複国籍PT


2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

あわせて読みたい

  • あわせて読みたいブログパーツ

« いよいよ稼働……。今こそ自公打倒でシステム廃止へ、レッツらゴン! | トップページ | 勇気を振り絞って声を上げた彼・彼女らの訴え via JANJAN。そして、ウルトラの母登場! »

指紋採取「強制」。「誤認」、テロ対策と「不法滞在者」対策

2007.11.21.10:00ころ
(2007.11.21.18:20ころ、この文字色の部分を追記)

保坂展人のどこどこ日記でその存在が紹介されていた「課長通知」、毎日新聞が報道してくれました。

外国人指紋採取:「拒否者には強制力行使も」…法務省通知(毎日新聞、2007.11.21)

 テロ対策などのため、20日始まった来日外国人に指紋提供を義務付ける入国審査制度で、法務省入国管理局が、指紋提供と退去を拒否する外国人は収容し強制的に採取するよう地方の各入国管理局に通知していたことが分かった。同制度について、法務省は強制的に指紋採取はしないとして「提供」と説明してきたが、拒否者に対して強制力で臨む措置を指示した形だ。「外国人を犯罪者扱いする運用」との批判が強まりそうだ。

 指紋の採取や顔写真の撮影は、空港、港での入国審査時に実施し、その場で入管が保有する過去の強制退去者、国際指名手配犯などのリストと照合。一致した者は入国拒否され、提供拒否も国外退去となる。退去命令にも従わない場合、入管は強制退去手続きに移行し、身柄を空港内の収容場に収容する。その際に指紋を採るかどうかは明らかにされてなかった。

 ところが、今月上旬に出た法務省入管局警備課長通知は「保安上の必要がある時は身体検査できる」などの入管法の規定を根拠に、入国警備官に強制力をもって拒否者から指紋を採取するよう指示。同時にビデオ撮影することも求めている。

 その後、拒否者は運航業者に引き渡し、強制退去させる流れとなるが、永住者や日本人の配偶者がいるなど国内で生活する人は「戻る国」がなく、対応が問題になりそうだ。入管局幹部は「拒否者にも十分に説得を重ね、強制しなくてもすむよう努める」と話す。

 入管法に詳しい関係者によると、不法残留容疑などで外国人の違反調査を行い、指紋を採るのは任意が原則で、強制採取はほとんどないという。関係者は「拒否者は入国できない以上、危険が国内に持ち込まれることはない。さらに指紋を強制的に採取し強制退去者リストに保存する正当性はあるのか」と批判する。

 外国人の人権問題に詳しい田中宏・龍谷大教授は「全廃された外国人登録の際の指紋押なつ拒否についても、刑事罰のうえに再入国不許可という過剰な制裁を加えていた。今回の通知内容も法的根拠に乏しく、同様の発想による過剰制裁だ」と話している。

当ブログ前回の記事もご参照ください。
ほんと、法務省の英語名を「Ministry of Justice」から「Missing of Justice」あたりに変えるべきだ、なんて思っちゃいます。まったく!

読売新聞によると、昨日、入国拒否された人数が5人、その内訳は不明、とのニュースが流れた模様です。(2007.11.21.18:20ころ、追記。京都新聞の夕刊によると、やはり過去の退去強制者だったそうです。テロ組織がリストに載ってる人間を送り込んでくるなんて、『永田町徒然草』の白川勝彦さんが激しい怒りあふれる記事「国益を損なう愚挙!!」の中で書いているように、ちょっと考えられませんもんね……。)


これを「成果がさっそく出た!」と見るべきか、大本営発表のごときものと見るべきか。
まあ、手放しに称賛するのはマズイんじゃないでしょうか。

なぜなら、アメリカでの例にあるように、システムの性格からして誤認の可能性は否定できないし、「誰がテロリストを認定するのか」という問題もあるうえ、入国拒否をされた場合に本人が異議申し立てしようとしても手続保障は極めて脆弱なんですから。
早い話、「人違い」あるいは「でっち上げ」の可能性があり、それを検証するのは極めて困難である、というわけです。

まあそのあたりはさておくとしても、別の観点からもこのシステムの抱える問題点が見えてきます。

今回、入国を拒否されたのがテロリストのリストに載っている人か、過去に退去強制された人かは不明だそうなんですが、ここで疑問が生じませんか? 「テロ対策」目的でつくった「極めて人権侵害の程度が大きい」制度を、「不法滞在者対策」に使うというやり方、なんかおかしいんじゃないの?と。

だって、「不法滞在者」減らしたからって、ニホンの治安が回復する、なんてことはまずありえないんですし、そもそも「体感治安」が悪化してればどんな対策とってもいいのか、って話にもなってきます。

実は、「目的」と「手段」があまりにもバランスを欠いてるんじゃないかとか、なぜ「目的」に「不法滞在者対策」を入れないのかとか、国会審議でもあれこれ野党側が追及してくれたんですが、誠実さのかけらもない答弁が繰り返されるばかりで、結局、与党の圧倒的多数の前に突っぱねられて押し切られた、ってところでありまして(こちらの記事こちらでダウンロードできるPDFファイルなんかをご参照ください)、それを思うと、あの郵政選挙、ほんと、罪作りな話でした。郵便配達さんたちもえらい遅くまで配達してくれるようになってるんですが、人員削減でも進んでいるのか、皆、顔色悪い感じで、見ていてかなり心配であります……。


Usagimasters

Banner2←「Missing of Justice」に、うさキック!


ブログランキング・にほんブログ村へ←「誤認」「冤罪」「でっち上げ」に、うさパンチ!


R_bana_2←今日の花言葉は「誠実」。一休さんとトルストイの命日だそうであります。(今日は何の日?カレンダーヨリ)

« いよいよ稼働……。今こそ自公打倒でシステム廃止へ、レッツらゴン! | トップページ | 勇気を振り絞って声を上げた彼・彼女らの訴え via JANJAN。そして、ウルトラの母登場! »

2006入管法改定」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

差別、排外、レイシズム」カテゴリの記事

監視社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61333/17136667

この記事へのトラックバック一覧です: 指紋採取「強制」。「誤認」、テロ対策と「不法滞在者」対策:

» 米・日だけの指紋採取入国システムが始まったね。でもこれでテロや、はたまたやらせテロも防げず、言い訳も既に用意され、だね。 [雑談日記(徒然なるままに、。)]
 だって、今まで拉致実行犯なんてのも国内協力者以外は全部船とかで日本海沿岸に密入国したんだろ。  顔写真・指紋採取入国システムが始まったからって、テロリストがこれからは行儀良く正規で来日するだって?(笑) 「テロリストを防ぐためだ」なんて言われると誰も反対できなくなっちゃうけれど、こんなシステムを導入した連中が一番駄目システムだと分かっているのだろうね。  仮に、やらせテロでも起きて、「高額な金を使って顔写真・指紋採取入国システムを導入したのにこの様はなんだ、政府は責任取れ」なんて世論が巻き起こって... [続きを読む]

» 外国人の指紋採取と顔写真撮影、日本でもスタート [最新ニュースをお届けしています]
日本に入国する外国人の指紋採取と顔写真撮影が、20日から全国の空港などで始まった。入国審査強化を目的とした制度だが、人権保護の観点からは反対の声も上がっている。 [続きを読む]

» 11月29日 生活扶助の切り下げに反対する緊急集会 [アッテンボローの雑記帳]
 転載です。  11月29日(木)に準備している生活保護集会の案内と賛同のお願い [続きを読む]

» 新入国審査スタートに思う [子育ちパパの航生日誌Q2.0]
小生不勉強なので、鳩山邦夫法相が成田空港で新システムを視察した様子が昨日の新聞で [続きを読む]

» 新入国審査制度開始+鳩山法相の迷言?6 [flagburner's blog(仮)]
日本に入国する外国人に、指紋採取と顔写真撮影に応じることを義務づける制度が始まったとか。 ってか、この登録制度を使っても、日本国内の安全面に貢献する度合いが低い気がするのは俺だけか? ... [続きを読む]

« いよいよ稼働……。今こそ自公打倒でシステム廃止へ、レッツらゴン! | トップページ | 勇気を振り絞って声を上げた彼・彼女らの訴え via JANJAN。そして、ウルトラの母登場! »