複国籍PT


2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

あわせて読みたい

  • あわせて読みたいブログパーツ

« 新たな連帯に、♪うさエール♪ 新たな言論テロに、うさキック! | トップページ | 「テロとの戦い」の成れの果て→忍び寄るネット・通信「監視」の目 »

「対テロ戦争」のウソ。政府の自作自演の恐怖

2007.9.16.17:00ころ

友あり遠方より不始末の後始末をおしつける。。。ば、ば、ばっきゃろー!(;<>;)!

てなわけで、今週に入って野暮用に押しまくられ、更新が滞ってしまいました。
その間、アホシンゾーの辞意表明とかなんとか、空虚なニュースが世間を賑わせていたようです。

以下、どこへ行く、日本。(自民党の悲願「戦後体制からの脱却(=戦前・戦争体制への回帰)」を自民・民主は捨てられるか)さんのブログから、気になる記事をいくつか紹介します。今春の当ブログ休眠中のものもあります。未読の方は、どうぞ、すべて直接お読みくださいませ。

1.イラク戦争と統計──推定死者数122万人【TUP-Bulletin】(2007.9.16)

TUP-Bulletinからの転載と、その関連記事です。
当ブログの関連記事といえば、
テロの種まき、テロ対策!?(2007.3.17)
あたりでしょうか。
「朝青龍じゃなくて自衛隊は国内謹慎だ!ニホンから出すな!」と言ってみる(2007.9.7)
もそうですね。

それにしても、こんな戦争を支持する仏教徒の政党、「公明党」。
仏罰、恐れてないんでしょうか。

以前、公明党の選挙ポスターのキャッチコピーで「公明党がやる」とか謳ってるのがあったと記憶していますが、あれをもじって膨らませるなら、

「公明党が殺(や)る! イラクの女・子どもを殺(や)る! 米軍を使って殺(や)る! 自民党と一緒になって殺(や)る! 虐殺する!!」

とでも言いたかったのかも、なんて思ってしまいます。そんなこと、ないっすよね??

2.孤立に始まり抹殺に至る なぜ若者は自爆テロ犯になるのか――フィナンシャル・タイムズ(対訳版)(2007.7.12)
3.テロリストは犯罪者/「戦争」は対策にならない 元NATO司令官ら【NY Times】(2007.8.10)

「対テロ戦争」の「役立たずっぷり」が、「国際社会」では実は自明視されつつあるのではないか、そんなことを考えさせる記事二つです。前者はタイトルのとおり。後者は、「しんぶん赤旗」の今年8月10日の記事の紹介と、その元になったニューヨークタイムズ紙の英文記事です。

前者の記事からいくつかの段落を引用してみます。

Publicity helps to provoke governments into overreaction and turns terrorists into media stars, and heroes in their own milieux, he says. Mr Atran’s conversations with children in the poor neighbourhood of Mezuak in the Moroccan city of Tetuan, show they dream of becoming either Ronaldinho, the Brazilian footballer, or Osama bin Laden.

テロ攻撃が起きると世間が注目する。政府は過剰反応する羽目になり、マスコミはテロリストをスター扱い。テロ犯は仲間内で英雄となる。アトラン氏がモロッコの都市テトゥアンで低所得層の住むメズアク地区を取材し、子どもたちに話を聞いたところ、子どもたちは将来、ブラジルのサッカー選手ロナウジーニョになりたい、さもなければオサマ・ビンラディンになりたいと答えたという。

But becoming an Islamist is not the same as turning to terrorism. Apart from any other factor, one determinant is opportunity.

とはいえ、イスラム主義者になることは、テロリストになることと同義ではない。ほかのあらゆる要素をさておき、何よりも決定的な要因となるのは、チャンスだ。

Unfortunately, they do not suggest a typology in which those at risk of turning to terrorism can be picked out. “There is no predictive model,” says one British counter-terrorism official.

しかし残念ながら研究者たちは、どういうタイプの人間がテロリストになりやすいのか、特定しようとしない。「こういう人間がテロリストになる、などと最初から予測できるタイプなど、ない」。英国の反テロ対策担当者のひとりは、こう断言した。

やはり「テロ行為」の根元になる、あるいはそれにエネルギーを補給してしまうような現在の社会構造を変革するために力を注ぐことこそ、最大・最適のテロ対策ではないか。そう思います。

関連記事
第2章 ICCの傘に入って軍備オフ〜国際救助隊・国際人道支援隊を結成せよ!/【豆知識11】世界人権宣言が提示する「テロをなくす方法」(『戦争の抑え方☆軍備オフ ICCでつくる戦争のない世界』)

4.<真の対抗軸は常に強い風圧に晒される 菅生(すごう)事件が教えるもの(2007.6.16)

当ブログが春眠していたころの記事です。
紹介されている国家権力による自作自演策略事件の実例 「菅生事件」、まったく知りませんでした。1952年のことだそうですが、いや、驚き。ナチス、ヒトラーのやり口そのまんまの事件です。

平沢勝栄議員の国会での発言が、ちょっぴり思い出されちゃったりして。


「ヒゲ佐藤」発言の関連記事

関連記事
イラク派兵で暴走しだした「軍の論理」と、「滅びの美学」を追求する「美しい国」内閣?(2007.8.11)

信憑性高まる? 小池防衛相「疫病神」説 ♪日本共産党に、うさエール♪(2007.8.18)

「朝青龍じゃなくて自衛隊は国内謹慎だ!ニホンから出すな!」と言ってみる(2007.9.7)

「対テロ戦争」のウソ。政府の自作自演の恐怖(2007.9.16)

「テロとの戦い」の成れの果て→忍び寄るネット・通信「監視」の目(2007.9.22)

信なくば立たず/小沢民主党に喝!うさエール、撤回!!&「先住民族の権利に関する国連宣言採択:国際NGO合同声明」(2007.10.11)

シビリアン・コントロールを担う立法府の議員としての自負・責任感があるのなら、それこそ与野党すべての国会議員が怒り狂って追及していくべき問題(2007.10.13)

【回顧休題】アクセス状況から考える(当?)ブログの限界と可能性(2007.12.21)

R&Rで「駆けつけ警護」をKO!「むしむし軍歌」と「すてごま」by甲本ヒロト(2007.12.25)

Usagimasters

Banner2←「対テロ戦争」の名の下に展開される侵略・虐殺に、うさキック!うさキック!炎のうさキック!


ブログランキング・にほんブログ村へ←テロの根源を断つ変革へ、うさジャンプ!うさジャンプ!ジェットストリームうさジャンプ!


R_bana_2←野暮用続きで、うさぐったり。

« 新たな連帯に、♪うさエール♪ 新たな言論テロに、うさキック! | トップページ | 「テロとの戦い」の成れの果て→忍び寄るネット・通信「監視」の目 »

2006入管法改定」カテゴリの記事

おすすめサイト」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

差別、排外、レイシズム」カテゴリの記事

戦争・平和」カテゴリの記事

海外事情」カテゴリの記事

監視社会」カテゴリの記事

粉砕! プロパガンダ」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

お久しぶり、う、きっきーさん。
>仏教徒の政党、「公明党」。仏罰、恐れてないんでしょうか。
小・中と同級生だった学会員の人は、理屈が「たね切れ」になると、「現世利益」を持ち出してました。
「仏罰」を凌ぐ、余程有り難い「利」があるのでしょう。

>対テロ戦争」
田中 宇* 2007年8月29日 * 孤高のアメリカニズム 
米単独覇権主義に翻弄される英軍イラク撤退
http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20070827/133214/

http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20070827/133214/?P=2

結構上手くいっていたイラク南部も、泥沼化しているのに、
イランへも戦争を拡大したがるブッシュの「利権的思考(妄想)」も、神の天罰を怖れるどころか、自分たちこそがその執行者[神の代理人]だと思っているみたいですから・・。

暴走する僭称者を喰い止める国際秩序、早急に要りますね~。

三介さん、お久しぶりです!

最後はなんと「現世利益」ですか。いろいろ宗派はあるんでしょうが、なんか、仏教とは違う方向に行ってしまっているような。どっちかというと、八百万の神様に「現世利益」を叶えてと祈る、そんな感じなのかなあ。

>結構上手くいっていたイラク南部も、泥沼化しているのに、
>イランへも戦争を拡大したがるブッシュの「利権的思考(妄想)」も、神の天罰を怖れるどころか、自分たちこそがその執行者[神の代理人]だと思っているみたいですから・・。
>
>暴走する僭称者を喰い止める国際秩序、早急に要りますね~。

同感です。そういった僭称者が出て来るのはある程度やむを得ないとして、そういう連中に暴走させない、暴走しはじめても速攻で抑え込んでしまえる、そんなシステムが必要だと思います。国連ってそういう目的もあってつくられたと思うんですが、まだまだ限界がありますので、たとえば日本周辺についてはまずはEUみたいに地域での安全保障を国際交渉で確立していき、それを国連システムにつなげていく、あるいは両立するものとして機能させていく、そんな大ざっぱな絵柄を私は描いてるんですが、これでも時間はかかりそうだしアメリカが暴走しようとするときに抑止力になるとは必ずしも限らないのがつらいところです。

今はアメリカにイラン攻撃い踏み切るほどの余力はないだろう(やっても惨敗するだけだろう)と希望的観測を抱いて祈りつつ、そんなアメリカの暴走を後押しすることになるようなテロ特措法は延長させないぞと叫んでみる、そういうことしかできないわが身のふがいなさに、じっと手を見る。いや、見てても何も前には進まないわけですが。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61333/16464875

この記事へのトラックバック一覧です: 「対テロ戦争」のウソ。政府の自作自演の恐怖:

» 断固として、でたらめな自民党を終了させよう!!!自民を「The END」(ジ・エンド)だから「自 END」バナーにリニューアル。 [雑談日記(徒然なるままに、。)]
 見るところ、自民党は安倍にマイナスイメージをすべて背負い込んでもらって、新しい [続きを読む]

» わて ほんまに よういわんわ! [酔語酔吟 夢がたり]
☆ 私、本当によう言わんわ。 [続きを読む]

» イラク戦争と統計──推定死者数122万人【TUP-Bulletin】 [どこへ行く、日本。(自民党の悲願「戦後体制からの脱却(=戦前・戦争体制への回帰)」を自民・民主は捨てられるか)]
イラク戦争と統計──推定死者数122万人(TUP-Bulletin) http://www.asyura2.com/07/war95/msg/656.html 投稿者 gataro 日時 2007 年 9 月 16 日 09:42:26: KbIx4LOvH6Ccw http://groups.yahoo.co.jp/group/TUP-Bulletin/message/750 から転載。 イラク戦争と統計... [続きを読む]

» 被災者は「住宅」より「柏崎刈羽原発」を懸念(原子力情報宅配便)・設計限界地震を超えた実態 [Like a rolling bean (new) 出来事録]
【ご連絡】下期締めの仕事の大きなピークを3件を迎え、また私的にも諸事がより切迫し、しばらく更新が滞るかもしれません。 ~~~ 原子力資料情報室のメルマガ、原子力情報宅配便CNIC EXPRESSの9/13の記事を見て、衝撃を受けた方も多くいらっしゃるとと思います... [続きを読む]

» 早くもきしみを生じる郵政民営化 [アッテンボローの雑記帳]
 自民党の総裁選挙は福田康夫と麻生太郎の一騎打ちとなり、どうやら派閥の談合によっ [続きを読む]

» 文学的宰相 [人工樂園]
実は、前夜に官邸内からある情報が寄せられていました。官邸内から電話がかかってきて、「今度の人事、どう思う?」と謎かけされたのです。「麻生−与謝野ラインでほとんど決められて、安倍さんの出る幕はなかったと聞いている」と答えますと、「内閣府でパージが始まっている」と言うのです。手足がもがれるように安倍側近が外されているそうです。いわば「宮廷クーデター」の話でした。   それは官邸内からの「首相辞任近し」の示唆でした。翌日、再び携帯が鳴り、「だったでしょ?」と謎解きされました。クーデターというのは、麻生... [続きを読む]

» 【衝撃情報】品川正治氏講演会より。「対北朝鮮強硬策の目的はテロの誘発」 [「猫の教室」 平和のために小さな声を集めよう]
一昨日の記事に書いた、14日に行われた品川正治氏の講演会において、品川氏が述べられた衝撃情報をお知らせしましょう。実は、一昨日の記事のコメント欄で、レスとして既に述べているのですが、品川氏の発言を正確に記して、誤解の無いようにするためと、そこから類推され..... [続きを読む]

» アメリカや先進国とされる国の兵士の戦い方 [政治]
命の為に命を懸けて戦っている。 これでは引き引きで、何の意味もない。 命を懸けて戦うならそれに見合ったものを求めて欲しい。 そして、軽はずみに命を懸けて欲しくない。 [続きを読む]

» 行け、我が想いよ! 起て、飢えたるものよ!−チカラみなぎる労働者頌歌の激励− [鳥居正宏のときどきLOGOS]
私の体調は、すでに生命の危機からは完全に脱出できたとは言え、まだ少々不安定な状態で、万全だとは言えません。 いまの私の体調・体力・気力・栄養状態は、7種類の薬のチカラで安定を保っているという状況です。医師は「確実に... [続きを読む]

» 『平和省を』広がる輪 [関係性]
 「『平和省を』広がる輪」(朝日新聞9月16日付け朝刊)が載り、「暴力抑止進める政府機関」として記事にしている。  争いごとの抑止や解決に一切の暴力を否定する政府機関「平和省」の設置を世界中に求める運動が広まっている。  「米同時多発テロ以降続く『暴力の連鎖』への疑念から生まれた取り組みだ。・・約20の国・地域のNGOを招いて国際シンポジウム『平和省地球会議』がある。  平和省は、米下院議員デニス・クシニッチ氏が00年、配偶者間暴力(DV)や児童虐待といった国内対策と、国際紛争時の武力行使の回避策や... [続きを読む]

» 自衛隊も、強行採決も、佐藤発言も、郵政民営化も、みな社会契約違反! [鳥居正宏のときどきLOGOS]
きょう、ある課題についてちょっと調べたい(確認したい)ことがあって、ルソーの 『社会契約論』( Du Contrat Social, 1762年) を読み返していました。 この『社会契約論』は、ジャン・ジャック・ルソー( Jean-Jacques Rous... [続きを読む]

» 私のブログは『名前とメールアドレス入力を必須に』モードにしてますが [嶋ともうみ☆たしかな野党を応援し続ける勇気を!]
 だからといって私も、コメント投稿した人全てにメールを送っているわけではありませ [続きを読む]

» 自民党総裁選って、永田町を舞台にした読売ジャイアンツの紅白戦なんですか?(皮肉) [嶋ともうみ☆たしかな野党を応援し続ける勇気を!]
 07年政治考 変だゾ 自民総裁選 反省なし 違いなし 転換なし(2007年9月 [続きを読む]

» アルベルト・フジモリに裁きを [人工樂園]
 もうすでにご存じの方もいらっしゃると思いますが,チリ最高裁がついに,アルベルト・フジモリ元ペルー大統領の身柄をペルーへ引き渡す決定を下しました(参照記事)。多くの方と同様,私も自民党総裁選の猿芝居にほとほと退屈していた折ですので,この吉報にはとりわけ感無量のものがあります。  BBCニュース配信記事をみると,引渡しを認める根拠となった犯罪容疑として,バリオス・アルトス,ラ・カントゥータの虐殺事件や公金横領・贈賄・違法盗聴が挙げられており,私が以前ご紹介したHuman Rights Watch... [続きを読む]

» 「テロ特措法」は「“侵略”支援法」だ [逍遥録 -衒学城奇譚-]
「テロ対策特別措法(テロ特措法)」と云う法律があります。 正式名称はやたら長いので割愛しますが、要するに日本がテロと戦うため定めたモノで、被災民を救援したり、自衛隊が他国の軍隊に対する燃料や物資の提供をおこなうコトができる法律です。 1年間のみ有効ですので、次... [続きを読む]

» 政府の動きは遅すぎる! −「駆け付け警護」発言に対する首相の答弁− [鳥居正宏のときどきLOGOS]
昨日(2007年10月5日)の参議院本会議での代表質問について、社民党党首の福島みずほ氏からの質問事項は、即日(同年10月5日)の夜に、その全文がブログで公開され、メールマガジンでも配信されてきました。これは、社会民主党として... [続きを読む]

« 新たな連帯に、♪うさエール♪ 新たな言論テロに、うさキック! | トップページ | 「テロとの戦い」の成れの果て→忍び寄るネット・通信「監視」の目 »