複国籍PT


2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

あわせて読みたい

  • あわせて読みたいブログパーツ

« にほんブログ村「国際結婚・恋愛」カテゴリーから「強制移動」のお知らせ | トップページ | 「う」はウトロの「う」、植草教授の「う」 »

秋のイベント情報【東京・神奈川】

2007.10.16.18:40ころ

生体情報採取・蓄積・流用システムの運用開始が、来月20日に決定したと、ポルトガル語紙で読みました。

そこで、まずはトップページでも紹介している、このイベントから。

バリー・スタインハードさん(米自由人権協会)を招いて【シンポジウム】どこまで強まる? 外国人管理 「テロ対策」と日本版US-VISIT
▽日時 2007年10月27日(土) 14:00〜17:00 (13:30開場)
▽会場 在日本韓国YMCA 9階ホール (定員150名)
    千代田区猿楽町2-5-5
    JR水道橋駅徒歩6分、御茶ノ水駅徒歩9分、地下鉄神保町駅徒歩7分
▽参加費 1,000円 同時通訳有

2006年、「テロ対策」を名目とした「日本版US-VISIT」導入が決定され、今年11月23日までに施行されます。これは、特別永住者や16歳未満を除くすべての外国人に対し、入国・再入国のたびに、指紋と顔写真情報の提供を義務づけるものです。提供された情報はほぼ一生涯にわたって保存され、警察からの要請があれば、犯罪捜査などにも利用されることになります。
指紋や顔写真といった生体情報は究極の個人情報であり、漠然とした「テロ対策」名目で安易に集めることは、プライバシーの侵害にあたります。さらに、外国人に限って指紋・顔写真情報の提供を義務化することは、外国人=テロリスト予備軍とみなしていることの表われであり、外国人に対する差別です。
集められた情報は、「テロ対策」よりも外国人の在留管理と監視の強化に利用されると危惧されています。
シンポジウムでは、米自由人権協会のバリー・スタインハードさんをお招きし、US-VISITをはじめとする、「テロとの戦い」の下で進められるさまざまな米国の監視体制の問題、そうした動きに追随する日本社会と外国人管理体制について考え、市民社会は何をすべきかを議論します。
▽プログラム
14:00 開会
14:10 日本版US-VISITとは何か?(旗手明さん・(社)自由人権協会)
14:30 米国の「テロとの戦い」とUS-VISITの問題 (バリー・スタインハードさん)
15:10 休憩
15:20 パネル・ディスカッション  
  「テロ対策」と強まる外国人管理〜市民社会は何をすべきか〜
  パネリスト:小倉利丸さん(ピープルズ・プラン研究所)
        旗手明さん
        鳥井一平さん(移住労働者と連帯する全国ネットワーク) 
        バリー・スタインハードさん
  司会:東澤靖さん(弁護士・明治学院大学法科大学院教授)
17:00 終了
▽US-VISIT:とは正式名称はUnited States Visitor and Immigrant Status Indicator Technology(米国訪問者・移民現況表示技術)という。2004年9月30日から米国で導入された、スキャンシステムによる米訪問者の顔写真と指紋
の採取プログラム。
▽バリー・スタインハードさんプロフィール
1992年から2002年まで、米自由人権協会(American Civil Liberties Union: ACLU)の共同代表を務め、2002年から現在まで、テクノロジーと自由に関するプログラム部長を務めている。1990年代後半から2000年頃、米国におけるインターネット盗聴捜査の拡大に反対して活動してきた。現在の関心は、反テロ愛国法の成立にともなう、個人情報の国家による一元管理と監視システム問題など。
▽主催 社団法人アムネスティ・インターナショナル日本
東京都千代田区神田錦町2-2 共同(新錦町)ビル4F
TEL. 03-3518-6777 FAX. 03-3518-6778
移住労働者と連帯する全国ネットワーク
東京都文京区小石川2-17-41富坂キリスト教センター2号館203号室
TEL 03-5802-6033 FAX 03-5802-6034
PDFのチラシはこちらから
★★★本シンポジウムを含む「日本版US-VISIT」施行直前緊急企画! ★★★
バリー・スタインハードさん招聘プログラム」への賛同を呼びかけています。
ご賛同いただける団体・個人の方は、賛同金を以下にお振り込みください。
団体:一口3000円  個人:一口1000円
振込先:郵便振替口座:00120-9-133251
加入者名:社団法人アムネスティ・インターナショナル日本
※「バリー・スタインハードさん来日企画賛同金」と必ずご明記ください。

横浜国際フェスタ2007
▽日時 2007年10月27日(土)28日(日) 10:30〜17:00
▽会場 パシフィコ横浜(展示ホールB)
▽入場 無料 

「入場無料」と、同時開催の「だがしや楽校」に、妙に心惹かれます。

多民族共生教育フォーラム2007東京
▽日時 2007年11月3日(土)4日(日)

3日はプレシンポジウム、4日がフォーラムで、時間も場所も参加費も、それぞれ違います。

昨年の愛知でのフォーラムの参加報告と、そこで採択された宣言を、
「寛容の精神」のない国と、他の人間を平気で「人間以下」と見下す者/「多民族共生教育フォーラム2006愛知」から教育基本法改定を目論む日本政府へ(入管法改定案に関する国会会議録より)(2006.11.13)
に書いています。

あの後、例の「教育基本法」改定があったわけですが、あんな改定で日本の教育現場の状況が改善されるわけもなく、当然、外国人学校の置かれた状況や、外国にルーツを持つ子どもたちの置かれた状況も、悪化することはあっても改善などほど遠いのが現状です……。

ともあれ、秋はイベントの季節! 新たな出会いと知見があるかも、みんなで、うさジャンプ!

Usagimasters

Banner2←食欲の秋に、うさジャンプ!


ブログランキング・にほんブログ村へ←読書の秋に、うさジャンプ!


R_bana_2←イベントの秋にも、うさ「だがし」!?

« にほんブログ村「国際結婚・恋愛」カテゴリーから「強制移動」のお知らせ | トップページ | 「う」はウトロの「う」、植草教授の「う」 »

2006入管法改定」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

制度の不備」カテゴリの記事

国際人権法」カテゴリの記事

外国人労働者・移住労働者」カテゴリの記事

多民族国家ニホン」カテゴリの記事

差別、排外、レイシズム」カテゴリの記事

教育基本法」カテゴリの記事

海外事情」カテゴリの記事

監視社会」カテゴリの記事

虚構のうえの極右」カテゴリの記事

連帯でGO!」カテゴリの記事

適正手続」カテゴリの記事

難民」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61333/16778837

この記事へのトラックバック一覧です: 秋のイベント情報【東京・神奈川】:

» 【転載・引用熱望】山本至弁護士支援の輪を広げよう〜弁護権侵害も甚だしい [情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士(ヤメ蚊)]
 全国の市民の皆様、山本至弁護士に対する支援をお願いします。私は前の記事(※1)を書いたときに勘違いをしていました。山本弁護士は最初の証拠隠滅事件で勾留されたまま、今回、脅迫容疑で逮捕されたのだと思っていました。ところが、山本弁護士はいったん、保釈で身柄を解放されていたんですね。つまり、検察は、山本至弁護士が自分公判(裁判)に向け、弁護団とともに準備を積み重ね、10月11日に第1回公判が開かれる、その2日前に逮捕され、身柄を拘束されたのです。本人が身柄を拘束されたことにより、公判段階での弁護活動が非... [続きを読む]

» 「エピメニデスの目覚め」題詞(ゲーテ) [いわいわブレーク]
 「平和は意欲によっては作られない。 一切を欲するものは万人にまして力強きを欲する。 かれは勝つことによって、他人に争うことを教える。 かれはみずからを用心深くして他人を用心深くする。 かくして力と術策は四方に生じ、 世界は怪物をはら[孕]んでいこ[憩]い、 ..... [続きを読む]

« にほんブログ村「国際結婚・恋愛」カテゴリーから「強制移動」のお知らせ | トップページ | 「う」はウトロの「う」、植草教授の「う」 »