複国籍PT


2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

あわせて読みたい

  • あわせて読みたいブログパーツ

« デラックス・プリンに憧れつつ「侵略」について考えてみるみるぷりん | トップページ | 鳩山記者会見映像(OhmyNews)でまたびっくり!罷免しないでいいんかいな、こんなヤツ。。。 »

テロ予告と鳩山法相/世界に広がる衝撃恥(やっぱこんなヤツかいな(鳩山邦夫法相の巻part2))

2007.10.30.03:21ころ
(2007.10.30.04:00ころ、この文字色の部分を追記)
(2007.10.31.15:40ころ、記者会見動画の情報を更新しました)

日本入国外国人の指紋採取義務付けに反対する電子署名運動の途中ですが、頭の痛くなるような臨時ニュースが飛び込んでまいりました。

そこで本日は予定を急きょ変更いたしまして、鳩山法相「私の友人の友人がアルカイダなんですね。2、3年前は何度も日本に来ていたようです。『バリ島の中心部は爆破するから近づかないように』というアドバイスは受けていました」発言について、お伝えしたいと思います。

外国人特派員協会で昨日(2007.1.29)に行われた記者会見で飛び出した爆弾発言です。後述のように、この爆弾発言、世界を駆け巡りはじめております。

肝心のTBSニュース(2007.10.31.動画は消去されてました。代わりにOhmyNewsまたはNHKニュース(にこにこ動画、5:29秒)をご覧ください)と、asahi.comの記事のほか、海外サイトでの報道を紹介する前に、2ちゃんねるで拾ったツッコミの数々をまず、挙げてみましょう。なかなか面白いものがあります。

ただ、ここで採り上げる2ちゃんのスレッドの冒頭では、「警告を受けたのは鳩山法相の友人」ということになっています。実際はどうかというと、TBSのサイトで動画を見ていただくとはっきりわかるように、会見時には、「その警告を法相自身が受けていた」旨を明確に語っています。後で見苦しく言い訳していますが、こんな大事なことをこうも断言口調で言い間違うなど、誰が信じましょうか。ですので、BBCやAP、Reutersなどでも、「鳩山法相自身が警告を受けていた」と報道しています。
そこで、「友人が受けていた」という部分には棒線を入れさせていただいた他、意味が通るように赤色で加筆してみました。

259 :名無しさん@八周年:2007/10/29(月) 19:15:32 ID:+FkY68Tf0
>>「わたしの友人の友人が(国際テロ組織の)アルカイダだ
>>毎回いろんなパスポートとヒゲで(変装するので)分からないらしい。
>>バリ島の爆破事件に絡んでいるが、バリ島中心部は爆破するから近づかないようにというアドバイスを

1・事実である場合
2・友人に騙されてる場合
3・友人の存在自体が妄想である場合

どの道やばいんじゃないの?この人。

266 :名無しさん@八周年:2007/10/29(月) 19:17:29 ID:xh0+HeiH0
だから友人の友人が問題じゃなくて
「彼は(2002年の)バリ島の爆破事件に絡んでいるが、
彼から鳩山はバリ島中心部は爆破するから近づかないようにというアドバイスを(友人が)
受けていた」
↑これが一番の大問題だろ
事前にテロ情報を知っておきならお前はバリ島を見殺しにしたのか?
と突っ込まれる所www

307 :名無しさん@八周年:2007/10/29(月) 19:29:51 ID:nwVByJe/O
バリ島のテロって
確か新婚旅行の日本人夫婦が亡くなってるよね?
それがあるのに 『テロを起こすから近づくな、と言われた友達がいる』なんて言って
この遺族が聞いたらどう思うか
そこまでは考え及ばないのかな。
まぁでも鳩ちゃん好きだよガンガレ

310 :名無しさん@八周年:2007/10/29(月) 19:30:21 ID:xh0+HeiH0
バリ島を見殺しにした
テロ大臣と世界に発信されるわけだまさに日本の恥
国際社会の敵

324 :名無しさん@八周年:2007/10/29(月) 19:33:27 ID:mDowJZBv0
鳩山はもう観念して認めたらどうだ
アルカイダ日本支部だと

325 :名無しさん@八周年:2007/10/29(月) 19:33:28 ID:oKvMeyY7O
当然バリ島爆発前にバリ島に警告したんだよな?

327 :名無しさん@八周年:2007/10/29(月) 19:33:35 ID:memzkukK0
これじゃ、日本がテロ支援国家じゃないか。

400 :名無しさん@八周年:2007/10/29(月) 19:56:15 ID:kZbP5OOn0
友人の友人って言うのは、自分自身のことだよ

461 :名無しさん@八周年:2007/10/29(月) 20:14:02 ID:9n2lcnFv0
バリ島のテロを知ってて、
警告もせず、人が死ぬのを待ってたのなら、
こいつは人間として腐ってるな。

499 :名無しさん@八周年:2007/10/29(月) 20:23:16 ID:0pSyZrUh0
>>479
>真偽は確認してないし(アルカイダのメンバーとの)面識はない」などと釈明した。

確認しなかった責任取らされてもおかしくないってw
アホだw

516 :名無しさん@八周年:2007/10/29(月) 20:25:49 ID:kBYj5Y72O
バリの爆破テロ、鳩山法相の友人の友人のアルカイダ
が忠告
当然CIA以下日本政府も把握してないはずがない
アメリカが仕掛けた可能性が高い

【国際】日本企業所有のタンカー、ソマリア沖航行中に海賊に乗っ取られる [10/29]

またわかりやすいことやってんなあ

517 :名無しさん@八周年:2007/10/29(月) 20:26:00 ID:5GB0SUVw0
官房長官から注意でおわるんだろうな。
罷免&参考人招致しろ。証人喚問でもいいが。

526 :名無しさん@八周年:2007/10/29(月) 20:28:40 ID:GRPNIDrh0
こんな基地外が ” 法 務 ” 大臣
でも大丈夫この件ではマスコミは叩きませんから

日本オワタ

527 :名無しさん@八周年:2007/10/29(月) 20:29:45 ID:yK6j0SwP0
鳩山が友達の情報を出せば、バリ島爆破犯が捕まるじゃねーか。

 
540 :名無しさん@八周年:2007/10/29(月) 20:32:26 ID:0pSyZrUh0
>>520
日本政府に渡した情報は法務大臣と蝶の友人経由で
アルカイダに渡ってるのかもしれん
だだ漏れwwwww

545 :名無しさん@八周年:2007/10/29(月) 20:33:17 ID:0QhvUl680
政治家ともなると交友範囲が広いからな。ブッシュ大統領だって、
友人(ビンラディン一族)の親戚がアルカイダ(ビン・ラディン)なわけだし。
政治家と黒い世界とのつながりは昔からでもある。
残念ながら、精錬潔白では汚い世界で大物にはなれんてことか。

546 :名無しさん@八周年:2007/10/29(月) 20:33:34 ID:8PE0/g+mO
その友人とは誰なのか、話す説明責任が大臣にはある。仮にも1国の大臣がアルカイダメンバーの友人と繋がりがあるだけでも辞任は確実。
更に言えば、国家機密がどこまで漏れてるのか、公安は無視出来ないだろう。

テロを事前に察知しながら、放任した罪は議員として責任重大であり、大臣を即刻、更迭し証人喚問すべきである。

556 :名無しさん@八周年:2007/10/29(月) 20:36:16 ID:7XTgPfB70
>>545
でも、いくらブッシュがバカだからといってそんなこと自分で進んで言わないだろw

598 :名無しさん@八周年:2007/10/29(月) 20:49:11 ID:7XTgPfB70
っていうかアルカイダの構成員ならいくらでも日本に潜伏できるだろうな
偽装パスポートなんて簡単に入手できるだろうし
監視しようにも情報がアメリカ経由でしか渡ってこないからなwww

712 :名無しさん@八周年:2007/10/29(月) 21:17:26 ID:m6CDjAo00
「友人の友人はアルカイダ」←この発言だけなら失言で不適切でしたで済む。

バリのテロ事件のことは具体的に話しているので、失言でしたで済まない。

FBIの調査、インドネシア政府の抗議、犠牲者遺族の反感・抗議、
警察・公安の調査、有権者の不信感、首相の責任問題 などに絡んでいく

745 :名無しさん@八周年:2007/10/29(月) 21:23:36 ID:BaBbz1Q0O
鳩山の友人を締め上げれば、アルカイダに所属している友人に関する
情報が得られる可能性が高い訳だ。

これは非常に重要なんだが。
日本がテロられないのは裏でアルカイダと結んでるから
なんて憶測を呼んでも仕方ないレベルの話。

鳩山は辞めるべき。

面白いでしょう?

友人の友人って言うのは、自分自身のことだよ

なんていうツッコミには、私など目からウロコが落ちる思いでありました。

まあそれでも、平沢勝栄議員の「テロ予告」ともとれる国会での発言を知っている私としては、鳩山法相の友人の友人にアルカイダの一員がいてテロ情報が鳩山法相の耳に入っていたとしても、別に驚きません。
たぶん自民党の今の幹部の人たちなら、自分の都合のためになると考えれば、テロをそのまま実行させそうな気がしますので。鳩山法相が、予告をこっそり胸のうちにしまったのと同じメンタリティーで。

545 :名無しさん@八周年:2007/10/29(月) 20:33:17 ID:0QhvUl680

政治家ともなると交友範囲が広いからな。ブッシュ大統領だって、 
友人(ビンラディン一族)の親戚がアルカイダ(ビン・ラディン)なわけだし。 
政治家と黒い世界とのつながりは昔からでもある。 
残念ながら、精錬潔白では汚い世界で大物にはなれんてことか。
(誤字ママ)

556 :名無しさん@八周年:2007/10/29(月) 20:36:16 ID:7XTgPfB70

>>545
でも、いくらブッシュがバカだからといってそんなこと自分で進んで言わないだろw

まさにそのとおりでしょう。

鳩山法相の頭がかなり悪いということは、以前、やっぱこんなヤツかいな(鳩山邦夫法相の巻)で触れましたが、今回、確信をあらたにすることができました。

ちなみにこの発言、入国審査時に外国人から指紋を採取するシステムの施行を正当化するための説明の中で出てきた発言のようですが、当ブログの読者の皆さまはすでにご存知のとおり、外国人から指紋を採取したからと言ってテロ防止には役立ちません。
アルカイダであれ何であれ、将来テロを日本国内で起こす意思のある人間の指紋情報を、いったいどれほど日本政府が所有しているのでしょうか。たとえば、鳩山首相の友人の友人とやらの指紋情報、日本政府は持っているんでしょうか? たとえ持っていたとしても、本気でテロを実行したいグループであれば、ブラックリストに搭載されていそうにない人間を送り込んでくるのではないでしょうか? アメリカと一体化しているニホンへの怒りの種、恨みの種は、今日もイラクであるいはアフガンで、確実にまき続けられているわけですから、志願する人のリクルートには困らないはずです。

では、ここらで報道の様子を、ニホンから世界へ、見てみましょう。

鳩山法相「友人の友人がアルカイダ」(TBSニュース、2007.10.29.19:42)

 鳩山法務大臣が29日午後行われた外国特派員協会主催の講演会で、「私の友人の友人はアルカイダだ」などと発言しました。


 「私の友人の友人がアルカイダなんですね。2、3年前は何度も日本に来ていたようです。『バリ島の中心部は爆破するから近づかないように』というアドバイスは受けていました」(鳩山邦夫 法相)


 鳩山大臣はこのように述べ、「友人の友人がアルカイダで、バリ島の爆破事件を予告された」などと発言しました。

 しかし、この発言が物議をかもしたため、大臣は夕方になって急きょ会見を開き、「海外にいる趣味のチョウの愛好者仲間から伝え聞いた話だった」と釈明しました。

 「舌足らずで、ミスリーディングな部分がありましたので、明確に訂正したい。我々愛好者グループの人間にそういう事前予告があったことは事実でございます、伝聞としては事実でございます。“We”という部分が“I”になっていたことについては、反省いたしております」(鳩山邦夫 法相、午後5時15分ごろ)

 鳩山大臣は、「予告電話があったこと自体は間違いないが、自分が話を聞いたのは事件の3、4ヶ月後で、発生前に計画を知っていたことはない」としています。

実に見苦しい言い訳です。

「友人の友人はアルカイダ」 鳩山法相、外国人記者らに(asahi.com、2007.10.29.20.21)

 鳩山法相は29日午後、東京都内での講演でインドネシア・バリ島の爆破テロ事件に言及し、「私の友人の友人がアルカイダ(国際テロ組織)だ。バリ島中心部の爆破事件に絡んでおり、私は中心部は爆破するから近づかないようにとアドバイスを受けていた」と発言した。200人以上が犠牲になった02年10月の事件を事前に知っていたとも取れる内容だったが、講演後に「友人に聞いた話で、私が発生前に爆破計画を知っていたということではない」などと発言内容を訂正した。

 講演は日本外国特派員協会の主催で、約100人の外国人記者らが参加。日本政府が16歳以上の外国人から日本入国の際に指紋を採る制度を11月20日に導入することに関し、記者側からその必要性を問われた際、制度の意義を強調する例として事件に触れた。
 発言後、法相は文書でのコメントと記者会見で(1)自分も参加しているチョウ研究の国際的な愛好家グループの友人から「グループの中にアルカイダと思われる者がいて日本にも入ってきていた。爆破事件にも関与していた」という趣旨の話を聞いたことがあり、その友人の話を紹介した(2)アルカイダとされる人物はグループの1人で、グループの少なくとも1人に対して「爆破事件があるかもしれない」との事前の連絡をしたと自分は聞いている、と説明した。
 そのうえで、自分はその人物と友人でもなければ面識もない▽友人の話の真偽は確認していない▽この話を聞いたのは事件の3、4カ月後のこと——などと弁明した。
 釈明会見では「舌足らずで誤解を生む部分があったので明確に訂正したい」と述べた。人物が所属する組織についても「アルカイダと聞いているが、過激派グループに協力をしている人という意味かもしれない。断定的に言える状況にはなかった」と修正した。

Japan minister in al-Qaeda claim(BBC NEWS、2007.10.29.14:37 GMT)

A Japanese politician has attempted to justify plans to fingerprint foreigners by claiming he knows an al-Qaeda member who entered the country illegally.

Justice minister Kunio Hatoyama said the man was a "friend of a friend" who was involved in a bomb attack on Bali.

He produced no evidence to back up his claim, but said it showed the need for stricter checks on overseas visitors.

Later he appeared to backtrack, stressing he had not met the man and could not verify his friend's claims.

'Rights violation'

From 20 November almost all foreign visitors and overseas workers will be photographed and fingerprinted as they enter the country.

The measures have already proved controversial, with Amnesty International labelling the system as discriminatory and "a violation of basic human rights".

But Mr Hatoyama used the story of the al-Qaeda member to argue that the threat of terrorism justified the new measures.

"My friend's friend is a member of al-Qaeda. I have never met him, but I heard that two or three years ago he came to Japan several times," he told a press conference.

"The fact is that such foreign people can easily enter Japan. In terms of security, this is not a preferable situation."

The minister also claimed his friend had warned him of the Bali bombing - although there have been two major terrorist attacks on the Indonesian island in recent years and he did not specify which one he was referring to.

Later, Mr Hatoyama cast doubt on all of these claims, saying he had been "unclear and misleading".

He denied he had been warned of any attack on Bali before it had happened.

"I myself am not a friend of anyone who is thought to be a member of [al-Qaeda] and I don't know them personally. I can't verify the authenticity of what my friend said."

Japanese officials plan to check foreigners' fingerprints against international and domestic crime databases to root out potential terrorists and people with criminal records.

Certain permanent residents, such as ethnic Koreans and Chinese, will be exempt, alongside diplomatic visitors and children.

通信社系で、まずはAP通信の配信記事を、Mainichi Daily Newsからご紹介します。この記事、指紋採取するシステムは「国を守るのに失敗するし人権を侵害する、との批判がある」とか鳩山法相は「(自身が受けた)予告をインドネシア政府に告げたかどうか語らなかった」とか「アメリカ主導のアフガニスタン&イラク侵略への東京のサポートと両地域への派兵が、ニホンがテロ攻撃の対象になるのではないかとの懸念を高めてきた」なんてさりげなく書いていて、素敵です。

Hatoyama justifies taking prints with 'friend of a friend' in al-Qaida claim(Mainichi Daily News、2007.10.29)

TOKYO (AP) -- Japan's justice minister said Monday a "friend of a friend" who belonged to al-Qaida was able to sneak into the country with false passports and disguises, proving Tokyo needs to fingerprint and photograph arriving foreigners.

Japan will begin imposing the new measures on Nov. 20 on all foreigners entering the country aged 16 or over to guard against terrorism, in a move critics say will fail to protect the country and will violate human rights.

Justice Minister Kunio Hatoyama, however, told reporters that he had personal knowledge of how terrorists can infiltrate the country, citing an unidentified "friend of a friend" who was involved in a bomb attack on the Indonesian island of Bali.

"I have never met this person, but until two or three years ago, it seems this person was visiting Japan often. And each time he arrived in Japan, he used a different passport," Hatoyama said.

The justice minister added that his friend, whom he also did not identify, had warned him to stay away from the center of Bali.

Hatoyama did not specify which of two Bali bomb attacks -- in 2002 and 2005 -- he was referring to. Nor did he say whether the warning came before a bombing, or whether he alerted Indonesian officials.

Indonesian police have said the 2002 bombings that killed 202 people were carried out with funds and direction from al-Qaida. A splinter group of the Southeast Asian terror organization Jemaah Islamiyah allegedly carried out the 2005 attacks independently.

"The fact is that such foreign people can easily enter Japan," Hatoyama said. "In terms of security, this is not a preferable situation."

"I know this may cause a lot of inconvenience, but it's very necessary to fight terror," Hatoyama said of the fingerprinting measures. "Japan may also become a victim of a terrorist attack."

Prime Minister Yasuo Fukuda said he hoped Hatoyama's al-Qaida connection would not re-enter Japan.

"I hope he'll deal with this issue firmly through immigration controls now that he's justice minister," Fukuda said.

Critics have blasted the new fingerprinting measures, which only exempt some permanent residents, diplomatic visitors and children.

"The introduction of this system is a violation of basic human rights, especially the right to privacy," said Makoto Teranaka, secretary-general of the human rights group Amnesty International Japan.

He said it unfairly targets foreigners since Japanese could also be criminals or terrorists.

Under the new regulations, all adults will be photographed and fingerprinted on arrival in Japan, according to the country's Immigration Bureau. Incoming aircraft and ship operators also will be obliged to provide passenger and crew lists before they arrive.

Resident foreigners will be required to go through the procedure every time they re-enter Japan, the bureau said. Immigration officials will compare the images and data with a database of international terror and crime suspects as well as domestic crime records. People matching the data on file will be denied entry and deported.

Similar measures have been introduced in the United States.

Tokyo's support of the U.S.-led invasions of Afghanistan and Iraq and dispatch of forces to each region have raised concerns that Japan could become a target of terror attacks.

Fingerprinting carries a strong stigma in Japan because it is associated with criminals.

Japan previously fingerprinted foreign residents, but that system was abolished in 1999 following civil rights campaigns involving Japan's large Korean and Chinese communities.

* Barry Steinhardt, of the American Civil Liberties Union, speaks at a press conference in Tokyo Monday, Oct. 29, 2007. Japan is to launch new regulations for foreigners entering the country starting Nov. 20, which will require all adults ages 16 or over to be photographed and fingerprinted upon arrival in Japan. Steinhardt said a similar measure introduced in the United States in 2004 US-VISIT, which stands for U.S. Visitor and Immigrant Status Indicator Technology, has been an ineffective tracking measure. (AP Photo/Shizuo Kambayashi)

通信社系でいうと、他にロイター配信の記事が、マレーシアの新聞サイトに掲載されているのを見つけました。下記です。

Japan justice minister claims al Qaeda connection(The Star. Reuters、By Isabel Reynolds (Additional reporting by Yoko Kubota) 2007.10.29.15:28 MYT)マレーシアの新聞サイト

TOKYO (Reuters) - Japan's justice minister said on Monday that a friend of a friend was a member of al Qaeda and had entered the country on various fake passports -- justifying a new system for fingerprinting foreigners on entry to the country. 

Kunio Hatoyama said the man had been involved in a bomb attack on Bali and that he personally had received a warning to stay away from the island for safety reasons. /font>

It was not clear which bombing he was referring to. An attack in 2002 killed 202 people, most of them foreign tourists, while another series of bombings in 2005 killed 20 people. 

"My friend's friend is a member of al Qaeda," Hatoyama told a news conference on Monday. "I have never met him, but I heard that two or three years ago he came to Japan several times," he added. 

Hatoyama said the man had entered the country on various passports, an example that he said showed the need for a new system for fingerprinting foreigners at immigration set to start on Nov. 20. 

"Each time he used different passports and was able to disguise himself with different beards so that he could not be recognised among all the foreigners," Hatoyama said of the al Qaeda member. 

Almost all non-Japanese will be required to give fingerprint scans and have digital photographs taken on arrival at Japan's international airports and ports from next month. 

The plan has sparked anger among the country's more than two million foreign residents and Amnesty International says it is likely to encourage discrimination.

Japan defines a terrorist as a person likely to commit, prepare for or facilitate "a criminal act for the purpose of intimidation of the general public and of government", according to the justice ministry Web site. 

The Japanese government plans to check foreigners' fingerprints against international databases to seek out potential terrorists, Hatoyama said. 

The U.S. terrorist watch list contains about 755,000 records, a government report said last week, sparking criticism that it is too unwieldy to be useful. 

"It is a joke," Barry Steinhardt of the American Civil Liberties Union told reporters in Tokyo on Monday. 

"It is full of mistakes, it is easily confused, it is nearly useless." 

Japan's new immigration checks are based on the "U.S. Visit" system introduced in the United States after the Sept. 11 attacks. 

But Hatoyama added that crime prevention was also a major aim of the new policy. 

"It is not only about terrorism. If someone is involved in a crime in Japan, they will be deported and their fingerprints will be on a database, so we can stop them the next time they try to re-enter," he said. 

Hatoyama expressed opposition to the pro-immigration stance of his predecessor, Jinen Nagase, who called for more foreign workers to make up the shortfall as Japan's population ages and shrinks. 

"Japan is not a country that can become a 'melting pot', he said, arguing that allowing more foreign labourers into the country would lead to a rise in crime.

マレーシアの新聞のサイトに掲載されていた上と同様のロイターのニュースは、ニュージーランドのこちらたぶんアメリカのこちらなんかにも掲載されているのが確認できました。

鳩山法相、相変わらず「外国人労働者の受け入れは外国人犯罪の増加につながる」などと語ってますね。

これまで日本政府が「外国人犯罪の増加」の根拠としてきた統計データを元に、末尾の表を再掲します(最新データはこちらです。2008.9.5)。
やっぱ、日本人を監視して取り締まる方が、治安対策としてはよっぽど効果的なんじゃないですかあ?

そもそも、これまで日本国内でテロを実施してきたのは、日本人ばかりみたいですしぃ。

(2008.9.5.18:00ころ、長文を少しでも読みやすくと思いテンプレートを変更したら、不安的中、表とグラフとの右側が切れてしまいました。何か方法を検討しますので、今しばらくお待ちください。ひとまずの対策ですが、表は、その部分をコピーしてワードやテキストエディットなどに貼付け(ペースト)すると、表形式のまま見ることができるようです。グラフは、やはりワードやテキストエディットなどに、選択した状態でひきずっていく(ドラッグ&ドロップする)と、全面を見ることができます。)

表1
19931994199519961997199819992000200120022003200420052006
A 297725 307965 293252 295584 313573 324263 315355 309649 325292 347558 379602 389027 386955 384250
B 7276 6989 6527 6026 5435 5382 5963 6329 7168 7690 8725 8898 8505 8148
C 1015 1215 1315 1632 1317 1302 1529 1603 1379 1403 1520 1393 1304 1075

※A、B、C各行の数字は人数
A:日本全体の刑法犯検挙人員(「来日外国人」を含む) B:「来日外国人」刑法犯検挙人員(「不法滞在者」を含む) C:「不法滞在者」刑法犯検挙人員


表2
19931994199519961997199819992000200120022003200420052006
A 5190 5526 5309 5459 6633 6949 7217 7488 7490 7726 8362 7519 7047 6459
B 246 230 201 212 213 251 347 318 403 353 477 421 396 297
C 130 133 106 142 131 137 186 159 180 141 175 160 142 95


※A、B、C各行の数字は人数
A:日本全体の凶悪犯検挙人員(「来日外国人」を含む)
B:「来日外国人」凶悪犯検挙人員(「不法滞在者」を含む)
C:「不法滞在者」凶悪犯検挙人員


図1
Image001_1
図2
Image002_1


【用語解説】

  • 刑法犯:
  • 特に断りのない限り、交通事故に係る業務上(重)過失致死傷及び危険運転致死傷を除いた「刑法」に規程する罪、並びに「盗犯等ノ防止及処分ニ関スル法律」「暴力行為等処罰ニ関スル法律」「決闘罪ニ関スル件」「爆発物取締罰則」「航空機の強取等の処罰に関する法律」「火炎びんの使用等の処罰に関する法律」「航空の危険を生じさせる行為等の処罰に関する法律」「人質による強要行為等の処罰に関する法律」「流通食品への毒物の混入などの防止等に関する特別措置法」「サリン等による人身被害の防止に関する法律」「組織的な犯罪の処罰及び犯罪収益の規制等に関する法律」「公職にある者等のあっせん行為による利得等の処罰に関する法律」「公衆等脅迫目的の犯罪行為のための資金の提供等の処罰に関する法律」に規定する罪をいうそうです(『警察白書』平成15年版)
  • 検挙人員:
  • 警察などで検挙した事件の被疑者(容疑者)の数(『犯罪白書』平成14年版)。つまり、真犯人ではない場合もあり、同時に、真犯人が検挙されずに逃げおおせている場合もある。そのため、真犯人の国籍が日本国籍であろうと外国籍であろうと、捜査のやり方いかんでは犯罪の実態からかけ離れた数字が出る危険性が大きいが、大体の傾向くらいは読める……のでしょう。たぶん
  • 来日外国人:
  • 日本に在留する外国人のうち『駐留米軍関係者』と『定着居住者』(「特別永住者」「永住者」「永住者の配偶者等」の在留資格保有者)と『在留資格不明者』を除いた者(警察庁の定義)。つまり、「来日外国人」は、「出入国管理及び難民認定法」で規定される27種類の在留資格のうち「永住者」「永住者の配偶者等」を除く25種類の在留資格を持つ外国籍者(「日本人配偶者等」「定住者」「短期滞在者」「研修」「留学」)と「不法滞在者」(「不法入国者」「不法上陸者」「不法残留者」などを含む)で構成されている(『M−ネット』2003年10月号:「来日外国人」及び「不法滞在者」の犯罪データ(刑法犯検挙人員)からみえる外国人犯罪の実像)
  • 凶悪犯:
  • 殺人、強盗、放火、強姦。

【図1、2、表1、2とも『犯罪白書』『警察白書』『来日外国人問題の現状と対策(平成11年中)』『統計から見る来日外国人犯罪の特徴(平成12年以降ウェブ版)』等より作成】


(おまけ)
「外国人犯罪」の宣伝と報道(英訳付き、コムスタカー外国人と共に生きる会)他(2006.07.07)
『治安はほんとうに悪化しているのか』東京都治安対策担当部長(前)の懺悔あるいは告白(2006.07.16)
『治安はほんとうに悪化しているのか』書評on読売新聞!!(2006.7.25)
在留許可求め、東京入管前でデモ/「治安悪化説に異論」(東京新聞インタビュー)(2006.09.24)
「またテロですよ!」(非国民通信)を読んで(入管法改定案に関する国会会議録より)(2006.10.15)
共謀罪審議に松島みどり議員が登場(入管法改定案に関する国会会議録より)(2006.10.22)
虚構の上に立ついやしの「極右」か、現実の上に立つ節度ある「極右」か(2006.11.19)
【超お薦め!】『犯罪不安社会』を読んで、明るい2007年へ!(2006.12.25)
「外国人犯罪」不安にどう立ち向かうか/「来日外国人」数の試算(2007.1.3)
「リピーター=凶悪犯」か?/人と人との連帯の可能性と素晴らしさと(2007.1.12)
法治国家で窮鳥懐に入れば大岡裁きに遠山桜!/在留支援のためのお願い2つ(2007.1.23)

コムスタカー外国人と共に生きる会

インターネット新聞『JANJAN』
『マヤカシの「外国人犯罪増加」論〜「人種差別」と「棄民」を生む社会の行方〜』(2004/04/15)
『マヤカシの「外国人犯罪増加」論〜「人種差別」と「棄民」を生む社会の行方〜』(全4回の第2回)(2004/04/16)
『マヤカシの「外国人犯罪増加」論〜「人種差別」と「棄民」を生む社会の行方〜』(全4回の第3回)(2004/04/17)
『マヤカシの「外国人犯罪増加」論〜「人種差別」と「棄民」を生む社会の行方〜』(全4回の第4回)(2004/04/18)

記事を書いているうちに、Googleでひっかかるニュースや記事が変わってきました。

次は、イギリスの「TIMES ONLINE」から。

「ニホンの法務大臣が、2002年にバリのナイトクラブで200人以上の犠牲者を出した爆破事件に関与したアルカイダのエージェントと枯れとのミステリアスなコネクションを暴露した」なんていう出だしで始まります。問題のテロ事件は2005年のものではないと、記者は考えているようです。

さらに「鳩山法相は、日本の政治的貴族階級の出で、祖父に首相がいる。2002年のバリの爆破事件の当時、武力攻撃事態への対処に関する特別委員会委員長を務めていた。」とか、「鳩山法相は、日本の政治的貴族階級の出で、祖父に首相がいる。2002年のバリの爆破事件の当時、武力攻撃事態への対処に関する特別委員会委員長を務めていた。」とか、鳩山法相に対してかなり辛辣な感じの記事ですねえ。

'My friend's friend is in al-Qaeda,' says Japanese minister(Times Online、2007.10.29)

Leo Lewis of The Times in Tokyo

Japan’s Minister of Justice has revealed a mysterious connection between himself and an al-Qaeda agent involved in the 2002 Bali nightclub bombings that claimed more than 200 lives.

In an unprecedented admission by a Japanese cabinet minister, Kunio Hatoyama suggested today that the terrorist had offered advance warnings of at least one bombing attempt.

During his bizarre outburst to an audience of foreign media, Mr Hatoyama recounted a disjointed anecdote in which he said that a “friend of a friend” was an operative for the notorious terror group.

He said that the al-Qaeda member had paid numerous visits to Japan around three years ago, disguising his identity with moustaches and beards each time. Mr Hatoyama met the friend who told him about the terror operative through a circle of butterfly enthusiasts.

The minister added that the contact, via the friend, had warned him of the risk of a bomb attack on the tourist-packed Indonesian island.

“This particular person was actually involved in the bombings of the centre of Bali,” said Mr Hatoyama. "Although he is a friend of my friend I was advised not to go close to the centre of Bali because it would be bombed.”

Although Mr Hatoyama later issued a denial that he had personally been warned of any terrorist attack, his original meaning seemed clear. He did not deny that the contact who visited Japan had generally issued advance warnings about possible al-Q’aeda activities.

“As a matter of fact it was three or four months after the Bali bombings when I heard the story and it is not true that I knew the bombing plan before it happened,” he wrote in a hastily-written letter late this afternoon.

Mr Hatoyama comes from Japanese political aristocracy and is the grandson of a former prime minister. At the time of the Bali bombings in 2002 he was chairman of a special committee of parliament charged with planning to handle an armed attack on Japan.

Mr Hatoyama brought up the subject of his “friend of a friend” in al-Q’aeda in response to a question about mandatory finger-printing for all foreign visitors and residents in Japan. As minister in charge of introducing the new law next month, Mr Hatoyama was keen to demonstrate the need for tighter controls to deter criminals and terrorists from entering Japan.

It is possible that the al-Qaeda operative Mr Hatoyama was referring to was Lionel Dumont, the only al-Qaeda linked terror suspect known to have visited Japan on a regular basis. Mr Dumont, a Frenchman of Algerian origin, was arrested four years ago in Munich,

この記事の末尾は、「鳩山法相の言及したアルカイダの工作員は、アルジェリア出身のフランス人、リオネル・デュモンの可能性がある。デュモンは、アルカイダ関連のテロ容疑者のうち、唯一、日本を定期的に訪問していた人物で、4年前、ミュンヘンで逮捕されている。」と締めくくっています。

リオネル・デュモンのケースを理由に外国人の生体情報採取を始めるというのなら、やはりここは言っておかねばなりますまい。

昨年の国会会議審議(^^;)でも、指紋情報を長期間保有する理由として、再三言及されたのが、偽造旅券で出入国を繰り返していたというリオネル・デュモンのケースです。しかし、彼の出入国状況は、実は入国時の指紋採取が行われていなかった段階でさえ、逮捕後とはいえ、把握されました。出入国履歴の確認のために指紋情報が必須というわけではないのです。

では、長期間保有する理由にデュモンのケースが使えるかというと、そんなことはありません。ちょっと長くなりますが、昨年の入管法改定(外国人の生体情報採取システム導入に関するもの)に関する国会会議の内容について以前まとめた文章の一部を以下に引用します。ちょっとわかりづらいかも知れませんので、いずれ余力があれば補足したいと思います。今は眠くて、ちょっと無理……。

 これについて後に杉浦法務大臣は、デュモンの使用した偽造旅券の情報が出入国履歴の把握の決め手になったのであり、そうした情報が得られない場合やシステムの穴を確認するために指紋情報を蓄積する必要がある旨を語るが【3月28日:発言番号007】、入国時のブラックリストとの照合システムが稼働した場合、考えられる「システムの穴」は、「ブラックリストの不備」、あるいは「審査照合手続での人為的ないし機械的ミス」である。どれも指紋データの蓄積で修復できる性質のものではないから、無関係な人たちの生体情報を年間700万人分、80年で5億人以上のものを保有していく理由としては、あまり説得的ではない。「ブラックリストの不備」については特にそうだし、「審査照合手続での人為的ないし機械的ミス」についても、改定案の国会提出に先駆けて実証実験がなされていること【5月16日:発言番号076】を考えると、それほど心配する必要はないのではないか。実証実験がきちんと行われているのであれば、今さら指紋データを蓄積しなくても、定期的なシステム検査などで「穴」は発見しうるであろう。いや、そうでなくてはならないし、そもそもバグ的なミスがあるものを稼働してはならないはずである。実証実験の延長のために外国人の指紋データを蓄積していくことなど、人権制約の目的として、常軌を逸している。

さらに、「偽造旅券の情報が得られない場合」でも、身柄を拘束されたテロリストから出入国状況を把握することは、簡単ではないにしても、不可能ではないし、その場合は、そのテロリストがテロを実行する危険性は極めて低くなっている。たとえ出入国履歴を完璧に把握することができなくても、「テロ抑止」という本法案の目的からして、格別の問題はないはずなのである。

日本国内に仲間がいるかどうかを知るうえで日本への出入国履歴が参考になると考える人もいるかも知れないが、仲間の存在を知るうえで参考になるのは日本国内での行動データであり、日本への入国が日本での仲間の存在を絶対的に根拠づけるものでもない。

どんなデータであれ多い方がよい、というのは一面の真理だが、それを言い出したらきりがないし、国家がそれを追求しはじめれば人権侵害のおそれも極度に大きくなっていくだけであり、得られるものと失われるものとのバランスが著しく失われる結果となろう。

よって、出入国履歴の事後的な把握のために何十年もデータを保存することの理由としてデュモンのケースを持ち出すのは、適切ではない。
また、仮に入国後出国前に「テロリスト」としてたとえば国連安保理に新たに認定された者がいて、しかもまだ身柄が拘束されていないとしても、その者が日本国内に滞在しているかどうかさえわかればひとまずはテロ対策として十分なはずであり、出国後も指紋データなどを保管する必要性はまったくない。

それにそもそも上述のように、「テロリストのリスト」に載っていないテロリストをストップするなどまず無理なんです。

辛辣といえば、こんな記事(エッセイ?)もありました。

Is Mr Hatoyama a total idiot ?

私からの返答は、「Absolutely, yes!」

 

続報記事
鳩山記者会見映像(OhmyNews)でまたびっくり!罷免しないでいいんかいな、こんなヤツ。。。(2007.10.31)

Usagimasters

Banner2←「テロリストによるテロ対策!?」に、うさキック!

ブログランキング・にほんブログ村へ署名もお願い、うさジャンプ!

R_bana_2←民主主義社会では有権者に見合った政治家しか持てない、なんて言われちゃいそうで、恥じ入るばかりです……(-_-;)。

« デラックス・プリンに憧れつつ「侵略」について考えてみるみるぷりん | トップページ | 鳩山記者会見映像(OhmyNews)でまたびっくり!罷免しないでいいんかいな、こんなヤツ。。。 »

2006入管法改定」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

差別、排外、レイシズム」カテゴリの記事

海外事情」カテゴリの記事

監視社会」カテゴリの記事

粉砕! プロパガンダ」カテゴリの記事

コメント

拙ブログ『ひとねむり』へのTBありがとうございます。

 鳩山法務大臣の放言はとどまる所を知らないですね。

 それにしても、外国では鳩山発言が非常に問題視されているのに、日本国内ではどこも御用新聞化しているのか、大手メディアは黙殺状態で、その落差に驚きます。

 しかし、とても充実したホームページというかブログですね。製作するの大変なんじゃないですか(笑)。
 これからも、色々な情報を発信し続けてください。期待しております。

TBありがとうございました。
Asahi.comでニュースを見たとき、外国ではどう伝えているか気になったのですが、忙しさにかまけて調べてませんでした。こうして並べていただいて、感謝感激です。
それにしても、考えれば考えるほどおヴァカ丸出しで、よく法相の首が繋がっているものです。怒らない世論も恐い。入国の際の指紋採取と虹彩写真のため、ハワイから先のアメリカには状況が改善するまで行くまいと決心しておりますが、ニホンにも行くのをやめる決心も必要になる時代が来るのかもしれません(笑)。

トラックバックありがとうございます。これは超ど級のトンデモ大臣・ニュースではないかと思います。

>「テロリストによるテロ対策!?」に、うさキック!

笑いました。チョムスキーによればアメリカこそがテロ国家であり、アメリカを支援する日本もテロ支援国家であると言われて反論することはむずかしいでしょう。

manbowhamamatsu さん、はじめまして! コメントありがとうございます。

ほんと、この大臣の放言として話題になったものを思い出してみると、あれはサービス精神が旺盛だからだなんて理解を示す声もあるようですが、どう考えても暴言ばかりです。なのに今回の放言も、国内マスメディアは政府の意向に添うつもりなのか、たいして問題視しない方向ですぐに収束させる流れのようです。まったくもって恥ずかしい話で……。

>しかし、とても充実したホームページというかブログですね。製作するの大変なんじゃないですか(笑)。

ありがとうございます(^^)v。今日の記事はとくに大変でした。放言の真意がまずわからないし、そんな中で情報を集めながら、でもこれは急いで書かなきゃ、みたいな思いもあって。

>これからも、色々な情報を発信し続けてください。期待しております。

私もそちらのブログにこれからちょくちょく寄らせていただきます。楽しそうですので(^^)。
今後ともよろしくお願いいたします。

suyap さん、おはようございます!

ほんと、なんでこれがクビにならないのか。ニホンの政界、そしてマスメディア、おそろしく摩訶不思議です。そしてやっぱり、恥ずかしい……。まだ彼らの嫌う2ちゃん(場所によっては私も大嫌いですが)の書き込みなんかの方がまっとうな気がしますもん。

ニホンに行くのをやめる決心を海外在住日本人が求められる時代って、意外と遠くないかも知れませんよ〜。アメリカの後追いを加速させてアメリカ自身も追い越して、いずれ日本人の生体情報採取を実現することを、やはり政府は狙っているみたいですし。
で、生体情報提供を拒む日本人は海外にも行けなくなってしまったりして……。

う〜、朝起きたばかりでするような想像じゃないですね(^^;)。これにめげず、爽やかでアバンギャルドな一日を始めましょう!!
と、決意をあらたにしてみました(笑)。


村野瀬さん、おはようございます!

このニュース、私はたまたま知り合いから教えられて知ってウェブで情報を集めてそのトンデモなさにびっくりしたのですが、昨日の京都新聞朝刊ではこの「超ど級のトンデモ大臣・ニュース」がなんとも軽〜く扱われていて、それだけを読んでいたらたぶんす〜いと読み飛ばしていたのではないかと思います。

>>「テロリストによるテロ対策!?」に、うさキック!
>
> 笑いました。チョムスキーによればアメリカこそがテロ国家であり、アメリカを支援する日本もテロ支援国家であると言われて反論することはむずかしいでしょう。

そうなんですよね。そこを方向転換しないと、こんな形だけの対策でテロを防げるわけがないのに、そこをニホンのマスメディアは無視しちゃってます。特派員協会の会見でそこらあたりを突っ込んでくれるかと思ったのですが、鳩山爆弾発言の余波で、そんな質疑があったのかどうかもわかりません。

それはさておき、アメリカといえば、アメリカ政府作成の「テロリストのウォッチリスト(ブラックリスト)」に、アメリカ国民の72万人、人口比で言えば500人に1人が、搭載されて、監視対象になってるらしいです。しかもその数はじわじわと増加中だとか。
これはブラックリストのいい加減さ、役に立たなさ加減を物語るエピソードなんですが、ブラックリストの実態を無視して数字だけを真に受けて考えてみると、「国民の500人に1人がテロリストの国!」って、これをどう評せばよいのやら。すごい、としか言いようがないかも。
脱線してしまいました(^^;)。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61333/16917067

この記事へのトラックバック一覧です: テロ予告と鳩山法相/世界に広がる衝撃恥(やっぱこんなヤツかいな(鳩山邦夫法相の巻part2)):

» いろいろなニュース29 [言ノ葉工房]
みなさま、消費税上げたら1/3の家庭が破綻というウワサも。。それでも低所得者の増税賛成しますか?では、このニュースから。 社会保障給付87.9兆円=05年度、過去最高を更新−厚労省 10月26日21時3分配信 時事通信  厚... [続きを読む]

» 米大使館の滞納にみる日米関係 [花・髪切と思考の浮游空間]
米大使館、地代10年滞納 国有地、年額250万円(朝日新聞)在日米国大使館が立つ東京・赤坂の国有地1万3000平方メートルの賃貸料が、10年にわたり未納となっている。日本政府は97年まで年額250万円を受け取ってきたが、値上げ案を提示したところ、反発した米側が支払いを拒否。未納が始まった98年分の賃貸料についての時効が今年12月中旬に成立するため、政府は民事訴訟も視野に入れながら、米政府とギリギリの交渉を続けている。問題の国有地の賃貸借契約は、1890(明治23)年に日米両政府が結んだ。物価水準の上... [続きを読む]

» 守屋氏の喚問の日の霞ヶ関で、運転手さんとの会話(日常雑事+α) [Like a rolling bean (new) 出来事録]
時間がないし、季節の変わり目で持病(←対処万全)などのこともあって、ずっとニュースもブログもあまり確認できていません。 ただ、月曜の夜、タクシーで霞ヶ関付近からお客さんのところに移動したら、その運転手さんに、またも興味深い話をお聞きしました。 興味深いとい... [続きを読む]

» 鳩山法相とアルカイダ? [いい加減社長の日記]
これは、「失言」では済まないのでは? 鳩山邦夫法相は29日、日本外国特派員協会での講演で「私の友人の友人がアルカイダ」。 5年前にバリ島で起きた爆弾テロ事件を挙げ「彼は事件に絡んでおり、私は『バリ島の中心部は爆破するから近づかないように』とアドバイスを受けて... [続きを読む]

» 守屋証人喚問を見て(1)~疑惑深まる表情&接待内容~+党首会談、鳩山発言など [日本がアブナイ!]
最新記事の一覧は、コチラをクリック。  今回は、守屋氏の証人喚問について書きたいと思うが・・・。  先に、いくつか、気になったニュースを。 * 今日30日午前に、国会内で、福田首相(総裁)&民主党の小沢  代表の会談が行なわれることになった。<*1>  <昨日になって、福田首相が幹事長、国対委員長を通じて、民主党  側に小沢代表との会談を申し込んだとのこと。私個人は、いわゆる密談  のような形はとって欲しくなかったんだけどな~。(-"-;)> * 鳩山法務大臣が、... [続きを読む]

» ★鳩山法相の仰天発言 [ブロガーAの辛口コメント炸裂]
「友人の友人はアルカイダ」 鳩山法相、外国人記者らに 鳩山法相は29日午後、東京都内での講演でインドネシア・バリ島の爆破テロ事件に言及し、「私の友人の友人がアルカイダ(国際テロ組織)だ。バリ島中心部の爆破事件に絡んでおり、私は中心部は爆破するから近づかな....... [続きを読む]

» 民主・共産・社民の総選挙方針 [平和への結集第2ブログ]
テンポが遅いですが、野党3党の総選挙方針をまとめておきます。 共産党が次期衆院選の小選挙区擁立方針を見直したことはすでにご存知の方が多いでしょう。毎日新聞は次のように伝えています。 毎日新聞 2007年9月8日 19時21分 志位氏は擁立の目安を(1)7月の参院比例..... [続きを読む]

» 高知白バイ事故、警察の証拠捏造もひどいが、木で鼻をくくったような控訴審二審判決も無茶苦茶ですね。検証したTV映像は必見。 [雑談日記(徒然なるままに、。)]
 取り敢えず、時間のない人は最初のKSB瀬戸内海放送(1/4)の報道ビデオだけでも見てください(現在KSBではアクセス集中で見られない模様、雑談日記のはDLした別ルートなのでスムースに見られます)。目撃者がいても、検証実験による証明をしても、一度 権力がこうと考えた筋書きがあると、それでやられてしまうということだね。ひどいもんだ。  もう一つひどいと思う注目点は、これがKSB瀬戸内海放送で取り上げられただけで、それ以外の大手新聞も全国ネットワークのTVもこの事件・裁判を一切無視しているということだ。... [続きを読む]

» 友人の友人がアルカイダ 鳩山法相 [とむ丸の夢]
「鳩山法相 その地位には耐えられない軽さ」の拍手コメントに、以下のような文が入りました。「日向です。日向博美の長女です。なんというか。色々有り過ぎて言い切れないのですが。鳩山さんの蝶観察をし ていただけで、蝶... [続きを読む]

» 友達の友達は。。。警察庁に捜査要請しました −鳩山法相発言− [鳥居正宏のときどきLOGOS]
もし、私が、何らかの場で(それが大学の講義の中ででも、または何らかの講演会や勉強会の中ででも、さらには近所の人たちとの世間話程度であったとしても)例えば、「私の友達の友達は、詐欺集団の一員」「私の友達の友達は、指名手... [続きを読む]

» 「友人の友人」はアルカイダ、鳩山大臣。 [酔語酔吟 夢がたり]
☆☆ そんなことアルカイダ(ナ)! [続きを読む]

» 少年警察活動規則案改正過程で、国家公安委員会が「法の支配」を無視!〜委員は辞任せよ! [情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士(ヤメ蚊)]
 かなり遅めのアラートですが、とんでもないことが日本で行われようとしたことを確認しておきたい。「少年警察活動規則」の件です。恥ずかしながら、この問題について、日弁連の広報で最近になって初めて知った(※1)。  これは少年法改正の過程で、警察に「ぐ犯少年である疑いのある者」に対する調査権限を与えようとしたことが批判され、その条項が削除されたにもかかわらず、規則で復活させようとしたという問題だ。  「ぐ犯(虞犯)少年」とは、「将来犯罪をおかすおそれのある少年」という意味であり、虞犯少年である疑いのあ... [続きを読む]

» そんな中途半端なことやってて本当に後悔しないの!いいよ、もう一人で練習する。 [冬枯れの街]
2006/10/31メモしている参院選争点は日教組を壊滅できるかって…義家が第一声をあげにいったのはこの辺が元ネタだったんですねw あとは既に一年前から治安良化(悪化していないという批判をおいておくとしても)しているのは明らかだったんですが、なかなか人口に膾炙しないですねorz 175 名前:名無しさん@八周年 投稿日:2007/10/31(水) 10:36:25 ID:WGglRGZm0 問題部分の動画、ノーカット版 「9.11以来ですね、私ども国会議員でもアメリカへ行くと、パンツの中までは調べ... [続きを読む]

» 鳩山 邦夫氏の迷言?2 [flagburner's blog(仮)]
10月29日に鳩山 邦夫法務大臣が行った発言は、意外なことに?多くのメディアが問題視していなかった。 [続きを読む]

« デラックス・プリンに憧れつつ「侵略」について考えてみるみるぷりん | トップページ | 鳩山記者会見映像(OhmyNews)でまたびっくり!罷免しないでいいんかいな、こんなヤツ。。。 »