複国籍PT


2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

あわせて読みたい

  • あわせて読みたいブログパーツ

« 【京都市長選】「希望」は死なない! | トップページ | 「アルカイダ報道」読売新聞のプロパガンダ、名誉棄損/東京地裁 »

新東京マラソン/英国極右政党党首インタビュー

2008.2.18.05:20ころ

昨日、第2回東京マラソンが開催されたんですね。

私にとっての第2回の東京マラソンといえば、思わず「がんばれ、江戸っ子!」とエールを送った新東京マラソンだったりします。
爆笑間違いなしの傑作エピソードです。機会があれば、ぜひご一読ください。

ようやく、今月前半の野暮用の山を、どうにか越えられた気配です。しかし、息をつける暇はごくわずか。このすきに、先週冬枯れの街さんで知ったインタビュー記事を紹介します。いつまで公開されているかちょっとわかりませんので、大急ぎで。こちらです。

移民排斥を打ち出す極右政党のリーダー、ニック・グリフィン党首インタビュー(イギリス生活情報週刊誌—英国ニュースダイジェスト)

ヘイト・クライムで懲役刑になったこともあり「Public Enemy No1(英国でいちばんの嫌われ者)」と紹介されるグリフィン党首に、日本人移民(?)がインタビューするという、なかなかスリリングな企画記事です。

読んでいて既視感に襲われたのは、フランスの極右政党の党首(今も?)のルペン氏のインタビューを『沸騰するフランス 暴動・極右・学生デモ・ジダンの頭突き』 (及川健二(著))で読んだことがあるからでしょう。

当ブログで取り扱ってきている「日本の入管政策」と関連してやはり興味深いのが、
ルペン氏にしろグリフィン党首にしろ、模範とし目標としているのが「日本の移民政策・出入国管理政策」だ、という点、そして、論理の飛躍というか短絡が見受けられるという点です。
このあたり、一度分析してみると面白そうです。
でも、ただでさえ宿題が山積みになってる現状では、取りかかれそうにありません。いつかの宿題、にしておきます。

このインタビューについて、冬枯れの街さんは、次のようにコメントしています。

日本の入管政策が今、欧州の保守・極右政党から垂涎の眼差しですか(ルペンも同様のことを述べていたし)。周回遅れで移民政策のありうべき姿としてフロントランナーに立つか、それとも経済の中心から陥落する要因となるか。

両方になっちゃう悪寒。風邪、かな?(-_-;)

ともあれ、そんなわけで、ちょっとおそろしげなインタビューではありますが、記事の最後をしめくくる『Searchlight』のゲイブル編集長のコメントがイカしていて、元気が出ます。ぜひ最後までお読みください。

 

Usagimasters

Banner2←レイシズムに、うさキック!

ブログランキング・にほんブログ村へ←新たな連帯へ向けて、うさジャンプ!

R_bana_2←野暮用の山 一つ越えても まだまだわんさか。orz...

« 【京都市長選】「希望」は死なない! | トップページ | 「アルカイダ報道」読売新聞のプロパガンダ、名誉棄損/東京地裁 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

国際人権法」カテゴリの記事

外国人労働者・移住労働者」カテゴリの記事

差別、排外、レイシズム」カテゴリの記事

植民地主義」カテゴリの記事

海外事情」カテゴリの記事

粉砕! プロパガンダ」カテゴリの記事

虚構のうえの極右」カテゴリの記事

連帯でGO!」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ.なかなか良いインタビュー記事でした.
ところで最近,TBが通らなくなっています.

アルバイシンの丘さん、こんにちは。

日本人のインタビュー、ヨーロッパの極右の人たちはけっこう歓迎してくれるのかも知れません(^^;)。

TBの件、お手数おかけしてすみません。特にアクセス制限をかけているわけではないのですが、通ったり通らなかったりということがひんぱんに起きているようです。私から発信するTBも、ここのところ特に、うまく通ったり通らなかったりが続いてますし。なんとかしたいのですが、どうすべきかの見当すらつかない状態です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61333/40142771

この記事へのトラックバック一覧です: 新東京マラソン/英国極右政党党首インタビュー:

» 我がままな石原慎太郎の思いつきで始まった東京マラソン第2回が17日(日)、もううんざりだ迷惑だ、都心でなんかやるなよ。 [雑談日記(徒然なるままに、。)]
 とまあ、表題はそうなのですが、それ以上に言いたいのは警視庁へです。前にも書きましたが去年4月30日の「自由と生存のメーデー07──プレカリアートの反攻」非正規不安定被雇用者のデモへのキャンキャンスピッツ犬っころ指示です。解散地点でデモ隊が反対側に渡る所要時間はほんの7分。その時の、解散地点の大久保地域センター前、機動隊指揮車のまるっきり馬鹿丸だし大音響でのキャンキャン指示MP3Podcast。(約7分、特に3分過ぎあたりからスピッツ・キャンキャン状態(笑)) ←去年(2007年2月19日)第1回の... [続きを読む]

» 私の猫遍歴5 [アルバイシンの丘]
7.ミーちゃんの時代2--第二次出産と避妊手術事件  二匹の子猫たちはあっという間にいなくなり,またミーちゃんだけが家にいることになった.ところが,長女がアトピーで,アレルギーを起こしやすい,ということで,家の中で飼うことが許されなくなった.こうして,ミーちゃんは家の外が生活の本拠となった.家の外から中へ入ろうとして拒絶され始めた時,戸惑っただろうと思う.でも家の外にも慣れて,それなりに適応していった.まだ野外の猫に対して大らかだった.  翌年,また子猫が二匹生まれた.この時も,二匹とも真っ白だ... [続きを読む]

» 新潟県知事選挙に向けての状況が気になります・新銀行東京の400億円税金投入と多角化方針も [Like a rolling bean (new) 出来事録]
相次ぐ沖縄の事件で、結局「綱紀粛正」で基地の危険性は軽減されないこと、こうなってもまだ「米軍はどうなっちゃったんでしょうねえ」などと他人ごとで語っている総理のやる気のなさに呆れます。中央の他人ごと姿勢と地方の自助努力押し付けではもうどうにもなりません。... [続きを読む]

» 気をつけよう!在日米兵、自衛隊(特に「あたご」)、自公チュー、そして最後に暗い夜道だねぇ。<あたご・続報> [晴天とら日和]
    皆様のご支援に感謝致します! ありがとう! なんとしても、漁師さん親子見つけて欲しいと思う! 記事より= 金平(きんぺい)丸の市原仁さん(38)もほとんど眠れないまま港にやって来た。「正直厳しいかもしれないが、最後まであきらめずに捜したい」と話....... [続きを読む]

» 残念。でも得るものはあった。 ― イラク派兵差止京都原告団控訴審 ― [鳥居正宏のときどきLOGOS]
本日(2008年2月18日)午後1時10分から、大阪高等裁判所第202号法廷で行われた、イラク派兵差止訴訟京都原告団控訴審の傍聴に行ってまいりまし... [続きを読む]

» 「せんたく」議連発足と二大政党制への幻想 [世界の片隅でニュースを読む]
 先月発足した「地域・生活者視点で日本を洗濯(選択)する国民連合」(せんたく)と連携する超党派の議員連盟「せんたく議員連合」(仮称)の発起人会が今日行われたという。3月3日に正式発足するという。  読売新聞(2008/02/20 13:14)などによると、発起人は自民党の河村建夫、石原伸晃、伊藤達也、小坂憲次、菅義偉、杉浦正健、園田博之、橋本聖子、民主党の野田佳彦、枝野幸男、小沢鋭仁、玄葉光一郎、松本剛明、浅尾慶一郎、郡司彰、広中和歌子、公明党の石井啓一、魚住裕一郎の各氏である。  すでに多くの... [続きを読む]

« 【京都市長選】「希望」は死なない! | トップページ | 「アルカイダ報道」読売新聞のプロパガンダ、名誉棄損/東京地裁 »