複国籍PT


2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

あわせて読みたい

  • あわせて読みたいブログパーツ

« 子どもたちと「戦争」 | トップページ | 川崎女児いじめ事件、地裁判決 »

厳しい世情に「デュワッ!!」(時間枠拡大でのリメイクあるいは続編制作熱望します、円谷さん!!)

2007.12.25.00:00ころ

きっちりまとめてくれましたあ〜!!

はい、『ウルトラセブンX』の話です。ちょっと驚きました、あの流れ、この最後20分ちょいで、話をきちんと着地させちゃうなんて!!

ということで、『ウルトラセブンX』見聞録(?)もいよいよ最終回です。さあ、ドラマ本編同様、無事、着地できるかどうか?
今回もネタバレありです。下記のの間の部分に、どうかご注意ください。

意外でした。
最終回で、ダンとアンヌの再会があるらしい、という噂は、ウェブをうろうろして目にしていたので、それほど驚きはしませんでした。

しかし!
ずっと気になっていた謎が、きっちり解消してもらえたんですよ、これが!!

その謎は、第2話にありました。
どこかのバーにかけられたモニター画面に、セブンXが侵略宇宙人のUFOをエメリウム光線で破壊するシーンが、あたかもニュース映像のごとく流されておりました。そしてその映像とは、第1話劇中に登場した「UFO側から見たセブンXの映像」そのものでした。

ですので、第2話のその「モニター映像」を見たとき、私は思っちゃったんです。
「そんな映像をここで流用するなんて、予算が少なくて苦労してるからかいな。わびしい……」

失礼しました、制作者の皆さま、m(_ _)m。

あれ、まさに侵略宇宙人のUFOから見た映像を、謎の支配者たちがかすめ取ってニュースに使っていたんですね。そして第1話は、その侵略宇宙人と謎の支配者との勢力争いにセブンXが利用されたお話だった、と。謎の支配者たち、セブンを利用していたこと、告白してましたもんね、今回。
お見それいたしました。いや、面目ない。

そして、「思い出さない方がいい記憶もある」とか「救世主としての力がみなぎる時が……」とか「(ジンがセブンXとしての力を手に入れたのは)私が望んだから」などというエレアの思わせぶりな台詞や、3カ月前にエレアが死んだとされていたこととかも、きっちり伏線(?)になっていて、回収されました。「デュワ!」のかけ声がなかった理由でさえ!!
恐れ入りました。夢落ちになるなんて疑って、いや、ほんと申し訳ない気分です。

結局、エンディングを迎えても、情報をコントロールすることで劇中の「地球」を支配していた謎の勢力の正体は、わからぬまま、でした。本人たちは「人類」とは別のもの、って名乗っていましたが、どこまで本当やら。何しろ情報操作がお手の物の連中ですから、第3話の軍需産業系宇宙人の言から推察するに、実は地球人だった、ということなのかも知れません。

ともあれ、きっちり練り上げられたストーリーがあったのだけど、そのストーリがゆえに視聴者を戸惑わせる展開や台詞がいくつも生まれてしまい、しかも「あの『ウルトラセブン』の続編だあ!」みたいな期待があったがために、あるいは予算や時間の制約も厳しいものがあったがゆえに、もう一つブレークしなかった(?)。そこが惜しまれます。

そして、「この話にセブンX(セブン)が必要か?」という疑問は、たしかに感じないこともありませんでしたが、しっかりと受け継がれている「時代状況を鋭く反映させるハードな寓話としての本質」は本家セブンの真骨頂ですし、ウルトラ・シリーズでラブストーリーを核の1つに据えるとなると、やはりセブンしかないでしょうから、個人的には納得できます。

そんなわけで、私にとっては、かなり面白いシリーズでした。なんだかんだ言いながらも、『ウルトラセブンX』見聞録(?)を毎週書いてしまうぐらいに。

さあ、そこで、円谷プロさん、提案があります(提案その1)

今回放映したのは「パイロット版」だったということにして、1話1時間枠に広げて、3カ月、できれば半年ぐらいかけて、じっくり描き込んだテレビ・シリーズ、できないでしょうか。ダンとアンヌの側の物語も、並行して観てみたいなあ、なんて思います。最終回で、一度は敗れたセブンXが復活したのも、エレアの想いだけでなく、湖を通じて遠くつながった「ぱられる・わーるど」でダンの無事と帰還を祈るアンヌの想いも重なって、奇跡を起こしたんではないか。そんなふうに思えますし。

まあ、とにもかくにも、ハッピーエンドで良かった!!

『セブン』の続編なればこそ、この最終回ではどことなく「ウルトラセブン」の音楽や「セブン」風の音楽が流れてくる喜びもありました。るんるん!

ジンや“デラックスぷりん君”のK、そしてSたちが失業しちゃったことは、この際、目を瞑りましょう!!!

さあ、ここで提案その2です。

彼、彼女らのその後、ドラマ化してくれたら、きっと観ます。「セブンX」はもう出ないとしても、それなりにハードで笑える社会派SFが楽しめるんじゃあないでしょうか。Dやその恋人の「歌う宇宙人」なんかももちろんレギュラーあるいはセミレギュラーで。DEUSの装備品をジンたちはまだ持ったままのはずだから、いろんなエピソードをつくれるんじゃないでしょうか。

上で書いたような1時間枠でのリメイクが無理ならば、せめてこれをやってほしいです。お願い、円谷さん!!!

現実世界の状況が厳しいからこそ、ちょっとでもホッとできる話が嬉しく感じます。
この「ホッ」をエネルギーに、明日からまた、歩きはじめます。
さあ、皆さまもご一緒に、「デュワ!!」


Usagimasters

Banner2←シリーズ無事完了にて、うさ拍手!


ブログランキング・にほんブログ村へ←ラブ&ピースで、うさジャンプ!


R_bana_2←エージェントたちにもう会えないなんて、寂しうございます……。

« 子どもたちと「戦争」 | トップページ | 川崎女児いじめ事件、地裁判決 »

ウルトラセブンX」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

トラックバックを送ったんですが、のらないのでコメント欄で書きます。
「ULTRASEVEN X」Episode12 「NEW WORLD」
http://ameblo.jp/kurosusher/entry-10061546976.html

クロスさん、こんにちは。

TB不調受信のためお手数おかけしました。
セキュリティ・レベルはセブンXの情報局並みにザルにしてあるんですが(ここ数日)、それでも受信がうまくいかないことが時々起きるようです。

これに懲りず、今後ともよろしくお願いします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61333/17468424

この記事へのトラックバック一覧です: 厳しい世情に「デュワッ!!」(時間枠拡大でのリメイクあるいは続編制作熱望します、円谷さん!!):

» ULTRASEVEN X Episode12 [お萌えば遠くに来たもんだ!]
「NEW WORLD」 監督:八木毅 脚本:小林雄次 AQUA PROJECTによって生まれたゲートを使い、支配者達は平行するもう一つの世界をも侵略しようとしている。ジン達はこの世界の支配者達の策略を止めることが出来るのか? ついに最終回。 ジン、エレア、ケイ、エスはこの世界の支配者達の計画を阻止することに成功。 世界に平和が戻った。 ・・・て、侵略者全てがいなくなったワケじゃないんですよね? DEUSもセブンも居ない世界で、どうやって平和を維持するのでしょうか? そもそもこの世界を支配... [続きを読む]

» 「オダ原評定」ブラ?提げて・・。 [いわいわブレーク]
亡くなられて、もう随分日が経ちましたので、かなり間の抜けた話になるかもしれませんが、小田実さんの追悼っぽいことを・・。 『べ平連』とかその他諸々、ノンポリの僕と致しましては、よく知らない。 が、小田さんの名前や著書、ご発言はイやアでも耳にしましたです。 中..... [続きを読む]

» UltrasevenX エピソード12 [空想非科学少女]
世間はクリスマス休暇の最中、大団円を迎えたウルトラセブンX。 ジンとエレアとウル [続きを読む]

» 「ULTRASEVEN X」Episode12「NEW WORLD」 [あしたはきっとやってくるさ!]
生体メカ グラキエス 登場 [続きを読む]

» ULTRASEVEN X 〜Episode12〜 [ガヴァドンなボログ]
ULTRASEVEN X Vol.1 スタンダード・エディションバップこのアイテムの詳細を見る  感動の最終回、あらすじは公式サイトでご確認ください。  あの蜘蛛型エイリアンはグラキエスというのだそうですが、セブンXによって彼らのメカも巣窟も壊滅し、彼らが張り巡らした情報網はあっけなく消え去ってしまいました。作られた平和から解放された人類は、果たしてこれからどうやって生きていくのでしょうか?あの社会は徹底した情報管理によって平和を維持していたのですから、その体制が崩壊した以上は「平和を管理」すべき... [続きを読む]

» ウルトラセブンX:Episode10,11,12 [KITAKO'S BLOG]
Episode10,Episode11,Episode12 最終回:ウルトラセブンXはウルトラセブンだった・・・ Episode10は放送時間が変わっていたので見ることできませんでしたが、見なくてもストーリー上差し支えないような気がしました。情報が管理された社会になっているという内容か...... [続きを読む]

» Episode12「NEW  WORLD」 [ひびレビ〜ウルトラを探して〜]
ULTRASEVEN X Episode12「NEW  WORLD」 セブンX最終回。セブンXの正体は元祖セブン。亡くなったジンの命を救うため、そして2つの世界を救うため、エレアの願いを聴き、ジンと一体化。その代わりジンの記憶と、セブンの意志は封じられ、体もマッチョに(笑 世界を征服しようとしていたのはDEUSたち。侵略ではなく、空気のような存在というのが面白い。 セブンとして覚醒したセブンXの怒涛の攻撃。地下で一掃するシーンはデジモン映画「ぼくらのウォーゲーム!」でのオメガモンを思い出した。... [続きを読む]

» ULTRASEVEN X【Episode 12】「NEW WORLD」パラレルセブン [+子育ちパパの航生日誌Q2.1]
 ULTRASEVEN Xも遂に最終回、「ウルトラセブン」と「ULTRASEVEN X」の関係にオチが付いて大団円。(注)素朴に感想書くので、まだ御覧じゃない人にはネタバレになっちゃいます。  第10話を見逃したのですが、そのあたりから展開が早まったようで・・・。  前回はULTRASEVEN Xが回想シーンのみ出現する地味な作りでしたが、最終回は怒濤の展開!  エス、ケイと他のエージェントや、メカ・グラキエスにたどり着くまでのアクションもあったし、ULTRASEVEN Xもグラキエスにボ... [続きを読む]

» Episode.12  NEW WORLD [医療特撮部LOG -特撮部-]
12/21放送 監督:八木 毅/脚本:小林雄次 ついに最終回を迎えたウルトラセブンX。 管理から解き放つために平行世界からやってきた救世主が 2つの世界を人知れず救っていた・・... [続きを読む]

» ウルトラセブンX 最終話 [技術系営業マンつかれた日記]
NEW WORLD ウルトラセブンXはウルトラセブンだった訳だ ジンが薩摩次郎だったのか まず言わせてくれ エス、ケイおまえら良いコンビだ・・・・・・最高だ!!... [続きを読む]

» ULTRASEVEN X Episode12 「NEW WORLD」 [ゼロから]
DEUSは、グラキエスが作ったものだったのですね。正義を装った格好は、なんだか親切を装ったカルト教団を思い出します。 [続きを読む]

» ULTRASEVENX 第12話(最終回) セブンX [レベル999のマニアな講義]
内容影の支配者殲滅のために、敵の重要施設爆破に向かう、ジンたちだが、敵の攻撃の前に倒れるジン。そして、徐々に追い込まれていく、ケイとエス。そんなときエレナの思いが。。。。まぁ、結末としては、それしかないわけで。。。せめて、もう少しセブンXには格好良さを...... [続きを読む]

» ULTRASEVEN X Episode 11 12 [特撮警備隊3バるカんベース~明日のヒーロー番組を作るレビュー戦隊!その名は!?~]
さて、ようやく全話視聴完了!! 深夜ウルトラという新たな枠でのチャレンジ魂、しかと受け取りました! 正直どうかなと思うところもあったし、名作かと言われれば首をかしげるところもある。 それでも限られた予算の中でTVシリーズをこんな短期間で作り上げた点は評価に値す... [続きを読む]

» どうして異星人なんて愛してしまったのかしら・・・。(アンヌ)VSボクも時々そう思うよ。(ダン) [キッドのブログinココログ]
同じテレビ局で「記憶を失った男」の物語を続けて夜と深夜にやるというのは・・・縁と [続きを読む]

« 子どもたちと「戦争」 | トップページ | 川崎女児いじめ事件、地裁判決 »