複国籍PT


2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

あわせて読みたい

  • あわせて読みたいブログパーツ

« 新・入国審査システム稼働1カ月。法務省、人権擁護法案、鳩山法相スキャンダル。在日「障害者」無年金訴訟最高裁判決 | トップページ | 外国人の生体情報採取・蓄積・流用システムの問題点(「入管法改定案に関する国会会議録」より) »

今年、私の聞いたベスト・ソング/地方自治とICCで「戦争を抑え込める世界」へ、うさジャンプ!

2007.12.29.00:20ころ

今年もいよいよ終わりに近づいてまいりました。

昨年の『I am what I am』(昨年末の記事にYouTubeの動画などをリンクしました)に続いて、本日は、今年、私の聞いたベスト・ソングを、紹介したいと思います。

それは、「ウルトラセブンX」に登場したシンガーソング宇宙人が路上で歌っていた歌!

では残念ながらありませんで、やっぱりあれです、はい。

むしむし軍歌〜あ♫

この歌詞とメロディーの身もふたもなさは、いやあ、衝撃でした。はい。

格差社会への怨嗟が、そのはけ口を求めて愚かしい排外主義や暴力に結びつきかねないのでは、なんてことさえ語られはじめた2007年でした。

しかし、戦争も、軍事中心社会も、人を幸せにすることはけっしてありません。

戦争が格差社会を流動化させるなんて馬鹿げた夢想です。現代の戦争において「ビンボー人」は戦場に送り込まれるだけ。ブッシュの戦争の裏側にスポットを当てた『華氏911』はそのことを狂おしいまでに描き出してくれました。



そして戦争は、人の絆、信頼を踏みにじり、切り刻み、破壊するだけ。人間性をも奪い去り、敵味方を問わず、命をも奪い尽くします。
そんなおぞましい事実を見据えて、日本国憲法が生まれました。

軍、そして国家の暴走。

それを食い止めるための知恵のひとつが、「地方自治」です。

人びとの暮らしに最も密接なかかわりを持つ「地方自治体」は、住民のために住民が組織する「民主主義」の基礎的組織として、国家の暴走を食い止める防波堤としての役割を担うものなのです。明治の頃の日本のような中央集権国家ではそうじゃあないんですが、少なくとも、第2次世界大戦後の日本国においては。

しかし、今年もまた、札束で人のほっぺたをひっぱたきまくっては、地域住民に分裂をもたらすという、自民党政権のお家芸が今も健在であることを教えてくれるケースが、また飛び出しました。

【参考サイト】
名護市・沖縄県・岩国市(2007.12.21、なごなぐ雑記)
岩国についてのメモ(1)(2007.12.23、なごなぐ雑記)
岩国についてのメモ(2)(2007.12.24、なごなぐ雑記)
岩国についてのメモ(3)(2007.12.25、なごなぐ雑記)
岩国市長辞職!(追記あり)(2007.12.26、なごなぐ雑記)
辞職表明の井原岩国市長が助成金カットについて語る〜NPJ動画ニュース第1回:ヤフーが削除、なぜ?(2007.12.27、情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士(ヤメ蚊))

無防備地域宣言全国ネットワーク

暗澹たる気持ちにさせる話ですが、一方では、この「アメとムチ」に対する強烈で新たなカウンターが市民の側から生まれでたのも、この2007年でした。

【参考サイト】
「岩国市新市庁舎建設を勝手に支援する会」の口座番号決定〜「基地誘致交付金」に抗議する寄付募集開始!(2007.12.23、情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士(ヤメ蚊))

幸いなことに、日本政府は、2007年、国際刑事裁判所規程を批准しました。国際刑事裁判所を敵視してきたブッシュ米国の属国がどんなつもりで批准したのか、正直、はかりかねています。
しかし、日本政府の批准を、「戦争」を「法」によって抑え込もうとする試みを加速させるために活用することは可能なはずです。

戦争のない世界、戦争を抑え込める世界の実現へ向けて、さらなる一歩が踏み出されるよう祈りつつ、2008年を迎えたいと思います。

【関連記事】
多文化・多民族・多国籍社会と『戦争をなくすための平和教育 「暴力の文化」から「平和の文化」へ』(2006.1.10、ICCで「人間の安全保障」)
『戦争の抑え方☆軍備オフ ICCでつくる戦争のない世界』

「ウルトラセブンX」に登場したシンガーソング宇宙人が路上で歌っていた歌。
今、あらためて聴いてみると、しっとりとして軽やかで、なんか、不思議な味わいあります。
年の瀬に聴くにはちょうどいい感じです。

ちなみに、歌詞は監督の梶研吾さんの作詞だそうです。“花に変えよう~ナタルのテーマ”っていう曲名なんですね。

梶監督のサイト掲載の歌詞に、番組から拾った部分を加えて、完全版をお送りします。

いえーい いえーい いえーい いえーい いえい
星が流れる時
いえーい いえーい いえーい いえーい いえい
悲しみも花に変えよう

つらい宿命(さだめ) 出逢った偶然
二人 果てない迷路 越えてく
ころび倒れ 傷を得て嘆いても
想う力があれば 愛が咲く


いえーい いえーい いえーい いえーい いえい
宇宙(そら)を見上げる今
いえーい いえーい いえーい いえーい いえい


明日への虹が見える
きみの笑顔 胸に守り
走り出そう


高い崖と険しい上り道
二人 無情の旅路 生きてく
まどい悩み 涙涸れ叫んでも
熱い心があれば 希望(ゆめ)が勝つ


いえーい いえーい いえーい いえーい いえい
宇宙(そら)を見上げる今
いえーい いえーい いえーい いえーい いえい
明日への虹が見える


きみの息吹(いぶき) そばに感じて
駆けて行こう

モッタイナイことに、セブンXのサントラには収録されてないみたいです。ザンネンムネン!!

というわけで、CD化を応援するべく、急遽、今年のベスト2に、決定しました。

ラブ&ピースに弱いんです、私も(^^)v

 

Usagimasters

Banner2←札束でほっぺたひっぱたく「アメとムチ」政策に、うさキック!

ブログランキング・にほんブログ村へ←「ラブ&ピース」を胸に、「戦争を抑え込める世界」へ向けて、うさジャンプ!

R_bana_2←ついに総合ランキング10位に上昇!って、いいのかいな、うちなんかが……。

« 新・入国審査システム稼働1カ月。法務省、人権擁護法案、鳩山法相スキャンダル。在日「障害者」無年金訴訟最高裁判決 | トップページ | 外国人の生体情報採取・蓄積・流用システムの問題点(「入管法改定案に関する国会会議録」より) »

おすすめサイト」カテゴリの記事

ウルトラセブンX」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

ワーキングプア、格差社会」カテゴリの記事

戦争・平和」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

連帯でGO!」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

今晩は、岩波が『読書のすすめ』って非売品を大きい本屋さんに置いてますね。その10号で、池澤夏樹さんの『インディアスの破壊・・』と『ギリシア恋愛小曲集』を取上げてて、読んでいるうちに、あ、これがヴェイユの言う、「イリアス』等古代と『吟遊詩人』やラシーヌとかの中世・近世との違いか!って思えました。
前に『お豆さんところ』で西村真吾氏批判コメを入れたときに気付いたんですが、結局、生活・活動地域がでっかくなると、多くの人にとって政治的機構は、ポリスのような都市国家=郷土ではなくなる。で、愛する対象はもっと限定された恋人(そして温かい家庭作り)へと局限して行く・・。
「でっかい領域の帝国で国家愛を叫ぶ」主力というのは、皇帝(システム)に忠誠を誓うことでしか安定(生存そのもの)を手に入れられない、『浮遊民』と(大小貴族・常民らから)蔑まれている人々。
ラス・カさすが報告したヨーッロ羽人の多くもそういった範疇の船乗りたちだったのでしょう。一発逆転を狙った無頼派と呼べるかもしれません。新地に布教を求めた極少数のクソまじめ神父さんらとは、大きく対立していたんでしょうね。
なんか、今も日常起こっている光景と言えそうで・・。げに凄い本たちです・・。

こんばんは、うささん。
こちらにもTBできなくなっているようです。
仕方ないので、TBもどき作って貼っておきます。

「ハンがく事始」3 スケノ『方法的 模索』ハ気でキラナイ?
http://blogs.dion.ne.jp/ivanat/archives/6637123.html
「副題 『不射の射』第 三chann 話。

多様性とか、批判精神とか、エラソウナこと言うて、
ちっと厳しいこと誰かから言われると、
或いは相手には「批判の意図」さえないのに、ブログ
「棒に怒る日本人」さんが常々批判してはるように、
http://yahhoo.cocolog-tcom.com/goodwill/
「カチン」と来て「舞う」こと、僕にもよくありま・・」


本年は、楽しい突っ込みの数々、有り難うございました。
では、来年もよろしくお願いいたしま~す、ネ。

三介さん、あけましておめでとうございます。

「でっかい領域の帝国で国家愛を叫ぶ」主力が「皇帝(システム)に忠誠を誓うことでしか安定(生存そのもの)を手に入れられない、『浮遊民』と(大小貴族・常民らから)蔑まれている人々」だという指摘、重たいですね。そうしないことには疎外感、無力感から逃れられない状況というのは、「陰謀論」に流れていく心情にもつながる気がします。一発逆転を狙う無頼派って嫌いじゃないというか、憧れちゃったりするところがあるわけですが(^^;)。

そこから生じる危険な状況を防ぐには、「安定(生存そのもの)」を確保していくことが、あるいは、そういう「叫び」を無力化できる知識や情報を広く流通させること、そういうあたりが必要になってくるんだと思いますが、後者はブログでもちょっとはできるのかなあ。。。

TB、お手数おかけして申し訳ないです。子年に入って、ちゅーちゅー素早く通ってくれるといいんですが、はてさて。
それはさておき、「ハン学事始」がえらい勢いで進んでいるんで、帰省から帰ってびっくりしました(^^)v。

ブログに寄せられるコメントの中にも、批判か批判でないか、どこを意図しているのか、わかりづらいことってありますよね。で、カチンと来ることもあります。そんなときでも、できればそこからも何かを汲み取れれば、なんて考えてあれこれ頭を働かせて、でも結局、大激突!てな体験もあったりして、どう対処するのがいいのか、なんとも悩ましいところです。
でもまあ、それもまた人の世、ブログの世界ということで、楽しみながらやっていければ、万事オッケーなのかも知れませんね。だいたい私もわかりづらい話をしちゃってること、記事でもコメント欄でも多々あると自覚しとりますので(汗)、お互いさま〜、でも今はういんた〜、の精神で。

と、駄洒落できれいに(?)しめたところで(^^;)、
今年もよろしうお願いいたしま〜す!(^O^)!


こんばんは。
TB、好調tyuutyuuみたいですね。
あ、こないだ。モームスとかの所属しているpロだく所んが、たまたま別の検索で出て来まして、次々開いていくと、何だか欲送られて来るエロTBさんの造りとそっくり、ビックリ、どんぐり、ころりんでした。フォームも本文の言いまわしも。同じサービサ-が作っているのか、役所の〇〇財団同様、一つのマニュアルを使い回すことに、その業界くるみちゃんで取り決めているのか? それって芸無しちゃうのンとか、関係ないトコで突っ込みを入れてみたくなります。
あ、それだけです、新年早々・・。

三介さん、こんばんは。TB、好調でチュ〜。

さっきのコメントを書いた後で気づいたのですが、安定(生存)すら確保できない層の出現を、権力持ってる側は反対勢力のせいにしてしまえる、そう思い込ませることができる(or たやすい)っていあたりも、厄介ですよねえ。むう。。。

エロTBさんの謎に、ひょんなところからたどり着けそうですね。業界グルミの取り決めがあるとしたら、笑っていいのか寂しさを感じるべきなのか。エロはもっとじょうねっつなものではないのかあ!!なんて叫んでみたりして(^^;)。

>安定(生存)すら確保できない層の出現を、権力持ってる側は反対勢力のせいにしてしまえる、そう思い込ませ
むーmm。この命題をペルーのフジモリ元大統領とその政敵に各々適用してみるなんていう思考実験は如何ですか。
F氏が大統領に成れたのは、やはり勤勉な日系移民の代表、多くの「成功夢」を有する貧民の期待を集めたのでしょう。
それが旧来の有力者には面白くない。それが第一の潜在的政敵可能性。で、次に、実際にF氏が大統領に成ったからといって、どっしりと根を張っている巨大農場やら地下資源・観光資源の利権構造が生み出す大多数の先住民の、またはその白人・有色人との混血の貧困はなかなか無くならない。たとえ本気でF氏が格差解消や農地改革等に取り組んだとしても・・。むしろ利権のアリ地獄に引きずり込まれて行き、もがけばもがくほど利権ネットワークからの魔の手が迫るシッョカー?! 左派からは過激な暴力革命・武装闘争の1の矢2の矢3の矢が・・。右派からも枕詞こそ違え、似たようなモノがエログロもろもろっと飛んで来る・・。こんな感じじゃないかしらん?
以上は総て、フィクションであり、登場する固有的普通名詞は実在のものと関係・・。
いずれにせよ、酷い貧困格差社会の中、子どもたちの生活・教育[生存ソノモノ]が脅かされていますから、とにかく食わしてくれるんやったら[&喰っていくためなら]何でもしてまうっていう状況下でしょうから、進むも留まるも地獄なんやと思います。ユニセフとかも色いろと手を尽くしているようですが、焼け石に水っぽい・・。

三介さん、こんばんは。

いわいわブレークのコメント欄で規制がかかって帰省関連のコメントができません(;<>;)/
で、デラックスプリンじゃないすが、別府駅で売っていた地獄蒸しプリン、えらくうまかったです。ブラジルのプリンにも似て。製造・発売元は、たぶん
http://www.okamotoya.net/sell/index.html
だと思いますが、チェックを怠ってしまいました。ぐっすん涙くん。

で、本題です。

ベネズエラのチャベス大統領、ブラジルのルラ大統領なんかもそうだと思いますが、やはり従来の支配層・富裕層・特権階級(ついでにアメリカ政府も)からの抵抗は避けられないんで、南米諸国の情報を読むときは、そのあたりに注意する必要がありますよね。タイのタクシン元首相なんかもそうでしょうか。F氏については、1期目は良かったのに、なんて話も聞きますから、長期化するにつれ利権ネットワークに引きずり込まれていった、っていうのは当たっているのかも知れません。一方で、日本大使館人質事件のときの犯人グループ殲滅作戦に見られるように、荒っぽく暴力的な解決を好む傾向もあったようですし(明治維新を理想にしてたとか)、そのあたりはチャベスやルラなんかとは同列に語れないところだろうなと思います。

ここ数日、深夜にNHKで「民主主義」をテーマにしたシリーズ物を放映していますが、考えさせられることが多いです。
どんな地域についてであれ、それまでのその地域の歴史や現在の経済状況をふまえてこそ、今、必要とされる政治のあり方が論じられるんでしょうけど、その一方で、どこかよその地域での痛ましい経験の数々を経て得られた、長い歴史を経ればおそらくは普遍性が認められるだろう価値、なんてものもあって、それが「規範」として外部あるいは内部から要求され、「今、必要だと為政者が考える政治」とは対立する、なんてこともまた珍しくはない。

複雑怪奇に世界は進んでる、ってことなんでしょうけど、清濁合わせ飲みながら、しかし(これぞという、ってどういう?って突っ込みはなしにしてください(^^;))一線は越えずに対処していく、そういう政治家が望まれる国や社会、今でも少なくない気がします。

こんにちは、うささん。
>コメ・・不能
そうだったのですか、嫌がらせ攻撃ですね、また。「IVANATの日記」の方へも書けませんか? もしそうなら、DION&HATENA経堂での嫌がらせ、『ナットのお豆』
http://blog.livedoor.jp/ivanat/
の方もなら、ライヴドアーのお仲間ってことになります・・。
>一線は越えずに対処・・政治家が望まれる国や社会・・少なくない
これが『パリコンミューン』&レーニンの『(臨時)護民官』≒独裁問題の核心ですね。10月革命で政権取って、秩序を急速に形成する際の『一線』とは? 『好き勝手略奪・強姦・私刑』している「ごろつき」をどう革命側に落ち着かせるか? そこらに反革命的な煽動はやはり在るし、此処で多くの実践家は『股裂き状態』に苛まれる。その『究極の孤独』を真の改革者は乗り越えなアカン。けど、やはり「神」じゃない。これが天武やレーニンに窺えるからこそ藤田省三君は等しく尊敬していたんやろうし、不可能やと悟ったからこそ、神話やファンタジー(昔話)の世界(主題の奥深さ)を再発見した。で、『笑いの本願』(柳田国男)≒道化の知恵でしょう。ここらに漬け込むのが広告代理店とかは確かに上手いけど、素人も上手いトコが在る。否、何処でも素人も上手いんですよ、『水を得た魚状態』の時は。
それが方言をもっと活かせ~! 
業界の殻の中での隠語をもっと潰してしまえ~! 
『知的財産権』なんていう格差増祝制度にダマあされるな~!
ははh。だいぶ予告してしも歌。
これらが『再生へ』の大きな方向性です。

ああ、肝心のお話し忘れてました。実はこっちの方が元々の目的やったのに・・。

http://www.asahi.com/digital/nikkanko/NKK200712280012.html
結局、国交省の指紋認証は、密入国「大作や!」いう気がこの記事読んでてしましたね。それと流通業(此処が人モノかねっていう究極の情報の実態部分やから)、ネットとか電波の『血清化』された『魂』とは違って。ネック(急所)を抑えておきたいってことやね。

↑「実体」が「実態」になってしまいした。訂正します。

三介さん、こんばんは。

「一線」、難しいですよね……なんて軽く評すべき問題ではない気もしますね。むむむ……。

革命のとき以外でも、たとえば内戦の終結を目指す場合、和解への道も探らねばならない、その一方では、人道的に許されないことをした勢力なんてものがあればそれを無罪放免にすることも難しい。しかし、その勢力が、軍事的に強大な力を持っていたりしたら、どうすべきなのか。
ともかく和解を優先させて他の問題を一時棚上げしちゃい、ひとまずの安定を目指すのも、一つの道なんだと思います。軍事政権が終わった後、過去の清算に向かった韓国みたいな道を、意図して目指す、とか。

国交省のこのシステム、入管の「自動化ゲート」を強制的に利用させるみたいな感じですね。密入国対策としては、でもこれでもまだまだ穴だらけだと思います。結局、すべての網は抜け穴だらけにしか仕上がらないっていことを受け入れて、リスクを引き受けていくしかないと思うんですが、官吏は管理したがるっていう習性、抜きがたいんでしょうねえ……。それに、お金が動けば天下り先も確保できるし、なあんて。

『再生へ』の記事、期待してます!!


コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61333/17499215

この記事へのトラックバック一覧です: 今年、私の聞いたベスト・ソング/地方自治とICCで「戦争を抑え込める世界」へ、うさジャンプ!:

» ULTRASEVENX 第7話 異星人の歌声 [レベル999のマニアな講義]
内容飛行物体の侵入が確認され、ケイは調査に向かった。突然、謎の集団の襲撃を受けたケイ。そのころ、エスもまた謎の音を聞いた次の瞬間。エイリアンが倒れて消滅してしまった。そして、殉職したはずのエージェント・ディーが現れる。一方、ジンは、公園でギターを弾く女...... [続きを読む]

» 井原市長のインタビューを貼りました(ネットにも持ち込まれるモノを言わせない自主規制?の空気) [Like a rolling bean (new) 出来事録]
岩国市の井原市長のインタビューがNews for the People in Japan に掲載されるということで、帰宅後に読もうと思っていましたが、なんとYahoo!動画からガイドラインに反するとして削除されたのだそうです。 ◆情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士(ヤメ蚊) 『辞職表明の井... [続きを読む]

» ULTRA SEVEN X 5,6,7まとめてどぉん!! [特撮警備隊3バるカんベース~明日のヒーロー番組を作るレビュー戦隊!その名は!?~]
たまりにたまって三話分ためちゃったセブンX。 しかもその内6話が未見のままという失態を犯してしまってわんわんわわーん状態。 この中の話で内容的にもゲスト的にも一番楽しみにしてたのに、ニコ動一斉削除に泣いたぜ… 教訓、見れる時に見ろ! Episode05 PEACE MAKER... [続きを読む]

» 「歴史とか教育っていったい!?」…権力者のカラーで変わるものかぁ [dr.stoneflyの戯れ言]
 今年もあと数日で終わろうとしている。一人ひとりが、それぞれの歴史を刻みながらまた一年が終わるわけだね。ん、歴史? 歴史だよ。それぞれの歴史だよ。よく考えてみると歴史とはホントに不思議なものだよね。と強引に話題を持って行くが年末だから仕方がない(笑)。  そう、「沖縄戦」での「集団自決」の「軍の強制」が教科書にかかれたり、はずされたり、また書かれたり。書かれたと思ったら「軍の関与」だったり、という歴史のこと。  不思議なのは、あのとき沖縄にいた一人ひとりの歴史の総和が「沖縄戦」だと思う...... [続きを読む]

» ブット元首相暗殺。そしてウソを見抜こう。 [Saudadeな日々]
雑事に追われ、パキスタンのブット元首相がお亡くなりになったのを1日遅れで知った。 秋に帰国してから、こんな日が来なければいいが、と思ってたのに。 自動小銃で撃った後、犯人が口封じの自爆。 志なかばでの旅立ちは、ご本人も国民もさぞかし無念と思う。 パキスタンの民..... [続きを読む]

» 12月28日の雑記。 [酔語酔吟 夢がたり]
  ☆☆ 万両   花言葉: 慶祝 [続きを読む]

» Episode.7 YOUR SONG  [医療特撮部LOG -特撮部-]
11/17放送 監督:梶 研吾/脚本:林壮太郎 追跡してきたエイリアンとの攻防を見せつつ、 異星人間の恋愛模様を見事に描ききった一作。 またしてもゲスト出演の小田井涼平と石川紗... [続きを読む]

» 入門編・戦争とは3 [反戦塾]
 戦争とは人を殺すことです。普通の人は、人を殺すことになれていません。したがって人を平気で殺せるような訓練をしたり相手をにくむようにしむけます。それが軍隊です。 [続きを読む]

» 自End!:TBP「自民党政治」がアクセス2000通過す。これからもよろしくお願いしますネ。ヨチヨチ歩きからよくここまで、 [携帯版雑談日記(徒然なるままに、)]
 TBP「自民党政治」を登録し、スタート当初は、雑談日記の「最新の記事」リストとほとんど同じで内心「これからどうなるのだろう」と正直心配でした。(^^;  でも、その内徐々に増え始め昨日夜半の2000です。  2000目のエントリーは、晴耕雨読さんの「「政治的思想的犯罪者」論の説明 」  その他 です。 (略) コミンテルン・ドイツ共産党は、自己の勢力を拡大するためにより近い社民党支持者の獲得を優先し、ファシズムよりも悪質な社民勢力という社会ファシズム論を持ち込み社民党叩きに狂奔した。 賠償金支払い... [続きを読む]

» Episode7「YOUR SONG」 [ひびレビ〜ウルトラを探して〜]
ULTRASEVEN X Episode7「YOUR SONG」 GUYS総監代行ミサキ・ユキこと石川さんご出演。綺麗な歌声を披露してくださいました。エージェント・ディーでなくとも、こんなエイリアンが目の前に現れたら惚れてもおかしくは無い。 さて今回は異星人との愛情物語。帰マンの「星空に愛をこめて」を思い出す。あれも侵略宇宙人との恋の話だった。 立場を捨ててまで彼女を守ろうとしたディー。そんなディーの行動に、最初は不信感抱きまくりのケイも味方に。「ラブ&ピースに弱いんだ」やっぱりセブンXにケイは... [続きを読む]

» パキスタンは「アジアの火薬庫」か~ブット暗殺 [世界の片隅でニュースを読む]
 パキスタンのブット元首相が暗殺された。暗殺犯はブット氏を銃撃後、自らも自爆、多数の人々が死傷した。  パキスタンの不穏な情勢はずいぶん伝えられてはいたが、白昼堂々と有力政治家の暗殺が敢行されたことは衝撃である。  パキスタンについては、2004年に参議院憲法調査会で参考人として招致された関西学院大学教授の豊下楢彦氏の発言がずっと頭を離れないでいる。  第159回国会 参議院憲法調査会 第2号より(太字は引用者による)。 《引用開始》 (前略) 短時間ですので端的な例を挙げますと、私は... [続きを読む]

» <こんなの選びました>不祥事に終始した1年 記者が選ぶ2007年放送10大ニュース【東京新聞】 [どこへ行く、日本。(福田は国民羊化計画と構造改革(=政財癒着推進→格差拡大)をやめられるのか)]
東京新聞の場合はこんな「放送10大ニュース」を選びました。どんなものを選ぶにしろすべてが主観と言えば主観なのですが、それなりに良心的な新聞社の姿勢を表していると思います。  ========================================= 不祥事に終始した1年 記者が選ぶ200... [続きを読む]

» 【日記】今年を振り返って [散策]
今年を振り返って、エントリを書きます。人では、浅野史郎さんとリチャード・コシミズ氏、一文字では、「恐」です。 政治は選挙を見るのは好きでしたが、浅野さんの都知事選出馬は、とても感動的でした。浅野さんも新自由主義ではないかと評価されるかたもおり、現時点での私の評価は定まりませんが、まったく別世界のことであった政治が身近なものになりました。浅野さんの選挙戦最後のアルタ前演説良いですよね。思い出して聞きながら、下に貼っておきます。... [続きを読む]

» ウルトラセブンX:Episode7 [KITAKO'S BLOG]
Episode7 守られているだけぢゃ、嫌ぁ!援護を頼むわ、赤い巨人くん! 美形の宇宙人少女ととの恋 今回は侵略される側の身勝手な面が大きく出ましたね。 ★美しい異星人なら「共存できる」 ★仲間を裏切り平気で殺せる異星人なら「正義」 ★権力者を裏切る行為...... [続きを読む]

» 2007年の回顧と、2008年への展望 [「猫の教室」 平和のために小さな声を集めよう]
長らく記事更新を休止しておりましたが、年末ともなり、今年を振り返ってみたいと思い、記事を書きます。毎日更新するのは、もう少し後になってからになると思いますが。 さて、2007年を振り返りまして、やはり感慨深いのは、7月参院選での自民党大敗北と、その後の..... [続きを読む]

» 受刑者・釈放時アンケート集計結果(H18年度)発表〜徳島刑務所を裏付ける「医療に関する不満極めて大」 [情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士(ヤメ蚊)]
 法務省矯正局がこのほど発表した「受刑者に対する釈放時アンケート集計結果(平成18年度)」(※1)によって、受刑者の医療環境が深刻な状態にあることが改めて分かった。徳島刑務所での肛門虐待事件に象徴される刑務所医療の貧困さが明らかになったといえる。法務省は、この結果を正面から受け止め、刑務所医療の民間委託に踏み込んでほしい。  矯正局によると、このアンケートは、【行刑改革会議の提言を受け,行刑行政の透明化,処遇環境の充実化等を推進するための一方策として,平成17年4月から,出所受刑者を対象として釈放... [続きを読む]

» 年の終わりにふさわしい歌 [弱い文明]
 YouTubeで、個人的にとても思い出深い映像がアップされているのを知った。1978年12月12日、東京はNHKホールで収録されたデヴィッド・ボウイーの来日公演の映像である。この映像はその年の年末だったか、翌年明けだったかに、NHK「ヤング・ミュージック・ショー」で放映されたものだ。... [続きを読む]

» 「生きとし生くなる人みな友ぞ!」 [鳥居正宏のときどきLOGOS]
大晦日です。今年の7月にこのブログを開設して以来、11,500人もの人にご訪問いただきました。 また、たくさんの貴重なコメント・トラックバックをいただき、ブログを通じての有意義な連帯に参加をさせていただくことができま... [続きを読む]

» 大晦 [老人党リアルグループ「護憲+」ブログ]
今年も 今日一日で暮れる。個々人の悲喜はさてあれ、目を社会の諸々に向けてこの一年を振り返ったとき、人それぞれが抱く感慨はいかなものであろうか。この一年を表すに相応しい漢字一字は〈偽〉であると。なんたることかと天を仰ぐ心地がする。大筆を揮う僧侶の、「書きたくない字」という嘆きにも似た感想に頷く。私事だが、思い返してもこの字を認めた記憶は我が金釘流にはない。読めても書かない字というものは結構あるものだ。   横道に逸れた。あのこともこのことも〈時〉という妙薬が綺麗さっぱり洗い流し 消し去ってくれる。それ... [続きを読む]

» 【大晦日スペシャル対談】追憶の2007年 [人工樂園]
池野土左衛門(以下DI):同志,らんきーブログ様のところでなにやら愚痴ってらっしゃいますな。なんだかんだであの事件はダメージが小さくないようで(笑)。 Niphonese(以下NI):まあな。あたり前だけど,Tumblrはブログにない楽しさがあるからのめりこみ始めたわけで,それがあんな不愉快な出来事に巻き込まれたんじゃなあ。 DI:でもその後,また新規にお開きになったわけでしょ。懲りないお人だ(笑)。 NI:ただやっぱりちょっとトラウマが残っていて,Friend登録は一切していないし,rebl... [続きを読む]

» 敬頌新禧 ― 本年も何卒宜しくお願い申し上げます ― [鳥居正宏のときどきLOGOS]
新年明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願い申し上げます 平和で平安な1年でありますように!皆様に、幸多き1年でありますように!世界のみんなが、幸せでありますように! 本年も私は、「護憲・非戦・反差... [続きを読む]

» 2008年 正月二日 [酔語酔吟 夢がたり]
{%kado%} おめでとう ございます [続きを読む]

» 「ハンがく事始」緊急「書きイや、ぶいっちゃん。たまにで好いから」 [いわいわブレーク]
三輪耀山ヨウゼンさんというブロガーがいます。相互リンクこそしてませんが、何度かコメントを交わした仲です。このカテゴリー「愚者痴民 16-2」を見てもらったわかるかと思いますが、かなりお口が悪いです。 でもちまたでは、かなり人気があります。なんでやろ? 考えて..... [続きを読む]

» 「岩国市の苦悩は他人ごとか」…レイプを我慢する生活 [dr.stoneflyの戯れ言]
沖縄の苦悩、そしてまた岩国市の苦悩をみつめて、 のほほんとしている自分をみる。 ワタシは、たまたまこの国の、この土地で暮らしている。 たまたまこの土地で、のほほんと暮らしている。 この土地にはたまたま米軍基地がなく、たまたま財政難でもない。 いや、財政難でもないため、米軍基地がなくてもいい、のだろうか? そう、たまたま爆音に悩まされることなく、落下傘が降って来る事も無く、 軍用ヘリが堕ちることもなく……、 人を殺すための施設を抱えることを実感することなく暮らしている。 こ...... [続きを読む]

» 入門編・戦争とは9 [反戦塾]
 「人間はなぜ戦争をするのでしょうか」の2回目です。前回は「差別」について書きました。サ・ケ・カ・ナ・シの順でいくと、今度はケ、「経済」です。「差別」と「経済」 [続きを読む]

« 新・入国審査システム稼働1カ月。法務省、人権擁護法案、鳩山法相スキャンダル。在日「障害者」無年金訴訟最高裁判決 | トップページ | 外国人の生体情報採取・蓄積・流用システムの問題点(「入管法改定案に関する国会会議録」より) »