複国籍PT


2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

あわせて読みたい

  • あわせて読みたいブログパーツ

« 幻?の「日本の魅力」と看護師・介護福祉士、今ここにある「多文化・多民族・多国籍社会」という現実 | トップページ

2008年8月31日 (日)

人の尊厳と、連帯と!【請願署名ご協力のお願い】

2008.2.6.12:00ころ(しばらくこの記事を冒頭に置きます。ご了承ください)

今回は、下記2つの請願署名へのご協力のお願いです。

日本版US-Visitシステムの廃止を要望する国会請願署名、電子署名(国際結婚を考える会、IST請願の会)
重国籍の容認を求める請願署名、電子署名(IST請願の会)

【関連記事】外国人の生体情報採取・蓄積・流用システムの問題点(2007.9.4)

「日本版US-Visit」については以前、ウェブ・アクションへの参加もお願いしましたが、今回ご紹介する請願署名は、外国籍の家族を持つ人たちが中心になって始めた、できたてほやほやの新たな請願署名活動です。

具体的には、日本版U-Visitシステムの廃止と、蓄積されたデータの完全廃棄を求めるものです。

日本版US-Visitシステムの廃止を要望する国会請願署名、電子署名(国際結婚を考える会、IST請願の会)

請願書が指摘する「日本版US-Visit」の問題点は、下記のとおりです。

1.外国人をテロリスト、犯罪者予備軍のようにみる、国籍によるこのような差別的扱いをやめてください。外国人差別をも煽ります。
2.生体情報の流出によるプライバシー侵害の恐れがあります。深刻な被害が予想されます。
3.家族の国籍による分断をもたらすもので、子供にも指紋採取を通し、否定的な感情を植え付けます。非人道的です。
4.外国籍の家族を持つ者、外国籍の者にとって侮辱であり、日本に対する感情を悪化させます。国際的な対日感情の悪化を招き、国益を損ないます。
5.テロリストの阻止という目的は、このシステムでは達成出来ません。唯一の先例、アメリカでは空港機能停止などのトラブルも起きています。

ウェブ署名も可能です。

要望書の内容は、記事の末尾にペーストしておきます。
趣旨に賛同いただける方は、どうかご署名ください。
よろしくお願いいたします。

(上記ページは「関連ニュース・リンク」の項目も充実していますので、ぜひリンク先へ飛んでみてください。
当ブログの記事やファイルにもリンクしていただいてます<(喜<>喜)/。)


請願団体の一つ、IST請願の会では、重国籍の容認を求める請願署名活動を行っています。

ウェブ署名も可能です。

賛同いただける方は、こちらにもどうかご協力をお願いいたします。
よろしくお願いいたします。

【関連記事】ドイツと重国籍。♪国民新党に、うさエール♪(2007.9.3)

とまあ、請願署名の紹介ばかりでもなんですので、ちょっとここらで、私がこの請願署名活動を応援するわけを書いてみたいと思います。皆さまを請願署名へ誘うべく。いざ。

私が日本版US-Visitシステムに対して怒り心頭に発し、その問題点を当ブログで追及する直接的なきっかけになったのは、相方がブラジル国籍だったり、いとこのパートナーがアメリカ国籍だったり中国籍だったり、在日コリアンだったり、その他に外国籍の友人たちもいたりするという、実に個人的な事情と、日本版US-Visitシステムが、ここ数年、自民・公明連立政権が進めてきた「差別と分断」の政策を一気に押し進める危険なものだという認識そしてそうした政策に対する怒りでした。

(国境を越えた人の移動や交流が盛んになるにつれ、日本でも国際結婚が増加しています。東京や大阪では年間の婚姻届出数の10組に1組が国際結婚で、全国平均でも20組に1組以上だと聞いたのが、2004年前頃。2006年には全国平均で6%を越えて、まだまだ増加傾向にあるようです。 こんな時代ですので、家族のパートナーが外国籍だとか親戚に外国籍の人がいるとか、外国籍の家族・親族がいる人ももはや珍しくなくなっていることと思います。そしてそれ以上に、友人が外国籍という人も、やはり珍しくなくなっているでしょうし、どちらも今後ますます増えていくのは確実でしょう。 そういう立場になったとき、今は上の2つの署名の意義についてなんとなくピンと来ないと思っている方も、私が怒り心頭に発した理由に共感していただけるのではないかと思っています。)


その後、この問題について調べるうちに身にしみて気づかされたのは、自民・公明議員が大多数を占める国会において議会制民主主義が死んじゃってる現実や、差別と分断を煽る危険な動きが「国籍」なんかとは別のところでも強まっているということでした。

日本社会、いや、日本の政治は、おそろしく危険な水域に突入しています。
「差別と分断」を煽るその動きに打ち克ってこの危険から脱するには、人の尊厳を軸に、人と人との絆、連帯を築き、守っていくしかないのではありますまいか。

【関連記事】脱「植民地主義」という鍵(その1)「不正を不正と見なす思想を」を読んで(2008.1.20)

日本社会の「多文化・多民族・多国籍」化は、「今ここにある現実」です。

この現実をふまえて、人と人の連帯、絆、つながり、人の尊厳を大切にする社会システムをつくっていくのか
それとも、異文化、異民族、異国籍の人たちに対する差別を煽動し、人と人の絆や連帯を断ち切り、人の尊厳を踏みにじる社会システムをつくっていくのか

私たちは今、重大な岐路にさしかかっています。

皆さまのご協力を、心からお願いします。
よろしくお願いいたします。


日本版US-Visitシステムの廃止を要望する国会請願署名、電子署名(国際結婚を考える会、IST請願の会)
重国籍の容認を求める請願署名、電子署名(IST請願の会)

Usagimasters

Banner2←差別を煽り分断をもたらす「日本版US-Visit」に、うさキック!うさキック!ねずみ年のうさキック!!!


ブログランキング・にほんブログ村へ←世界を覆うダーク・サイドを吹き飛ばす、うさ連帯!ねこ連帯!!ねず連帯!!!ひとも連帯!!!!


R_bana_2←「多文化・多民族・多国籍」な社会の現実に合わせて、日本社会を前向きに変えていきたいものであります。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61333/17938673

この記事へのトラックバック一覧です: 人の尊厳と、連帯と!【請願署名ご協力のお願い】:

» 『クローズアップ現代』の限界−犯人探しも大事だが…。 [花・髪切と思考の浮游空間]
さすがの『クローズアップ現代』でさえ、犯人探しに汲々としている雰囲気が映像をとおして感じ取れた。少なくとも私はそう思えた。クロ現は本日4日、渦中の中国製ギョーザ中毒事件をとりあげた。これだけの不安を日本社会にもたらすと、いやおうなしに、どうしても誰が原因なのかに、関心が集中する。 ウェブサイト上では本日の番組をこう紹介していた。 中国から輸入された冷凍ギョーザから殺虫剤の成分が検出された問題。毒性が高く中国でも流通・使用が禁止されている殺虫剤がなぜ検出されたのか、幾つかの可能性が指摘... [続きを読む]

受信: 2008年2月 6日 (水) 17時13分

» ガンバレ!井原勝介岩国市長候補+元時津風親方等四人逮捕:これが本当だとしたら身の毛もよだつハナシ⇒兄弟子の1人は「前の時津風親方からなんだ、まだ顔が腫れていないじゃないか、お前らまじめにしっかり殴れと指示された」 [晴天とら日和]
    皆様のご支援に感謝致します! ありがとう! ●中国新聞 '08/2/6 岩国市長選、両候補ほぼ一線 無所属新人で自民党の前衆院議員の福田良彦氏(37)と無所属で前市長の井原勝介氏(57)の一騎打ちとなった岩国市の出直し市長選(10日投開票)で、中国新聞社は約500....... [続きを読む]

受信: 2008年2月 7日 (木) 23時40分

» 大阪府知事選と当日のお天気データ。来る衆院選はなるべく投票率が上がらないお天気タイミングが選ばれるかもね? [携帯版雑談日記(徒然なるままに、。)]
 確かに下記村野瀬玲奈さんのように真摯に分析するのも必要でしょうが、あまりにも眉間に皺が寄り過ぎているような気がしてます。「大阪の有権者は自分が切り捨てられないならばそれ以外の人が切り捨てられてもいいと感じているのかもしれない。」なんてそこまで深く考えて投票なんてしてますかいな。  「TVでけっこうふざけたようなこと言ってはったけど、実物は好青年みたいな感じせえへん。スタイルもええし、カッコええわ~」こんなノリではなかったのかと。(この大阪弁ぜんぜん自信ありません(笑))  自民党のオッサンたちはも... [続きを読む]

受信: 2008年2月 9日 (土) 11時23分

» 「若者自立支援、この三年を問う」 [右近の日々是好日。]
 こんにちは。今日は、先日行われた労働政策研究・研修機構によるフォーラム「若者自立支援、この三年を問う」に参加して、私が考えたことを書きたいと思います。  私は、このフォーラムに参加して、若者に対して上からの社会的統合を図る「治安対策としての若者自立支援」に対抗し、若者が自発的・自律的につながり合い、社会と若者が共に働きあうことのできる「市民的つながり・連帯による若者自立支援」を実行していくことが大切だと考えました。  現在、多くの若者が企業・学校・家族といったものからのつながりが薄く、社会から孤... [続きを読む]

受信: 2008年2月 9日 (土) 14時09分

» 「餃子政府調査団」は子供の使いより酷いんじゃぁ〜ないか。 [晴天とら日和]
    皆様のご支援に感謝致します! ありがとう!    「(((((さぶぅ〜〜〜〜〜)))))………」(寒い)    あっ、雪降ってるやんかーーーーーっつ!    ほんでから、ちょっとだけやけど積もってるねん。 ● T B S 太平洋側の平野部....... [続きを読む]

受信: 2008年2月 9日 (土) 23時58分

» 140文字のメッセージで「トゥイッター(twitter )」は、災害時のちょっとしたプライベート連絡システムにも使えそうです。 [携帯版雑談日記(徒然なるままに、。)]
※『何が何だかよく分からんけど「トゥイッター(twitter )」を始めてみました。ブログを始めた時もこんな感じだったなぁ、。(笑)』から改題しました。このエントリーがきっかけになって急速に「トゥイッター(twitter )」が普及する気が、、、。(笑) MyURLは、 http://twitter.com/28SOBAです。⇒これってミニブログを1個ただでもらったのと同じですね。ただし、http://twitter.com/SOBAはすでに取られちゃってたので前に「28」をつけました。(^^;良い... [続きを読む]

受信: 2008年2月10日 (日) 08時59分

» 「岩国市の皆さん、井原さん、お疲れ様でした~350円1000万人寄付運動の今後について」がアップされてます。 [携帯版雑談日記(徒然なるままに、。)]
 全文は、下記のリンク先でお願いします。情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士(ヤメ蚊)さんのエネルギッシュなご努力には頭がさがるばかりです。http://blog.goo.ne.jp/tokyodo-2005  以下、肝の部分を転載させていただきます。(略)  では、350円1000万人寄付運動はどうするか?   個人的には、国への横暴に反対する場として存続させたいが、朝日新聞によると、防衛省は、これまではいま賛成に回ってもすでに市庁舎のうち建設している部 分は支払えないのでわずかしか出せないなど... [続きを読む]

受信: 2008年2月12日 (火) 00時40分

» 時事川柳とか、政治小話とか短文が腐敗政権を脅かすことだってある。今twitterが面白い。長短、硬軟織り交ぜてやりたいね自End。 [携帯版雑談日記(徒然なるままに、。)]
 小泉のワンフレーズポリティクスの反動としての後遺症は長文有難がり信仰。それが言い過ぎなら、なんとなく短いと後ろめたいような、。(笑)  一般ブロガーまでがジャーナリストや評論家のまねをしてもしょうがない。むしろ無理せず、またブログらしく日常の経験・体験(まさに世界に一個の ユニーク)を綴りながら、その合間に、時折川柳、あるいはそこまでいかなくても針さすような政治への皮肉とか書く方が気が利いているのじゃないだろうか。  いや、もちろん長文を否定したり、喧嘩しようなんて思いませんよ。言いたいのは長短、... [続きを読む]

受信: 2008年2月12日 (火) 13時39分

» 愛国ならアンポハンタイでしょ [BLOG BLUES]
また一歩、日本の米国化が進捗した。 岩国市長選における、米軍再編容認派候補の当選である。 井原前市長敗退の戦犯は、民主党であると僕は断じる。論拠は、 2月4日付毎日新聞の朝刊記事だ。 言うまでもなく井原前市長は、左派ではなくリベラル市民派の最たるもの、 民主党のストライクゾーンど真ん中だったはずだ。然るに、民主党は、 全面支援しなかった。市民運動の側に敢然と立つことができなかった。 八王子市長選然り、京都市長選また然り。 米軍再編に対して党としての見解がないとは、いやはや... [続きを読む]

受信: 2008年2月12日 (火) 17時59分

» 初期報道のキャッシュまで消すことはないと思いますよ。イージス艦事故関連、漁民の声や哲大さんがホームレス支援してた話しとか。 [携帯版雑談日記(徒然なるままに、。)]
 政治的な判断がからむ場合、初期報道にはいい記事が比較的多く出て、その後出なくなったり捻じ曲げられたりすることが多いと思っています。事故が起きた のが19日午前4時頃、19日の夕刊には細かい話しはまだ間に合わないと思っていて、20日の朝刊の記事を注目してました。  案の定イージス艦と清徳丸の事故で、東京新聞20日朝刊最初の記事がWebではキャッシュも消されてます。  以下、2月20日東京新聞朝刊(27版)社会面の記事の表題です。 上野のホームレス支援 「お金じゃなく申し訳ない…魚どうぞ」 不明の哲大... [続きを読む]

受信: 2008年2月22日 (金) 07時59分

» 「裁判員制、違憲のデパート」 批判本人気 元裁判官語る⇒こんなひどい米国猿まね制度、「小泉改革」の置き土産を許すな。 [雑談日記(徒然なるままに、。)]
 問題だらけの裁判員制度が始まるのは来年の5月です。去年10月29日の東京新聞こちら特報部の記事をご紹介しておきます。出だしを紹介し、その後ろのところで記事全文PDFのリンクをはっておきます。 ※Adobeの有償版をインストールしたので、ファイルや画像をPDFにできるようになりました。 閲覧、印刷、ファイルの検索等でも便利なので、保存しておいた新聞切抜きのうち「これは」と思うものから順次PDFにしてご紹介するつもりです。なお、スキャナがA4対応なので全部読み取りできない時には、分割しあとで合せてから... [続きを読む]

受信: 2008年3月23日 (日) 19時42分

» 裁判員法67条、全裁判官「有罪」だと無罪評決できない盲点、早く終わりたい…ぼくは有罪に変わります、なんじゃそりゃ。 [雑談日記(徒然なるままに、。)]
 来年の5月から始まる問題だらけの裁判員制度、関連記事紹介その2です。  今回は、2007年7月1日(日)東京新聞こちら特報部ニュースの追跡、『裁判員はプロの言いなり!?2年後の司法の姿…反対派の憂い 全裁判官「有罪」だと無罪評決できない盲点 早く終わりたい…ぼくは有罪に変わります』です。PDFにしたのでご紹介しておきます。  裁判員法67条の盲点は、大いに裁判員になる気をうせさせるものですが、記事の最後で紹介されている劇中エピソード、裁判員法108条の恐さも大いにリアリティがあると思います。 ※A... [続きを読む]

受信: 2008年3月24日 (月) 08時23分

» 東京でもYASUKUNI見せろよ!⇒いくらなんでも、映画見るために大阪まで往復12300円~28400円の交通費は痛過ぎます。 [雑談日記(徒然なるままに、。)]
 ナレーションは一切なし、8月15日の終戦記念日を10年かけて記録し続けたと言う。後ろの方でご案内するYouTube「サンデー・プロジェクト」の冒頭で紹介されている部分を見るだけでもその面白さの一端をうかがうことができます。 関連投稿 「映画『靖国 YASUKUNI』の助監督は話題作『ヨコハマメリー』制作・監督した中村高寛さん、映画としてもなかなか面白いらしい。」  A Day In the Lifeのzilwanさんが『「靖国 YASUKUNI」上映しろ!だけなの? [cinema]』で以下指摘し... [続きを読む]

受信: 2008年4月 8日 (火) 13時46分

» 先ほど、自End!TBP「自民党政治」が5000通過しました。4000から30日目でした。 [雑談日記(徒然なるままに、。)]
 先ほど、17:23、トラックバックが5000件になりました。  5000番目のトラックバックは、 「17:21:低気温のエクスタシーbyはなゆー/アマゾンブックレビューが「言論封殺システム」を採用している?」 でした。 ※以下トラックバック件数の履歴。 2007年10月3日に(自End)TBP「自民党政治」開設 2007年11月15日1000件(開設から44日目) 2007年12月28日2000件(1000件から43日目) 2008年2月5日3000件(2000件から39日目)2008年3月10日... [続きを読む]

受信: 2008年4月 9日 (水) 18時18分

» 電子投票、民主の担当筆頭理事・福山哲郎参院議員事務所に電話し秘書のウスイさんと話して報道の真偽、予定など聞いてみました。 [雑談日記(徒然なるままに、。)]
 末尾にご紹介する読売の記事ですが、他の新聞に出ていないので、記事中の福山哲郎参院議員の国会内事務所に電話して聞いてみました。 ※参考:福山哲郎参院議員国会事務所(それ以外の事務所等)〒100-8962東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館614号 電話 03-3508-8614 FAX 03-5512-2614 E-mail:kokkai@fukuyama.gr.jp  以下、やり取りで分かった秘書・ウスイさんの話しの箇条書きメモ。 ・読売以外、新聞紙日経の2頁で小さく報道されたようだ。概... [続きを読む]

受信: 2008年4月10日 (木) 14時18分

» 一昨日の小沢・福田党首討論は面白くて必見。ウータンが自身を「可哀想なくらい」と嘆いてみたり、青筋で今にも切れそうだったり、(笑) [雑談日記(徒然なるままに、。)]
 それ以外、内容的にもガソリン税・道路特定財源についてや、年金問題についての小沢氏と福田の考え方の差などがうかがえて興味深かったです。  TVでは見逃していて、同人作家の時事・歴史放談Blogさんの「今日の党首討論」に自分で自分のことを「可哀想なくらい」とかいったらダメというか終わりでしょう、福田首相は。こうなる可能性があるの分かった上で総理大臣を引き受けたんだから。泣き言を言う暇があったら、総理大臣辞めて内閣総辞職すべきです。その方が国民のためでしょうね。 正直、アレで完全に同情する気持ちが失せた... [続きを読む]

受信: 2008年4月11日 (金) 07時38分

» アルファなブロガーの人からたどったのだが、(笑)瀬尾佳美と言う炎上を期待して書いているかのようなブログがある。(笑) [雑談日記(徒然なるままに、。)]
 青山学院大学准教授瀬尾佳美という方の「おいしいものが食べたい 食いしん坊の日記」と言うブログの「光市母子殺害事件:元少年に死刑は重すぎる」と言うエントリーが炎上しているらしい。どれどれと言うことで早速検索。 ヒットはしたのだが、 パスワードを入れないと見れなくなっている。 でわと言うことで、キャッシュで拾い、 「光市母子殺害事件:元少年に死刑は重すぎる」 を読む。文中産経などで取り上げられている部分があり、なるほど、 最低でも永山基準くらいをラインにしてほしいものだ。永山事件の死者は4人。対してこ... [続きを読む]

受信: 2008年4月28日 (月) 06時07分

» 映画『実録・連合赤軍』は若松の遺言であり、左翼への「総括」・鎮魂歌かな。宮台真司がチョイ役で出てて一瞬「オッ」(笑) [雑談日記(徒然なるままに、。)]
 昔、黒澤明の「七人の侍」を見ていた時に、若き日の仲代達矢が通行中の浪人姿でほんの数秒出ているのを見つけたことがあります。少しのシーンでも観客に分からせるのだから仲代達矢と言うのは大したものだと思いました。※場面は、島田勘兵衛(志村喬)と片山五郎兵衛(稲葉義男)が町に出て手伝ってくれそうな浪人を物色しているシーンでした。  宮台真司氏は俳優じゃないので、「オッ、たぶんそうかな?いや間違いなく宮台かも」だった。最後の字幕に名前が出ていたので間違いないだろう。重信と遠山(だったかな?)に活動資金を渡すチ... [続きを読む]

受信: 2008年5月29日 (木) 08時04分

» 政府主導の情報統制ではなくて、民間側の有害サイト対策の自主的努力を優先すべき。 (+引き続き緊急行動のお願い) [村野瀬玲奈の秘書課広報室]
まず、ライブドアニュースから一部引用します。インターネット関連5社が国による実質的情報統制への反対声明を出したという部分に続く、次... [続きを読む]

受信: 2008年6月 1日 (日) 14時39分

» 今植草一秀が熱い、心ある諸君は「blog植草一秀の『知られざる真実』」のリンクをはろう。売国小泉一派鉄槌への一歩を踏出そう! [雑談日記(徒然なるままに、。)]
 既にご存じかと思いますが、植草さんがブログでも発信するようになりました。blog植草一秀の『知られざる真実』です。  現在最新のエントリー「「敵を欺くにはまず味方を欺く」手法に警戒すべし」をぜひ読んで欲しい。  以下、注目した箇所を抜粋し転載。(ぜひ全文を上記リンク先で読んでください。)「敵を欺くにはまず味方を欺く」手法に警戒すべし(略)すべては、総選挙での政権交代を回避するための戦術である。「上げ潮派=歳出削減派」は財務省と対峙する素振りを示すが、裏では確実に繋がっていると考えられる。歳出削減派... [続きを読む]

受信: 2008年6月 5日 (木) 21時01分

» 「右」とか「左」とか「下」とか、あるいは「上」とか「中」とか「下」とか、更に「右」とか「左」とか「ノンポリ」とかで(笑) [雑談日記(徒然なるままに、。)]
 喜八ログの『「右」も「左」もない、オレは「下」や』について、  主張系のブログなので、最初からイデオロギーとしての右左と分かります。「右」も「左」もでなければ、真ん中かいなと思うと――オレは「下」や――でガクッと来てこれはこれで笑えますし、なかなかの表現センスでスバラシイ。  これについて、日共マンセーのブログがこうだろうと、『「上」も「中」もない、オレは「下」や』 しかし、これって最後のところでちょっと笑えますが、うな丼の「松竹梅」の注文の時のようで実につまらない。  またブログ主が「こう書くべ... [続きを読む]

受信: 2008年6月 8日 (日) 13時52分

コメント

おお、こんな集会があったんですね。うささん。

http://www.kokuta-keiji.jp/cat1/post_514.html
ア眠い。

投稿 三介 | 2008年2月 9日 (土) 03時44分

三介さん、おはようございます。

こんな集まりがあったんですね。情報ありがとうございます。
応援かねてTB送ろうとしましたが、送信がうまくいきませんでした。ここのところTB送信不調なんですよ。
ココログのバージョンアップの後あたりから。
絵文字が使えるようになった代償かもdespair

投稿 仲@ukiuki | 2008年2月 9日 (土) 11時53分

こんばんは、うささん。
「低気温のエクスタシーbyはなゆー」さんところで見っけた
「2008年02月09日〔アルジャジーラの迫力動画〕
ソマリア内戦:咆哮する火器 」
http://jp.youtube.com/watch?v=fPZVzk9kP4I
やっぱり迫力ありますね。
仮面らいだーV3の「かめばつーか」とは違います。
射撃手の人、お若そうです。こういった武器で、ヤリアウ愚をイカに未然に防ぐか?
鞍馬天狗を観ていても、いかいかじゃない、なかなかイイ考えが浮かびません。まあヘタな啓発ドラマよりは遥かにマシですけど・・。
コソボも「独立」を巡って危険な気配が漂ってきてますし、報道する側も「命がけ」のはず。
御気楽な日本の政治状況とのギャップがありすぎ?って気もしますが、何故なんでしょうね?
自分でもよく分かりません・・。
「金で買える」っていう非・当事者「征」のなせるワザカナト、推測しているんですけど・・。

投稿 三介 | 2008年2月 9日 (土) 22時26分

三介さん、こんばんは。

迫力はあるけど、空々しいというか寒々しいというか、虚しさを感じますね……。こういう日常の中で若い時代を過ごすって、ひょっとすると高揚感もあるのかも知れませんが、つまるところ殺し合いですもんね。
こうした状況を他所から武力介入して抑え込むというのは一時的には有効なのかも知れませんが、一般的にいって、新たな火種を生むおそれが大きい気がします。専守防衛で市民を守るただそれだけをする「壁」みたいなものをつくって送り込んで、その一方で、なんとしてでも和解(そしてできれば人道犯罪の責任者処罰も含めて)の交渉のテーブルに皆をつかせる。そういう仕組みを求めていかないとあかんのじゃないかなあ。ちょっと子ども向けのヒーローものっぽい構想ですけど。

日本の政治状況のお気楽さは、「金で買える」っていう非・当事者「征」も含めて、アメリカについてれば大丈夫、っていう気分が大きいのかなあ、と思います。ある意味まさに「平和ぼけ」なんでしょう。これもまた空々しくて寒々しく、虚しさ無限大です。どれだけの人たちを踏みつけにしての「平和」「繁栄」なのかよ、と。

投稿 仲@ukiuki | 2008年2月10日 (日) 00時32分

こんちは、うささん。
今朝の朝日の書評で一番気になったのは、「ルーマニアのマンホール・ちるどれん」中公文庫・早坂隆氏の本やね。
BBCが7年毎に、各国の子どもの成長を追っかけた番組で、
ロシアのマンホール・チルドレンやってましたけど、世界的な阿Q階級の発掘作業やから。日本でも古くから『原発ジプシー』という形等で、存在する『放浪』の原点は『無縁』でしょうし。こういった本質が存在する限り、かめばつー化へと『流れる』現象は発現し続ける。女性の場合は、各種『春売り』⇒「秋枯れ」かな? そうそうバルカン内戦に売られた[騙されて?派遣労働!]ロシア女性が多かったとかいう話、当時のロシア紙で見かけた覚えがあります。そこら辺の統計資料とかあはまだ発掘できてませんけど、・・。
ハバロフスクから新潟へ帰る飛行機にはぎょうさんダンサーが乗ってたなあ。内戦の地へ行くよりはましやのかな?とか、ふと・・。

投稿 三介 | 2008年2月10日 (日) 15時06分

三介さん、こんにちは。

その書評、読めてません。ルーマニアの友人から、以前、すっごく美味しい自家製のスピリッツをごちそうになったことがあります。めっちゃうまかった!
というのはさておいて。以前、モンゴルのマンホール・チルドレンも話題になってた気がします。寒い地域ではシェルターになるんでしょうね。で、このあたりからカメバズー化への流れをどうとめるかというと、まずはそういう暮らしに子どもたちが入っていかずにすむように、やっぱ社会福祉の拡充とかが必要だってことになっていくんでしょうけど、そんなものでは救えない、掬えない人たちが出てくるのもまた確実でしょうし、となると、やはり「暴力の文化」からの脱却とか「死の商売」を抑え込むっていうことが必要になってくる気もしますが、それも根気のいる話でして……って、そこであきらめちゃあヤバいですよね。

後半のバルカンへの派遣話、日本のメディアでもどこかで見かけた気がします。ダンサー(?)の日本行きも、今はかなり増えてるみたいですね。そんな形での日本行きをしないですむ状況づくりと、そんな形であれ日本に来た人たちを「人として」迎え入れるシステムづくりと、これも両方やってかないとあかんというわけで、うわあ、宿題が増える一方だあ(;<>;)。

……って、パソコンの前で嘆ける分、まだやれることはある、やらにゃあならんなあ、と思います。ぼちぼちとでも。ふみとどまって。

投稿 仲@ukiuki | 2008年2月10日 (日) 18時16分

仲@ukiukiさま。
こんばんは。
鳥居正宏でございます。

最近、なぜだか仲@ukiukiさまのところへのトラックバックが全く飛びません。(涙)

申し訳けございませんが、この場にて、失礼いたします。

「法廷からのレポート(1) ― 2008年2月13日水曜日 ―」
http://tokidokilogos.blog109.fc2.com/blog-entry-105.html

鳥居正宏 拝

投稿 鳥居正宏 | 2008年2月13日 (水) 20時37分

鳥居さん、こんばんは!

TB不調とのこと、う〜ん、まったくもって原因不明です。ココログのバージョンアップが影響してるのかも知れません。となると、まだしばらく続くかも知れませんね。よわりましたね……。

ともあれ、お疲れさまでした。
勝利への確信をますます強くしながら、記事を読ませていただきました。

次回へ向けて、鋭気をやしなってください。応援してます!(^O^)!

投稿 仲@ukiuki | 2008年2月13日 (水) 23時35分

そもそも論ですみませんが、みなさんは国民救援会には入っていますでしょうか。共産党系の組織ではありますが、市民運動家が冤罪で捕獲されるのを防ぐ唯一の組織です。
http://www.kyuuenkai.gr.jp/
自衛隊情報保全隊や警察ゼロ班により市民活動家は弾圧される世の中になってきております。
http://www.asyura2.com/bigdata/up1/source/6472.jpg
黒幕は自衛隊情報保全隊と警察ゼロ班だと思われます。国の予算で予算無制限に動いている組織ですので注意が必要です。

http://www.asyura2.com/08/bd52/msg/573.html
http://gray.ap.teacup.com/123ja8119/
http://ja8119.iza.ne.jp/blog/

投稿 123 | 2008年4月13日 (日) 04時07分

123さん、おはようございます。

>自衛隊情報保全隊や警察ゼロ班により市民活動家は弾圧される世の中になってきております。

先日のビラ配り判決などを見ても、たしかにそんな時代に入ってる気がします。
自衛策、講ずる必要がありそうですね。困ったものです……。

投稿 仲@ukiuki | 2008年4月14日 (月) 08時03分

初めまして、僕もブログを運営していて今少し行き詰った状態なので今後の参考の為に記事を拝見させて頂きました。今レイアウトの事で悩んでる最中だったんですが…こうしてサイトを拝見させて頂いて大変参考になりました。ランキングの応援致しますねwもし良かったら今度僕が運営するブログにもぜひ遊びに来て下さい、よろしくお願いします。

投稿 アメリカ留学 | 2008年5月15日 (木) 13時16分

なるほど、たしかに日本は、単一民族で、移民の受け入れにとても消極的ですね。アメリカも移民国家ですが、そんなアメリカでも指導層は相変わらずマジョリティーのWASPで、今回の大統領選で、やっとオバマが出て来たほどです。それほど時間がかかりました。彼は、現在のアメリカ人の理想、まるでブラジル人のようなミックスで、新しいアメリカを象徴しています。日本でオバマのような多民族多文化人の指導者が出て来る日はいつになるのでしょうか?

投稿 ヘルメス | 2008年7月17日 (木) 21時28分

ヘルメスさん、はじめまして。

オバマ候補とクリントン候補の闘い、泥沼化しつつあってどうなることかと思いましたが、さすが大人の政治家といいますか、その後の混乱収束へ向けたパフォーマンスに感心しました。マケイン候補もなかなか面白い人物のようですが、新たな時代を開くべく、ぜひともオバマ候補に、大統領選でも勝利してほしいものです。
そして、US-VISITシステムに加えて入国する外国人のコンピュータのHDを全部コピーする、なんて愚かな政策、実施しない方向へ向かってほしいと思ってます。

日本では、単一民族っていうの実は幻想なんですが、
http://ukiuki.way-nifty.com/hr/2007/03/post_6d46.html
おっしゃるとおり、移民受け入れにはかなり消極的です。ところが、経済界の要望に沿ってかあるいは政界再編をにらんでか、自民党の国家戦略本部が移民受け入れを目指す報告書を先月、まとめています。今自民党にいる人たちにそんなデリケートな問題が扱えるんかいな、なんて思ってますが、これについては、ブログ再開後(たぶん来週中)、採り上げていくつもりです。

今後ともよろしくお願いします。

投稿 仲@ukiuki | 2008年7月19日 (土) 13時03分

コメントを書く