複国籍PT


2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

あわせて読みたい

  • あわせて読みたいブログパーツ

« アニメ・キャラと住民登録、「単一民族幻想」 | トップページ | 「植民者」として「ポストコロニアリズムという挑発」に吹っ飛ばされる(2) »

東京週末イベント情報、おまけに「外国人・民族的マイノリティー人権基本法」と「人種差別撤廃法」、関連条約など

2008.3.5.21:00ころ

以前、NHKスペシャルの『ワーキングプア2』にふれたとき外国人研修生制度に関して述べましたが、在日外国人労働者の労働基本権などを守り、その待遇を改善することは、日本全体の労働条件の底上げ、改善につながります。

というわけで、今週末に東京で開催される2つのイベントを紹介します。

2008/03/09 外国人労働者の権利総行動(レイバーネット)

第1回 外国人研修生全国フォーラム 2008:外国人研修・技能実習制度 徹底討論!!/2008.3.8-9、於:明治大学駿河台キャンパス・アカデミーコモン(外国人研修生権利ネットワーク)

私はさすがに出かけられません。遠いっす、東京は。

【関連記事】『経済』12月号「外国人労働者と日本」/『経済』11月号、品川正治の小沢一郎評/「緊急声明 第2弾 労働契約法NO ! 労働基準法・労働組合法の強化を」(Action Center For Working Women)(2007.11.10)

で、ついでと言ってはなんですが、関連法案や関連条約なども紹介しておきます。

なんか、当ブログの記事を全部読んだと豪語しつつ、この手の法案について触れてることに気づかない方もいるようでして、どうにも影が薄いようですので、ちょっと備忘録的にまとめてみようかな、と。

以下では、外国人人権法連絡会(「外国人・民族的マイノリティー人権基本法」と「人種差別撤廃法」の制定を求める連絡会)のサイトの資料ページをベースにしました。

外国人住民基本法(案)(作成:外登法問題と取り組む全国キリスト教連絡協議会(外キ協)/1998年1月)

この法案、Googleを眺めると、極右の方々から異様に恐れられているみたいですね。ま、下記のすべても同様なんでしょうけど。

包括的外国人政策/提言集(2002年版)(作成:移住労働者と連帯する全国ネットワーク/2002年5月)

これについては、移住連がバージョン・アップしたものを書籍にまとめて販売しています。日本語版の他に、英語版、韓国語版もあります。(『外国籍住民との共生にむけて-NGOからの政策提言』、2006年6月)

多民族・多文化の共生する社会の構築と外国人・民族的少数者の人権基本法の制定を求める宣言(日本弁護士連合会第47回人権擁護大会宣言(2004年10月8日))

この宣言については、日弁連のサイトで提案理由が説明されています。また、このシンポジウム第1分科会基調報告書の本編PDF版(8.8MB)が、ダウンロードできます。

外国人・民族的少数者の人権基本法要綱試案(作成:日弁連第47回人権擁護大会シンポジウム実行委員会/2004年10月)

この要綱試案は、日本弁護士連合会としての成案ではなく、第47回人権擁護大会シンポジウム第1分科会実行委員会の作成した試案だそうです (出典: 日本弁護士連合会第47回人権擁護大会シンポジウム第1分科会基調報告書)

人種差別撤廃条例要綱試案(作成:東京弁護士会 外国人の権利に関する委員会 人種差別禁止法制検討プロジェクト・チーム/2005年6月)

人種差別撤廃法要綱(作成:自由人権協会(JCLU)/2005年10月)

この要綱については、自由人権協会(JCLU)のサイト解説のほか、発表にあたっての宣言(?)があります。

おまけとして、移住連のサイトの関連条約データベースにもリンクしておきます。特におすすめは次の2つでしょうか。

あらゆる形態の人種差別の撤廃に関する国際条約

日本政府も批准ずみです。ただし、「人種的優越又は憎悪に基づくあらゆる思想の流布」、「人種差別の扇動」等につき処罰立法措置をとることを義務づける第4条(a)及び(b)については留保してます。公職者やその候補者、公務員なんかのそうした言動くらい、処罰しちゃってもいいのにねえ。これについては、当ブログのこちらの記事がちょっとした参考になると思います。また、外務省のサイトの作成及び採択の経緯Q&Aも参考になるでしょう。

すべての移住労働者とその家族の権利保護に関する条約(日本政府、批准する気はないそうです)

あたりでしょうか。

そうそう、しつこいようですが、次の2つの記事もここからリンクしておきます。署名、どうかよろしくお願いいたしますm(_ _)m。

人の尊厳と、連帯と!【請願署名ご協力のお願い】(2008.2.6)
「外国人住民台帳制度」創設よりも「住民基本台帳法」の外国籍住民への適用実現を!簡単だし目的達成にはこれで十分!!(2008.1.24)

わわわ、あっちにもこっちにも関連記事がありそうな気がしてきました。
深みにはまってしまう前に、ここらでひとまずまとめに入らせていただきます。
それではみなさん、

MAY THE FORCE BE WITH YOU!

と言いつつ、急いで追記(2008.3.5.21:20ころ)。
【おすすめ<新刊>入門書】『外国人・民族的マイノリティ人権白書』(外国人人権法連絡会編)(2007.10.10)

 

Usagimasters

Banner2←差別と排外の動きに、うさキック!

ブログランキング・にほんブログ村へ←新たな連帯へ向けて、うさジャンプ!

R_bana_2←総合ランクでいつの間にやら4位に! 何がどーなっているのやら、不思議な勢いです。皆さま、クリックありがとうございます。

« アニメ・キャラと住民登録、「単一民族幻想」 | トップページ | 「植民者」として「ポストコロニアリズムという挑発」に吹っ飛ばされる(2) »

おすすめサイト」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

ワーキングプア、格差社会」カテゴリの記事

国際人権法」カテゴリの記事

外国人労働者・移住労働者」カテゴリの記事

差別、排外、レイシズム」カテゴリの記事

植民地主義」カテゴリの記事

粉砕! プロパガンダ」カテゴリの記事

連帯でGO!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61333/40384367

この記事へのトラックバック一覧です: 東京週末イベント情報、おまけに「外国人・民族的マイノリティー人権基本法」と「人種差別撤廃法」、関連条約など:

» 「年金一律救済」論と年金改革私論 [世界の片隅でニュースを読む]
 天木直人氏のブログ経由で知ったのだが、産経新聞の客員編集委員の花岡信昭氏が年金記録の審査基準緩和による「年金一律救済」を主張している。  やはり「年金一律救済」が必要だ-MSN産経ニュース  天木氏も指摘しているように、花岡氏の主張は福田政権の支持率回復のための建策で、しかも消費税を増税の上、年金財源とすることを前提にしているので、その点では経済財政諮問会議や自民党財革研と同じ欺瞞に満ちた「消費税の社会保障目的税化」議論だが、「年金一律救済」という結論だけは注目に値する。花岡氏と言えば、ネ... [続きを読む]

» 植草一秀氏を読む+息を吹き返したヒラリーさん。⇒こらぁ〜稀に見る大激戦ですぞ、民主党のアメリカ大統領予備選。(本当にアメリカが羨ましいわ!) [晴天とら日和]
 ↑クリックして下さい。画面が大きくなります!     皆様のご支援に感謝致します! ありがとう! ● 日 テ レ クリントン氏、オハイオ州で勝利確実 動画<3/5 13:33> 映像14分13秒 アメリカ大統領選の民主党の候補者選びは4日、大票田のテキサス州など....... [続きを読む]

» 米、予備選に思う。 [酔語酔吟 夢がたり]
☆ オバマVSクリントン [続きを読む]

» 学習指導要領案へのパブリックコメント(3/16締切!)にあたりまずはリンク集など [Like a rolling bean (new) 出来事録]
学習指導要領案へのパブリック・コメントの締切が3/16となっています。 またも紹介が遅れ気味となりました。 kuronekoさんのエントリーがなければもっと遅れていました。。 ◆みんななかよく 2008-03-04 『嫁!新学習指導要領案 応募せよ! パブリックコメント 』... [続きを読む]

» <悪質で意図的な記事見出し>日本の正社員は過保護?・OECDが労働市場分析【日経新聞】 [どこへ行く、日本。(福田は国民羊化計画と構造改革(=政財癒着推進→格差拡大)をやめられるのか)]
あれっ、何じゃ、この見出しは?この新聞社って本当に経済のことが分かってんの?そんな見出しの記事が日経新聞に出ている。 まさか本気で「日本の正社員は過保護」だと思っているわけはなかろうから、きわめて悪質で意図的な見出しである。 絶対評価で日本の正社員が「過... [続きを読む]

« アニメ・キャラと住民登録、「単一民族幻想」 | トップページ | 「植民者」として「ポストコロニアリズムという挑発」に吹っ飛ばされる(2) »