複国籍PT


2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

あわせて読みたい

  • あわせて読みたいブログパーツ

« ぬりかべ登場せず。でも、野沢雅子さん!大塚周夫さん!そしてもちろん……!! | トップページ | ヒゲ隊長殿、公開質問状デアリマスッ! »

ナカタ、朝青龍、ダルビッシュ、そして“Die Kreuzungsstelle”(交差点)

2007.8.15.14:30ころ

京都新聞やそのテレビ欄のワイドショー関連を眺めていると、ここ数日、世間の関心は小池防衛相と防衛官僚の権力争いや朝青龍関の処遇問題に集まっているようですが、当ブログのアクセス状況は、まったく違います。

異文化摩擦?朝青龍処分問題(2007.8.5)
小池防衛相「疫病神」説 & 「日本の恥」立候補者リスト(2007.7.25)

などではなく、

イラク派兵で暴走しだした「軍の論理」と、「滅びの美学」を追求する「美しい国」内閣?(2007.8.11)

へのアクセスが圧倒的で、他の記事がカワイソス……。

そこで、今回はワイドショーにならって、マスメディア業界の皆さまの関心の高そうな話題を採り上げてみます。
まずは、

異文化摩擦?朝青龍処分問題(2007.8.5)

の関連情報。
モンゴルで朝青龍関と、話題のチャリティー・サッカーを共にした中田英寿さんの証言です。

朝青龍(2007.8.10、中田英寿オフィシャルホームページ)

このメール記事のモンゴルでの朝青龍関の言動に関する部分が、先日、フジ系列の『とくダネ!』で採り上げられ、コメンテーターたちを絶句させておりました。
「わたしらの足元をすくうような証言、今頃出すんじゃないわよ!」
って感じで、なんとも微妙なスタジオの空気がブラウン管の向こう側から伝わってきて、笑わせられました。

他の部分もぜひ紹介してほしかったと思いますが、時間の都合なんかでしょうがなかったのでしょう。

なんにせよ、このコメントをしっかり採り上げたディレクターとスタッフに、乾杯!

次は、お立ち台で「結婚宣言、パパ宣言」を報告した、かなりロマンチなダルビッシュ有選手。

以前、

ダルビッシュ選手と二重国籍(2007.1.11)

で国籍選択に関する話題を紹介したのですが、日本国籍の選択に向けて決意が固まったのだそうです。
五輪に出るとかメジャーに行くとかを考えた場合、日本国籍がある方が都合はよいでしょうから、野球選手として自然な流れだろうと思います。

ただ、そこでイラン国籍を捨てることまで強要してよいものか。そもそも、そんな制度を維持せねばならぬ必要性があるのでしょうか。
だって、重国籍のアスリートなんて世界では珍しくなく、
だからこそ、下記のような「五輪憲章」があるわけなのですから。

ダルビッシュの国籍問題とは?(2007.8.11、nikkansports.com)

◆日本ハム・ダルビッシュの国籍 父のイラン国籍と母の日本国籍を有する。「五輪憲章」では規則46付属細則1で「同時に2つ以上の国籍を持つ競技者は、自己の判断により、どちらの国を代表してもよい」とある。JOCの規約もそれに準じており、五輪予選への出場は問題ない。ダルビッシュは北京五輪の行われる来年8月16日、22歳を迎える。日本の「国籍法」では22歳に達するまでに、いずれかの国籍を選択することが決められている。代表入りのあるなしにかかわらず、国籍を決めなければいけない。

重国籍に関しては、以前も紹介したIST請願の会をご覧ください。


ダルビッシュ選手は、イラン人の父親と日本人の母親を持つ、いわゆる「ハーフ」とか「ダブル」とか呼ばれる生い立ちを持つ人なわけですが、そんな人たちの声を集めているサイトに、先日、出会いました。

Die Kreuzungsstelle

“Die Kreuzungsstelle”(ディー クロイツングスシュテレ)は、ドイツ語で「交差点(交差する場所)」を意味する言葉だそうです。様々なルーツを持った人と人とが出会う場所、との意味がこめられていて、サイトに寄せられた声に触れるごとに、さまざまな想いが浮かんできます。

管理人さんの「開設にあたって」から一部引用させていただきます。

 多様な生き方があるにもかかわらず、偏った情報しかない現状における情報のバランスを保つために、ここから「ハーフ」と“呼ばれる人”が自ら書いた様々な経験談を発信しています。読み進めて行くと、メディアが流すイメージに沿うような経験談もありますが、そうではないものがあることに気づいて頂けると思います。
 ここに掲載されている「声」は、ある人の人生の一部分を「『ハーフ』と呼ばれる」という点で抽出したものです。普段は「『ハーフ』と呼ばれる自分」よりも友人関係や親子関係、進学や就職、恋愛や結婚を大切な課題とする人が、何かのきっかけで「『ハーフ』と呼ばれる自分」について考えるようになったもの。ここに掲載されている「声」はそのような性質のものなのです。
 多くは管理人の文章を掲載していますが、他の「ハーフ」と呼ばれる人の主張もコラム欄に掲載しています。また、“Voices”のコーナーには、コラムとしての投稿以外の意見を掲載し、多様な声が読めるようにしています。
 私は誰もが気持ちよく生きることができ、誰もが互いのことを認め合える場所に、この「日本」と“名付けられた島々”がなることを望んでいます。そして、そうなるための「はじめの一歩」としてこのサイトを開設しました。人と人が出会うことによって新たな道をみつける場所、“Die Kreuzungsstelle”はそのようなサイトを目指しています。

“Die Kreuzungsstelle”で紹介されているさまざまな声に、ぜひ触れてみてください。
日本社会、この列島社会のこれからのあるべき姿について、考える助けになるはずです。

Usagimasters

Banner2←イジメと排外、「国籍単一主義」に、うさキック!


ブログランキング・にほんブログ村へ←交差点で、うさジャンプ!(青信号時に限る)

« ぬりかべ登場せず。でも、野沢雅子さん!大塚周夫さん!そしてもちろん……!! | トップページ | ヒゲ隊長殿、公開質問状デアリマスッ! »

おすすめサイト」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

制度の不備」カテゴリの記事

国際人権法」カテゴリの記事

国際結婚」カテゴリの記事

多民族国家ニホン」カテゴリの記事

差別、排外、レイシズム」カテゴリの記事

恋愛」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

連帯でGO!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61333/16122854

この記事へのトラックバック一覧です: ナカタ、朝青龍、ダルビッシュ、そして“Die Kreuzungsstelle”(交差点):

» お騒がせ。今度は防衛省人事騒動。 [花・髪切と思考の浮游空間]
クールビズ騒動を起こした西岡氏は、転々と政党を変えている。ここにも、まさに渡り鳥みたいな人物がいる。次から次へと所属をかえる人はどうも、パーフォマンスに心を砕くようだ。小池百合子防衛大臣が内閣、与党、防衛省を争いに巻き込んでいる。仲井真沖縄県知事の名も出てきた。防衛次官人事大荒れ、政府の先送り方針に小池氏が猛反発(読売新聞)政府は13日、防衛省の次官人事を27日に予定される内閣改造後に先送りする方針を固めた。塩崎官房長官は13日、小池防衛相と会談し「次官人事は内閣改造で選ばれた次の防衛相が決める」と... [続きを読む]

» 柏崎刈羽原発で情報開示が滞る「信仰的な拘泥」という仮説 [Like a rolling bean (new) 出来事録]
(下書き保存していたエントリーに最新情報を追記しています) 調査直後にコメント保留で帰っていったIAEAから、このような見解が挙げられています。 東京新聞 「被害、予想より軽微」 IAEA、地震の柏崎刈羽原発 2007年8月15日 09時48分  【ウィーン15日共同】... [続きを読む]

» 綱引き?椅子取りゲーム? [酔語酔吟 夢がたり]
{%attention%} 事故、熱中症、食中毒、{%arrowleft_a%} 注意 [続きを読む]

» 白梅学徒隊 アンカー終戦の日スペシャルを見て [アッテンボローの雑記帳]
 関西テレビの夕方の報道番組であるアンカーで、今日は終戦の日スペシャルとして「知 [続きを読む]

» 個人の立場からの出発:それぞれの夏:平和へ祈り [kimera25]
閣僚が靖国に行かないだの、売国奴小泉がまた今年も行くだの、今回はそこにポイントをおかず広く考えたい。さまざまな夏。ここは毎日新聞の掲載で。(引用が長くてすみません。でもこれ連作で1本の内容に記事が構成されていますので、ごめんなさい。)*************「毎日新聞」**********http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/wadai/news/20070815ddm010010134000c.html 平和と自衛:世界の現場に立つ日本人 行動し、築く平和 ... [続きを読む]

» イデオロギー装置としての大相撲=スポーツからみた日本社会18 [タカマサのきまぐれ時評]
■これも、通常なら「スポーツ現象」に分類すべきなんだろうが、内容をかんがえて、一応「国家/ナショナリズム論」に。■大相撲もプロボクシングも、アマチュア相撲やアマチュア・ボクシングとちがって、スポーツじゃなくて単なる興行だという見解はありえるとおもう。■...... [続きを読む]

» いろんなニュース8 [言ノ葉工房]
みなさま、暑いですね。一昔前までは30度超えたらスゴーとなっていたのに、今は、今日涼しいわね。くらいな気温になってしまいました。蒸発しそうでし。ではこのニュースから。 全閣僚が靖国参拝見送り 「終戦記念日」異... [続きを読む]

» 精神科医が斬る!! 朝青龍問題 [映画の精神医学]
朝青龍が受けた診断、「神経衰弱状態」「急性ストレス障害」そして、その裏に隠れる「診断偽装」問題に関して精神科医がズバリ解説しました。 [続きを読む]

» 終戦記念日に思う・・・「平和ボケ」を守るために、今、「平和ボケ世代」が目覚めるべし! [日本がアブナイ!]
 今日8月15日、日本は62回目の終戦記念日を迎える。  今年は、何十周年に当たるわけでもないのに、8月にはいってから、例年に 増して、TVで戦争に関わるものを扱っているように思うのは、私だけでは ないだろう。(@_@。    NHKでは、sengo62というテーマで、戦争や憲法に関する特集番組を次々と 放映しているし。民放でも「はだしのゲン」など戦争に関わるドラマが作られ たり、夕方や夜のニュース番組でも、特別なコーナーが設けられたりしている。  特に今年は、今まで口を... [続きを読む]

» 精神科医が斬る!! 朝青龍問題 [シカゴ発 映画の精神医学]
 朝青龍関の問題が、ワイドショーやマスコミで相当な話題になっています。  朝青龍関が、「精神衰弱状態」とか「急性ストレス障害」とか、精神科の診断を受けていることもありますので、この問題について私なりに考えてみました。  先場所で優勝した朝青龍関が、「....... [続きを読む]

» 8月の原爆投下と今日の日本 [薫のハムニダ日記]
8月12日のハンギョレ新聞に掲載された高橋哲哉氏のコラムです。8月ということで、内容は参院選の結果にからめて「原爆」について書かれています。それではどうぞ。 8月の原爆投下と今日の日本/高橋哲哉 韓国でもすでに知られているように、7月29日の参議院選挙では与党自民党が大敗し、民主党が圧勝した。自民・公明党など与党は過半数に至ることができず、与党多数の衆議院と野党多数の参議院という“ねじれ”国会が出現することになった。 自民党の敗因として年金制度をめぐる政府に対する不満以外にも、安倍... [続きを読む]

« ぬりかべ登場せず。でも、野沢雅子さん!大塚周夫さん!そしてもちろん……!! | トップページ | ヒゲ隊長殿、公開質問状デアリマスッ! »