複国籍PT


2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

あわせて読みたい

  • あわせて読みたいブログパーツ

« 安倍にトドメ!「クリスマスに死刑」法相にも金銭醜聞 | トップページ | イラク派兵で暴走しだした「軍の論理」と、「滅びの美学」を追求する「美しい国」内閣? »

♪ガンバレ♪小沢民主党♪世界平和へ、うさエール♪

2007.8.9.20:00ころ
(2007.8.10.00:15ころ。エールの下線付き部分を修正しました)

外国籍者の指紋採取・保存開始が近づいていることや、監視社会のあれこれ、『パッチギ! LOVE & PEACE』のこととか、書くべきことがたまったまんまで時間のやり繰りに頭を抱えているところへ、嬉しいニュースが飛び込んでまいりました。

小沢氏と米大使の会談要旨(livedoor NEWS、2007.8.8)

 8日行われた民主党の小沢一郎代表とシーファー駐日米大使の会談要旨は次の通り。 

大使 テロ対策特別措置法は超党派で考える問題だ。日本の役割は重要。日本が提供している高品質の燃料は(米軍などの)部隊にとって欠かせない。日本の燃料供給がなければ、英国やパキスタンは部隊に参加できなくなる。パキスタンは部隊に参加している唯一のイスラム教国だ。最終決断するのに必要な情報があれば、機密情報を含め、どんなものでも提供する準備がある。

小沢氏 民主党は国際平和のために積極的に貢献しなければならないと強く思っている。ただ、わたしたちにはみんなで議論して出した結論がある。考え方の基盤は憲法だ。自衛権を行使できるのは日本が急迫不正の侵害を受けた場合に限る。一方、国際社会の合意に基づく国連の平和活動には積極的に参加する。ブッシュ大統領は「これは米国のテロとの戦いだ」と言って、国際社会の合意を待たずに米国独自で戦争を始めた。米国の行動を直接的にオーソライズする安保理決議はない。ただ、(アフガニスタン駐留の)国際治安支援部隊(ISAF)は純粋の平和維持活動(PKO)ではないが、PKOと同じ任務と性格が付与されている。わたしがもし決定できる立場にあれば、米国を中心とした作戦には参加できない。PKOには積極的に参加する。

大使 テロは米国の問題ではなく、国際社会の問題だ。2007年3月に採択された国連決議1746を見てほしい。(米軍などの活動は)国連が認めた国際的な活動と言える。

小沢氏 米国がもう少し忍耐強く国際社会の合意を取る努力をすれば、われわれの政権では、喜んで国際社会の平和活動に積極的に参加したい。(続)【時事通信社】

小沢氏と米大使の会談要旨☆2(livedoor NEWS、2007.8.8)

大使 引き続き参加して貢献してほしい。わたしは「日本改造計画」という書物を書いた非常に有名な著者(小沢氏)を知っている。その本では、日本が国際的な活動に、より積極的に参加すべきだと言っている。今は国連が認めた国際的な活動部隊に参加するチャンスだ。 

小沢氏 日本が参加している米国を中心とした活動は、直接的に安保理でオーソライズされたものではない。(了)【時事通信社】

まさか小沢代表がここまで言い切ってくれるとは……!

「アメリカの傘の下からICC(国際刑事裁判所)の傘の下へ!」

と考える私にとって、小沢一郎民主党代表の今回の発言は大歓迎!!!!!です。

もちろん、小沢代表と民主党執行部が具体的にどんな安保戦略を描いているかまではわかりません。
それでも、「普通の属国」「普通の従属国」になることを拒否する心づもりなのはたしかなんじゃないでしょうか。

それどころか、発言要旨を読んでいると、ひょっとするとこれは、国際協調主義にのっとった真の国連中心主義に向けて日本が舵を切ることになる、歴史的な場面に私たちは立ち会おうとしているのかも知れない、いや、舵を切るため、有権者として、積極的な働きかけ、草の根の行動を求められているんじゃないのか、そんな風にさえ思えてきます。

てなわけで、私はここで小沢氏と民主党の執行部の皆さんにエールを送ります。

♪ガッツ、ガッツ、ガッツ♪ 内部や外部からの姑息な揺さぶりに負けることなく、決意を貫いて! それはきっと、日本国籍者の安全のためにもなり、世界の平和にもつながる道です。 

悲惨な大戦の反省に立って生まれた国連や国連憲章を真に活かす道を選び、そちらへ進むのは、先の大戦で加害側に立った国として、当然の責務のはず。
今、小沢代表が掲げた道を選ぶことは、現在のアメリカ政府はさておき、国際社会&世界市民からもおおいに歓迎されるでしょう! 安倍内閣の極右的・国家主義的性格が広く知れ渡ってきている今、頼もしい追い風が世界各地から生まれて来るはずです。

それに、「テロの種まき、テロ対策」を進めるなんておバカな状況から、一刻も早く抜け出すことの必要性に気づく日本の有権者も、これからますます増えていくに違いありません。いや、私たちが増やしてみせます!!
なにせ道理も真実も、こちらにあります!!!

だから、♪ガッツ、ガッツ、ガッツ♪
内部や外部からの姑息な揺さぶりに負けることなく、決意を貫いて!

ちなみに「日本政府の国連中心主義」の実態がどんなものかは、

外交の嘘  メディアの劣化(とむ丸の夢、2007.6.19)
河辺一郎 国連と日本外交のページ

をご一読ください。
さらに興味を持たれた方は、

『日本の外交は国民に何を隠しているのか』(河辺一郎、集英社新書)

をどうぞ! 

また、日本政府と国際法の関係について、当ブログのテーマ関連では、

最近の日本政府は、これだけの憲法と国際法違反を繰り返してきた(鳥居正宏のときどきLOGOS、2007.7.20)

もどうぞ。

どれを読んでも、目からウロコ、落ちまくる可能性大です。

それにしても気がかりなのは、森田実さんの以下の記事です。「タイトル」と「箴言」部分のみを引用しますので、本文はぜひご自分でお読みくださいませ。

平和・自立・調和の日本をつくるために【296】
前原民主党前代表のマスコミ登場急増の背景——従米派の反撃が始まった?!
前原民主党前代表らによる民主党の「従米・軍国主義政党化、自民党化」を許してはならぬ。民主党はテロ特措法延長に反対しなければならない。民主党は前原前代表らの「従米・右翼」路線を拒否せよ
(森田実の言わねばならぬ[446]、2007.8.6)

「平和が来るか来ないかということは、個々人の心の持ちようのなかに、したがってまた諸国民の心の持ちようのなかに作りあげられるものにこそかかっている」(シュバイツァー)

平和・自立・調和の日本をつくるために【297】
民主党と野党各党はテロ特措法改正をめぐる新たな攻防に備えなければならない。
孤立し暴走を始めた安倍政権に強力な援軍登場——米国政府とマスコミと民主党内の反小沢グループ(前原派)である。米国政府の内政干渉を許してはならない
(森田実の言わねばならぬ[448]、2007.8.7)

「私的な情熱は衰えてしまうが、政治的な情熱は決してそうはならない」(ラマルチーヌ、フランスの詩人、1790-1869)

平和・自立・調和の日本をつくるために【298】
民主党など野党は、先手をとって「テロ特措法延長反対」「従米政治からの脱却」の大運動を起こすべきである。
ブッシュ政権に従属する安倍自公連立政権が次に仕掛けてくる勝負手は、マスコミを大動員しての、「テロ特措法反対を認めないと日米関係は決定的に悪化する。米国政府から見捨てられたら日本はお仕舞いだ。“かけがえのない日米同盟”に賛成するのか、反対するのか」の大キャンペーンである。
2005年秋の小泉郵政選挙の際、マスコミは小泉政権の広報機関と化した。同じことが繰り返されるおそれがある。この攻勢をはね返さなければ、民主党は政権交代を実現できない。
(森田実の言わねばならぬ[449]、2007.8.7)

「外国の植民地にされるほど国民にとってみじめなことはない」(森田実『アメリカに使い捨てられる日本』より)

平和・自立・調和の日本をつくるために【301】
小沢一郎民主党代表の「米の要請拒否」を支持する
(森田実の言わねばならぬ[455]、2007.8.9)

「“ダメ”のひと言、七十のわざわいを遠ざける」(インドの諺)


「野党に♪うさエール♪」シリーズ
♪ガンバレ♪小沢民主党♪世界平和へ、うさエール♪(2007.8.9)
信憑性高まる? 小池防衛相「疫病神」説 ♪日本共産党に、うさエール♪(2007.8.17)
「日本人でよかった」まるたまちゃんvs.「外国人参政権」?♪田中康夫に、うさエール♪「国際救援隊」もあるよ(2007.8.27)
ドイツと重国籍。♪国民新党に、うさエール♪(2007.9.3)
♪社民党に、おっきな、おっきな、うさエール♪(2007.9.4)
信なくば立たず/小沢民主党に喝!うさエール、撤回!!(2007.10.11)


Usagimasters

Banner2←「普通の属国」化に、うさキック!


ブログランキング・にほんブログ村へ←世界平和へ、うさジャンプ!

« 安倍にトドメ!「クリスマスに死刑」法相にも金銭醜聞 | トップページ | イラク派兵で暴走しだした「軍の論理」と、「滅びの美学」を追求する「美しい国」内閣? »

2006入管法改定」カテゴリの記事

おすすめサイト」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

国際人権法」カテゴリの記事

戦争・平和」カテゴリの記事

粉砕! プロパガンダ」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

連帯でGO!」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
はじめまして。
鳥居正宏です。

本文中での私のブログ『鳥居正宏のときどきLOGOS』の紹介と、私のブログへのトラックバックをありがとうございました。

私は、国際アムネスティのメンバーでして、国際刑事裁判所(ICC)設立の準備段階からICCにはかかわりを持っていて、いまでもアムネスティのメンバーとして、ICCローマ規程批准国拡大の活動をしています。

じつは、私は選挙権を得て以来、ずっと社会党→社民党を応援しつづけているのですが、いま、この時には、民主党と社民党、ともに力を合わせなければならない時ですよね。これからも、よろしくお願い申し上げます。

私のホームページ『アムネス亭』も、もしよろしければご覧になってください。
http://www32.ocn.ne.jp/~amnesty/

鳥居さん、はじめまして。コメントありがとうございます!

私はアムネスティのメールマガジンを購読しているのみの者(^^;)ですが、心はいつもアムネスティのサポーターとして応援しています。今の世界に絶対不可欠の運動体だと思いますので。もう少し生活の余裕ができれば会員になろうと思いつつ幾星霜。もうちょっと先になりそうです(汗)。

私の投票遍歴は紆余曲折しまくりなのですが、今回の参院選に関して毎日新聞社のウェブ診断では、社民党との意見一致度が89%程度と圧倒的に高く、次いで共産党、新党日本、民主党の順番でした。9条護憲を掲げているかどうかが、このような順序になって現れたのかなと思います。
そして、今回の小沢代表の発言は、社民党や共産党はもちろん、民主党内の9条護憲派にとっても、憲法9条の出自や潜在力、そしてICCの存在を有権者にアピールする絶好の材料のはずですので、これからそういう動きが広がっていくよう、可能な範囲から働きかけていきたいと思います。

『アムネス亭』もこれからちょくちょく寄らせていただきます。
こちらこそ、今後ともよろしくお願い申し上げます。

自民党時代、創価学会がパナマのノリエガ将軍に出資し、ノリエガ将軍の麻薬ビジネスの利益が創価学会を通して小沢一郎に流れていたそうです。
(drug ozawa ichirouでgoogleを検索してみましょう。報道の過去ログがなんぼでも出てきます。)
小沢一郎がノリエガに麻薬ビジネスをさせていた勢力~アメリカの真の支配層と共犯意識を持っているか、あるいはそれをヤバイと思って背を向けた人物か、アメリカはその人物を探っているところだと思われます。
前者のようなダーティーな泥棒貴族に組する余地があるならば、アメリカは自民党から民主党に乗り換えて小沢政権の成立を支援するでしょう。もし後者ならば小沢一郎は消されるか、少なくとも政治生命を絶たれることになると思います。
小沢一郎の心臓はかなり良くありません。早期に解散総選挙があれば、自民党が負ける代わりに小沢は死ぬかもしれません。その辺もアメリカが小沢に乗り切れない一因かもしれません。
参院選後、前原が盛んに活動しているのも、日本におけるアメリカ支配層の利益代弁者として自分をアピールしているつもりかも知れません。

はじめまして.TBありがとうございました.
ところで,一つ前のコメント,後藤新平さんのコメント中,初めの方に,『小沢一郎がノリエガに麻薬ビジネスをさせていた勢力』と書いてありますが,私が読んだ限り,そのような事実は書いてありません.『ノリエガに麻薬ビジネスをさせていた』のは,池田大作,としか書いてありません.小沢一郎と金丸信は池田大作から資金をもらっていたことは書いてあります.(ただし,小沢と金丸が,ノリエガ麻薬で儲けた金と知っていたか知らずにもらっていたか,それはどちらとも書いてありません.
念のためですが,私は事の真相を知る立場になく,ただ
http://www.e-net.or.jp/user/mblu/ndb/skbk1/sg1/media/mayaku-e.html
の記事の内容を述べているだけに過ぎません.

後藤新平さん、初めまして。コメントありがとうございます。

私も最初、今回の小沢氏の発言をニュースで知った時、最初に思ったのが、「小沢氏、消されるんじゃないの?」ということでした。

しかし、たとえ小沢氏が今後政治の表舞台から退場させられる日が来たとしても、今回、保守派の大物政治家から対米従属とは違う道が高らかに宣言されたという事実は残ります。そしてその事実は、保守・前衛、どちらの側にとっても大きな遺産となり、活きていくものだろう、それをいかに活かすかが、対米従属政策や武力による覇権主義の危険性に気づき、食い止めたいと考えている人たちに今すでに課せられた課題ではないか、責務ではないか。そんなふうに思っています。

ともあれ今は小沢代表の無事を祈りつつ、重要だと思う情報を流通させていきたいと考えています。
今後ともよろしくお願いします。

アルバイシンの丘さん、はじめまして。コメントありがとうございます。

霍見芳浩さんの文章の紹介、ありがとうございました。これ、以前、読んだことがありますが、すっかり忘れていました。

霍見さんの文章で書かれていることはアルバイシンの丘さんのおっしゃるとおりです。
そして、後藤新平さんのコメントは、『小沢一郎がノリエガに麻薬ビジネスをさせていた勢力』と私も勢いでそう読んでしまいそうになりましたが、落ち着いて読んでみると、そういう趣旨ではありません。『小沢一郎が、ノリエガに麻薬ビジネスをさせていた勢力(アメリカの真の支配層)と共犯意識を持っているか』『あるいはそれをヤバイと思って背を向けた人物か』、それをアメリカの支配層が探っている状況なんだろう、という推測を述べておられます。

とまあ、冷静ぶって解説してみましたが、私も実は、上述のとおり、最初は読み違えておりました……orz。
アルバイシンの丘さんのコメントを続けて読み、紹介いただいた記事を読むことで、あらためて冷静に後藤さんのコメントを分析的に(?)読めた次第です(汗)。

政治家に限らず人の評価に関する文章って、読むのも書くのも難しいところがあるようです。直前に読んだ文章や聞いた話に左右されたり、個人的に持っている評価にも影響されたり。いや、ほんとに難しいっす……。

何はともあれ、今後ともよろしくお願いします。

ああ,そうですね.そういう風にも読み取れますか.それならば後藤新平さんには悪意はなかった,といえますね.文章力の問題ですか.『その人物を探っているところ』とは『小沢がどういう行動に出る人物か』という意味なんですね.解読は難しいものです.

こんばんわ。
管理人様は、小沢氏を指示されていますが、
小沢氏は日本や日本国民の権利よりも
特定アジアやその国民の方と、在日の方の権利を重視している傾向を感じさせるので、今ひとつ感心できません。
何故なら、特定国の方のマナーの悪さは常々、ニュースなどで
話題になっていますし、在日の方の多くが反日活動と言われる運動を行っているからです。
管理人様は、この点をどう思われるのか教えていただけたら、
嬉しく思います。

キューピーさん、こんにちは。

マナーの悪い人(と言っても、マナーもいろいろなわけですが)がいるのは、どこの国でも同じでしょう。
なのに「特定アジアの人びと」だけが悪いかのように描き情報を流している人たちがいるとすれば、その発信元をまず疑ってみるべきかと思います。

また、「反日活動」の定義が私にはよくわからないんです。
「現政権に反対する人が反日?」とか「反レイシズムで闘う人が反日なの?」とか、いろんな想像はしているのですが。
(http://ukiuki.way-nifty.com/hr/2007/02/post_6cc6.html)
たとえば、「反日」という言葉の対になる言葉を、キューピーさんはどうお考えなんでしょうか?

日本国のあり方についての私の望みについては、

◎人として!(「もうひとつの日本は可能だ! 人間尊重の多文化・多民族・多国籍社会へ!」より)
http://ukiuki.way-nifty.com/hr/2006/08/
__28fa.html

をお読みいただければ、舌足らずかとは思いますが、だいたいのところはわかっていただけると思います。

また、

◎多みんぞくニホン、ナチス、自由民権運動(2007.3.3)
 http://ukiuki.way-nifty.com/hr/2007/03/post_6d46.html
◎保守・前衛、列島社会と日本・日本人(2007.3.8)
 http://ukiuki.way-nifty.com/hr/2007/03/post_daef.html
◎STOP! 外国人嫌悪&レイシズム、警察&裁判官の暴走(2007.3.12)
 http://ukiuki.way-nifty.com/hr/2007/03/2007.html

あたりで、この件に関してコメントのやりとりがあったように記憶しています。ご参考になるかと思います。

管理人様、こんにちは。昨日のページを読ませて頂きました。
私にも帰化している友人がおりますので、外国人の方が全て素行不良だとは思っておりません。
むやみな人種差別はあってはならないと思います。
様々な差別に反対していらっしゃる気持ちには少なからず、共鳴できる点もあります。

反日感情の定義がわかりにくいとの事ですので、簡単に説明させていただけば、
私の反日感情の定義とは、単純に日本や日本人に対する憎悪を持つ人達をさして言っています。

4年ほど前になりますが密航者に知人一家(夫婦と幼児2名)が殺害され、
その犯人が特定アジアからの密航者だったので、ますます特定アジアの人に関しての嫌悪が募るようになりました。
おりしも、犯人が、日本人は極悪非道な人種として教育を受けている世代であり、
日本人にひどいことをしてもそれは復讐なので英雄的な行動だと教育されていた事を知りました。
幼稚園、保育園に行きだしたばかりの可愛い盛りの子供が殺害された状況は
そうとでも考えなければ理解に苦しむ非情なものでした。

こういう事が悲しいのです。

現在も特定アジアでは反日教育が盛んであり、国内でも在日の学校では反日教育があると聞いています。
人として差別はしてはならない事ですが、友好関係を結ぶと言うことを基本として考えたら、
友好関係とは、お互いに相手をよき友人と認め合う事ができて初めて結ばれるものだと思うのです。
国内外の特定アジアの人達に日本人を快く思わない感情があるなら、
日本人側は仲良くしたくても仲良くなれないと思うのです。

在日の人たちにしても日本や日本人が好きで住んでいるけど、
戸籍上の問題などで帰化が出来ずにいる人もいるそうですから、
そのような人達まで差別するのは最低な事だと思います。


近所にいらっしゃる人のケースですが、
この方は、日本を快く思わないのに日本に住んでいらっしゃるわけです。
当然、日本に対して快く思っていないのですから、友好的な近所付き合いも成り立ちません。
それなのに差別反対を訴えておられるのが理解に苦しみます。
嫌いな日本に住んで自分から日本人を嫌っているのに差別を訴えるのはおかしくないでしょうか?
全ての在日の方がそうではない事は存じておりますが、そういった人が多いのも事実です。

だから、在日の方への永住権や参政権の付与に関して、
日本に好意を持たない人にまでも無条件にそれらの権利が与えられる事に違和感を覚えるのです。
民主党を支持できない人の多くは、この点が一番の要因になっていると思います。

とは言え、反日感情を持った在日達のために親日の人達までが、
日本人によって差別の対象とされるのは辛い事ですから、
いつかは今のような状況が改善される事を期待してはおります。

でも、この問題はまだまだ長引きそうですね。

人権擁護を推進している人達(政治家などもいます)の中に反日感情を煽る形で
団体の結束力を強化しようとしている人達がいるから、尚更、問題が複雑になっている気もします。
このような人達がいなくなり、友好的な形での人権擁護運動が広まる事に期待したいです。

皆、好意的な相手に憎しみを持つほど荒んではいないと思うので、
管理人様の今後のご活躍に期待しております。

また、時々、お邪魔させていただきますが、宜しくお願い致します。

キューピーさん、こんにちは。
けっこうな分量の文章だったと思います。早速お読みくださり、ありがとうございました。

「反日感情」の定義もありがとうございます。キューピーさんの定義は、これまで私が見てきた、他者を「反日」と声高に批判する人たちが掲げていたものと違うように思えます。そして、言葉そのものの意味として納得いくようにも思います。

また、「特定アジア」の人に関して嫌悪が募るようになった経緯とその心情、お察しします。身近でそのような事件があると、理性では割り切れぬ思いが募り、心をかき乱すこと、ごく自然のことなのではないかと思います。
そして、事件の詳細はわかりませんが、この世の理不尽さと憎悪や暴力の連鎖を断ち切ることの困難さを感じます。

私は、日本人が極悪非道なことを「特定アジア」に限らぬアジアでさんざん行っていたということもまた事実であり、その記憶が教育の場で語り継がれることはやむを得ないと考えています。

しかし、「日本人は極悪非道な人種」として教育をし「日本人にひどいことをしてもそれは復讐なので英雄的な行動だと教育されていた」とすれば、それはまさにレイシズムの一つとして糾弾されるべきものですし、許されるべきことではありません。
そして、そのような教育が、実際にはその「極悪非道」とまったく無関係な他者への暴力につながった、あるいは暴力を正当化させたのだとを思うと、激しい憤りを感じます。同時に、やるせなさ、悲しみを覚えます。

ただ、

>現在も特定アジアでは反日教育が盛んであり、国内でも在日の学校では反日教育があると聞いています。

とのお話、ウェブなどで時々みかける説なのですが、どこまで確かな話なのか、私は疑問に思っています。

まず、自国の近代史を教えることがそのまま日本人への嫌悪を生み出しかねない歴史を歩んできた国で行われている歴史教育を、「反日教育」という言葉でくくってよいのか、疑問です。もちろん「日本人にひどいことをしてもそれは復讐なので英雄的な行動だ」などという教育であれば異を唱えつづけるべきでしょうが、「特定アジア」と言われる地域からの留学生と話をしていると、反日感情を注入するような教育を受けてきた人は、ここ10数年に限ってはいないんじゃないかと思えるのです。


また、現在の国内の朝鮮学校では、むしろ日本社会との共生を実現するための試みが始まっていると聞いています。これについては下記の記事をご参照ください。
http://ukiuki.way-nifty.com/hr/2007/02/post_61d7.html
機会があれば、『日韓 新たな始まりのための20章』(田中宏・編)や『日本の中の外国人学校』(明石書店)をお読みいただければとも思います。


>友好関係とは、お互いに相手をよき友人と認め合う事ができて初めて結ばれるものだと思うのです。


理想的な形はそうなのかも知れません。しかし、互いに気の合わない人間とも共に生きていかねばならないのが人の世でもありますので、私は、たとえよき友人だと認め合えていなくても、互いの関係をどう構築していくか、そこが肝要だと考えています。


>近所にいらっしゃる人のケースですが、

>この方は、日本を快く思わないのに日本に住んでいらっしゃるわけです。

>当然、日本に対して快く思っていないのですから、友好的な近所付き合いも成り立ちません。

>それなのに差別反対を訴えておられるのが理解に苦しみます。

>嫌いな日本に住んで自分から日本人を嫌っているのに差別を訴えるのはおかしくないでしょうか?

>全ての在日の方がそうではない事は存じておりますが、そういった人が多いのも事実です。


おそらく在日コリアンの方のお話だと思いますが、自分が望む場所で生きることが許されなかったり、自分が望まない場所で生きることを強いられたりということは、これまた人の世の常として、珍しくないことだと思っています。近現代史の中で難民的な立場に追いやられてしまった在日コリアンの人たちの状況を考えるとき、そういう側面を忘れてはならないと思います。

そして、たとえそういう人たちでなくても、現に存在する差別、直面させられている差別に対して声を上げることは当然の権利でしょう。
それを認めないことには、日本人は自分を好きでいてくれる人の意見しか聞かないし、自分を好きでない人に対しては差別をしても良いと考えている、ということにもなってしまいます。

>だから、在日の方への永住権や参政権の付与に関して、

>日本に好意を持たない人にまでも無条件にそれらの権利が与えられる事に違和感を覚えるのです。

>民主党を支持できない人の多くは、この点が一番の要因になっていると思います。

そのような意見、「嫌韓流」がブームになったりする社会状況ですから、ときどきウェブで見かけます。
ただ、民主主義の原則にのっとって考えるとき、
http://ukiuki.way-nifty.com/hr/2007/07/ohmynews_f77f.html
でも書きましたが、やはり現状はおかしいと思います。

永住権は生活の場を確保することで人が人として生きる権利を支えるものですし、参政権は、民主主義社会において人が主体的に生きる権利に直結するものです。日本に好意を持っているかどうかだけでそれを与えない、奪ってもよい、とは、私には思えないのです。

むしろ同じ場で生きていかねばならぬパートナーとなり、新しい社会を構築しようとつとめていく中で、初めて本当の友好関係が生まれるのだと思います。
社会的な差別、構造的暴力を放置したままでは、やはり無理があるのではないでしょうか。

>人権擁護を推進している人達(政治家などもいます)の中に反日感情を煽る形で

>団体の結束力を強化しようとしている人達がいるから、尚更、問題が複雑になっている気もします。


これ、具体的にはどういう人たちでしょう? また、具体的にはどういう言動をとっているのでしょう? お時間のあるときにでもご教示いただけると幸いです。

>管理人様の今後のご活躍に期待しております。
>また、時々、お邪魔させていただきますが、宜しくお願い致します。

ありがとうございます。
こちらこそ、今後ともよろしくお願いいたします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61333/16058455

この記事へのトラックバック一覧です: ♪ガンバレ♪小沢民主党♪世界平和へ、うさエール♪:

» 身辺雑記(12):七輪を下げてしまうホルモン屋,歩きまくって底の抜けたズック,アビイ・ロードの亡霊 [エクソダス2005《脱米救国》国民運動]
12回にわたって書き綴ってきたこの「身辺雑記」も今日で最終回.この種の雑文は大体<我が命運の尽きる日まで>というカテゴリに区分しているので,お暇なときにでもどうぞ.書き始めは6月18日.参院選の告示が近付いていたので政治ブログランキングを何とか上位にもってゆこうと悪戦苦闘していた頃だ.6月16日のログを見ると74位だった.現在77位まで落ちているのでその頃の水準に戻ったというところ.6月15日には日比谷野音に出かけて,「9条改憲を許さない6・15共同行動」に参加したり,7月1日にも反‐貧困 7・1東... [続きを読む]

» ナガサキ(2)ZARD [kimera25]
ナガサキのことをうつらうつら考えていた駐車場の温度計が36度を超えた暑い夏であるサルスベリの花が風に揺れ蝉の鳴き声が街に溢れている街宣車が暑さを助長するようにがなり立てる午後なにげにZARDが突然によみがえったアスファルトからの蜃気楼にZARDの曲が蘇った2007.8.9平和の公園「芝公園」にて※(1) GyaOで「ZARD」特集をやっていますhttp://www.gyao.jp/music/zard/今聴きながら・眺めながらこれを打ち込んでました。※(2) この絵の作者「BE HAPPY!」のアン... [続きを読む]

» 8月9日。 [酔語酔吟 夢がたり]
8月9日、長崎原爆の日。 [続きを読む]

» 「読売」はジャーナリズムか。社説で「政権担当能力に疑問符」 [花・髪切と思考の浮游空間]
階級的視点などという言葉があるが、人はそれぞれの立場や環境によってものの見方はちがう。メディアとて同じことだ。中立だとどんなに叫んでいても、たとえば政府与党に近いのか、遠いのかは相対的に決まってくる。朝日新聞と産経、読売を比較すれば、どちらが右寄りか、左寄りか、大方は一致するだろう。そこで考えたいのは、小沢氏がアメリカの要請を断ったことに関しての読売社説についてだ。ここでは2つの問題点をあげたい。その一つは、事実にもとづかない論説ということである。2つ目は、ときの権力を監視し、それが国民の利益に反し... [続きを読む]

» 報道ステーションで、「マエハラさんはシーファーさんに会ったようですね」と加藤千洋氏つぶやく [Like a rolling bean (new) 出来事録]
報道ステーションで加藤千洋氏が、シーファー駐日大使・小沢代表初対談のニュース で、「小沢さんは(大使と会ったのは)初めてなんですよね?」というキャスターの投げかけに、「ええ。マエハラさんは会ったようですけどね」と話していました。 対米追従の先頭集団にいるマ... [続きを読む]

» いろんなニュース6 [言ノ葉工房]
みなさま、毎日暑いですね。溶けそうです。ではこのニュースから。 長勢法相、「不適切」な50万円返還 8月7日14時14分配信 時事通信 閣議に向かう長勢甚遠法相。昨年、地元富山の外国人研修生受け入れ団体から頼まれ、... [続きを読む]

» シーファー・小沢会談 [ 反戦老年委員会]
 8日に行われたシーファー駐日米大使と民主党・小沢代表の会談について、どうも割り [続きを読む]

» 護憲勢力最強のライバル小沢一郎 [BLOG BLUES]
テロ特措法延長にNOを明言した、イチローくんが評判だ。 さもありなん。イチローくんは、現政界において、きわめて稀な 道理を重んずる政治家であり、最良の保守党人であろう。当ブログでも 以前、「小沢一郎の道理」をエントリーUPしたほどだ。 もし、あなたが、純一郎クンや晋三クンでは嫌だが、 イチローくん主導の改憲ならOKよ!というスタンスであれば、 大いにこの度の快挙を讃え、惜しみないエールを贈られたい。 イチローくんは、本当に立派な改憲論者です。筋金入りです。僕は、 元側近の平野... [続きを読む]

» 8月の連想 「国体」 (国民体育大会ではありません) [とむ丸の夢]
うだるような暑さに青息吐息の低血圧の体をもてあましていると、まだお盆前だというのにお寺さんのご来訪。生臭坊主を地で行くような風体の僧職がひとり、玄関先に汗をふきふき立ってました。実をいいますと、この方はアル... [続きを読む]

» 電波監理委員会廃止の時の反対答弁の普遍性〜ネット規制反対のパブコメを!その15 [情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士(ヤメ蚊)]
     戦後、占領軍の主導で日本にも放送行政を司る政府から独立した委員会である「電波監理委員会」が設置されたことは何度も紹介してきた(ここなど参照)。今日は、この委員会が廃止されたときの国会答弁を紹介したい。質問者は、山田節男参議院議員、後に広島市長となり原爆被害にあった広島市の復興に尽くした人である。  彼は13回国会内閣・郵政・電気通信委員会連合審査会で次のように述べた。  【電波法、放送法、これはいわゆる電波という国民公有のものに対して飽くまで公平に分配し、又最も国民の利福に合致するよう... [続きを読む]

» 8月6日広島被爆 8月9日長崎被爆 [関係性]
 被爆から62年、戦後政府はこの重みをどれほど感じてきたのか。  そして、私たちの多くは「平和ボケ」と言われてきたが、基地を抱えた沖縄、米軍・自衛隊戦闘機が飛び交う地域、米海軍の寄港地そして今も戦争状態にあるイラクにさえ他人事として見てきた。  この二度による原爆投下の6日と9日は未だに学び切れていない私たちに自覚し直さす夏であることを教える。そして、心から多くの被災者への哀悼の意を伝えたい。 [画像]  この私たちの無関心さは現政府に「改憲」意欲を持たせ、そして平然と「平和」や「悲劇」を口にで... [続きを読む]

» 脱・対米従属への一歩 [ミクロネシアの小さな島・ヤップより]
#掲載の花は上から順に極楽鳥花(ストレッチア)、アカボゲットウ(レッドジンジャー)、キャッツテール。ヤップでは、庭先や垣根のまわりなどで普通に見られます。 きょうは長崎の原爆の日-と書いてからもう2日も経ったのだけど、日付はそのままに、このかなり修正した記事をエントリーすることにする。 ゆっくり落ち着いて考える暇もないうちに、かなり日本のこれからを左右するような発言や状況が起きてきている。まず最近で一番のサプライズは、わざわざ民主党本部に小沢代表を訪ねたアメリカのシーファー大使に対して、... [続きを読む]

» 小沢一郎にエールを送ろう [アルバイシンの丘]
 友人のH君が私に心配そうに聞いた.「(あんたは)民主党支持なの?」 どうやら私の記事を「見て」そういう風に心配したらしい.H君は労働運動の現場・最前線で闘っている人だから,私がそうであったら友人としての資格があるか判断に困るのは確かだろう. しかし,私の記事をしっかり「読んで」もらえれば,そうではないとわかって戴けるはずだ.確かに表面的にはそういう見出しや記事が並んでいるが,記事の中身はそうはなっていないはずだ.「(良い)評価」ではなくて「期待」である.現に比例区の投票は,社民、共産,新党日本のう... [続きを読む]

» あるベテラン女性社会運動家への手紙(2) 選挙総括に代えて:しばらく私はお昼寝します.ZZZ... [エクソダス2005《脱米救国》国民運動]
「反‐貧困 無年金者同盟」代表から,該同盟の唯一の同盟員であるS女史宛に書き送った返信.私はこの私信を借りて今回の選挙戦についての私自身の簡単な総括を提示することを意図した.余りにも簡略過ぎるとお考えの向きもあろうが,私の現行の日当カロリー摂取量ではこれが限界である(爆).前回の手紙(7月3日付)には,『現在私は「脱米救国」というある意味で非常に遅れてきた…スローガンを最優先課題に掲げています』と書いているが,それからわずか1ヶ月後に,『脱米救国』がすでに文化的遺伝子として独立した生命(meme)を... [続きを読む]

» コイケ大臣、はだしのゲンに恥ずかしいぜ [Saudadeな日々]
ゆうべ「はだしのゲン・後編」(8/11夜:フジテレビ系)を観た。 自分は子供の頃に、リアルタイムで少年ジャンプの連載を読み、 恐ろしくて泣きそうになった事が何度もあった。 今度のドラマ化では、ファミリー向けとしての表現の限界もあり、 熱戦と放射線に焼かれて生きたま..... [続きを読む]

» 少年法について −古代ギリシアでの興味深い判例− [鳥居正宏のときどきLOGOS]
クラウディオス・アイリアノス(A.D.200年頃)という著述家が記した「Varia Historia(原訳「多彩な歴史」:日本語訳「ギリシア奇談集」)という書物を読んだ。そこに、以下のような、短い逸話が記されている。 「聖物窃... [続きを読む]

« 安倍にトドメ!「クリスマスに死刑」法相にも金銭醜聞 | トップページ | イラク派兵で暴走しだした「軍の論理」と、「滅びの美学」を追求する「美しい国」内閣? »