複国籍PT


2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

あわせて読みたい

  • あわせて読みたいブログパーツ

« 「アルカイダ報道」読売新聞のプロパガンダ、名誉棄損/東京地裁 | トップページ | 軍隊と人権・軍隊と金権/自衛隊はいらない(『インパクション』161号) »

不法外国人労働者の携帯検査システム導入(マレーシア)

2008.2.22.10:00ころ

在日米兵にICカード携帯を義務づける、っていう話の方が先じゃないのか、そんな風に思うのですが、
自民・公明連立政権が目指しているシステムって、こんな感じなんでしょうか。

不法外国人労働者の携帯検査システム導入(2008.2.21、マレーシアナビ!)

【プトラジャヤ】 増え続ける不法外国人労働者をその場で検査する携帯型システムが開発され、ラジ・シェイク・アハマド内務相が19日、メディアに公開した。 
同システムは、「携帯出入国管理取締りシステム(MIES)」と呼ばれ、コンピュータを内蔵し、かばん型の形状で携帯できる。IDカードと指紋を読み込み、偽の書類を見分けることができる。国内の技術者が開発、1台あたり9,000リンギで、すでに100台を導入、出入国管理官、警察、自警団(Rela)が携帯して不法外国人労働者の取締りに役立てる。マレーシア人のIDカードであるMyカードも読み込み可能で、偽のMyカードも見分けることができる。 
指紋は生物測定システムで記憶されており、既に100万人強の指紋を登録しているが、残り100万人分を今年1年かけて登録する予定だという。

また、内務省労働局は外国人労働者に不当な待遇などを強いた雇用主や斡旋業者の取締りも強化、300人の取締り担当官を摘発にあたらせる。特に賃金の未払いや不当な低賃金しか払わない、確約した仕事以外の労働を強要した、必要な保険に加入させていないなどの悪徳な斡旋会社が取締りの対象だという。

2007年12月現在、国内労働の18.2%である204万人が外国人労働者によってまかなわれている。不法外国人労働者はこの数値に含まれておらず、推定120万人とみられている。
(ニュー・ストレーツ・タイムズ、ザ・スター、2月20日、ベルナマ通信、2月19日)

「指紋は生物測定システムで記憶されており、既に100万人強の指紋を登録している」というのは、記事最後の文章と合わせて考えると、外国人労働者から「生物測定システム」とやらで採取した指紋のうち100万人分を、「携帯型システム」で使えるように読み込んだ、ということのようです。

で、9,000リンギは、本日9時30分現在のレートでいうと、30万円程度だそうです。意外と安い感じかも。まあ、機械1台の値段であり、その背後にあるシステム構築やメンテの費用は、また別ではあります。

仮に、これが日本政府が当面、目指しているシステムだとして、はたしてその目指す先は、そこで止まるんでしょうか。たしか、自国民からは指紋を採取せず外国人からのみ採取しているのは、日本とアメリカ合衆国だけだったと記憶しています。
この先、どこへ連れて行かれるんでしょうねえ……。


Usagimasters

Banner2←差別と監視に、うさキック!


ブログランキング・にほんブログ村へ←新たな連帯へ向けて、うさジャンプ!


R_bana_2←こんなニュースばっかの世の中、なんとか変えたいもんです。

« 「アルカイダ報道」読売新聞のプロパガンダ、名誉棄損/東京地裁 | トップページ | 軍隊と人権・軍隊と金権/自衛隊はいらない(『インパクション』161号) »

2006入管法改定」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

制度の不備」カテゴリの記事

国際人権法」カテゴリの記事

在留資格」カテゴリの記事

外国人と住民台帳」カテゴリの記事

外国人労働者・移住労働者」カテゴリの記事

差別、排外、レイシズム」カテゴリの記事

海外事情」カテゴリの記事

監視社会」カテゴリの記事

連帯でGO!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61333/40217713

この記事へのトラックバック一覧です: 不法外国人労働者の携帯検査システム導入(マレーシア):

» 熱気と風化 [酔語酔吟 夢がたり]
☆ 開かずの踏み切り。 [続きを読む]

» 「あたご」には航海記録装置も今回のレーダー記録もないそうです(原発では震度計データが飛びました) [Like a rolling bean (new) 出来事録]
能登半島沖地震や中越沖地震では原発の震度計データが余震で上書きされて消失したと発表され、古くは柏崎刈羽原発の建設検討時の議事録がないと主張したり「発見」されたり、また20年前のなだしお事件の際にも航海記録がごまかされていたことは、今回イージス艦「あたご」の事故の... [続きを読む]

« 「アルカイダ報道」読売新聞のプロパガンダ、名誉棄損/東京地裁 | トップページ | 軍隊と人権・軍隊と金権/自衛隊はいらない(『インパクション』161号) »