最近のトラックバック

無料ブログはココログ

護憲派アマゾネス軍団

複国籍PT


2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« KEPCOのしていること、していないこと 2/What KEPCO did/did not 2 | トップページ | げんぱつやめ いきるみらい つかもう (げんぱつじこ・まっくす♫) »

2012年7月11日 (水)

想い出はいつもキレイだけど それだけじゃ 被曝をするわ (がいがあ♫)

がいがあ (from 『メロディを求めて』 T.Ukiyoye, copyleft)

 このように私は聞いた。
 ある日、ほおに大きな×印のある小柄なその托鉢僧は、お江戸下町、破落戸長屋の脇で、言った。

「今から伝えるのは、できたばかりの歌の歌詞でござる。
 まだ、曲はない。
 よい曲がつけば良いのだが、どうなるかはわからない。
 それゆえ、今から、通りすがりのあなたがたに、歌詞を伝える。
 よく覚えて、素敵なメロディにのせて、くちずさんでほしい。
 気分がひょっとしたら、よくなるかもでござるよ。にんにん。」

 そして、僧は、隣に立つ、「悪」の一文字を上着の背中に染め上げた、目つきの穏やかでない若者に目配せすると、朗々と、詩のようなものを、そらんじはじめた。
 若者は、それに合わせてひらりひらりと、落語高座脇にかかげられた「めくり」のようなものを、流れるように、めくっていった。そこには、僧のそらんじる歌詞が一行ずつ、書かれていた。

「大キライだったガイガーをちょっと
 ひとなでしてタメ息をひとつ
 御用発の嘘はみごとに
 燃料棒と一緒に溶けた

 前よりももっと やせた胸にちょっと
 “チクッ”とささる核種がイタイ
 政府テレビも あてにならないわ

 もっと遠くまで 一緒にゆけたら ねぇ
 うれしくて それだけで

 想い出はいつもキレイだけど
 それだけじゃ 被曝をするわ

 本当は せつない夜なのに
 どうしてかしら? あの人の笑顔も思い出せないの」

 透き通る、どこかもの悲しげな涼風真世風の声の響きに、皆が吸い寄せられるように、立ち止まった。
 僧は、言った。
「2番も、あるでござる」
 そして、僧は、再びその澄んだ声で、続けた。

「かくして だまして またひばくさせ
 それがヤツらの戦略だから
 のんきな気持ちで あやふやなままで
 どうでもイイ 政府にしてきた

 おもいきりあいた 格納容器のピアスには ねぇ
 笑えない 核種たち

 ガイガーの数値ながめてみる
 汚れたぬいぐるみを抱いて

 胸をさす 核種は 消えないけど
 カエルちゃんも ウサギちゃんも
 笑ってくれるの」

 「子猫ちゃんや小熊ちゃんは?」
 通りすがりの幼子の問いかけに僧はにこりと頷き、「それもよいでござるな」と言うと、再び、続けた。
 「サビでござる」

「想い出はいつもキレイだけど
 それだけじゃ 被曝をするわ

 本当は せつない夜なのに
 どうしてからしら? あの人の笑顔も思い出せないの

 思い出せないの
 どう… La La La La La La
 どうしてなの?」

 あの日以来、あの托鉢僧と目つきの穏やかでない「悪」一文字の若者に出会った者はない。
 そして、気分がよくなるメロディは今も浮かんでこない。困ったものだ。


にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村  
人気ブログランキングへ

« KEPCOのしていること、していないこと 2/What KEPCO did/did not 2 | トップページ | げんぱつやめ いきるみらい つかもう (げんぱつじこ・まっくす♫) »

音楽」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61333/55166941

この記事へのトラックバック一覧です: 想い出はいつもキレイだけど それだけじゃ 被曝をするわ (がいがあ♫):

« KEPCOのしていること、していないこと 2/What KEPCO did/did not 2 | トップページ | げんぱつやめ いきるみらい つかもう (げんぱつじこ・まっくす♫) »