穏やかでない若者に目配せすると、朗々と、詩のようなものを、そらんじはじめた。
 若者は、それに合わせてひらりひらりと、落語高座脇にかかげられた「めくり」のようなものを、流れるように、めくっていった。そこには、僧のそらんじる歌詞が一行ずつ、書かれていた。

「大キライだったガイガーをちょっと
 ひとなでしてタメ息をひとつ
 御用発の嘘はみごとに
 燃料棒と一緒に溶けた

 前よりももっと やせた胸にちょっと
 “チクッ”とささる核種がイタイ
 政府テレビも あてにならないわ

 もっと遠くまで 一緒にゆけたら ねぇ
 うれしくて それだけで

 想い出はいつもキレイだけど
 それだけじゃ 被曝をするわ

 本当は せつない夜なのに
 どうしてかしら? あの人の笑顔も思い出せないの」

 透き通る、どこかもの悲しげな涼風真世風の声の響きに、皆が吸い寄せられるように、立ち止まった。
 僧は、言った。
「2番も、あるでござる」
 そして、僧は、再びその澄んだ声で、続けた。

「かくして だまして またひばくさせ
 それがヤツらの戦略だから
 のんきな気持ちで あやふやなままで
 どうでもイイ 政府にしてきた

 おもいきりあいた 格納容器のピアスには ねぇ
 笑えない 核種たち

 ガイガーの数値ながめてみる
 汚れたぬいぐるみを抱いて

 胸をさす 核種は 消えないけど
 カエルちゃんも ウサギちゃんも
 笑ってくれるの」

 「子猫ちゃんや小熊ちゃんは?」
 通りすがりの幼子の問いかけに僧はにこりと頷き、「それもよいでござるな」と言うと、再び、続けた。
 「サビでござる」

「想い出はいつもキレイだけど
 それだけじゃ 被曝をするわ

 本当は せつない夜なのに
 どうしてからしら? あの人の笑顔も思い出せないの

 思い出せないの
 どう… La La La La La La
 どうしてなの?」

 あの日以来、あの托鉢僧と目つきの穏やかでない「悪」一文字の若者に出会った者はない。
 そして、気分がよくなるメロディは今も浮かんでこない。困ったものだ。


にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村  
人気ブログランキングへ

2012年6月27日 (水)

【追記アリ】原発再稼働反対デモ@首相官邸前on金曜日へ向けて「ドジョウもん」の唄を歌う

花金、仕事帰り、ちょいと官邸前まで再稼働反対デモに(BLOG BLUES、2012.6.26)

 金曜日は、首相官邸前で原発再稼働反対デモ!

 先週は4万5千人集まったって!?
 今週目指すは10万人だって!!!!!!?????

キタワァ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:*・゜゚・* !!!!!

 10万人、100万人が首相官邸を囲む様を、見てみたい! そこに居てみたい!!

 と願いつつ、京都から出かけるのは残念ながら今は無理ですが、
 それでもやはり、心は共に!

 当日は、どじょうさんやドジョウもんの唄ほかを、東の空へ向けて歌いつづけ、連帯の明石焼き、いや、証しといたします!!

 あ、食事中とかはお休みご容赦!

 参加される皆さま……なんだかとっても、羨ましい!!!
 そして、

さんくす♪(o ̄∇ ̄)/!!






『メロディを求めて』(T. Ukiyoye, copyleft)より。ドジョウもんの唄。
 このように私は聞いた。
 ある日、その托鉢僧は、広場の土管の脇で、耳のない青く二本足で立つ狸を従えるように立って、言った。

「今から伝えるのは、できたばかりの歌の歌詞である。
 まだ、曲はない。
 よい曲がつけば良いのだが、どうなるかはわからない。
 それゆえ、今から、通りすがりのあなたがたに、歌詞を伝える。
 よく覚えて、素敵なメロディにのせて、くちずさんでほしい。
 気分がひょっとしたら、よくなるかもよ」

 そして、僧は、朗々と、詩のようなものを、そらんじた。



   (略)

「どじょうは いいな
 むせきにんで いいな
 あんなきけん こんなきけん
 いっぱいあるけど
 みんな みんな みんな
 むしして さいかどう
 りけんの きずなで
 またまた れべる7

 「どうして げんぱつ やめないの?」
 「あとは! のとなれ! やまとなれ~!」

 ふあん ふあん ふあん
 とってもあぶない
 げんしりょく

 ふあん ふあん ふあん
 とってもあぶない
 ほうしゃのう」


【追記】
某所で拾ってきた。京都もあるじゃん! 行けるかな???

★6.29(金)★

東京!福井!大阪!京都!



【東京・官邸】&【大阪・関電】緊急!首相官邸前抗議&関電前抗議18:00~
http://coalitionagainstnukes.jp/?p=623

【京都】関西電力京都支店前 抗議行動
 https://twitter.com/kyoto2012/status/216874183181869056

【福井】大飯原発再稼働だめ!風船アクション 11:00~ http://greens-kyoto.jimdo.com/

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村
 

人気ブログランキングへ

 

2012年6月 4日 (月)

どじょうさん (from 『メロディを求めて』 T.Ukiyoye, copyleft

メロディを求めて T.Ukiyoye, copyleft

(1)
…略…

(2)



 このように私は聞いた。
 ある日、その托鉢僧は、四条大橋の東北角にて、脇にサザエ、マス、タラ、カツオ、ワカメの入ったカゴを置いて、言った。

「今から伝えるのは、できたばかりの歌の歌詞である。
 まだ、曲はない。
 よい曲がつけば良いのだが、どうなるかはわからない。
 それゆえ、今から、通りすがりのあなたがたに、歌詞を伝える。
 よく覚えて、素敵なメロディにのせて、くちずさんでほしい。
 気分がひょっとしたら、よくなるかもよ」

 そして、僧は、朗々と、詩のようなものを、そらんじた。

「じしんでこわれる げんぱつ ほおっかむり
 めざすは さいかどー ようきな どじょうさん
 みんなが わらってる おひさまも わらってる
 る〜るる るるっる〜 きょうも のうてんき〜

 きじゅんをゆるめて おせんは ありません
 いっても だめだめ うれない にほんさん
 みんなが わらってる あおぞらも わらってる
 る〜るる るるっる〜 きょうも むりしんじゅ〜

 がれきを まこうと きょうとへ でかけたが
 ていたい でむかえ みじめな もなおさん
 みんなが わらってる こいぬも わらってる
 る〜るる るるっる〜 きょうも のうてんき〜」

 くりかえし、そらんじた。

 以下、略…。



にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村  
人気ブログランキングへ