複国籍PT


2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

あわせて読みたい

  • あわせて読みたいブログパーツ

« ♪ガンバレ♪小沢民主党♪世界平和へ、うさエール♪ | トップページ | 集え、ぬりかべファン!?『鬼太郎の見た玉砕〜水木しげるの戦争〜』 »

イラク派兵で暴走しだした「軍の論理」と、「滅びの美学」を追求する「美しい国」内閣?

2007.8.11.09:30ころ

「日本人でよかった」丸川珠代の「バカキャッチコピー」問題や、最近教えてもらった嬉しいサイトについて記事を書こうと思っているところへ、またまた驚愕のニュースが飛び込んできました。
う〜、なんだか、思うように物事を進められない……(涙)。

「駆けつけ警護」認めるべきで一致(TBS News:動画あり、2007.8.10)

 集団的自衛権に関する政府の有識者会合はPKO=国連平和維持活動を行う自衛隊に対して、憲法上できないとしてきた「駆けつけ警護」を認めるべきだ、という意見で一致しました。

 PKO活動の際の武器使用は、正当防衛や緊急避難などの場合に限られていますが、10日の会議では国連の集団安全保障の問題としてとらえるべきだとする意見で一致しました。

 その上で、正当防衛を超えるとして憲法違反とされるいわゆる「駆けつけ警護」は認めるべきだとする意見が相次ぎました。これは、味方である他国の軍隊が攻撃された場合、駆けつけて応戦するものです。

 こうした事例について、イラクに派遣された陸上自衛隊の指揮官だった佐藤正久氏は、当時現場では、事実上の「駆けつけ警護」を行う考えだったことをJNNの取材に対して明かしました。

「自衛隊とオランダ軍が近くの地域で活動していたら、何らかの対応をやらなかったら、自衛隊に対する批判というものは、ものすごく出ると思います」(元イラク先遣隊長 佐藤正久・参院議員) 

 佐藤氏は、もしオランダ軍が攻撃を受ければ、「情報収集の名目で現場に駆けつけ、あえて巻き込まれる」という状況を作り出すことで、憲法に違反しない形で警護するつもりだったといいます。

 「巻き込まれない限りは正当防衛・緊急避難の状況は作れませんから。目の前で苦しんでいる仲間がいる。普通に考えて手をさしのべるべきだという時は(警護に)行ったと思うんですけどね。その代わり、日本の法律で裁かれるのであれば喜んで裁かれてやろうと」(元イラク先遣隊長 佐藤正久・参院議員) 

 懇談会は11月までに集団的自衛権の行使を容認する提言をとりまとめると見られます。しかし、公明党が反対している上、参院選の惨敗で安倍総理の求心力が低下しており、報告書は棚上げせざるを得ないという見方が強まっています。

自分からあえて危難に巻き込まれて「正当防衛の状況を作り出す」って、それはもう、「正当防衛」とか「緊急避難」とは言えないものなんじゃないでしょうか、常識的に考えて。

たとえば、刑法ではこの類いの行為を「自招危難」といって、一般の正当防衛や緊急避難がすなおに認められるものではありません。

それにしても、自衛隊が非難されないために、法を破ってでも武力行使を行うだなんて、おそろしすぎます。いったいいつの時代の軍隊なのか。

自民党は、佐藤正久という人物がシビリアン・コントロールなど屁とも思っていないことを知って、あえて参議院選挙に担ぎ出したんでしょうね、きっと。
ひょっとすると、軍の暴走がニホンを自滅に追い込んだ歴史の再現を狙っているのかなあ。
ああ、「滅びの美学」を追求する「美しい国」内閣。くわばら、くわばら。

そもそも軍隊は敵を殲滅するための組織であって、人助けに適した組織ではありません。

ICCの傘に入って軍備オフ〜国際救助隊・国際人道支援隊を結成せよ!

と、やはりあらためて声を上げたいと思います。

参考記事(『戦争の抑え方☆軍備オフ ICCでつくる戦争のない世界』第2章 ICCの傘に入って軍備オフ〜国際救助隊・国際人道支援隊を結成せよ!より)
1.「軍備オフ」への不安に答える(1)
1.「軍備オフ」への不安に答える(2)
1.「軍備オフ」への不安に答える(3)
2.「軍隊による国際貢献」論のマヤカシを撃つ!
3.国際救助隊・国際人道支援隊の結成に尽力せよ!

【豆知識11】世界人権宣言が提示する「テロをなくす方法」

「ヒゲ佐藤」発言関連記事

関連記事
イラク派兵で暴走しだした「軍の論理」と、「滅びの美学」を追求する「美しい国」内閣?(2007.8.11)

信憑性高まる? 小池防衛相「疫病神」説 ♪日本共産党に、うさエール♪(2007.8.18)

「朝青龍じゃなくて自衛隊は国内謹慎だ!ニホンから出すな!」と言ってみる(2007.9.7)

「対テロ戦争」のウソ。政府の自作自演の恐怖(2007.9.16)

「テロとの戦い」の成れの果て→忍び寄るネット・通信「監視」の目(2007.9.22)

信なくば立たず/小沢民主党に喝!うさエール、撤回!!&「先住民族の権利に関する国連宣言採択:国際NGO合同声明」(2007.10.11)

シビリアン・コントロールを担う立法府の議員としての自負・責任感があるのなら、それこそ与野党すべての国会議員が怒り狂って追及していくべき問題(2007.10.13)

【回顧休題】アクセス状況から考える(当?)ブログの限界と可能性(2007.12.21)

R&Rで「駆けつけ警護」をKO!「むしむし軍歌」と「すてごま」by甲本ヒロト(2007.12.25)

Usagimasters

Banner2←「軍の論理」に、うさキック! うさキック! うさキック!


ブログランキング・にほんブログ村へ←軍備オフへと、うさジャンプ!

« ♪ガンバレ♪小沢民主党♪世界平和へ、うさエール♪ | トップページ | 集え、ぬりかべファン!?『鬼太郎の見た玉砕〜水木しげるの戦争〜』 »

戦争・平和」カテゴリの記事

コメント

自衛隊のモラルが非常に近視眼的であることが分かりますね。

有事の場合、平和主義には平和を貫くためには友軍や難民を見捨てる冷徹なリアリズムが必要なわけです。
第二次世界大戦中のスウェーデンがどれだけ他国の人々に冷酷だったか平和主義を貫く人々は知っておくべきだし、自分たちも万が一の場合にはそのように行動すると覚悟しておかなければなりません。
だからこそ、そもそも有事にならないように、平和が破れない状態が続くように政治家と国民は努力しなければならず、同じ努力を自衛隊はじめ諸機関に強いなければなりません。
でも、まぁ、佐藤隊長にはそう考える力はないでしょうね。自衛隊なんてアメリカ軍ばっかり交際してんだから。
アメリカの方が日本を見限りつつある時代なのに・・・

こんにちは、
>「情報収集の名目で現場に駆けつけ、あえて巻き込まれる」という状況を作り出すことで、憲法に違反しない形で警護するつもり
まるで当たり屋ですね。
でも、過去の戦争を見ると、こんなようなことから起きてるのが多いんですよね。
くわばら、くわばら、もっと多くの人にこの事実を知ってもらいましょう。

岩・保守本流さん、はじめまして。コメントありがとうございます。

第2次大戦中のスウェーデンの事例は、不勉強で知りません。今度、情報を探してみます。
それでも、非暴力を貫くためには冷徹なリアリズムとそれに徹する覚悟が必要だということの意味、わかるつもりです。私が望んでいる国際救助隊や人道支援部隊がほんとうに設立された場合、その隊員には、戦地で見捨てられることの覚悟まで求めねばならないのかも知れません。隠密同心みたいで残酷な話ではありますが、そういう覚悟を持ってでしか暴力や憎悪の連鎖を断ち切る試みは始められないのだとも思います。
先の参院選では無理でしたが、こうした話も国民・有権者の間で今後、議論されるようになることを期待しています。

>だからこそ、そもそも有事にならないように、平和が破れない状態が続くように政治家と国民は努力しなければならず、同じ努力を自衛隊はじめ諸機関に強いなければなりません。

同感です。平和を壊すこと、武力行使に踏み切ることは、おそらく最も進みやすい道なんだと思います。ヒロイックに見えて、その実、最も安易で禍いを拡大する道。そこに踏み込まぬよう、踏み込ませぬよう、あらゆる手だてを講じることを、私たち自身が望み、実践していかねばと、今回のニュースであらためて思いました。

>でも、まぁ、佐藤隊長にはそう考える力はないでしょうね。自衛隊なんてアメリカ軍ばっかり交際してんだから。
>アメリカの方が日本を見限りつつある時代なのに・・・

これもまた同感です。佐藤氏は国民や国家よりも、自衛隊という組織、そしてアメリカ政府の方ばかりを見ているように感じます。自衛隊ではなく米衛隊だ、などと揶揄されるのもむべなるかな、です。
アメリカが日本よりも中国、北朝鮮などを重視しはじめている、そんな流れもたしかに感じられますし、このままだと日本はどこへ流されていくことか。懸念が募るばかりです。

今後ともよろしくお願いします。

suyapさん、こんばんは。

「当たり屋」って、言い得て妙ですね。
しかも、シャレにならないくらい恐ろしい実害を引き起こす当たり屋です。
今の自衛隊、まさかこんな人たちばかりでないと信じたいのですが、上層部はやはりこんな感じなんでしょうか。
だとすれば、社会保険庁なんかよりはるかに危険で物騒な組織に成り下がっていると言うしかありません。

誰かの悲鳴→駆けつける→その人を助ける為に暴漢と格闘。
これは正当防衛です。正当防衛で守る対象は自身に限りません。
危ない場面に駆けつけたからといって「自招危難」にはなりませんし、
これを「当たり屋」なんていうのはあなた達ぐらいなものでしょう。

sadatajpさん、ごぶさたです。

本来、実力行使に出ることを許されていない軍隊が、「実力行使を行うことを目的」として、さらにはそれによって「日本の法制度を変更するための契機とすることを目的」として、あえて危難の状況に飛び込んでいく。そして、目的どおり「実力行使を行う」。一般に言われる正当防衛や緊急避難と同一には語れない、かなり特殊な状況です。それゆえ、むしろ「自招危難」に近いと考えたのですが、こうしてあらためて考えると、もっと悪質ですね。軍人・自衛官に、けっして許される計画・行動ではありません。

それゆえ、「当たり屋」という比喩、やはりかなり的確のように思えます。
ですが、悪質性をより的確かつ明確に伝えうる比喩があれば、それを使うべきでしょう。

ともあれ、以前のようなsadatajpさんのカミング・アウトにたどり着くために、再び時間を割く余裕はありません。今回はもう「軍の暴走を容認する方」であることを十分カミングアウトしてくれてると思いますし。
(ことの経緯をご存知でない方は、末尾の記事とコメント欄をご覧ください)。

これにてsadatajpさんへの返答は終了とさせていただきます。どうか以後は、TBでどうぞ。以前、sadatajpさんからのTBを「受け付けるかどうかは、気分次第」と宣言しちゃってますけれど、この記事に関する限り、一度だけTBを受け付けることを約束いたしますので。

◎多みんぞくニホン、ナチス、自由民権運動(2007.3.3)
 http://ukiuki.way-nifty.com/hr/2007/03/post_6d46.html
◎保守・前衛、列島社会と日本・日本人(2007.3.8)
 http://ukiuki.way-nifty.com/hr/2007/03/post_daef.html
◎STOP! 外国人嫌悪&レイシズム、警察&裁判官の暴走(2007.3.12)
 http://ukiuki.way-nifty.com/hr/2007/03/2007.html

正当防衛(ただし限定的)での実力行使は許された軍隊です。
目的は正当防衛(他者の防衛含む一般的な)です。
私はこれを認められるべきものと考えます。
「軍の暴走」というようなものではありません。
これは堂々と言える事です。
これを言ったからといってカミングアウトというようなものではありません。


>これにてsadatajpさんへの返答は終了とさせていただきます。

対話の拒絶と受け取らせて頂きます。

イラクにおける人道復興支援活動及び安全確保支援活動の実施に関する特別措置法
http://www.ron.gr.jp/law/law/iraq.htm

(武器の使用)
第十七条 対応措置の実施を命ぜられた自衛隊の部隊等の自衛官は、自己又は自己と共に現場に所在する他の自衛隊員(自衛隊法第二条第五項に規定する隊員をいう。)、イラク復興支援職員若しくはその職務を行うに伴い自己の管理の下に入った者の生命又は身体を防衛するためやむを得ない必要があると認める相当の理由がある場合には、その事態に応じ合理的に必要と判断される限度で、第四条第二項第二号ニの規定により基本計画に定める装備である武器を使用することができる。
2 前項の規定による武器の使用は、当該現場に上官が在るときは、その命令によらなければならない。ただし、生命又は身体に対する侵害又は危難が切迫し、その命令を受けるいとまがないときは、この限りでない。
3 第一項の場合において、当該現場に在る上官は、統制を欠いた武器の使用によりかえって生命若しくは身体に対する危険又は事態の混乱を招くこととなることを未然に防止し、当該武器の使用が同項及び次項の規定に従いその目的の範囲内において適正に行われることを確保する見地から必要な命令をするものとする。
4 第一項の規定による武器の使用に際しては、刑法(明治四十年法律第四十五号)第三十六条又は第三十七条の規定に該当する場合を除いては、人に危害を与えてはならない。

他国の軍隊を守るための武器の使用は、本法のいう「正当防衛」ではありません。
そのくびきを破るために、佐藤氏は、自衛隊員を戦闘地域に派遣しようとしていたわけです。
これを「軍の暴走」と呼ばずに何と呼ぶのか。

はじめまして。imacocoといいます。
TB有難うございました。

ところで、自衛隊廃止法案を直ぐにでも準備すべきだと、思っています。
人殺しの道具に常時接している軍隊は、常に暴走する可能性を内包した組織であると思うわけです。

メールどうもありがとうございました。コメント受付再開も検討しているのですが,もう少し考えさせて下さい。

上に引用されている条文ですが,佐藤発言は3項にバリバリ抵触するんじゃないですかね。軍人は平時の刑法の保護対象ではないはずですから,オランダ軍への加勢に"他人のためにする正当防衛"を認めるのはいかにも無理があると思うし,"統制を欠いた武器の使用"にあたるのではないですか。それを"上官"である佐藤隊長がやろうとしてたというのはねえ……。

しかしもっと問題だと思うのは,仮に日本の刑法で正当防衛が成立するとして,これを対外的に主張できるのかということ。たとえばイラクの武装組織と自衛隊との間に戦闘があったとした場合,"自衛隊は法的には軍隊でないから,その武器使用は刑法上の正当防衛である"という日本国内の理窟が通るなら,武装勢力による自衛隊員の殺害を殺人罪に問うといったこともできるんでしょうが,自衛隊員が制服を着て武器を携帯していれば,"自衛隊は軍隊"と自分で宣伝してまわっているようなものですから,対外的には軍隊とみなされてしまうだろうし,その自衛隊と戦闘になって,隊員を殺害したとしても,これは戦争行為として合法化されてしまうのではないですか。

Niphonese さん、こんにちは。

たしかに佐藤氏のやろうとしていたことは、第3項にバリバリ抵触すると思います。公務員というより軍人、むしろどこぞの王様気取りのような。あまりに危うい。

そして、後段もおっしゃるとおりだと思います。シビリアン・コントロールは国内法の問題ですが、いったん戦闘行為が開始されれば、それは戦争法上の問題、国際関係上の問題になるはずです。であれば、自衛隊員を武装勢力が殺害した場合、その殺害は戦争行為として合法化されるんだろうと思います。派兵前にこれについてどこかで議論されているのを読んだ記憶があるのですが、う〜ん、どこだったか。まったく思い出せません(;<>;)。

imacoco さん、はじめまして。コメントありがとうございます。

自衛隊廃止法案、議論を始めるべきかも知れませんね。

軍備オフについて、私は法による地域安全保障体制を構築していくのに合わせて段階的に国際救助隊などに再編していく、という道筋をイメージしていたのですが、社保庁解体なんかよりはるかに緊急性のある課題かも、と思えてきました。
何にせよ、こんな現場指揮官を育ててしまった上層部にはそのまま引退してもらうのが一番のように思えます。

今後ともよろしくお願いします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61333/16073585

この記事へのトラックバック一覧です: イラク派兵で暴走しだした「軍の論理」と、「滅びの美学」を追求する「美しい国」内閣?:

» maxiさんの米軍基地関連ホームページ誕生 [タカマサのきまぐれ時評]
■maxiさんのウェブログ『沖縄・辺野古海上基地の問題を中心に maxi's_page 』が、日記形式であるために、はじめての来場者だと、記事の体系性だとか全体像がみえにくいということで、記事を整理したホームページが誕生した。■目次のページをリンクしつつはりつけておく...... [続きを読む]

» 嘘つき!は総理大臣の特権 [kimera25]
時事通信社よりhttp://www.jiji.com/jc/p?id=20070809115814-5450572_~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 長崎原爆忌・献花する安倍首相長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典で献花する安倍晋三首相。「憲法を順守し、非核三原則を堅持していくことを改めて誓う」とあいさつした(9日午前、長崎市の平和公園) 【時事通信社】 ``````````````````````````ん??? 憲法を順守し、非核三原則を堅持していくことを改めて誓うど... [続きを読む]

» 責任は感じるが責任は一切取らないで改憲に猪突猛進で行くアベシ。(沖縄だけではありません、横須賀も抗議行動しています!) [晴天とら日和]
●神奈川新聞 在日米軍・防衛 2007/08/10 原子力空母配備へしゅんせつ工事に本格着工/米海軍横須賀基地 在日米海軍横須賀基地に来年八月配備予定の原子力空母ジョージ・ワシントンが接岸する12号バースのしゅんせつ作業が十日始まり、工事の様子が報道陣に公開された。...... [続きを読む]

» あるベテラン女性社会運動家への手紙(2) 選挙総括に代えて: しばらく私はお昼寝します.ZZZ... [エクソダス2005《脱米救国》国民運動]
「反‐貧困 無年金者同盟」代表から,該同盟の唯一人の同盟員であるS女史宛に書き送った返信.私はこの私信を借りて今回の選挙戦についての私自身の簡単な総括を提示することを意図した.余りにも簡略過ぎるとお考えの向きもあろうが,私の現行の日当カロリー摂取量ではこれが限界である(爆).前回の手紙(7月3日付)には,『現在私は「脱米救国」というある意味で非常に遅れてきた…スローガンを最優先課題に掲げています』と書いているが,それからわずか1ヶ月後に,『脱米救国』がすでに文化的遺伝子として独立した生命(meme)... [続きを読む]

» お騒がせ。クールビズ廃止論。 [花・髪切と思考の浮游空間]
西岡氏の「クールビズ」廃止論、与野党から批判相次ぐ(読売新聞)小沢氏のテロ特措法での強行姿勢で株があがったと思いきや、このあたりに民主党の脇の甘さがあるようですね。私自身はとても懐かしくも思う西岡武夫氏。その西岡参院議運委員長が、空気を読めない言動です。さっそく政府与党からも嫌味な言葉が浴びせられました。民主党は、地球温暖化対策に熱心だと思ったが、そうではないようだ おそらく返す言葉はない。沈黙…。 クールビズは、提唱した人物をむろん支持するわけではありませんが、蒸し暑い日本の夏を考えれ... [続きを読む]

» 国民を騙すつもりだった〜佐藤正久は議員として不適切、直ちに辞任せよ! [情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士(ヤメ蚊)]
【集団的自衛権に関する政府の有識者会合はPKO=国連平和維持活動を行う自衛隊に対して、憲法上できないとしてきた「駆けつけ警護」を認めるべきだ、という意見で一致しました】というTBSのニュース(末尾全文引用)の中で、元イラク先遣隊長の佐藤正久・参院議員が、【もしオランダ軍が攻撃を受ければ、「情報収集の名目で現場に駆けつけ、あえて巻き込まれる」という状況を作り出すことで、憲法に違反しない形で警護するつもりだったといいます】と報道されていることを、うさちゃん騎士団SCさんのブログで知りました。すでに元のニ... [続きを読む]

» 広島、長崎、新潟、東京(シンプルな事実すら鈍感を装い法令を口実に隠し続けられる国) [Like a rolling bean (new) 出来事録]
柏崎刈羽原発の情報開示のやり方のまずさ、データの不整合と考えられる点に対しての指摘が原子力資料情報室(CNIC)のメールマガジンの8/10付け、『原子力情報宅配便“CNIC EXPRESS”[0127]』にありますので紹介させていただきます。 *バックナンバーはこちら で読むことがで... [続きを読む]

» 原爆の日に思ったこと [津久井進の弁護士ノート]
原爆の日に寄せて、多くの方々の思いに触れることができました。 私が感じたことは、2つあります。 どちらも当たり前のことですし、また、ちょっと時機を失してしまいましたが、書き残しておきます。 1 一つ... [続きを読む]

» 元自衛官・佐藤正久参議院議員は即刻辞職せよ!! [アッテンボローの雑記帳]
 先の参議院選挙で自民党比例代表で当選した、元陸上自衛隊イラク派遣部隊の隊長であ [続きを読む]

» “誇り”でだまされてはいけない [とむ丸の夢]
 人気blogランキングへ  ランキングに参加しております。ご協力をお願いいたします。 ありがとうございました。m(_ _)m  朝のテレビでとくらさんの... [続きを読む]

» 刷新 or 一新。 [酔語酔吟 夢がたり]
灯(ともしび) [続きを読む]

» マダム寿司"Madam Sushi."鮮烈にデビュー! キャハハハッ [晴天とら日和]
●日テレ 小池・ライス会談 “姉妹の関係”アピール<8/10 14:07> アメリカ・ワシントンを訪問している小池防衛相は現地時間9日、ライス国務長官と会談し、同じ女性の閣僚同士として親密さをアピールした。 「姉妹の関係、ガールスカウトネットワークなどと申し上...... [続きを読む]

» サマーワ陸上自衛隊は暴走するつもりだった [日本マスコミ報道テレビは腐ってる,著作権非親告罪化反対]
元イラク派遣自衛隊ヒゲ隊長佐藤正久「情報収集の名目で現場に駆けつけ、あえて巻き込まれ発砲するつもりだった」トンデモ発言 2003年〜2006年、 イラク派遣サマーワ陸上自衛隊   2004年サマワ派遣陸上自衛隊隊長佐藤正久一等陸佐   佐藤正久参院議員「 もしオランダ軍が... [続きを読む]

» 国政調査権と政権担当能力 [村野瀬玲奈の秘書課広報室]
(人気blogランキング参加中。応援クリックお願いします。) 水葉さんの「Tomorrow is another happy」の2007年8月8日の記事、「小沢氏9条を強調」のコメント欄 http://aqualeafree.blog70.fc2.com/blog-entry-752.html... [続きを読む]

» 佐藤正久・参院議員(自民党)が、イラクで脱法的に武力行使を画策 [さるのつぶやき]
 ヤメ蚊さんがブログ「情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士(ヤメ蚊)」で、「国 [続きを読む]

» 民主党は、テロ特措法延長反対を貫け。 [「猫の教室」 平和のために小さな声を集めよう]
(「猫の教室」は夏休み中です。 【宿題】は、http://heiwawomamorou.seesaa.net/article/51007672.html を ご覧ください。提出期限随時です。) (もう一つの【宿題】は、「http://www.dff.jp/」から、1クリック募金を毎日すること。) 政界も世間も夏休みモードで、ブ..... [続きを読む]

» 佐藤正久氏がイラクで「駆けつけ警護」を企図 [S氏の時事問題]
「駆けつけ警護」認めるべきで一致  集団的自衛権に関する政府の有識者会合はPKO=国連平和維持活動を行う自衛隊に対して、憲法上できないとしてきた「駆けつけ警護」を認めるべきだ、という意見で一致しました。PKO活動の際の武器使用は、正当防衛や緊急避難などの場合に限られていますが、10日の会議では国連の集団安全保障の問題としてとらえるべきだとする意見で一致しました。その上で、正当防衛を超えるとして憲法違反とされるいわゆる「駆けつけ警護」は認めるべきだとする意見が相次ぎました。これは、味方である他国... [続きを読む]

» 佐藤正久氏の「駆けつけ警護」発言 [人工樂園]
 まあ,クソ暑い今の季節にこういう話題を振ると,ますます不快指数があがりそうな気もするわけですが,仲@ukiuki様に教えていただいたところの,佐藤正久議員の次の発言はやはり無視できますまい。  ……イラクに派遣された陸上自衛隊の指揮官だった佐藤正久氏は、当時現場では、事実上の「駆けつけ警護」を行う考えだったことをJNNの取材に対して明かしました。  「自衛隊とオランダ軍が近くの地域で活動していたら、何らかの対応をやらなかったら、自衛隊に対する批判というものは、ものすごく出ると思います」... [続きを読む]

» ブロガーは連帯する!〜マスメディアは連帯できないのか?:佐藤正久発言への対応 [情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士(ヤメ蚊)]
   ヒゲの隊長こと佐藤正久のイラクでわざと戦争に巻き込まれ戦争を開始するつもりだった発言は、後で紹介するようにブロガーの間では、次々と取り上げられている。それに対し、マスメディアは、沈黙を保っているようだ。あの発言自体がどう考えても、ニュースバリューなしとは言えない。それにもかかわらず、取り上げにくいのは、現時点で報道するとしたら、「佐藤正久議員が●●という発言をしていることがTBSのニュースで報道されました」とか「佐藤正久議員が●●という発言をしていることがTBSのニュースで報道され、批判の声が... [続きを読む]

» 敵はアメリカ。備えよう「財界人からの直言」 [再出発日記]
昨日紹介した品川正治さんの「財界人からの直言」に、少し気になることが書かれてあったので、重ねて今日も書きます。品川さんは「憲法問題を、決して日本国内の「改憲勢力」との戦いだと矮小化してはいけない」といいます。「相手は基本的にアメリカだということです。」...... [続きを読む]

» 佐藤正久議員の発言 [老人党リアルグループ「護憲+」ブログ]
http://blog.goo.ne.jp/tokyodo-2005/e/6068073902aacc36000843a94e8bac4c ヤメ記者弁護士:国民を騙すつもりだった〜佐藤正久は議員として不適切、直ちに辞任せよ! >元イラク先遣隊長の佐藤正久・参院議員が、【もしオランダ軍が攻撃を受ければ、「情報収集の名目で現場に駆けつけ、あえて巻き込まれる」という状況を作り出すことで、憲法に違反しない形で警護するつもりだったといいます】と報道されている >自衛隊は、イラクで、この柳条湖事件と同じこと... [続きを読む]

» 見過ごせない暴言 [ 反戦老年委員会]
 元陸上自衛隊イラク派遣部隊の隊長であった佐藤正久参議院議員の暴言がブログ(下記 [続きを読む]

» あえて巻き込まれる!? [大津留公彦のブログ2]
元自衛隊イラク先遣隊長で今回参議院議員になった佐藤正久氏はJNNの取材にこう語った。 [続きを読む]

» ヒゲの隊長は何様のつもりなのか? [ド素人の政治・経済Q&Q]
やや旧聞であるが,8月7日に先日の参院選で当選した議員の方々が初登院した。その中 [続きを読む]

» 遵法意識のとぼしい自衛隊員が大手を振って歩く日本がアブナイ! [村野瀬玲奈の秘書課広報室]
(人気blogランキング参加中。応援クリックお願いします。) 番組の途中(笑)でございますが、ここで臨時ニュースを申し上げます。 自民党参議院議員、佐藤正久氏の法律破り思想が明らかになりました。 まだご存知... [続きを読む]

» 巻き込まれてでも武力行使がしたい [++つぶやき手帳++]
のほほんと土日月に小旅行へ行ってたのだが、その間にも気になるニュースは飛び込んでくる。8・15は「本当に戦争はいやだ」という思いを刻む日のはずだ。その前日にこんな記事を書かざるを得ないとは・・・ 「駆けつけ警護」認めるべきで一致 参議院議員に当選した、例の「ヒゲの隊長」の驚くべき発言。  「自衛隊とオランダ軍が近くの地域で活動していたら、何らかの対応をやらなかったら、自衛隊に対する批判というものは、ものすごく出ると思います」(元イラク先遣隊長 佐藤正久・参院議員)  佐藤氏は、も... [続きを読む]

» 民主主義の原風景 −人類史上最高の演説− [鳥居正宏のときどきLOGOS]
民主政の父ペリクレス(B.C.495頃−B.C.429)※画像クリックで拡大 きょう(8月15日)は、終戦記念日です。我が国が、新しく民主主義国家への第一歩を歩み出そうとした日です。 そこで、そもそも「民主主義」とはいったい何な... [続きを読む]

» ヒゲの隊長は何様のつもりなのか? [ド素人の政治・経済Q&Q]
やや旧聞であるが,8月7日に先日の参院選で当選した議員の方々が初登院した。その中 [続きを読む]

» 自衛隊イラク派遣は、敢えて巻き込まれ戦争状態を作る目的だった [ゴーヤンのぼやき日記]
日刊ベリタ8/14 より一部抜粋自衛隊イラク派遣軍は実は関東軍だった! 「あえて巻き込まれ」、戦争状態をつくりだすつもりだったと佐藤元隊長・参議院議員が語る戦前、中国東北部に派遣された関東軍が当時の日本政府の意図を無視して勝手に軍を動かして戦争状態を作り出し... [続きを読む]

» ・佐藤正久発言〜国民に受け入れられやすい発言の危険性 [杉浦 ひとみの瞳]
14日付の当ブログで 佐藤正久元イラク先遣隊長(参議院議員)の発言について、まず最初に感じたところを書き落としていました。 今回の佐藤発言で最も恐ろしいと思うのは、同氏の発言が国民に受け入れられやすく、その矛盾に気づきにくいということです。 同氏の発言についての紹介は以下のとおりです。  「自衛隊とオランダ軍が近くの地域で活動していたら、何らかの対応をやらなかったら、自衛隊に対する批判というものは、ものすごく出ると思います」 そして、  「巻き込まれない限りは正当防衛・緊急避難の状況は作れませ... [続きを読む]

» 本日,佐藤正久議員に対する公開質問状を提出 [津久井進の弁護士ノート]
ヒゲ隊長こと佐藤正久参議院議員が,イラクに派遣されたときの真意につき,  「『情報収集の名目で現場に駆けつけ、あえて巻き込まれ』て集団的自衛権を行使して戦っちゃおう!」  「日本の法律で裁かれるのであれば喜ん... [続きを読む]

» 自衛隊法を確信犯的に逸脱しようとした指揮官が国会議員になっている [タカマサのきまぐれ時評]
■『低気温のエクスタシー』『アッテンボローの雑記帳』『情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士(ヤメ蚊)』ほか、何人ものブロガーが記事化しているが、新聞等が一向に反応しない、不気味な情勢なので、問題整理しつつ、問題提起(意識的あおり)をする。■「自衛隊イラク...... [続きを読む]

» ・佐藤発言への質問状提出の記者会見報告 [杉浦 ひとみの瞳]
本日、午後3時から、参議院議員会館会議室にて、佐藤正久氏宛の公開質問状,安部晋三氏宛の要望書及び小泉前内閣総理大臣宛の質問状を各氏に提出することについての記者会見をしました。【各書状については末尾に掲載】 各書面は、直接相手に届け膝詰めでやりとりもしたかったのですが、お盆時期でもありいずれも不在でしたので、本日郵送することにしました。回答期限は8月末日です。 記者会見には、弁護士3人で臨みました。これも急な日程だったので、都合の悪い方が多く残念でしたが、記者の方は25社ほど集まっていただけました... [続きを読む]

» 戦争目的の派遣 [flagburner's blog(仮)]
なんか、イラクに派遣された自衛隊は、戦争目的で行っていた模様。 これを暴露したのが、なんと当時の派遣隊長こと佐藤正久参議院議員だという。 [続きを読む]

» オカズ1品のみ僅か1食200円の弁当で [アフガン・イラク・北朝鮮と日本]
 以前放送していたテレビドラマ「ハケンの品格」の中で、主人公たち派遣社員・正社員が集まって自社ブランドの派遣社員弁当を売り出す場面がありました。1食500円の価格設定の下で、どれだけ派遣社員に支持されるランチを作るか、すったもんだするという話の展開でした。  しかしその後、今の派遣・請負労働者の置かれた現実は、そんな甘いものではないという事を、やがて自分の身近に垣間見る事になろうとは、その時はよもや思いませんでした。  最近ウチの職場に入ってきたバイトがいます。仮にH君としておきましょう。そのH君... [続きを読む]

» 「ヒゲの隊長」は政治家になるべきではなかった! [ちょっと一言]
 連日30度を越えていましたが今日は半袖では寒いほどに気温が下がりました。今週は日中カンカン照りの中を歩き回っていたのでさすが老体(?)には [続きを読む]

» 戦争を引き起こそうとする一部の軍人 [不条理日記]
(問答有用より転載)8月14日朝日新聞特集記事「『戦わない国』は③ ――『板挟み』自衛隊に同情」より引用します。 [続きを読む]

» 脱・対米従属への一歩 [ミクロネシアの小さな島・ヤップより]
#掲載の花は上から順にアカボゲットウ(レッドジンジャー)、極楽鳥花(ストレッチア)、キャッツテール。ヤップでは、庭先や垣根のまわりなどで普通に見られます。 きょうは長崎の原爆の日-と書いてからもう2日も経ったのだけど、日付はそのままに、このかなり修正した記事をエントリーすることにする。 ゆっくり落ち着いて考える暇もないうちに、かなり日本のこれからを左右するような発言や状況が起きてきている。まず最近で一番のサプライズは、わざわざ民主党本部に小沢代表を訪ねたアメリカのシーファー大使に対して、... [続きを読む]

» 160596 日本のネット・デモクラシーの力〜元自衛隊イラク派遣軍隊長問題発言の追及 [サラリーマン活力再生]
160596 日本のネット・デモクラシーの力〜元自衛隊イラク派遣軍隊長問題発言の追及   猛獣王S ( 30代 東京 営業 ) 『ネット・デモクラシー』(里山のフクロウ)http://minoma.moe-nifty.com/hope/2007/08/post_52a0.htmlより転載します。 ---------------------------------------------------------------- 先の選挙で当選した元自衛官佐藤正久参院議員の発言が、ネットで波紋を広げ... [続きを読む]

» 自衛隊が「創設100周年」!? [世界の片隅でニュースを読む]
 今日の「しんぶん赤旗」電子版に「陸自、銃携え街行進/『創設100周年記念』帝国陸軍を継承」と題する記事があって目にとまった。三重県津市にある陸上自衛隊久居駐屯地の「駐屯地創設100周年記念行事」の一環として、昨日(4月26日)駐屯部隊のパレードが行われたという。  自衛隊の前身の前身である警察予備隊が占領軍の命令で創設されたのが1950年だから、今年は58周年のはずなのに、なぜ100周年?と思ったら、旧帝国陸軍の久居駐屯地の開設が1908年で、それから起算して100年だというからふざけた話だ... [続きを読む]

« ♪ガンバレ♪小沢民主党♪世界平和へ、うさエール♪ | トップページ | 集え、ぬりかべファン!?『鬼太郎の見た玉砕〜水木しげるの戦争〜』 »