複国籍PT


2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

あわせて読みたい

  • あわせて読みたいブログパーツ

« 滞日希望外国人に「日本語能力テスト」。オーストラリアがいつか通った道 | トップページ | 脱「植民地主義」という鍵(その1)「不正を不正と見なす思想を」を読んで »

「外国籍市民意識・実態調査」能天気な京都市役所のHP、クールな京都新聞。京都市長選、腑抜けた京都新聞

2008.1.18.22:40ころ

外国籍の4割「就職で差別」 京都市が調査、不採用や低賃金も(京都新聞、2008.1.17)

 京都市が16日にまとめた「外国籍市民意識・実態調査」で、市内の外国人の4割が就職差別を受けた経験があると答えていた。外国籍を理由に不採用になったり、日本人に比べて賃金が安いなど待遇に差が出ている現状がうかがえ、市は今後、企業向けの啓発などを強化していく方針。
 調査は昨年6月から1カ月間、1952年以前から日本に住むか日本で生まれた韓国・朝鮮籍中心の「オールドカマー」と、53年以降に来日した「ニューカマー」の計3700人を対象に実施、回答率は26・5%だった。
 それによると、外国籍を理由に採用されなかったり、賃金や労働条件が日本人より悪かったことなど、差別を受けた経験のあると答えた人はオールドカマーで42%、ニューカマーで37・2%だった。
 中でも、外国籍を理由に採用されなかったとの回答が最も多く、韓国・朝鮮籍の女性から「韓国名の本名で履歴書を書いたら採用を断られた」、「断られるという先入観で就職をためらった」などの声が寄せられた。労働条件でも中国籍の男性から「給料やボーナスが上がらない」などと不満を訴える声があった。
 日本人との交際や結婚で差別や偏見を感じた経験があるか聞いたところ、ニューカマーが約1割だったのに対し、オールドカマーは約5割に達した。外国籍市民への「必要と思う施策」では、ともに「行政上の扱いを日本人と同等にする」が最も多かった。
 市は「外国籍市民が安定した生活を送るには雇用確保が必要で、結婚などでも根強い差別意識が残っている。啓発強化など対策を考えていきたい」として、来年度早々にまとめる国際化推進プランに対応策を盛り込む方針。

さすが、伊吹文明・自民党幹事長のお膝元!

さっすが、教育再生会議の委員が教育長を務め、ついには市長選に自民・公明・民主のサポートを得て立候補する土地柄だあ……!

などと、言い切ってしまうのは、おそらく早合点なんでしょうね……。

ちなみに、この調査報告、京都市のサイトで、公開されています。そのページのタイトルが、

「京都市外国籍市民意識・実態調査」の結果報告について~多くの方が京都市に定住を希望されていることなどが判明!~(2008.1.17)

そして、結果概要として挙げられているのが、

○多くの方が京都に住み続けることを希望!
 (オールドカマー:前回74.8%⇒今回80.3%,ニューカマー前回18.2%⇒今回23.5%)
○日本国籍者を配偶者に選ぶ人が増加!
 (オールドカマー:前回23.3%⇒今回24.1%,ニューカマー:前回30.5%⇒今回32.6%)
○ニューカマーにおいては,「人権や環境,福祉などのボランティア活動」や「母国の文化や歴史などを紹介する活動」に参加している,もしくは参加意欲のある方が6割を超えている!
 (人権・環境・福祉のボランティア:63.3%,母国の文化・歴史の紹介:63.5%) 等
(参考)
■「オールドカマー」:1952年以前から日本に住んでいる,もしくは日本で生まれた外国籍市民
 「ニューカマー」:1953年以降に来日している外国籍市民

幸せそうです。京都市役所。

さすがは、以下同文。

この報告書から、上記記事を書き出した京都新聞の記者さんに、Good Job! そして、うさエール♪

ちなみに、教育再生会議の元・委員で、京都市の教育長だった門川大作・京都市長候補。

昨年末に京都地裁で、違法な行政施策をなしたとして、損害賠償を命ぜられています。
詳しい情報は、こちらでどうぞ。毎日.jpasahi.comでも、判決を報じる記事を読めます。

ところが、京都新聞では、京都市長候補の実績、施策の進め方に関する重大な情報であるにもかかわらず、記事の扱いはひっそりとしたものであったうえ、ウェブでもその記事、公開していません。
こちらでPDF化されたものをご覧になれます)

嘆かわしいっす……。


Usagimasters

Banner2←能天気な京都市と腑抜けた新聞社に、うさキック!


ブログランキング・にほんブログ村へ←ガッツある新聞記者さんに、うさエール!


R_bana_2←忙しいのに 書きたい話が 次々くるよ 出てくるよ。困った。

« 滞日希望外国人に「日本語能力テスト」。オーストラリアがいつか通った道 | トップページ | 脱「植民地主義」という鍵(その1)「不正を不正と見なす思想を」を読んで »

2008京都市長選」カテゴリの記事

おすすめサイト」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

国際人権法」カテゴリの記事

多民族国家ニホン」カテゴリの記事

差別、排外、レイシズム」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

連帯でGO!」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。うささん。
なごなぐさんやお豆さん所にコメントした内容ですけど、
官僚対民間委員(いろんな国家会議の)、どうも官僚の方がまともですね、僕の大雑把な印象を言えば。これはマルクスの『ユダヤ人問題に寄せて』の主題に通じる資本主義ソノモノの矛盾点なので、一言ではいい難いんですけど、そこに資本制の「公正なる魅力」も内蔵していて、これが紛糾の種。すなわち『売り手は客を選べない』、つまり誰もが『お客様』ゆえ『神様』。これは気に入らん奴には『売ったれへん』なんて言えない商人の普遍的博愛主義[≒お金儲け主義]。これって誰からも『食い物や宿』を貰う『乞食』精神とも通底しています。系列企業グループヤ企業別組合に入った連中の『封建的地縁・血縁・門&学閥』主義というのが、今日のカースト制ですし、独占寡占体制の「成れの果て」。その極点としてブロック経済化による『大恐慌』やナショナリズム剥き出しの『大戦』が生じる。まあ人間界で規模こそ違え、繰返された『ビッグバン』ですね。ホブズボームの『長い19世紀、短い20世紀』っていう歴史概観によると、どんどんぶつかる規模とその被害が雪ダルマ式に大きくなっているようですが・・。あ、主題から離れちゃた。安心して営業[製造・販売]する為に商人や生産者としては、巨大で安定をもたらすシステム[国家機構や国際機構]を求める。けど、それが今度は自由なる営業を妨げる『足枷』にさえ成る。で、「環」トやモンテ「蹴球」の権力分散策が必要になる。さもないと、誰もが『法家』的『息苦しさ』の中、『窒息し掛けて』殺し合いの脱出を試みる。これが[どんなに洗練した殺しのテクを使おうとも]アナーキーなカタストロフィーが(餓)、史(死)的に繰返されるのメカニズムでしょうね。
生体認証を外国人に実施した法務省の役人たちの方が、その危険性をよく熟知しているのでしょう。自分たちが何をしているのか、どこまでその範囲を広げていいのか? それが人間をオートマティックな機「硬」に従属させることになること。
で、結局、もっと「で魁」カタストロフ(破局)を生むであろうことも。
ああ、やや長くなったかも、中身無い割りに・・。

三介さん、こんばんは。

教育再生会議や経済再生会議やらの人選を見ていると、官僚がまともに見えるのは仕方がないでしょうねえ。人選した連中が連中ですし。今日のカースト制のなれのはて、といえばまさにそうなんでしょう。
非国民通信さんの1/18の記事を読んでいて考えたんですが、自民党の政治家は献金をたくさんくれる企業の言うことばかり聞いてたから、やるべき産業政策をできずにきたんではあるまいか、と。外国人研修生制度がいまだに残っているのも同じです。

大規模なカタストロフィーを防ぐすべは、変化を先読みして、先手を打ちつつ、現在の枠組みをスムーズに変化させていく。たぶんそれしかないんでしょうけど、そのためのビジョンを提示できるシステムが、今の日本の政治の中にも周辺にもないのが悩みの種です。

法務省の厄人たちがカタストロフィーへの危険性を熟知している、というのは、たぶん買いかぶりです。彼らがおそれるカタストロフィーは彼らが頂点でいられる体制の破局であって、それを防ぐためにこそ、まずは外国人への監視を強化することで監視に対する慣れを主権者の間に生み、その勢いをもって、官僚の権力を揺るがしかねない「主権者」をいずれは監視の網の中に取り込もうとしている。そんなところだと思います。他に意味の見出しにくいシステムなんですもの。
本来、官僚たちこそ監視されるべきというのが、門テス級の三権分立だと思うんですが、逆方向の監視ばかりが強められている。冗談みたいな状況です。
法務省の厄人たちも、格差拡大が進む中、今後は「上級カースト」に位置できる立場にあるわけですから、現在の体制の死守に血道を上げている、その程度なんじゃないのかなあ。

まあ、カタストロフィーが来るとしても、それが殺し合いにならぬよう、国際刑事裁判所なんてものも生まれて来ていますので、そのあたりを有効に機能させつつ、現在の行き詰まりの原因を見極めつつそれを突破するビジョンを探すこと、それをやっていかねばならんのだろうと思います。ちょうど、鍵の一つが「脱・植民地主義」かなあ、なんて考えているここ数日でして、うまくかんがえがまとまれば近日中に、遅くとも今年のお盆くらいまでに、エントリーを書くつもりです。
でも難しそうで、どうなることやら(^^;)。


コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61333/17742343

この記事へのトラックバック一覧です: 「外国籍市民意識・実態調査」能天気な京都市役所のHP、クールな京都新聞。京都市長選、腑抜けた京都新聞:

» 判断基準は「命を護る」こと ― 緒方貞子さんのことば ― [鳥居正宏のときどきLOGOS]
きょう、私は4通の航空便を投函しました。アメリカ、中国、ロシア、コンゴの国家元首に宛てたものです。そのあとこれらの国家元首宛てにFAXとメールも送信しました。 アムネスティ・インターナショナルの要請で、これらの... [続きを読む]

» 「オバマ氏と私は、人種や性別をこの選挙戦で扱うべきでないという考えで完全に合意した」。ヨカッタ!+冷泉氏の提言。 [晴天とら日和]
  皆様のご支援に感謝致します! ありがとう! ● 日 テ レ 七福神と綱引き対決!?「福俵打ち」 大分<1/15 21:55> 大分・日田市の高塚地区で14日夜、「福俵打ち」と呼ばれる正月行事が行われた。この福俵打ちでは、家を訪れた七福神が福の入った俵を投げ込...... [続きを読む]

» 日本郵政が要求した再生紙年賀はがきへの仕様・買値・納期は妥当だったのでしょうか(と、ふと思う) [Like a rolling bean (new) 出来事録]
にわかに「これは書かなくちゃ」と思うテーマがいくつもあるのですが(^^; その一方で、この数日引っ掛かっていることもあります。 一つが日本郵政の再生年賀はがきの古紙比率問題、もう一つが、クローン食品認可の件で、いずれも、(わたしが偏光レンズで見る限り)市民に対す... [続きを読む]

» 他のブログへのコメント書き込みについて&政治ブログに対する考え方 [嶋ともうみ☆たしかな野党 支え続けて 上げ潮めざす!]
 私も過去に共産党女性議員のブログなどへあちこちコメントを書いてきましたが、承認 [続きを読む]

» 民主党・小沢代表が衆議院本会議を途中退席し採決を棄権!やはり民主党ではなく共産党へ…の私が正しかった [嶋ともうみ☆たしかな野党 支え続けて 上げ潮めざす!]
 「理解できない」棄権批判に民主・小沢氏(「しんぶん赤旗」日刊紙2008年1月1 [続きを読む]

» DWジャーナルで視た25万人以上の子ども兵士のこと、日本の子どもの奪われつつある将来のこと [Like a rolling bean (new) 出来事録]
BS11(デジタルハイビジョン)の、平日21:30~22:00のニュースがドイツ国営テレビの放送直後の国際ニュースに通訳音声をつけた「DWジャーナル」が放映されています。 (電波難視聴地区にある我が家の近辺ではCATVで配信されています) 日本国営放送協会の国際ニュースが、... [続きを読む]

» 「1大坂元気」『水』を「得る魚」とは? [いわいわブレーク]
何となくゴチョ誤著と検索しているうちに、こんな記事を発見しました。 毎日新聞 2008年1月18日 東京夕刊 「特集ワイド:この国はどこへ行こうとしているのか 小池千枝さん」 http://mainichi.jp/select/wadai/news/20080118dde012040042000c.html 「右肩のあたりをちょっ..... [続きを読む]

» 『危険運転致死傷罪』の微妙な論理 [アルバイシンの丘]
 時々記事に登場するK君と,彼の同志であるH君の三人で,新年会をやった.彼らは労働運動の最前線で闘っているのだが,そういうのとは無縁の私となぜか波長が合って,議論するのが楽しいひと時となる.ホントはもう一人M君がいるのだが(トヨタ社員の過労死の記事で紹介した予備校講師),センター試験直前で,過労死寸前まで酷使されていて参加不可能だった. さて,いろんな議論をやっていくうちに,H君がふと言い出した【注1】. 『危険運転致死傷罪は泥酔した方が罪が軽くならないの』 その理由は,『泥酔』だと『刑... [続きを読む]

» 投票に行こう! 京都市長選挙 2008年2月17日(日) [【PeaceMedia】 ピースメディア]
2008年2月17日京都市長選挙を考えるための資料・リンク集。 前回2004年には「38.58%」という低投票率だった市長選を、 草の根の市民レベルで盛り上げていくための特設サイトです。 少しでも投票率向上につながればと思います。... [続きを読む]

« 滞日希望外国人に「日本語能力テスト」。オーストラリアがいつか通った道 | トップページ | 脱「植民地主義」という鍵(その1)「不正を不正と見なす思想を」を読んで »