複国籍PT


2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

あわせて読みたい

  • あわせて読みたいブログパーツ

« シビリアン・コントロールを担う立法府の議員としての自負・責任感があるのなら、それこそ与野党すべての国会議員が怒り狂って追及していくべき問題 | トップページ | にほんブログ村「国際結婚・恋愛」カテゴリーから「強制移動」のお知らせ »

押し付けられる理想&ビルマ難民

2007.10.14.10:50ころ
(2007.10.14.10:55ころ、こっそり追記)

『ウルトラセブンX』第2話!

ウルトラセブンっぽい話になってきました。

前回は、「これ、関西弁吹き替えバージョンも見てみたい。はっきり、笑えるぞ」なんて思っちゃうような、
(未見の方は、たとえば、初っぱなから記憶喪失で、「教えてえな。わし、誰やねん?」と初対面の宇宙人にマジに問いかけて、「あほ、こっちが知りたいわ」と切り返される主人公を想像してみてください。あるいは、「この星の主要権力は掌握したった。王手寸前や! 今夜ここに一族みいんな集まって祝えること、めっちゃ嬉しいわあ!」などと偽装した宇宙船の中でつぶやきつつ、その外では巨大怪獣を暴れさせる「影の黒幕」風宇宙人を想像してみてください。そして、彼・彼女らが、突然出現した「ウルトラセブンX」に目を丸くしてる間に、エメリウム光線でやっつけられてしまう光景を(;<>;)……。)
さらには「夢落ち!?」の結末すら予測させるような、超絶展開で、
(未見の方は、たとえば、正体不明の美女にそそのかされるや否や超高層からスカイダイビングをしちゃう主人公や、正体不明の美女に「あんたがこの世界の救世主になって!」などと言われていたこともあってか、ウルトラセブンXになって宇宙人を撃退できるビックリ超能力を身につけた後で、「なんやようわからへんけど、この世界を守ることに決〜めた」とつぶやく主人公〜それがどんな世界かも知らないっぽいのに〜を想像してみてください。「どうせ夢の中だろう」と思ってムチャしてるようにしか思えないではありませんか?)
非常に微妙な印象を持ったのですが、うん、いい感じです。未明の時間に見るにはふさわしい。

社会が押し付けてくる理想に忠実であろうとするあまり、「自分」というものが希薄になっていってはいないか?
そんな、ありがちといえばありがちな、しかし解決不能にも思える哲学的テーマを題材として、最後はウルトラセブンの登場で落ちをつける。これぞまさに「ウルトラセブン」の王道(の一つ)ではないでしょうか。

描き出される超監視社会の姿も、妙にリアルで、そこでまじめに生きている人たちの心境を思うと、うんざりしちゃうのもわかる気がします。

来週は「キャトル・ミューティレーション」(出た! Xファイル!? 今回は「アブダクション」だったし、ひょっとすると「X」はモルダーくんの「Xファイル」から付けたタイトルなの??)をつかみに使いながらも、牛さんは出てこない話みたいです。さあて、どうなることか。期待してます!

軍政による迫害から逃れてきたミャンマー/ビルマ難民の在留特別許可を求める活動が、ブログを使って展開されています。
THEIN NAINGさん家族の在留を求める会 blog

趣旨に賛同していただける方は、どうかご協力ください。よろしくお願いします。

関連記事 ◆入管、ビルマ難民を長期収容中(2007.8.23)


shuwappy

Banner2←ワイドなパワーで、うさショット!


ブログランキング・にほんブログ村へ←新たな連帯へ向けて、うさジャンプ!


R_bana_2←『究極超人あーる』なんてのもありましたなあ。

« シビリアン・コントロールを担う立法府の議員としての自負・責任感があるのなら、それこそ与野党すべての国会議員が怒り狂って追及していくべき問題 | トップページ | にほんブログ村「国際結婚・恋愛」カテゴリーから「強制移動」のお知らせ »

ウルトラセブンX」カテゴリの記事

国際人権法」カテゴリの記事

在留資格」カテゴリの記事

差別、排外、レイシズム」カテゴリの記事

戦争・平和」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

監視社会」カテゴリの記事

連帯でGO!」カテゴリの記事

難民」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61333/16754371

この記事へのトラックバック一覧です: 押し付けられる理想&ビルマ難民:

» ULTRASEVEN X Episode2 [お萌えば遠くに来たもんだ!]
「CODE NAME “R”」監督:八木 毅脚本:太田愛「船が出る」とタクシーを降りた女。彼女が向かった先には、他にも数人の男女が。やがて空から光が降ってきて彼らを飲み込み・・・。 [続きを読む]

» ULTRASEVEN X【Episode2】ユートピアへ? [子育ちパパの航生日誌Q2.0]
 関西では関東・中部地方より1日遅れで土曜の深夜(日曜の早朝)放送なので、なんか劣等感を覚えてしまいます。  さて、第2回目・・・暗い・・・この前テレビでやっていた『バットマン ビギンズ』より重苦しい。  心療内科のお世話になっている小生には、少々「痛い」 ━ ★ ━ 「船が出る!」という言葉を残して人々が未確認飛行物体に連れ去られる・・・・。  〜Utopia〜と幾度か画面にフラッシュする。  どうやら未確認飛行物体は、人々をユートピアへといざなっている様子。 ━ ★ ━ 事件... [続きを読む]

» ウルトラセブンX:Episode2 [KITAKO'S BLOG]
Episode2 管理された同じ価値観への不安と反発 俺は本当の俺なのか? 巨大な都市に生活する者、誰のために生きているのか?自分のやりたいことは何なのか?見失いがちになる。 そんな都市生活者を巧みに誘い出し、誘拐する事件が3件続いた。「本当の自分を追い求め...... [続きを読む]

» ウルトラセブンX エピソード2 コードネームR [●○海老太郎のアナーキー日記○●]
詳細、ストーリーは公式サイトでのご確認お願い致します。 脚本 太田愛 宮下ともみさん、ネクサスのときとは随分違った感じでした。 今回もっといろんな場面で出てくるのかなと思いきや ドラマ導入部のみの出演でした・・・残念。 劇中至る所で差し込まれたキーワード「ユートピア」 これの意図するところが分かるような分からないような・・・・ 人間の孤独感、精神の病などにつけいる悪を描きたかったとは思うのだが どうにも演出も含めてその狙いも希薄に見えた。 ジンとケイが初回より距離を近くして会話するシーンはまず... [続きを読む]

» Episode2「CODE NAME"R"」 [ひびレビ〜ウルトラを探して〜]
ウルトラセブンXEpisode2「CODE NAME"R"」 今回はほぼ「怪奇大作戦」のようなストーリーでした。与えられる幸福の定義・基準。それに近づこうともがく一方で自分を見失ってしまう人々。与えられるものをそのまま享受し続ける。それは自分なのか? という深いテーマだったわけですが、セブンX置いてけぼり(汗)。ジンが本当のジンなのかどうか悩むためには必要だったかもしれませんが。しかしエレアはどこにでも現れ、ジンに警告を促す。本当に悪いのはエレアだったりして。実は宇宙人でジン=セブンXを利用して... [続きを読む]

» (特撮) ULTRASEVEN X Episode2 「CODE NAME“R”」 [ゼロから]
「UTOPIA」という文字をサブミニナル効果を狙って空きチャンネルで流す方法は、何処かのカルト教団でもやりそうな手口です。 [続きを読む]

» 内藤大助選手、WBCフライ級王座の初防衛成功おめでとう…しかし、これに対する私の今後の不安材料 [嶋ともうみ☆たしかな野党を応援し続ける勇気を!]
 あれから3日経ったので「何を今さら」とツッコまれそうですが(^-^;)。  ひ [続きを読む]

» ULTRASEVEN X 〜Episode2〜 [ガヴァドンなボログ]
アクションヒーローシリーズ ウルトラセブンバンダイこのアイテムの詳細を見る  でっかい円盤は出ましたがでっかい宇宙人は出ませんでした。夜中まで起きていたチビッ子たちはがっかり・・・(そんなあほなチビッ子はいませんか・・・{/hiyo_shock2/}) でも、私は楽しめた第2話のあらすじは公式サイトでご確認下さい。  第2話の脚本担当は太田愛さんでした。誰よりも「この世界」を信じ、その提示する幸福を求めた結果、どんどん自分が希薄になり、最後には自分の存在が信じられなくなる。そんな人々をユートピアに... [続きを読む]

» ULTRASEVENX#02午前三時に船が出る [帰ってきた二次元に愛をこめて☆]
実相寺昭雄の匂いがする・・限りなく光と闇が交差する映像と静かな語りの中で現実と非現実が入り混じる。あの世に旅立った実相寺監督の魂が映像の中に彷徨う幻を見るのは作為なのか、思い込みなのか無意識に忍び込む何者かの仕業なのか・・??Episode2「CODENAME"R"」健...... [続きを読む]

» ULTRASEVEN X#2 [Document W.D]
今回は派手さはないものの、深みを持たせた話に笑えるシーン、 セブンXのカッコ良さと強さが相俟ったなかなかの話だったかと。 [続きを読む]

» ULTRASEVEN X 第2話 [よろずな独り言]
 既に見てはいたのですが,やっとまとめることが出来ました,第2話。今日の第3話放送前にアップできて良かったです。(笑) [続きを読む]

« シビリアン・コントロールを担う立法府の議員としての自負・責任感があるのなら、それこそ与野党すべての国会議員が怒り狂って追及していくべき問題 | トップページ | にほんブログ村「国際結婚・恋愛」カテゴリーから「強制移動」のお知らせ »