複国籍PT


2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

あわせて読みたい

  • あわせて読みたいブログパーツ

« 軍人密度世界一の国と、兵隊人数世界一の国 | トップページ | 嬉しいニュース! »

チベット関連アクションのお願いと、暴走する植民者の軍隊が牙を剥く先

2008.3.22.08:10ころ

ブラウザをFirefoxに変えたら、無事、TBが送れるようになりました!!!
ニフティのサポートの方、ありがとう!!!!!
すっきりさわやか、春が来たって感じです!!!!!!

とは言いましても、お送りいただいたTBが途中で消失したり、送ったTBがやはりたどり着かなかったりしているのは相変わらずですし、喜んでなどいられない気にさせる事件や状況が発生しまくっている昨今です。

まずは、送信いただいたはずのTBが途中消失しちゃった記事のご紹介です。

「アムネスティから緊急のお願い ― チベットWEBアクション ―」(鳥居正宏のときどきLOGOS、2008.3.20)

また、こちらは無事にTBが到着した記事から、電子署名ウェブアクションです。

チベット弾圧反対(Stop China's Crackdown on TibetとAmesty)(Like a rolling bean (new) 出来事録、2008.3.22)

賛同いただける方は、ぜひご協力ください。

これに関して、遠方からの手紙さんの「中国はどこへ行く(1)」でお教えいただいた、
【2008年チベット動乱】よく聞かれる質問集(チベット式、2008.3.15)
も参考になると思います。

また、遠方からの手紙さんの「中国はどこへ行く(2)」も、上の「(1)」と併せてぜひお読みください。最後の指摘、まったくそのとおりだと思います。

Usagimasters

暴力の連鎖を超えて、人が人と対等に向かい合える時代をめざして、「連帯」と「和解」の契機を!!

うさちゃん騎士団SCは強く求めます。

« 軍人密度世界一の国と、兵隊人数世界一の国 | トップページ | 嬉しいニュース! »

お願い」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

国際人権法」カテゴリの記事

差別、排外、レイシズム」カテゴリの記事

戦争・平和」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

植民地主義」カテゴリの記事

海外事情」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

連帯でGO!」カテゴリの記事

コメント

ご紹介とTB、どうもです。
「最後の指摘」というのは、
「そのことを知らないのは、いまやかんじんの中国国民だけなのではないだろうか。」という本文の追記前のところですね。
また、ごちゃごちゃ追加してしまったもので。
どうも、中国の指導者も日本と同じように、いまだ内向きの癖が抜けないようですね。
なにぶん、あちらも大きな国なので、いろいろ事情はあるのでしょうが。

仲さん、こんばんわー。

当該エントリーとは関係ないのですが、タレこみとして。

「WEDGE 4月号」に掲載されている 土本武司「外国人の犯罪天国日本 やり得 逃げ得 許さぬ法対策を」という羅針盤(冒頭記事)はお読みになられたほうが、、、あまりにあまりの内容でくらっくらします。

曰く、

>来日外国人犯罪者を国籍別でみると、トップが中国人、これにブラジル人が次ぐ。これは90年「定住者」資格につき日系人に優遇政策がとられ、日系ブラジル人の来日・在留が急増したことに起因する。

>最近の来日外国人犯罪は次の特徴をもつ(中略)性的目的や日本への憎悪から幼女に手をかけるなど犯罪の多様性がみられること

▲これはまた具体的で反吐がでそうな犯罪の「多様性」ですね。いったいどこが多様性なの?

などなどこのニュースは仲さんが取り上げられるべきかと。

かつさん、おはようございます。

はい、その部分です。ですが、追記部分の危惧、そこも同感です。
今回の中国政府の広報官の発言などを聞いていると、視野の奥深さと言うか幅広さと言うかがどうもうかがえないというか、内輪向けにしかならない言動に終始してる感じを受けまして、野から育ってきた前の世代とは違う危うさ、ひ弱さのようなものを感じます。
そのあたりも日本の高級官僚さんたちとの近さを感じるゆえんです。

大日本帝国とその臣民たちがたどった末路などを日本側が真摯に反省していれば、それをもとにいろいろアドバイスできるんでしょうけど、今の日中関係ではそれは民間が担わざるをえない、担うべき部分なんでしょう。

遊鬱さん、おはようございます。
情報ありがとうございます。「WEDGE」4月号、入手してみます。

土本武司って、元検察官で白鴎大学法科大学院長なんですね。すでにそこで頭もクラクラ……。前田雅英もそうですが、刑法学者って軽薄な人材に事欠かない印象を持ってしまいそうです。まっとうな学者さんの方が多いと思うんですが、インパクトが大きすぎます、土本、前田。

記事を読んでから、その「特徴」とやらのソースの開示を求めてみたいですね。特徴っていうからにはそれなりに数があるんでしょうけど、広島の女児殺害事件の一面だけをクローズアップしてそれを一般化しちゃってる、そんな気配を強く感じますね。

そうそう、国籍別のデータについては、
http://ukiuki.way-nifty.com/hr/2007/11/post_bc78.html
で前にも書いてますので、未読の読者の方のために、ここでこっそりご紹介しておきます(^^;)。


コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61333/40593300

この記事へのトラックバック一覧です: チベット関連アクションのお願いと、暴走する植民者の軍隊が牙を剥く先:

» 中国はどこへ行く(2) [遠方からの手紙]
 現代の世界では、南極を除いて大洋に浮かぶ孤島や地の果てのような地域まで含めて、すべての土地はどこかの国に属している。近代以前の国家の領土が、そのときどきの勢力に合わせて、ゴムのように伸び縮みする融通無碍なものであり、その国境が輪郭線のない印象派の絵の...... [続きを読む]

» チベットでの弾圧で、中国政府への抗議文といくつかの記事を集めてみました。 [雑談日記(徒然なるままに、。)]
 まだ情報が錯そうしてますが、以下、チームZAKIのメーリングリストに入った攝津正さんのメールから転載します。 mixiからの転載です。 チベット・サポート・ネットワーク・ジャパン(TSNJ)が中国政府によるチベット人弾圧に対する抗議文送付を呼び掛けているので紹介します。転載・転送大歓迎です。 「チベット・サポート・ネットワーク・ジャパン」(TSNJ)http://www.geocities.jp/t_s_n_j/ ------------------------------------------... [続きを読む]

» チベット騒乱…「人民解放軍2万人投入」!? [+子育ちパパの航生日誌Q2.1]
 カーキ色の軍用車が移動する写真を見る限り、警察活動ではなく戦地での軍事活動に見えます。国際 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)「人民解放軍2万人投入」の情報も…チベット暴動1週間【北京=牧野田亨、康定(中国四川省)=加藤隆則】(略)四川省甘孜(かんし)チベット族自治州の州都・康定県西方で、反政府デモの起きた同州甘孜県やチベット自治区方面に向かう人民解放軍と武装警察の車両100台以上が確認された。(略)こうした動きは、治安情勢が依然不安定であり、軍駐留の長期化を示唆するものとみられる。(略... [続きを読む]

» 「日暮し雑記」 3月22日 土曜日。 [酔語酔吟 夢がたり]
☆ 「きぼう」 [続きを読む]

» 「さらば天木直人!」(笑) [vanacoralの日記]
この度のチベット弾圧問題が浮き彫りにしたのは、ろくすっぽ中国に「是々非々」の態度を取る事が出来ない既存左翼の駄目さ加減ぶりでしょう。 この一週間、「はてな」ではだんまり決め込んでる日本共産党への批判が巻き上がっているし(参照;『こころ世代のテンノーゲーム... [続きを読む]

» チベットに自由と平和を!(警察や軍隊が出て来て人民を殺して良いという「法」は何処にも無いはずです。) [晴天とら日和]
    皆様のご支援に感謝致します! ありがとう!    < y o u t u b e > ▼【ドイツTV】 チベット・ラサで暴動 Protests turn violent in Lhasa --------------------------------------- ▼[Sky News]  Dozens Killed In Tibet Riots 2008.03...... [続きを読む]

» 沖縄県民大会の日に国旗国歌推進県民会議が産経・世界日報に織り込んだ非道なチラシ [Like a rolling bean (new) 出来事録]
沖縄の米兵による少女暴行事件を受け、雨天のもと、「米兵によるあらゆる事件・事故に抗議する県民大会」が北谷町で開催され、大会決議が採択されました。 大会決議  米兵によるあらゆる事件事故に抗議する決議    私たちに平和な沖縄を返してください―一九九五年、繰り... [続きを読む]

» 円高・株安・外貨準備高1兆ドル・消費低迷 [関係性]
 すごい勢いで対ドルで円高が進んでいる。そして、サブプライム問題に発してアメリカ経済の低迷が始まり、そこに頼る経済構造を持つ日本の株価も急落している。さすがに、この円高に対して2001年から2004年まで強烈に行ってきた政府介入を今更続けることができないほど外貨準備高が増している。そして、ついに2月末で、1兆ドルの外貨準備高を保持した。こうして、アメリカ経済を補完してきた。  この外貨準備高は民間からの借金を元手にしているため、「債務超過」の状態である(日本経済新聞3月14日付け朝刊)。  額の大き... [続きを読む]

» サンデーナイト 独言・雑言 [酔語酔吟 夢がたり]
☆ 毎度、戯言ですがお付き合いを…。 [続きを読む]

» フクダ末期症状⇒内閣支持率:23.1%(河北新報調査)、24.7%(ANN調査)、31%(ニッケイ調査)⇒TBP『自エンド・自民党』が本当になるまで頑張りましょうぞ!総力で資料集めしたもんねぇ! [晴天とら日和]
    皆様のご支援に感謝致します! ありがとう! アベシは就任当初から袋叩きにあって最終で、24%。 ふふふン〜♪の場合は無風状態で、今、24.7%。 これから支持率は益々落ちて行くことを考えたら……… この数字どう理解したらいいんじゃろかね...... [続きを読む]

» 福島みずほ党首が懸念を表明 ― チベット問題 ― [鳥居正宏のときどきLOGOS]
●対話による平和的解決こそ望む 中国チベット自治区ラサで発生した僧侶や市民らと治安部隊との衝突事件について、福島党首は19日の記者会... [続きを読む]

» 日本共産党よ目覚めなさい [BLOG BLUES]
チベット問題で、日本共産党の沈黙が、槍玉に挙がっている。 左派・市民派では数少ない、どうしてだろう、反新自由主義・護憲に立つなら、 民主党支持はあり得ないだろうに。反新自由主義・護憲ってことは、 米国にNO!財界にNO!と言うことですよ。民主党が言えますか、 左派・市民派のみなさん、事実は事実として直視しなきゃ。 贔屓の引き倒しは、靖国派連中と同じメンタリティですぞ。 で、数少ない共産党支持を訴えるブログ「そいつは帽子だ!」も チベット問題に対する日本共産党の姿勢には、疑問を呈... [続きを読む]

» 弁髪 [反戦塾]
留頭不留髪 リウトウプーリウファ留髪不留頭 リウファプーリウトウ  日本ではいろいろな読み下し方があるようですが、「髪を剃っている人は体に頭をとどめるが、髪をと [続きを読む]

» 「すべてやらせだ」直訴のチベット僧らTV映像に [政治]
僧侶らの勇気に敬意を表します。この僧侶らはこの後逮捕拷問されることはほぼ間違いないと思います。私達の政府はただ経済的な関係の為だけに彼らを見捨てます。 「すべてやらせだ」直訴のチベット僧らTV映像に 3月27日21時47分配信 読売新聞... [続きを読む]

» 学習指導要領に急遽愛国心育成追記・根津先生の椅子を引っ張り転ばせる都教委 [Like a rolling bean (new) 出来事録]
【3/28 13時頃のメール投稿分にレイアウト変更と追記をしました】 学習指導要領の異例の直前変更で(それも総則!)、「国家を歌えるように」「我が国と郷土を愛し」が追加されたのを昼休みになってから朝刊を読むことができて(※1)、驚いてこのエントリーをアップしました... [続きを読む]

» チベット問題 [Sukhino_log]
近代国家をどう定義するのかさておき、チベットにおけるデモは2008年2月17日の [続きを読む]

» チベット問題について大いに語る社民党員たち ― 黙ってられませんよ ― [鳥居正宏のときどきLOGOS]
先日(2008年3月29日)に、社民党京都府連合副主席の野崎靖仁さんからいただいたトラックバック「チベット問題を語る社民党員」を受けて、こ... [続きを読む]

» チベット弾圧、ネパールにも飛び火していた ― 国際アムネスティ調査 ― [鳥居正宏のときどきLOGOS]
昨夜(日本時間2008年4月1日)、アムネスティ・インターナショナル国際事務局(=本部 : ロンドン)から、チベット情勢に関する最新のニュ... [続きを読む]

» 中国の人権弾圧はオリンピックを汚すものだ ― 国際アムネスティ報告 ― [鳥居正宏のときどきLOGOS]
昨夜(日本時間2008年4月7日)、国連経済社会理事会の諮問機関である、アムネスティ・インターナショナルの国際事務局(=本部 : ロンドン... [続きを読む]

» チベット問題 [Sukhino_log]
近代国家をどう定義するのかさておき、チベットにおけるデモは2008年2月17日の [続きを読む]

« 軍人密度世界一の国と、兵隊人数世界一の国 | トップページ | 嬉しいニュース! »