複国籍PT


2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

あわせて読みたい

  • あわせて読みたいブログパーツ

« お買い得にもほどがある!!!『外国人の定住と日本語教育〔増補版〕』&『日本人的1少女』 | トップページ | 「Yokoso Japan, 指紋を頂戴!」システム稼働直前!「テロ対策」と日本版US-VISITを考える超党派議員と市民の院内学習会(10/30) »

【従米まっしぐら!】世界人類生体情報採取・蓄積システムの実現へ向けて日本政府がアメリカを後追い!

標題の件についてのシンポジウムがいよいよ本日です。
ご都合のつく方は、どうぞご参加ください。

バリー・スタインハードさん(米自由人権協会)を招いて【シンポジウム】どこまで強まる? 外国人管理 「テロ対策」と日本版US-VISIT
▽日時 2007年10月27日(土) 14:00〜17:00 (13:30開場)
▽会場 在日本韓国YMCA 9階ホール (定員150名)
    千代田区猿楽町2-5-5
    JR水道橋駅徒歩6分、御茶ノ水駅徒歩9分、地下鉄神保町駅徒歩7分
▽参加費 1,000円 同時通訳有

2006年、「テロ対策」を名目とした「日本版US-VISIT」導入が決定され、今年11月23日までに施行されます。これは、特別永住者や16歳未満を除くすべての外国人に対し、入国・再入国のたびに、指紋と顔写真情報の提供を義務づけるものです。提供された情報はほぼ一生涯にわたって保存され、警察からの要請があれば、犯罪捜査などにも利用されることになります。
指紋や顔写真といった生体情報は究極の個人情報であり、漠然とした「テロ対策」名目で安易に集めることは、プライバシーの侵害にあたります。さらに、外国人に限って指紋・顔写真情報の提供を義務化することは、外国人=テロリスト予備軍とみなしていることの表われであり、外国人に対する差別です。
集められた情報は、「テロ対策」よりも外国人の在留管理と監視の強化に利用されると危惧されています。
シンポジウムでは、米自由人権協会のバリー・スタインハードさんをお招きし、US-VISITをはじめとする、「テロとの戦い」の下で進められるさまざまな米国の監視体制の問題、そうした動きに追随する日本社会と外国人管理体制について考え、市民社会は何をすべきかを議論します。
▽プログラム
14:00 開会
14:10 日本版US-VISITとは何か?(旗手明さん・(社)自由人権協会)
14:30 米国の「テロとの戦い」とUS-VISITの問題 (バリー・スタインハードさん)
15:10 休憩
15:20 パネル・ディスカッション  
  「テロ対策」と強まる外国人管理〜市民社会は何をすべきか〜
  パネリスト:小倉利丸さん(ピープルズ・プラン研究所)
        旗手明さん
        鳥井一平さん(移住労働者と連帯する全国ネットワーク) 
        バリー・スタインハードさん
  司会:東澤靖さん(弁護士・明治学院大学法科大学院教授)
17:00 終了
▽US-VISIT:とは正式名称はUnited States Visitor and Immigrant Status Indicator Technology(米国訪問者・移民現況表示技術)という。2004年9月30日から米国で導入された、スキャンシステムによる米訪問者の顔写真と指紋
の採取プログラム。
▽バリー・スタインハードさんプロフィール
1992年から2002年まで、米自由人権協会(American Civil Liberties Union: ACLU)の共同代表を務め、2002年から現在まで、テクノロジーと自由に関するプログラム部長を務めている。1990年代後半から2000年頃、米国におけるインターネット盗聴捜査の拡大に反対して活動してきた。現在の関心は、反テロ愛国法の成立にともなう、個人情報の国家による一元管理と監視システム問題など。
▽主催 社団法人アムネスティ・インターナショナル日本
東京都千代田区神田錦町2-2 共同(新錦町)ビル4F
TEL. 03-3518-6777 FAX. 03-3518-6778
移住労働者と連帯する全国ネットワーク
東京都文京区小石川2-17-41富坂キリスト教センター2号館203号室
TEL 03-5802-6033 FAX 03-5802-6034
PDFのチラシはこちらから
★★★本シンポジウムを含む「日本版US-VISIT」施行直前緊急企画! ★★★
バリー・スタインハードさん招聘プログラム」への賛同を呼びかけています。
ご賛同いただける団体・個人の方は、賛同金を以下にお振り込みください。
団体:一口3000円  個人:一口1000円
振込先:郵便振替口座:00120-9-133251
加入者名:社団法人アムネスティ・インターナショナル日本
※「バリー・スタインハードさん来日企画賛同金」と必ずご明記ください。

大阪での講演会については10月30日(火)です!


Usagimasters

Banner2←従米・監視社会の到来に、うさキック!うさキック!台風うさキック!


ブログランキング・にほんブログ村へ←従米政治屋・官僚どもに、うさパンチ!うさパンチ!ダイナマイトうさパンチ!


R_bana_2←台風20号、なんで今頃!?

« お買い得にもほどがある!!!『外国人の定住と日本語教育〔増補版〕』&『日本人的1少女』 | トップページ | 「Yokoso Japan, 指紋を頂戴!」システム稼働直前!「テロ対策」と日本版US-VISITを考える超党派議員と市民の院内学習会(10/30) »

2006入管法改定」カテゴリの記事

共謀罪」カテゴリの記事

国際人権法」カテゴリの記事

差別、排外、レイシズム」カテゴリの記事

海外事情」カテゴリの記事

監視社会」カテゴリの記事

コメント

今晩は、ウキウキさん。今晩は、正にウキウキでしょ?
7Xの放映があるから。僕もついに観てみる決心を!しました。ヴィデオとっておこうと、思てます。

でも、なんか物騒な話。↓halさんとこで読みました。
http://c3plamo.slyip.com/blog/
「8月30日、B52戦略爆撃機にほんまもんの核兵器を主翼にぶら下げて(イランへ?)飛んで行こうと国内を飛び回わり、結局良識ある軍人達が阻止して事なきを得た。その真相となると、戦争強硬派・ネオコン?が反乱を起こしたとか、ホワイトハウスから命令があったとか、諸説」
日経のコラム「なぜ、米国メディアは『イラン攻撃』論を流すのか」
http://business.nikkeibp.co.jp/article/world/20071009/137071/?P=4」
で、米政府内部でかなりシビアな暗闘があるらしい事、書いてますけど、
7Xも、そういったややこしさを反映しているんでしょうね。すんなり『勧善懲悪』もので済ませれない、星一決がビョウマ・星を根性焼入れギブスで鋏ンして、アームストロング・オズマ[詰まんない親善試合で負けた腹いせに、星君を倒すべく来日した黒人の大リーガー、中日のコーチとなったビョウマの父・星一徹のしごき指導受ける]にはっさらにどデカイギブスで、肉はサミまくらせ、(説明がまるっきしSMの世界ッぽくなってしも~たけど)『奴隷、結構じゃないか~。[取り囲む新聞記者がおお、星コーチ、奴隷肯定してるというタy茶に]、但し野球の奴隷やで~』と弁解?がましく漬け区あウェル。そんな60年代のおかしさ、わかりやすさ、懐かしい・・。
ああ↑、かなり長い一文になってる?!
こういう心理に付け入って、監視社会が蔓延るんでしょうかね?
もっと笑いを、茶目っ気を。

三介さん、セブンXわーるどへ、よ う こ そ……。←ちょっと暗めの歓迎の言葉の方が似合うかと思いまして(^^;)。
お察しのとおり、今夜はセブンX放映ということで、はい、うきうきしとります。録画の設定、ばっちりです(^^)v。

WikiによるとB52の航続距離が約16,000km、
http://www.indo.com/distance/ によると、Minot, North Dakota, USとTehran, Iranの距離が1,0319 km。
余裕で到達できちゃうんですね。でも、意外と別のところに目標があったのかも、なんて想像豊かになってしまうのも、この世界のややこしさの反映でしょう。いったい何がどうなっているのやら。ともかく無事で何よりでした。ほんとうに。

飛雄馬くんの人生、今の目線で冷静に見るとなかなか過激なSMチックにも思えますね。直球勝負の物語で、強引な設定や展開をこれまた強引に力づくで納得させてしまう。まさに力技!タイガーマスクにしろ、梶原一騎の力量が大きかったんでしょうか。昨年だったか、初めてタイガーマスクを定食屋で読み始めたのですが、ぐいぐい引き込まれて、全巻読破するまで通いつめてしまいました(^^;)。

監視社会の笑うに笑えない話が、US-VISITを導入したアメリカでは、もう山ほど起こってるみたいです。ムキになってテロ対策しなきゃと力んだ挙げ句が、自分たちの首を絞めちゃってたという。
おっしゃるとおり、テロにもめげず茶目っ気たっぷりに鷹揚にかまえていれば、そんな事態に陥らなかったのかも知れません。
もっと笑いを!もっと茶目っ気を!
今こそ日本人にも必要なスローガンかも。次の選挙は、これを争点に……なんちゃって(^_^)。

(アメリカ国民自らの首を絞めるの段、近日中に記事にしたいと思います。この「近日」がはたして一般社会の基準によるものか、地球の歴史をど〜んと眺めて定めた「近日」かは、セブンXのみぞ知る、であります(^^;))

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61333/16884712

この記事へのトラックバック一覧です: 【従米まっしぐら!】世界人類生体情報採取・蓄積システムの実現へ向けて日本政府がアメリカを後追い!:

» 浜岡原発差し止め訴訟不当判決で笑顔の保安院は、柏崎刈羽原発の情報公開写真を黒塗りする [Like a rolling bean (new) 出来事録]
浜岡原発訴訟に関する不当判決にあたり、ヤメ記者弁護士さんのブログに、海渡雄一弁護士のメッセージとして判決のはらむ問題点の詳細が記載されています。 ◆情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士(ヤメ蚊) 『不当判決を斬る~浜岡原発差し止め訴訟弁護団海渡雄一弁護士 』... [続きを読む]

» 「日暮し雑記」10月27日 土曜日。 [酔語酔吟 夢がたり]
☆ 平和憲法を持つ我が国を誇りましょう。 [続きを読む]

» 赤福:伊勢新聞渾身のリポート⇒是非読んで頂きたいと思う。今の赤福は先々代以前の赤福ではありません! [晴天とら日和]
 いつも、  当ブログをご訪問して頂きありがとうございます!  「自民党」のエンド目指して頑張りましょう!  皆様方、心を一にして自民党をぶっ潰しましょうぞ! (ついで、と、言うより、肝腎なといいますか・・・ ランキング=ポチッ押して行ってネェ! )...... [続きを読む]

« お買い得にもほどがある!!!『外国人の定住と日本語教育〔増補版〕』&『日本人的1少女』 | トップページ | 「Yokoso Japan, 指紋を頂戴!」システム稼働直前!「テロ対策」と日本版US-VISITを考える超党派議員と市民の院内学習会(10/30) »