複国籍PT


2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

あわせて読みたい

  • あわせて読みたいブログパーツ

« ユダヤ人による抗議行動とホロコースト・サヴァイヴァー。アジアの両端の国の類似性、そして「国際刑事裁判所」 | トップページ | 人道的な「もう一つの日本」へ、カルデロン一家に正規の滞在資格を!! »

国連・自由権規約委員会の勧告に沿って、管理でなく共生のための制度を!(2009.1.24Tokyo)

2009.1.13.19:00ころ
(2008.1.14.16:10ころ、英語版のイベント案内文を追記。同日17::00ころ、NOOをNGOに修正(^^;)。同日23:20ころ、報告者の名前のミスを修正。)

村野瀬玲奈の秘書課広報室さんの、シリーズ「国籍は誰のもの?」の第2回が、外国人台帳制度創設の動きを取り上げてくれました。題して、

★< a href="" target="_blank">国籍は誰のもの? (2) (そして、「外国人台帳制度」への疑問)」(村野瀬玲奈の秘書課広報室、2009.1.12)

村野瀬さん、感謝です!!

それにしても、毎度のことながら、解説や論理が、当ブログの文章よりも説得力があるよなあと感じてしまうのは、なぜでありましょうか(-_-;)。

えっ!? 文章ににじみ出る人柄の差が歴然!????

"/(;-_-) イテテ・・・

気を取り直して、外国人台帳制度を含めた、導入計画が薦められている新たな在留管理制度について、情報をまとめたページをご紹介します。

2009年法改定 新たな在留管理制度についてのQ&A

Q&Aの内容は、現在検討が進められている日本政府の公開資料などにもとづいていて、随時改定追記していくのだそうです。

皆さま、どうぞご活用ください。

外国人台帳制度に関する前回の記事では触れていませんが、セットで導入が予定されているIC在留カードの刑事罰付き常時携帯義務制、外国人登録法から受け継がれる罰則ですが、これ、日本国民には義務付けられていないのに外国籍住民だけに課すのは差別だから撤廃すべきだと、国連・自由権規約委員会で勧告受けているんですよね。

さすが、国連人権理事会でのイスラエル非難決議を棄権した日本政府、なんて思ってしまうのは私だけでしょうか。

あれれ、EU加盟国も棄権してんのかよ(-_-;)。
日本政府と同一行動って、ヤバイ方向に向かっていると自覚すべきだと思いますよ……。

おっとっと、こんな一文に人柄がにじみ出て……(大汗)。

前回の記事で紹介したイベントの案内バナーが上記Q&Aのページにあったので、使ってみます。

Banner20080124
英語版案内、もうすぐ出てくると思います、はい。

英語版の案内文は、下記のとおりです。(前回の関連記事にも追記しました。)

【転載歓迎】

---------------------------------------------------------------------

Public gathering against the government's new plan
to introduce "Zairyu Kaado (resident card)" system

We want a system for a multi-ethnic, multi-cultural society, but not for control!
---------------------------------------------------------------------

Date: Saturday, 24 January 2009
Time: 14:00 - 17:00
Venue: B1F, YMCA Asia Youth Center
2-5-5 Sarugaku-cho, Chiyoda-ku, Tokyo, 101-0064, Japan
JR Suidobashi sta. 6min, Ochanomizu sta. 9min, Subway Jimbocho sta 7min
http://www.ymcajapan.org/ayc/jp/
Admission: 500 yen
Simultaneous translation service available (Japanese-English)

Organized by: NGO Committee against the introduction of "Zairyu Kaado (resident
card)" system.

For further information:
Research-Action Institute for The Koreans in Japan (RAIK)
TEL: 03-3203-7575 raik@abox5.so-net.ne.jp
Solidarity Network with Migrants Japan (SMJ)
TEL: 03-5802-6033 fmwj@jca.apc.org
http://www.jca.apc.org/migrant-net/

Program
1. A short documentary video on a public action in front of the Ministry of Justice
against a new fingerprinting system on 20 November 2007
2. Report 1 Framework of the new Immigration Control System
By Mr. Akira Hatate(Japan Civil Liberties Union: JCLU)
3. Report 2 Overview of the 'Jumin Touroku (Residents Registration
System)'
By Mr. Tohru Nishimura (HanJukinet Renrakukai)
4. Report 3 Problems and concerns over 'Zairyu Kaado (resident card)'
By Mr. Mitsu Nannba (Attorney)
5. Relay talk by foreign national citizens
6. Relay appeals by NGOs:
7. NGO joint statement against the "Zairyu Kaado (resident card)" system

******************************

The Ministry of Justice is currently pressing forward measures aiming at integrating personal information of foreign residents in Japan. A revised bill of the Immigration Control and Refugee Recognition Act is expected to be discussed during the ordinary diet session in 2009 to abolish the current 'Gaikokujin Torokusho’ (alien registration card)' and introduce a new 'Zairyu Kaado’ (resident card), which will be issued directly from the Ministry of Justice.

However, we, NGOs are concerned that once a 'Zairyu Kaado' is introduced, control over foreigners would be more tightened. We particularly fear that foreign residents without VISA status such as overstayers would be excluded from the new resident registration system (“Gaikokujin Daicho Seido”) and lose access to most of public services including education and medical care. Thus the system would make these people socially invisible.

In this public gathering, we, NGOs and foreign national citizens, will discuss the framework of the bill (abolishing the 'Gaikokujin Torokusho'and introducing a 'Zairyu Kaado') and the issues that might occur when the new system is introduced. We will also propose a new system toward a true Multi-Ethnic, Multi-Cultural Society in Japan.

ご都合のつく方は、ふるってご参加くださいませm(_ _)m。


【関連記事】

入管一元管理で賤民をつくろうとする策謀に、うさキック!うさキック!うさキック!(2007.2.13)

「人種主義とたたかい、外国人人権法と人種差別撤廃法の実現をめざす全国ワークショップ」共同アピール(2007.2.16)

【聞きかじり】外国人集住都市会議の恐怖。【口直し】韓国から学ぶワークショップ(東京)とシンポジウム(大阪)(2007.11.30)

「外国人住民台帳制度」創設よりも「住民基本台帳法」の外国籍住民への適用実現を!簡単だし目的達成にはこれで十分!!(2008.1.24)

外国人登録法と住民基本台帳法(2008.2.27)

アニメ・キャラと住民登録、「単一民族幻想」(2008.3.4))

日本政府、国民からの指紋採取とICカードによる個人情報「一元」管理へ(『ワツントン・ポスト』)(2008.4.1))

弱い立場に置かれた人たちのために奮闘してくれる議員こそ!日本版US-visit廃止へ向けた請願署名と院内集会(2008.11.14))

飛べ!「宙船」連帯!!「今年、私の聞いたベスト・ソング」&署名のお願い、院内集会レポート(2008.12.31))

「外国人台帳制度に関する懇談会報告書」を読んで脱力し、予算ムダ遣いの予感に襲われる、の巻(2009.1.2)

ふと思い出したので、「外国籍住民は納税していない」というデマを子どもたちに刷り込む日本政府のプロパガンダ政策についても、関連記事を再掲しておきます。

極右と極左と妄想と。そして有村治子参院議員(2008.4.10)

うう、なんか、スッゲー腹が立ってきました、ますます今日も。

暗黒面に落ちたら だ(ё_ё)めっ!


【署名のお願い】

ガザ封鎖解除のために、日本政府が積極的に働きかけるよう外務大臣に求めるオンライン署名(集約期限は2009年2月28日、アムネスティ・インターナショナル日本、パレスチナ子どものキャンペーン、ピースボート、ユナイテッドピープル株式会社・共同よびかけ)

イスラエルに軍事行動中止を求めるWEB署名(「戦争に正義は存在しません—ガザ空爆—」鳥居正宏のときどきLOGOS、2009.1.3)

ガザ地区停戦国際署名和訳(【追記】イスラエル軍による動画配信が!)(Like a rolling bean (new) 出来事録、2008.12.31)

東村高江【通行妨害仮処分】緊急署名(第1次集約期限2009年1月26日、なごなぐ雑記、2009.1.3)

すべてのアフガニスタン難民に在留資格を(第1次集約期限2009年2月19日、RAFIQ)

日本版US-Visitシステムの廃止を要望する国会請願署名、電子署名(集約期限2009年8月31日、国際結婚を考える会、IST請願の会)

複数国籍の容認を求める請願署名、電子署名(集約期限2009年8月31日、IST請願の会)

他にもサイドバーにいろいろあります。賛同いただける方は、どうかよろしくお願いしますm(_ _)m

Usagimasters

Banner2←差別の固定と拡大に向かう新たな在留管理制度に、うさキック!


ブログランキング・にほんブログ村へ←今こそ新たな連帯へ向けて、うさジャンプ!


R_bana_2←寒いのイヤ!

« ユダヤ人による抗議行動とホロコースト・サヴァイヴァー。アジアの両端の国の類似性、そして「国際刑事裁判所」 | トップページ | 人道的な「もう一つの日本」へ、カルデロン一家に正規の滞在資格を!! »

2006入管法改定」カテゴリの記事

おすすめサイト」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

国際人権法」カテゴリの記事

在留資格」カテゴリの記事

外国人と住民台帳」カテゴリの記事

外国人労働者・移住労働者」カテゴリの記事

外国人集住都市会議への危惧」カテゴリの記事

差別、排外、レイシズム」カテゴリの記事

植民地主義」カテゴリの記事

監視社会」カテゴリの記事

粉砕! プロパガンダ」カテゴリの記事

連帯でGO!」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61333/43727572

この記事へのトラックバック一覧です: 国連・自由権規約委員会の勧告に沿って、管理でなく共生のための制度を!(2009.1.24Tokyo):

» 幸運流水 呆と希望 [酔語酔吟 夢がたり]
 新成人に幸あれ [続きを読む]

» 支持層が堅いと言われている公明党が、社民+共産を大幅に下回りショックを受け幹部陣は顔色を失っているようだ。(笑) [雑談日記(徒然なるままに、。)]
 麻生内閣70%不支持、支持率19%に下落ばかりが注目されているけれど、それ以上に政治関連の記者の話題になっているのが公明支持の急落らしい。  昨日のTBSラジオで共同通信のデータを元に武田一顕記者が紹介していた。「共同通信のデータは調査数が多いので信頼性が高い」とも、。  公明党2.2%に対して、共産党3.6%、社民2.4%で、共産+社民合計は6%。これがどれだけ衝撃的な数字かは2ヶ月前の時事の世論調査と比べれば分かるでしょう。その時点では公明党が4.2%、共産1.4%+社民0.8%で合計2.2%... [続きを読む]

» 自分の仕事に迷った時に。 [右近の日々是好日。]
 人間が、生きるためには役に立たない「芸術」を求めるのは、なぜだろうか。  先日放送された「ETV特集 吉本隆明語る〜沈黙から芸術まで〜」を観て、私は考えた。  敗戦時に文学少年であり軍国少年であった吉本氏は、敗戦という世界の大きな転換期に、どうすれば自分が生きている世界を把握できるのかと模索した。模索し続けた結果、経済学による世界認識と文学による世界認識を、自分なりにつなげることができれば自分は未来に向けて生きていけると、吉本氏は考えた。  アダム・スミスやリカード、マルクスといった古典経済学者に... [続きを読む]

« ユダヤ人による抗議行動とホロコースト・サヴァイヴァー。アジアの両端の国の類似性、そして「国際刑事裁判所」 | トップページ | 人道的な「もう一つの日本」へ、カルデロン一家に正規の滞在資格を!! »