複国籍PT


2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

あわせて読みたい

  • あわせて読みたいブログパーツ

« またしても「テロ実施中」の日本政府が雇ったテロリストがうようよ、うろうろ | トップページ | 「留学生政策のエアポケット」日本語学校 »

スポーツの醍醐味と、レイシズム、マスメディア。「外国人の購読お断り」の北國新聞。ウェルカム、柳沢敦選手!!

2008.1.9.07:50ころ
(2008.1.12.23:50ころ、「北國新聞」関連の日本語記事へのリンクを追記)

秋田豊選手の現役引退で、寂しい思いがしていたところへ、嬉しいニュースが飛び込んでまいりました。

ウェルカム、柳沢敦選手! 京都パープルサンガへようこそ!!
期待してまっせ〜!!!

京都サンガの試合は、これまで2度、観に行ったことがあります。

最初は、私の贔屓チームはJリーグ発足当初から鹿島アントラーズですので、優勝争いしているアントラーズを応援に出かけて、最下位独走中だったサンガに返り討ちに遭った秋のあの日(涙)。たしか柳沢選手も出場していたと記憶しています(その後アントラーズは年間チャンピオンになりました。ほっ)。

次は、浦和レッズ戦。間違えてレッズのサポーター席のチケットを買ってしまい、最後まで立ちっぱなしでレッズを応援することになりました。「岡野、走れ〜!」とか。
レッズには好感を持っていましたので(今も)、嫌々というわけではなかったのですが、サポーターのすさまじいパワーについていくのは、ちょっとしんどかったかも。

いやあ、スポーツって不思議ですね。激しく争っていても、敵味方のサポーター同士が一つになれる瞬間が、あるんですから。美しいプレー、素晴らしいプレーを目撃した瞬間とか。

スポーツの楽しみ方ってそういうあたりに奥深さがあるように思います。

それはさておき、格闘技系のスポーツは「痛そう!」な気がしてどうにも苦手でして、まったくチェックできていない領域のニュースですが、K-1、おそろしいことになっているようです……。

なんともお寒いスポーツ界(非国民通信、2008.1.7)

これ、スポーツというより、レイシズム煽動のための集会になってきてるってこと!???

K-1、ますますもって嫌いになっちゃいましたが、それだけでとどめておくには危険すぎる事態ではないでしょうか。
こんなイベントが、全国ネットで大手を振って放映されちゃってるって!???

こちらもメディアの問題です。


【英語記事】“Japanese Only” Newspaper: Hokkoku Shinbun in Ishikawa Pref(DEBITO.ORG、2008.1.8)
【日本語記事】石川県の北國新聞のセールズ:「外国人購読拒否」(DEBITO.ORG、2008.1.8)


石川県の北國新聞が、「外国人の購読を拒否」したのだそうです。目を疑いました。

拒否通知は、クリックすると全面を読めるようになっています。

北國新聞社は「販売店の判断」だとして放置しているようですが、そんなこと、社会的に許されるんでしょうか。

ネットに押される形での新聞社の先行き不安が囁かれている昨今であるだけに、なんとも理解に苦しみます。


Usagimasters

Banner2←「レイシズムの煽動」に、うさキック!


ブログランキング・にほんブログ村へ←「レイシズムにおもねる動き」に、うさチョップ!


R_bana_2←京都パープルサンガ、今度はどれだけJ1に留まれるか!? はらはらどきどき!?

« またしても「テロ実施中」の日本政府が雇ったテロリストがうようよ、うろうろ | トップページ | 「留学生政策のエアポケット」日本語学校 »

ニュース」カテゴリの記事

差別、排外、レイシズム」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

粉砕! プロパガンダ」カテゴリの記事

連帯でGO!」カテゴリの記事

コメント

あけましておめでとうございます、今年もよろしくお願いいたします。

米大統領共和党予備選において、投票者が重要視する争点の三番目が移民問題だそうです。日本では争点として可視化するのはいつのことでしょうね。

>石川県の北國新聞が、「外国人の購読を拒否」したのだそうです。目を疑いました。

私もわが目を疑いました。飲食店や宿泊業ならともかく(それも大問題ですが)、購読拒否ってわけがわからない…。

遊鬱さん、あけましておめでとうございます! こちらこそ今年もよろしくお願いいたします!

TBSのNEWS23で、米大統領選と移民政策について10分くらい取り上げてました。録画しただけでまだ観てませんけど(汗)、「不法移民」って呼ばれる人たちがいないと生活も経済も成り立たないっていう認識が広くあるんでしょう。

日本で争点として可視化するのは、まだまだ先なんでしょうね。少子化はさておくとしても、国際結婚の増加なんかを見ても時間の問題なんだと思いますが、それを見据えてグランドデザインを描ける政治家や政党、学者たちが不足しているのではあるまいかと。「治安対策」と同じで妄想のうえに立ってあれこれ言い合っているのが現状みたいですし。

>私もわが目を疑いました。飲食店や宿泊業ならともかく(それも大問題ですが)、購読拒否ってわけがわからない…。

未だに私、ちょっと早いエイプリル・フールじゃないか、なんて疑いたい気持ちです。
きっとビジネスではない何かがあるんでしょうね。外国人に読まれたらマズい記事が連発なのかなあ。そうだとしたらちょっと読んでみたいけど、やっぱりさっぱりわけわかりません……。

>きっとビジネスではない何かが
石川県はよく知りませんが、福井県の地方新聞、いつだったか『道の駅』でチラッと覗いたら、どうも超保守的な気がしました。しかも国交省や経済産業省の広報誌っぽい気も。
そういえば、愛媛の新聞も以前、何かで揉めてたことがありましたね。まあ、赤旗だって政党の新聞ですし、それ自体は問題ないんでしょうが、講読拒否っていうのは、金儲けしたくないってことなんでしょうか?情報漏れが嫌?
それじゃあ新聞の意味がないような・・。広告拒否ぐらいならまだ意図が分かるんですが・・。どこかの雑誌の吊り広告の如き・・。

三介さん、こんばんは。

たとえ超保守な地域の新聞だとしても、やっぱ首を傾げますよねえ、これは。
情報漏れを心配してるとしたら、ほんと、どんな機密情報が掲載されているのか、まったく想像もつきません。そんなの、図書館とかで簡単に確認されちゃうようなものでしょうし(笑)。
ひょっとして、ヘイト・スピーチが満載なのを自覚しちゃってるのかなあとも想像しましたが、まさかねえ……。

日本の7不思議の1つに、推薦できるかも知れませんね。どこか募集してないかな(^^)?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61333/17628708

この記事へのトラックバック一覧です: スポーツの醍醐味と、レイシズム、マスメディア。「外国人の購読お断り」の北國新聞。ウェルカム、柳沢敦選手!! :

» 度胸、愛嬌 幸せ…… [酔語酔吟 夢がたり]
☆ 七草がゆ お食べになりましたか。 [続きを読む]

» 『マスコミが駄目なら市民のメディアを作っちゃえばいいのだ!』のNPJ設立集会がインターネットで生中継されるようです。 [携帯版雑談日記(徒然なるままに、)]
 『マスコミが駄目なら市民のメディアを作っちゃえばいいのだ!』は僕が勝手に考えたキャッチコピーです。(大汗)  情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士のところの記事で知りました。   アワープラネットTV で全世界に向けて放送されるそうです。通しで生中継してくれるそうです。うまくいけばチャットなんかもできると言うことです。とのこと。上記以外にも、当日の会場では社会風刺漫画家橋本勝さんも 「手づくり漫画ポスター展」で参加とかワクワクするような情報が満載。詳しくは、ヤメ蚊さんの記事を読んでください。 「... [続きを読む]

» フクダ首相vs.民主党小沢代表の党首討論(全文掲載+ノーカット)。党首会談だと冴え渡るのに、党首討論になったら冴えないなんてナンなの!(メモ代わりに、・・・) [晴天とら日和]
●共同通信 2008年01月08日 晴れ着姿でPR 浅田姉妹が写真展 フィギュアスケートの浅田舞選手と浅田真央選手が7日、浅田姉妹を撮影した写真展が開かれるのを受け、晴れ着姿で記者会見に出席しました。 ●FNN HEADLINES 2008/01/07 13:04 取材: 関西テレビ 京都....... [続きを読む]

» 何らかの理由で廃棄されている可能性のある柏崎刈羽原発1号機審査部会議事録(新潟日報) [Like a rolling bean (new) 出来事録]
昨日のエントリーにこの重要な情報を載せておくべきでした。うっかりしていました。 柏崎刈羽原発の設置検討時点での議事録が、保管されていないそうです。 脆弱な地盤の上に立つ世界最大級の原発の、初期検討の議事録を紛失あるいは「何らかの理由で廃棄した可能性が高い」。... [続きを読む]

» 靖国の矛盾 [薫のハムニダ日記]
靖国の矛盾/高橋哲哉 2008年の新年が明けた。新しい年の最初のコラムだが、昨年に続いて靖国神社問題で始めることをご了承いただきたい。昭和“天皇”がA級戦犯の合祀に不快感を抱き、靖国参拝を中止したことは、彼が東京裁判の結果に感謝したということから考えればよく理解できるという話を前回はした。 靖国は天皇の命令により、お国のために戦死した者を祀ってきた。そのような“天皇の神社”靖国が天皇の意思に反して戦犯を合祀して天皇を不快にさせ、彼の参拝を受けることができなかったということは、自己矛盾以外... [続きを読む]

« またしても「テロ実施中」の日本政府が雇ったテロリストがうようよ、うろうろ | トップページ | 「留学生政策のエアポケット」日本語学校 »