複国籍PT


2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

あわせて読みたい

  • あわせて読みたいブログパーツ

« 保守・前衛、列島社会と日本・日本人 | トップページ | 「従軍慰安婦」問題が示す重大な岐路 »

枝川裁判和解成立!

2007.3.8.15:45ころ

本ブログでも幾度か取り上げてきて、『パッチギ! LOVE & PEACE』の舞台の一つにもなるという東京朝鮮第2初級学校の存続が危機になっていたとの一件、東京地裁で和解が成立。無事、存続できることになりました!

敷地払い下げ 朝鮮学校、都と和解(東京新聞、207.3.8)

 学校法人・東京朝鮮学園が運営する東京朝鮮第二初級学校(江東区枝川)に東京都が立ち退きを求めた訴訟は八日、東京地裁で和解が成立した。学園側が約一億七千万円の和解金を支払う代わりに、都が学校の敷地となっている都有地を学園側に譲渡する内容で、三年以上にわたった訴訟は、朝鮮学校側の実質勝訴の形で終結した。
 長年学校用地として使われていることを理由として、阿部潤裁判長は今月一日、都に土地を安価で学園側に売却するよう和解を勧告していた。和解金は市価の一割程度にあたるという。
 朝鮮籍や韓国籍、日本籍の子供たち六十五人が通う第二初級学校は、敷地の約八割が都有地。学校がある枝川地区は戦前、ごみの埋め立て地に朝鮮人が強制移住させられた地域で、学校周辺の住宅地は市価の一割以下で都から住民に払い下げられた。
 都はこうした歴史的経緯に配慮し、一九七二年から二十年間契約で、同校に無償で土地を貸与。当時の土地使用貸借契約書は「契約終了後も学校用地として継続使用する必要がある場合は協議し善処したい」としていた。契約期限が切れた後、都と学園側は交渉を続けてきたが、拉致問題などで北朝鮮非難が強まる中、都は二〇〇三年に突然、立ち退きを要求。同年十二月に提訴した。
 学校側の弁護団は「学校を取り上げられるのではないかという子供たちの不安を解消できたことが一番の喜び。子供たちの教育権を保障する場であると都が認めて和解したのは重要な意義がある」との声明を出した。

虚妄の「同質性」を誇る文科相の発言や、排外主義やレイシズムを煽るヘイト・スピーチが吹きすさぶ昨今の日本社会の中にあっても、
多様な人びとが互いの多様性を尊重し合いながら共に生きていける社会へ向かう(あるいは、回帰する?)道のりを進む動きがたしかにあるのだ、そう感じさせてくれる、うれしい一報です。

以上、ニュース速報でした!


※関連記事
与野党、新たな対立軸!「人の多様性をどうとらえるか/国家と人間の関係をどうとらえるか」(2007.2.9)


Usagimasters

Banner2←多様性を押しつぶそうとする動きに、うさキック!


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ←多様性尊重の社会へ向けて、うさジャンプ!

« 保守・前衛、列島社会と日本・日本人 | トップページ | 「従軍慰安婦」問題が示す重大な岐路 »

ニュース」カテゴリの記事

国際人権法」カテゴリの記事

多民族国家ニホン」カテゴリの記事

差別、排外、レイシズム」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

連帯でGO!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61333/14188413

この記事へのトラックバック一覧です: 枝川裁判和解成立!:

» 東京都と朝鮮学校が和解 [東急不動産東急リバブル不買宣言]
学校法人・東京朝鮮学園が運営する東京朝鮮第二初級学校(江東区枝川)に東京都が立ち退きを求めた訴訟「枝川裁判」は2007年3月8日、東京地裁で和解が成立した。学園側が約一億七千万円の和解金を支払う代わりに、都が学校の敷地となっている都有地を学園側に譲渡する内容で... [続きを読む]

» イジメ構造の日本? [薫のハムニダ日記]
3月11日のハンギョレ新聞に掲載されていた高橋哲哉氏のコラムです。 やっぱり日本社会って、構造的にイジメの要素を持っているんじゃないかなぁ・・・。でも東京地裁での和解の成立は希望が持てる“成果”ですね。それではどうぞ。 日本の右翼による在日朝鮮人攻撃/高橋哲哉 今年の盧武鉉大統領の3・1節記念演説は、日本でも報道された。ところで最近、日本では在日朝鮮人総連合会(朝鮮総連)の“3・1節記念在日朝鮮人中央大会”をめぐって看過できない事件が起こった。この集会は3月3日、日比谷公園の野外音... [続きを読む]

« 保守・前衛、列島社会と日本・日本人 | トップページ | 「従軍慰安婦」問題が示す重大な岐路 »