複国籍PT


2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

あわせて読みたい

  • あわせて読みたいブログパーツ

« 【イベント情報:東京】「隣の外国人〜多様な人々、多様な生き方〜映像と音楽の集い」 | トップページ | 外国人地方参政権に反対する議員って「保守派」なの?? »

♫『ギリギリ科学少女ふぉるしぃ』♫と、「信仰に基づく政策」「エビデンス(科学的根拠)に基づかない対策」

2008.1.13.18:10ころ

新年早々、年末恒例の「今年、私の聞いたベスト・ソング」の超強力候補に出会いました。

『ギリギリ科学少女ふぉるしぃ』
(歌:み~こ/作詞・作曲・編曲:柏森進。歌詞全文

たんぽぽのなみだ〜運営日誌:水からの伝言(4)のコメント欄で知りました。
試聴できたのは一番だけですが、もう大爆笑!第16回日本トンデモ本大賞特別賞受賞とのこと、深〜く納得です。

このままだと、「今年、私の聞いたベスト・ソング」が2年続けて色物(?)になりそうな予感がしますが、

「細かいことは気にしないの! わたしO型だから!」(笑)

疑似科学が政策決定の基礎になっちゃうことの危険性については、今さら言うまでもないと思います。

この機会にあらためて訴えておきたいのは、「妄想」が政策決定の基礎になっちゃうことの危険性です。

ここ数年でも、さまざまな「妄想」が政策決定の基礎になされてきましたし、未だに「妄想」に基づいた政策決定がなされていこうとしています。

当ブログで取り上げたうち、さっと思いつくものだけでも、「少年犯罪凶悪化・低年齢化・増加」「外国人犯罪の急増」「不法滞在者は犯罪の温床」とか、「極めて同質な国」の「人権メタボ」などという認識を持っている文部科学大臣(現・自民党幹事長)とか、(義務教育で支給される)「この教科書は、これからの日本を担う皆さんへの期待を込め、国民の税金によって無償で支給されています」なる教科書の文言とか、京都で実施された『ジュニア日本文化検定』とか、まあ、いろいろあります。

そう言えば、虚構の上に立ついやしの「極右」か、現実の上に立つ節度ある「極右」かなんて記事を書いたこともありました。あのとき、批判の対象としたブログ言説をなしていた人物、今は疑似科学関連ビジネスに走ってるらしいです。水が低きに流れるがごとき、自然な流れだったんでしょうか。

次は、以前に書いた記事から引用したものです。

「エビデンス(科学的根拠)に基づかない治安政策」は、処方を誤った薬オカルトチックな疑似科学に基づく治療法のようなものです。
私たちの暮らしを破壊してしまう恐れの方が、まぐれ当たりで望ましい結果を生む確率よりはるかに大きい。

中略

おそろしいことに、「信仰に基づく治安政策」「エビデンス(科学的根拠)に基づかない治安対策」は、学校でのイジメ問題や、有害図書規制・有害ゲーム規制などについても展開されているようです(冬枯れの街などをご参照ください)

また、今春(ブログ主註:2006年)の「入管法改定」に関する国会審議でも、永住者の扱いなどについて、実は同じように「信仰に基づく法改定」が主張され、「エビデンス(科学的根拠)」は提出されぬまま、改定がなされてしまいました。
おそらく、
今の日本における政策の大半は、「エビデンス(科学的根拠)」に基づくのではなく「信仰に基づくもの」ではないかと、私はその会議録を分析した体験から疑っております。

ちょっと暗澹とした気分になっているかも知れないあなたに、ここでもう一度お送りします。

『ギリギリ科学少女ふぉるしぃ』
(歌:み~こ/作詞・作曲・編曲:柏森進。歌詞全文

え、くどい!?

でも、

「細かいことは気にしないの! わたし 実はB型だから!」(爆)

 

Usagimasters

Banner2←「疑似科学」と「信仰に基づく政策」「エビデンスに基づかない対策」に、うさキ〜ック!!

ブログランキング・にほんブログ村へ←「と学会」に、うさエール!

R_bana_2←押し寄せる 電波ゆんゆん くぐり抜け 笑顔でKO 新たなトンデモ (なんちゃって)

« 【イベント情報:東京】「隣の外国人〜多様な人々、多様な生き方〜映像と音楽の集い」 | トップページ | 外国人地方参政権に反対する議員って「保守派」なの?? »

2006入管法改定」カテゴリの記事

おすすめサイト」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

粉砕! プロパガンダ」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

いや~、おったまげた、うささん。けったいな歌ですね。曲はありきたりやけど。
最近、夕食中に観るNHKニュースが面白くない時、
NHK教育をチラッと覗き観るんですけど、
「お尻齧り虫」とか、初めて知りました。NHK畏るべし。
「慰安婦」ヴィデオを流さずとも、色んな矢をちゃんと放っている。そう言えば、正月にまとめて編集して再放送していた、
「まろまろのアニメ(題は覚えてません)」も凄い内容でした!? 市原悦子はんらの「昔話」(TBS)なんかテンで話にならんほどの、詰まった不思議。やっぱり力量の差が出るんかな? 宮崎駿氏の時代はもう終わっているのかもしれません。ところで円谷さん、新企画、受け付けてくれはった? 7抜きの(なんか黄身が無い、にぬきみたい?)7Xの続編・・。

三介さん、こんばんは。

けったいなもの、けっこう好きな私です(^^;)。

あのETV特集の件、
http://www.news-pj.net/siryou/2006/nhk-bangumikaihen200509.html
http://www.jca.apc.org/mekiki/
最高裁に行ったみたいですね。どうなることやら。

あんなことが起きる体制でありながら、けっこういい番組、企画、やってるんですよね。ある意味、鍛えられてきてるのかも知れません。ニュースは、私、不満だらけですが。

「まろまろのアニメ」って、「おじゃる丸」でしょうか。私、観たことないんです。。。
で、セブン抜きの「ウルトラX」、イイところを突いてくれました。円谷さんに直接お願いするの、すっかり忘れておりまして(汗)、先ほど、お願いのメールを送ってみました。
「君の祈りは通じた」
というモロボシ・ダンの声、聞きたいですね、なんとか(^^)v。あっ、セブン抜きなら、ジンかエレアの声かな??

トラックバック、ありがとうございます。
それと、コメント欄まで、ていねいにご覧くださって、ありがとうです。
(よく見てますね〜。)

それにしても、その歌、キョーレツですよね。
(ふざけているようで、核心をついているようで、
なんともイミシンだったりするの...)

たんぽぽさん、こんにちは。

>それと、コメント欄まで、ていねいにご覧くださって、ありがとうです。
>(よく見てますね〜。)

そりゃあもう、あちこちで話題の大騒ぎ(?)でしたから、というのは冗談で(^^;)、疑似科学や陰謀論に関わる論争の行方には私としても関心を持たざるをえませんので。

>それにしても、その歌、キョーレツですよね。
>(ふざけているようで、核心をついているようで、
>なんともイミシンだったりするの...)

よ〜く解読しないと分かりづらい、でも核心をついてるようね感じもある。
そんな感じで、歌自体が、
魔法のようです(^^;)。

三介さん、

「現在 ULTRASEVEN X の続編を製作する予定はございません。/今後の作品にご期待ください。
今後共弊社作品の応援よろしくお願い致します。」

とのお返事でありました。

(-。-;) ちぇっ。面白いと思うんだけどなあ……。

仲@ukiukiさん、こんにちわ。

あぁ、なんかデージイフーナムン(三介さん風にいえば、けったいなもの)聴かせてもらった。
うれしい、ありがとう!

ちんけなケンイ主義にグチュグチュひっかっかってないで

《せいいっぱい侵犯しましょ》ってか

あぁ、わけわからんコメント失礼しました(^^;


なごなぐさん、こんにちは。

>あぁ、なんかデージイフーナムン(三介さん風にいえば、けったいなもの)聴かせてもらった。
>うれしい、ありがとう!

そう言っていただけると嬉しいです(^0^)/
実にけったい、デージイフーナムンでしょ(^^;)。

ケンイとか空気とかに遠慮して論理的に正しい指摘すらできないとしたら、それこそファッショな世の中、9.11直後のアメリカなんかと同じですもんね。(←これ、部分的にはトンデモさんたちも言いそうな台詞ではありますが、「論理的に正しい指摘」かどうかが大きな違いだと思います)
思えば、「馬鹿」の語源が、そんな状況だったはず。馬を「鹿」(逆だったかも)と言わないと殺されるおそれがある状況、そこから生まれた言葉だったとか。マンガで(^^;)読んだことがあります。

それはさておき(?)、新ブログの開設おめでとうございます!
ますます広がるnagonaguワールド! これからがますます楽しみです。侵犯、がんばりましょ〜(^<>^)/

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61333/17677033

この記事へのトラックバック一覧です: ♫『ギリギリ科学少女ふぉるしぃ』♫と、「信仰に基づく政策」「エビデンス(科学的根拠)に基づかない対策」:

» 「日暮し雑記」 1月12日 土曜日。 [酔語酔吟 夢がたり]
 蓮華草  花言葉:心が和らぐ [続きを読む]

» 「5大坂、元気?」著作「拳!?」 [いわいわブレーク]
いきなり予定を変えて、「5」から入ります。御免ちゃい? 僕が思うに、日本のと云うか、世界の「映画」界に[限られへんけど]革命をもたらしたのは、何のかんのと言っても, あの「あちょ~!」の雄叫びで、颯爽と登場したブルース・リー ... [続きを読む]

» この数日間の柏崎刈羽原発関連情報開示の連鎖(東電、保安院、政府地震調査委員会、そしてメディア) [Like a rolling bean (new) 出来事録]
このところ、中越沖地震の活断層問題や柏崎刈羽原発の被災に対し、国や電力会社からの発表が連続しています(TVは従来通り、完全に及び腰のようですが)。 ■1 東電による、柏崎刈羽原発運転再開を白紙と考えているという「表向き」の表明(1/10) ■2 ... [続きを読む]

» 偽装食品のブランド「吉兆」女将が社長に+「社会保障に関する国民会議」トヨタの奥田のジイサンほか、・・・ [晴天とら日和]
● 日 テ レ 小正月の伝統行事「焼け八幡」宮城・加美町<1/13 12:38> 宮城・加美町の柳沢地区に古くから伝わる小正月の伝統行事「焼け八幡」が、12日夜から13日朝にかけて行われた。「焼け八幡」は、600年前から伝わるとされる小正月の伝統行事で、県の無形民...... [続きを読む]

» 「3カニコウモル」「ポルシェ?」08年チンピラ発言大賞! [いわいわブレーク]
ガルブレイス「依存(見せびらかし)効果」批判・序。 [端書] もう少し、「ミイラ」(レーニン廟や保存食技術)等のことをまとめてからアップしようと思っていたのですけど、時間が掛かりそうなので、それはまた何時か・・。 とりあえず「序」(導入)ということで・..... [続きを読む]

» 「左」になるハードルと「左」の活路 [世界の片隅でニュースを読む]
 前回の記事(「野党共闘」の終焉と「護憲の大連立」構想)で関西学院大学教授の豊下楢彦氏による「左派の受け皿」としての「護憲の大連立」構想を紹介したわけだが、それには共産・社民両党の「過去のしがらみ」による実現可能性の低さ以外に重大な弱点があると指摘した。  その弱点とは「左翼」とか「左派」とか言う時の「左」のハードルが高いために、広義の「福祉国家と平和主義」を支持するだけでは「左」にはなれず、仮に「護憲の大連立」が実現しても、現在の「左」がそのまま結集しただけでは、結局は既成の「左」の人々の外部に... [続きを読む]

» [ブログ]空気の底で [nagonaguの日記]
一年以上も続けている“なごなぐ雑記”というブログがあり、それなりの愛着もあるので、こことの使い分けを考える。 あんまり考えてもいないのだが、「表と裏」「A面B面」*1ぐらいの気分で、ここでは気楽に書いていこうと思う。 それはそうと、最近の「政治ブログ」*2の世... [続きを読む]

» 「KY」空気読めないから「KK」空気変えようへ [BLOG BLUES]
先ずは、1月13日付の毎日新聞朝刊に載った 2つの記事をご紹介しましょう。 「かめ?」のコメント欄にも投稿したのだが、「KY」という けったくそ悪い言葉が、猖獗を極めている。この時代風潮には、 斉藤環の指摘通り、僕らブロガーが一役も二役も買っている。あちゃ。 「共感性を重んじる人」跳梁は、まさに「KY」の流布と軌道を一にするものだ。 現代日本で生き抜く能力の筆頭が、「空気を読む力」。 つづいて「忍耐力」「適応力」。ご明答。その通りですよ、新成人諸君。 バカヤロー!... [続きを読む]

« 【イベント情報:東京】「隣の外国人〜多様な人々、多様な生き方〜映像と音楽の集い」 | トップページ | 外国人地方参政権に反対する議員って「保守派」なの?? »