複国籍PT


2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

あわせて読みたい

  • あわせて読みたいブログパーツ

« 「朝青龍じゃなくて自衛隊は国内謹慎だ!ニホンから出すな!」と言ってみる | トップページ | 「対テロ戦争」のウソ。政府の自作自演の恐怖 »

新たな連帯に、♪うさエール♪ 新たな言論テロに、うさキック!

2007.9.9.07:00ころ

雇用期限撤廃求めスト 偽装請負是正のクボタ(medhiajam BETA、共同通信配信NEWS、2007.8.30)

 子会社が「偽装請負」をしていたと大阪労働局に指摘され、グループ全体で派遣労働者を直接雇用に切り替えた大手機械メーカー「クボタ」(大阪市)の外国人契約社員20数人が30日、契約期間の期限をなくすよう求めてストライキした。
 ストをしたのは、大阪市大正区の恩加島工場で働くブラジル人、ペルー人、中国人。4月から直接雇用されたものの、契約期間は最長2年と定められた。
 クボタは「採用試験に合格すれば将来、正社員になることも可能」と説明するが、試験は日本語だけで、母国語で受けられないため、スト参加者は外国人の合格は無理だと主張している。
 ペルー人のアディル・ファサービさん(44)は「何年も働き、一番きつい仕事をしているのに、2年と期限を設けられ、日本人より給料が安い」と訴えている。
※写真=路上に座り込み、契約期間の期限をなくすよう訴えるクボタの外国人契約社員ら=30日午後、大阪市中央区

ポルトガル語新聞で見たところ、港湾関係の労働組合がサポートしてくれているようです。はい、もちろん日本人が結成している(涙目うるうる)。

国籍を越えた新たな連帯の始まりに、心からの ♪うさエール♪

また、岡山県ですかい。
【関連過去記事】右翼をダシに行政が「集会の自由」を弾圧。これって「言論テロ」じゃん!(2006.10.19)


金剛山公演ホール使用不許可(goo news、中国新聞、2007.9.7)

 岡山市表町、岡山シンフォニーホールが、在日朝鮮人でつくる金剛山歌劇団の大ホールでの公演使用を許可しなかったことが6日、分かった。歌劇団は来週、岡山地裁へ不許可処分取り消しを求め同ホールを提訴するとともに、使用許可の仮の義務付けを申し立てる。指定管理者の財団法人岡山シンフォニーホールは、「右翼団体などの街宣活動で、入居テナントの商業施設に営業の損失が出る恐れがある」と説明した。

「指定管理者の財団法人岡山シンフォニーホール」だそうでして、岡山市の委託を受けてこの財団法人が岡山シンフォニーホール(えらい立派な施設やん)を管理・運営している、ということのようです。(参考:財団法人岡山シンフォニーホールについて & 指定管理者制度 in 『ウィキペディア(Wikipedia)』)
つまり、岡山市の所有する公共施設、ということになるのでしょうか。

であれば、やはり今回の「不許可」には、昨年の倉敷市の「許可取消」と同様の問題があると言えるはずです。

ほんの数日前には、こんなニュースもありました。

会場使用で市と訴訟の金剛山歌劇団 厳戒の中、仙台公演(河北新報、2007.9.4)

 在日朝鮮人でつくる「金剛山歌劇団」(東京都小平市)の仙台公演が3日、仙台市青葉区の市民会館であった。公演をめぐっては、仙台市がいったん許可した会場使用を取り消したため実行委員会が提訴し、裁判の末、開催にこぎ着けた。右翼団体の街宣車や警察が会場周辺を取り巻き、逮捕者も出る騒ぎの中での公演となった。
 実行委によると、入場者はすべて招待客で約1200人。宮城県内の文化団体関係者ら日本人が7割以上を占めた。
 混乱を避けるため、入場を予定より1時間以上早い午後4時前に繰り上げた。在日三世、4世中心の団員約60人が、色鮮やかな民族衣装をまとい、朝鮮半島に伝わる舞踊や音楽を披露。午後6時開始の公演は、予定通り約2時間で終了した。
 在日朝鮮人の友人に招待券をもらったという青葉区の男性(57)は「純粋に公演を楽しんだ。文化と政治は切り離した方がいい」と感想を語った。
 右翼団体による妨害行為の警備、取り締まりのため、宮城県警は市民会館前を中心に、機動隊員ら約250人態勢で警戒に当たった。
 開場時間が迫った午後4時ごろには、街宣車が十数台に上った。県警は街宣車を速やかに遠ざけるよう交通誘導したが、指示に従わず車を降りた構成員らが警官ともみ合いになる場面もあった。
 公演を終えた実行委の朴広基代表は「会場周辺は昨年の開催時以上に騒がしかったが、開催できたことをうれしく思う。(仙台市など)行政は、今後も文化交流を振興する立場であってほしい」と語り、来年も秋ごろに仙台公演を開く意向を示した。
 来年以降の対応について、市企画市民局は「安全面をはじめ、今年の結果を踏まえ、使用申請があった時点で判断する」と話した。
写真:金剛山歌劇団公演の会場周辺を警備する警察官ら=3日午後4時30分ごろ、仙台市青葉区の市民会館前

こちらの記事の写真に映っている右翼の街宣車、彼らの展開したような妨害行動(のおそれ)を理由に、妨害される他者の公演(表現活動)を不許可にする。
そんな理屈が通るのは、暴力的手段を振るった者の勝ち、ってな社会や国だけの話のはずです。

そんな社会、そんな国に、日本はもう成り果てちゃっているのでしょうか。

今後の展開にご注目ください。

Usagimasters

Banner2←「右翼の暴力」と「行政による言論弾圧」に、うさキック!


ブログランキング・にほんブログ村へ←新たな連帯へ向けて、うさジャンプ!

R_bana_2←クリック数がわからないのが何とも微妙な、ニュース・政治部門いまだに2位。解せません……。

« 「朝青龍じゃなくて自衛隊は国内謹慎だ!ニホンから出すな!」と言ってみる | トップページ | 「対テロ戦争」のウソ。政府の自作自演の恐怖 »

おすすめサイト」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

国際人権法」カテゴリの記事

外国人労働者・移住労働者」カテゴリの記事

差別、排外、レイシズム」カテゴリの記事

支援いろいろ」カテゴリの記事

粉砕! プロパガンダ」カテゴリの記事

連帯でGO!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61333/16388196

この記事へのトラックバック一覧です: 新たな連帯に、♪うさエール♪ 新たな言論テロに、うさキック!:

» 日本人の気概 [ 反戦老年委員会]
 吉田茂元首相が、「GHQ」の意味をマッカーサーに聞いたら、けげんな顔をして、  [続きを読む]

» 直下に10センチの隆起がある地盤を安全だと胸を張る人たちに原発は任せられない(安全神話の目的化) [Like a rolling bean (new) 出来事録]
引き続き、柏崎刈羽原発停止への署名をお願いいたします。 ~~~ コメントでお知らせいただいた新潟日報の9/4の記事では、東電は柏崎刈羽原発の10センチの隆起を認めておきながらもそれは「安全性に即、影響を与えるものではない」としています。強弁に愕然です。 新... [続きを読む]

» 日暮らし「日曜雑記」 [酔語酔吟 夢がたり]
☆虫の音が和らげてくれますが、まだまだ当分厳しい暑さが続くようです。 [続きを読む]

» 脅しに屈して憲法違反・岡山市行政 [広島瀬戸内新聞ニュース(主筆・さとうしゅういち)]
脅しに屈して憲法違反・岡山市行政 http://www.news.janjan.jp/government/0709/0709071965/1.php もし気に入っていただいたら、記事下部の「この記事が気に入 ったらクリック」ボタンをクリックを願いします。  他の方からもご紹介があったと思いますが、在日朝鮮人の音 楽家でつくる金剛山歌劇団の公演に対して「右翼団体の抗議が 予想される」として6日、岡山市のシンフォニーホールがホー ルを使用不許可にした事件について、岡山市を批判しま... [続きを読む]

» 竹中平蔵が戻ってくる? まさか、と思いたい [とむ丸の夢]
山本一太参議院議員や世耕前 総理大臣補佐官らが怪しい動きをしていますね。 山本氏はブログで次のように述べています。「来週、有志議員による「新たな勉強会」を立ち上げる。 目的は「改革の流れを逆行させない」ことだ。 ... [続きを読む]

» 脱力で始まる168国会開幕、教育の動向も見守りたい(週刊ダイヤモンドにJCの教育再生PR記事) [Like a rolling bean (new) 出来事録]
意味もなく引き伸ばされて開幕した国会初日に入ってきたニュースは、すでにこの国の人々に脱力感に満ち溢れさせるもので、テロ特措法が延長されず、米軍の戦争に給油で支援できなかったら職責にしがみつくことなく(何回聞いても大笑いします)、辞任するという妄言を吐いたという... [続きを読む]

» 「祈り」と「憎しみの報復」 −自己矛盾を孕んだ9.11の狂気− [鳥居正宏のときどきLOGOS]
いまから6年前。2001年9月11日。アメリカは同時多発攻撃を受けました。アメリカの立場からすれば、同時多発「テロ」。3000人近い犠牲者を出しました。 その後、アメリカは、アフガニスタン、さらにイラクへの戦争に突っ... [続きを読む]

» 『シッコ』で描く医療の現実(下) [関係性]
[画像]  「米医療切る『シッコ』」(朝日新聞8月26日朝刊)に、5人の批評が載った。  「我々への痛烈メッセージ」(荻原博子氏)、「ヒットした米に懐の深さ」(浅野史郎氏)、「メンタリティーを暗喩で」(森達也氏)、「利潤のみ追求の末路明示」(南木佳士氏)、「日本の保険制度にも問題」(ピーター・バカラン氏)の5人である。  バカラン氏は「医師の治療行為がただの国に比べ、3割を負担している薬代を払う日本。税金の使い道の優先順位を再考すべきではないか。防衛費と医療費、教育費のバランスが、今のままで良いのか... [続きを読む]

» 右派も見限っていた?安部政権 −安部氏突然の辞意表明− [鳥居正宏のときどきLOGOS]
本日(2007年9月12日)午後1時前、出先で昼食を終えて一服していた際、突然臨時ニュースが飛び込んできた。安部晋三氏の辞意表明。 そのいきさつの詳細や安部氏の真意は、今後明らかになるであろう。時がそれを知らせてくれる... [続きを読む]

» 安部晋三代表質問から逃亡、辞意表明 [アッテンボローの雑記帳]
 今日は一昨日の所信表明演説に対する代表質問が行われる予定であったが、安部晋三は [続きを読む]

» 2007.9.18・24 なかのゼロで〝ユニオンYes! キャンペーン〟と〝レイバー映画祭〟 [ 業務日誌]
中野ゼロを会場としてこの秋、二つの企画が予定されていることを青年ユニオンから教えていただきました。 〝ユニオンYES!キャンペーン〟のブログに掲載されていた企画の詳細を紹介します。 〝ユニオンYES!キャンペーン〟のブログ↓ http://unionyes.exblog.jp/ 〝ユニ..... [続きを読む]

» 共産党のふがいなさを叱る [BLOG BLUES]
なぜか立てつづけに、毎日新聞が辻井喬を紹介している。 もしかすっと、毎日の記者は、僕の「未来の鍵は共産党が握っている」を 読んだのかな?んなわけありませんね。失礼しました。今度のは、 9月7日付夕刊。辻井喬へのインタビュー記事です。 PCでは判読しづらいでしょうから、ぜひ本紙にて、全文をあたって みてください。では、肝心のところを書き写してみましょう。 『…ツジイ・タカシの名前を意外なところで耳にした。宮本顕治元共産党議長の党葬で、弔電が読み上げられたのだった。「ま、学生時代... [続きを読む]

» 政治は人を幸せにする仕組み!−幻の代表質問− [鳥居正宏のときどきLOGOS]
私が愛してやまない(ずっと支持しつづけている)社民党の、福島みずほ党首によって予定されていた(安部総理辞任で幻となった)、国会での代表質問の原稿が、福島みずほさんのブログに掲載されています。 私はそのなかの一節、 ... [続きを読む]

» 政府は莫大なエネルギー浪費・環境破壊の物流システムを見直すべき [鳥居正宏のときどきLOGOS]
長大な貨物列車(1970年代)※画像クリックで拡大9月1日の私の記事の最後に、予告として9月15日は「社会的格差に対して、これを解消するために秘策を提案してみたい」と記していましたが、標記の内容に変更します。すみません。 ... [続きを読む]

» 共通の見方 [人工樂園]
評価しない理由が 「政治とカネ問題や閣僚の失言への対応」っていうのが、すごく多いんだよね。 その気持ちは分かるんだけど。 もっと、政策的なところも注目すべきじゃないかなあ。 (「かめ?」9月13日「愛の携帯メール♪」より) 安倍政権についての毎日新聞世論調査(上掲記事にキャッシュあり)に対するコメントだが,当の新聞記者自身すら意識しないかたちで,巨大な世論操作が日々おこなわれているのではという気がする。  以下に引用するのは,かつて森田実氏のコラムで読んだ,元新聞記者の方の言葉であ... [続きを読む]

» 【緊急】郵政民営化にマッタ!−喜八さんが緊急ページ作成− [鳥居正宏のときどきLOGOS]
拙ブログがお世話になっている喜八さんのブログから、昨日ラックバックをいただきました。喜八さんのブログで「郵政民営化法案の凍結」キャンペーンを展開されています。http://kihachin.7.dtiblog.com/民営化反対の... [続きを読む]

» 私の好きな政治家たち −福田康夫氏が首相になって− [鳥居正宏のときどきLOGOS]
きょう(2007年9月25日)第91代内閣総理大臣に、福田康夫氏が就任されました。私の第一印象としては、小泉氏や安部氏と較べれば、安定を感じさせる落ち着いた「オトナの政治家」というイメージです。でも、ちょっと地味ですかねぇ... [続きを読む]

» 【緊急】アムネスティからご協力のお願い −ビルマ民主化情勢緊迫化− [鳥居正宏のときどきLOGOS]
たったいま(2007年9月27日午後2時30分)、アムネスティ・インターナショナルより、ビルマ民主化運動の情勢緊迫化についての行動要請が参りました。 ※国際事務局(ロンドン)発 : 2007年9月26日※日本支部(東京・大阪)発 ... [続きを読む]

« 「朝青龍じゃなくて自衛隊は国内謹慎だ!ニホンから出すな!」と言ってみる | トップページ | 「対テロ戦争」のウソ。政府の自作自演の恐怖 »