複国籍PT


2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

あわせて読みたい

  • あわせて読みたいブログパーツ

« 海外で花咲くニホン文化!?『Super Twins』 | トップページ | テロの種まき、テロ対策!?(入管法改定案に関する国会会議録より) »

原発事故隠し→SLOW SMALL SIMPLE、そして人の連帯を!(『さらば、欲望の国』中村敦夫)

2007.3.15.18:00ころ

志賀原発で99年に臨界事故/北陸電、国に報告せず(京都新聞、2007.3.15)

 経済産業省原子力安全・保安院は15日、北陸電力志賀原発1号機(石川県志賀町)で1999年、定期検査中に89本ある制御棒のうち3本が誤って抜け、炉心の一部で核分裂反応が持続する「臨界」に達し、制御不能のまま約15分間、臨界状態が続く事故があったと発表した。
 当時の原発所長も経緯を認識していたが、事実関係を国に報告せず、引き継ぎの資料にも記載していなかった。
 保安院は記者会見で「臨界事故だった」との認識を示し、原子炉等規制法違反の疑いがあるとして15日午後、同社社長を呼んで厳重注意、1号機の運転停止と安全総点検、再発防止策の策定を指示する。また、北陸電から同日、報告書の提出を受けた石川県も、同原発に立ち入り調査した。
 緊急停止の隠ぺいは東京電力や東北電力で相次いで明らかになったが、保安院の担当者は「(臨界事故隠しは)東電、東北電より悪質だ」としている。(共同通信)

原発で大きな事故でも発生したら……。この列島社会で暮らす人たち(私も含めて)、どうなっちゃうのでしょう?

2つほど、原発関連のサイトを紹介します。

 ストップ浜岡原発
 美浜の会

さて、上のようなイヤなニュースが飛び込んできたのも、この本を紹介するうえでの天の助けなのかも知れません。

 『さらば、欲望の国』(中村敦夫・著、近代文芸社新書)

2003年6月に出版された新書です。

今月初めに、BLOG BLUESさんの

 革新リストラクチャリング(2007.3.1)

で紹介されていたその内容に、

「なんでもっと前に読んでなかったんだあっ!」

と激しく後悔。さっそく書店で取り寄せてもらいました。

新書判でありながら、すっごく読み応えがあります。けっこう時間がかかりました。

2003年の参院選直前に発行された本で、その時の選挙で、中村氏を代表とする「みどりの会議」は消滅してしまったわけですが、まさに「国家百年の計」「人類一千年の計」をもって政治を語り、創っていこうとした中村敦夫氏の視点と姿勢には、強く共感するものを覚えます。

そして、残念なことに、この本で指摘されている官僚国家の弊害なんか、今も何にも解決されぬままに放置されています。暴威を増しているとさえいえるかも知れません。
(「人類一千年の計」は私の造語です。こんな言葉でも使わないと、中村氏の構想は表現できないのではないかと思い、つくってみました。)

以下、同書の一部を紹介します。
文字色を変えてあれこれ強調したくもなりますが、今回は、それはナシで。

 SLOW SMALL SIMPLE の頭文字、私たちのスローガンです。  日本語にすれば、「ゆっくり」「小さく」「簡素に」ということでしょうか。

 これまでにお話してきたのは、無限欲望教に取りつかれてきた人類が、その限界を超えてしまい、戦争拡大や生命環境の破壊によって自滅しつつあるという事実です。

 こちらは、3Sとは対照的に、「もっと早く」「もっと大きく」「もっと高度」にと表現してもよいでしょう。禿山から急降下するこの流れの岸辺には、「新自由主義」とか、「グローバリズム」「アメリカン・スタンダード」「成長」「GDP」「開発」「科学技術」「競争こそ活力」「遺伝子時代」「核兵器」「大量生産・大量消費・大量廃棄」などとケバケバしい色彩で書かれた看板が林立しています。

 この流れはすでに汚染され、生物が消滅し、死臭が漂っています。いわば、「死の河」と言えるでしょう。

 3Sは、この流れの対極にある価値観であり、緑豊かな山から悠々と流れる「生の河」です。私が主張しているのは、人類史五百年で汚濁した流れから這い上がり、清流へ移動しようという大胆な提案です。

 それは、「人間の幸せとは何か?」という根本的な問いかけが根拠になっています。

 無限の経済成長神話を奉ずる信者たちは、人間の存在を「経済人」と断定しています。

 こうなれば、生産性の低い人間、効率の悪い人間は価値のない存在になります。中小零細企業に従事する人も、大企業に都合のよい時だけは人間扱いを受けますが、そうでなければ斬り捨てられるゴミのような存在です。

 年寄りも身障者も、経済人としては失格の邪魔者扱いです。女性は、将来の労働者を生産する妊娠用の器具と見られます。

 立派な経済人?になるには、人間性にまつわるすべてのものを排除する必要が出てきます。日常生活、社会生活の時間、行動、命、いや一喜一憂する感情ですら、貨幣価値に置きかえられ、数値として純化されてゆきます。

 私が言いたいのは、このような社会で、果たして人々は幸せに暮らせるだろうか、ということです。

 そんなはずはありません。

 私は人間の存在を、「経済人」ではなく、「自然人」だと考えています。

 人間は、自然の生態系の一部に過ぎないという考え方です。もちろん、動物として生き残らなければなりませんでしたから、知恵が発達し、自然に対して最も影響力の大きな生物として突出しました。しかし、ものには限度があります。世話になっている地球に負荷をかけすぎれば、自然から報復を受けます。

 二一世紀はそういう時代に入ったのです。

 他の動物は「小欲知足」ですが、人間は欲望を拡大することを目的化したため、大欲に狂って不幸になったと言えます。

「無限欲望教」が何を指すかなどは、ぜひ同書を読んでたしかめてほしいと思います。

ここで引用した部分を読んだとき、私の頭の中には、ワーキングプア柳沢発言「不都合な真実」大阪市の棄民政策など、つい最近考えさせられたばかりのさまざまなことが、次つぎに浮かんできました。

そして、経済成長至上主義の世の中のつらさが、人を人として扱わぬ差別的な意識や排外主義をも生み出しているのではないか。そんなことも思いました。

「人間性にまつわるすべてのものを排除する必要」を強いられるこの社会の中で、今もって、あちこちで、他人の痛みをわが痛みと感じ、あるいは、明日のわが身と想像力を働かせて、苦境に置かれている他者との連帯を求め、築き、人が人として幸せに生きられる世界へ変えていこうとする無数の努力が、あきらめることなく、続けられています。希望は、そこにこそあるのだと思います。

そうした無数の努力が、連帯が、広がり、そして一日も早く、できれば今夏の参院選の前にひとまずの実を結び、新たな社会変革への第一歩となることを、強く願います。
そして、その一助に、当ブログもなればと決意をあらたにした所存。
しゅわっぴょん!

関連記事のいくつか
1.現代世界の対立軸(2007.2.18)
2.改定教育基本法をひっくり返すために/「ワーキングプアII」再放送のお知らせと中国人研修生、「地獄への競争」(2006.12.17)
3.人として!(「もうひとつの日本は可能だ! 人間尊重の多文化・多民族・多国籍社会へ!」より)(2006.8.14)

 

A0045064_17364535_1

当ブログは、

格差社会の中では、この社会のマイノリティはさらに悲惨な状況に追いやられるだけだ、

戦争なんかに巻き込まれたらなおのこと!

という考えから、平和&公正な選択 へいこうせんに賛同しています。
(ブログ版「へいこうせん」はこちらです)


Shuwappy_1

Banner2←「無限欲望教」に、うさキック!


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ←SLOW SMALL SIMPLE に、新たな連帯へ向けて、うさジャンプ!

« 海外で花咲くニホン文化!?『Super Twins』 | トップページ | テロの種まき、テロ対策!?(入管法改定案に関する国会会議録より) »

おすすめサイト」カテゴリの記事

ワーキングプア、格差社会」カテゴリの記事

国際人権法」カテゴリの記事

地球環境」カテゴリの記事

外国人労働者・移住労働者」カテゴリの記事

差別、排外、レイシズム」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

連帯でGO!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61333/14267127

この記事へのトラックバック一覧です: 原発事故隠し→SLOW SMALL SIMPLE、そして人の連帯を!(『さらば、欲望の国』中村敦夫):

» 全日空機事故と「規制緩和という悪夢」 [アッテンボローの雑記帳]
 13日火曜日に高知空港で起きた全日空機による胴体着陸事故は、カナダのボンバルデ [続きを読む]

» 「国民投票法案」30日強行採決か? [競艇場から見た風景]
29日に委員会強行採決、30日に本会議強行採決となる可能性もあるのでは? 国民の意思を汲み取らず、十分な議論がされないまま、数の力に於いて「改憲推進法案」を強行採決させてはならない!22日に中央公聴会 国民投票法案で与党が単独議決衆院憲法調査特別委員会(中..... [続きを読む]

» 「さるかに合戦」自民VS国民 [酔語酔吟 夢がたり]
狡賢い猿に騙された蟹が栗、蜂、臼の応援を受けて猿を懲らしめると言う物語です。 一応、自民猿、庶民(若しくは野党)を蟹にしておきます。 [続きを読む]

» 成長という名の電車から降りよう [BLOG BLUES]
新自由主義ったって、別に新しくも何ともない。共産主義が勃興する以前の 言うなりゃ、原始資本主義である。せっかく修正したってゆうのに、 共産主義が自滅した途端、もとのもくあみ、原始資本主義。さしづめ、派遣労働は 平成の女工哀史か。持てる者が絶対で、持たざる者は唯々諾々と従うほかない 階級社会。おらァ、そんなのガマンできねえだ。階級闘争するべ。ってんで 共産主義が勃興する。あちゃ。新世紀に生きる僕らが、前世紀を生きる ことになるのか。んなバカな。オルタナティブな道が、きっとある。 探し出そ... [続きを読む]

» 原子力安全保安院は無能!無用!! [季節]
東北電力、女川原発1号機での緊急停止を国に報告せず。 まず電力会社の肩を持つつもりは全くないが、この報告の「範囲」で見るなら、現行の報告義務が、必要なものをのみ対象としているかどうかは見直すべきだろう。 安全性に関わらないものまでを厳しく規制するなら、隠蔽..... [続きを読む]

» さらばB層 [そいつは帽子だ!]
我々は手痛い敗戦を喫している そのことを忘れてはならない 「911郵政選挙」 敗因は メディアに踊らされた 我々国民の愚かしさだ 「もともと国民の関心は、年金や税制の方が上で、郵政は下の方だった。賛成派も反対派も郵政のことばかり話したからだ。小泉さんも『郵政』..... [続きを読む]

» 日中関係史考 [ 反戦老年委員会]
南京アトロシティズ(残虐事件) このシリーズも、前回の「満州」まで進めてきた。冒 [続きを読む]

» 高レベル放射性廃棄物の処分 [雑木帖]
 高知県安芸郡東洋町の町長が高レベル放射性廃棄物最終処分施設の候補地に応募して原子力発電環境整備機構が先月26日これを受領、列島がこの問題で揺れている。 [続きを読む]

» 六ヶ所村ラプソディーを観よう♪(>U [はにかみ草]
鎌仲ひとみ監督の「六ヶ所村ラプソディー」というドキュメンタリーは、本当に多くの人に観ていただきたい!と思う作品です。 六ヶ所村の再処理工場については、以前ここに書いたのですが、どのような映画か説明するため、オフィシャルブログの説明を引用します。 引用開始 映画の舞台になる青森県六ヶ所村は日本各地の原発から出る放射性廃棄物を処理する為の再処理工場が建設されたところです。今現在はウラン試験というテスト段階に�... [続きを読む]

» 天然「東京水」を飲んで、そして勝手に底上げされそうです [Like a rolling bean (new) 出来事録]
自分で低レベルの言説を繰り出してしまいそうな予感があったので、松岡なんとか還元水改め松岡ミネラルウォーター問題は、頭に来ていながらも横目で見るだけで、教育と東京を守る(笑)ことに精いっぱいだし、エントリーには挙げてなかったけれど、でも、やっぱり野党に飛び火しま... [続きを読む]

» 壊憲手続簡略化法(いわゆる「国民投票法」自公案)への反対方法の提案まとめ [村野瀬玲奈の秘書課広報室]
壊憲手続簡略化法(いわゆる「国民投票法」)の制定をめざして与党が憲法調査特別委員会で抗議の中を公聴会を強行採決したというニュース。(「保坂展人のどこどこ日記」から) 保坂議員も言うとおり、国民投票法案は単なる手続... [続きを読む]

» 国民投票法案は数で押し切り。日豪安保、イラク派兵延長も決める。暴君・安倍はマジにアブナイ! [日本がアブナイ!]
 やられたーーー!!! ( ̄Д ̄;) ガーン  昨日(15日)のお昼前のニュースを見て、思わずつぶやいてしまった。  私のアタマの中にある「憲法改正は民主的に!」コーナーに、大型トラックで突っ 込まれたような気分である。(ーー゛) <それだけ暴力的なムカつく行為なのだ。>  与党は、15日に憲法調査特別委員会を開き、そこで22日に中央公聴会を行なう ことと、そのあと1~2箇所で地方公聴会を行なうことを決めたいと野党側に提案した。 <形ばかりの公聴会を行なって、あとは採決に備... [続きを読む]

» 「辞任」を知っていますか。 [言ノ葉工房]
じゃぱんでは春らしく暴言花盛りですね。 「為政者」の資格に、 「失言」「暴言」「居座り」 という項目でもあるんでしょうか。。 そろいもそろってね。そろってね。 こちらはイギリスのおはなし。 英保守党の... [続きを読む]

» 「東京都知事選」(3)…浅野氏にマニフェスト案をおくった [dr.stoneflyの戯れ言]
 えーい、どんな批判がでようとも「浅野vs吉田」(今更メチル石原を選ぶ程、都民はBでないと祈る様に信じている)を標榜するのほほんとした拙ブログは、浅野氏がマニフェスト案を募集していることを知り、送っておいた。都民でないワタシは「全ての学校での日の丸君が代『強制』撤回」や「オリンピック誘致撤回及び監視カメラの増設停止」や「築地移転中止」……東京だけでなく全国に影響を及ぼす多くの案を送りたいのだが、それらは同志にまかせて、拙ブログのテーマのひとつである「公立保育園の私企業への売り渡し反対」に関...... [続きを読む]

» 知事選 黒川氏「仰天プラン」 [酔語酔吟 夢がたり]
告示まで一週間となった都知事選、主要4人の候補者のマニフェストも発表され、盛り上がって参りました。 [続きを読む]

» 天災か人災か・・・志賀原発臨界事故  これは立派な人災だ!! [防災情報館]
人の命を脅かす災害の種類にも,様々。取上げた原子力発電所の臨界事故も,事故ということで,会社の副社長が謝罪しているが,臨界を越えてメルトダウンなんてことになれば,事故なんていってられません。日本規模?いやなんといっても,メルトダウン世界規模の大災害...... [続きを読む]

» 原発とも同種ミス=「重要性認識」も公表せず−女川、浜岡、志賀の制御棒抜け [yahooニュースde教養人 ]
臨界に達する可能性があったことを認めたそうだ。 茨城の東海村の原発事故も忘れぬようにしてください! [続きを読む]

» 姑息なり、中電!〜浜岡原発制御棒脱落事故発表を尋問時間と同時に設定! [情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士]
朝日新聞によると、【中部電力の浜岡原発3号機(静岡県、沸騰水型炉、出力110万キロワット)で、91年の定期検査中に制御棒3本が想定外に抜けていたことがわかった。抜けた制御棒の位置がそれぞれ離れており臨界にはならなかったが、同じ沸騰水型炉の北陸電力志賀原発1号機で99年6月に起きた臨界事故が明るみに出たのを受けて、中部電力が19日公表した】。 中電がこの情報を記者発表したのは、午前... [続きを読む]

» 「スパイ義務法」あっさりと衆院通過 [競艇場から見た風景]
自民・公明・民主の賛成が圧倒的多数を占めあっさりと可決されちゃいました。 悲しいというより・・・アホらしくなって笑っちゃいますわ。#63895; #63896; #63894; #63893; もう「民主党」を「野党」と呼ばないこと!(肝に銘じましょう) 社民党・共産..... [続きを読む]

» 無限の経済成長などあるはずもない [競艇場から見た風景]
毎日新聞「ひと」=2月16日 環境をテーマにした推理小説を著した 中 村 敦 夫さん 東京都出身。東京外語大中退。72年放映の「木枯らし紋次郎」に主演。キャスターや脚本家としても活躍した。現在は俳優の傍ら仏教研究に励む。66歳 1期6年間務めた参院議員の時..... [続きを読む]

» アリンガノ・マイスとホクレアがヤップに到着 [ミクロネシアの小さな島・ヤップより]
ここんとこ、ニホンの1部の人々やメディアの間で、ミクロネシア、サタワル、ヤップなどが話題になっている。それは十分に知っていたが、わたしはきょうまでこの話題を避けていた。 そして今朝、ハワイイはオアフ島にあるPolynesian Voyaging Society(ポリネシアン・ボヤジング・ソサエティ)所属のカヌーで、ミクロネシアの島々を経由してニホンを目指しているホクレア(Hokule'a)と、ハワイイ島のNPONa Kalai Wa’a Moku o Hawai’i(ナ・カライ・ワア・モク・オ... [続きを読む]

» 「改憲国民投票法案情報センター」が開設されました。 [風太郎の労働相談奮闘記]
{{{【改憲法案の最新情報は「改憲国民投票法案情報センター」で入手しよう!】}}} 一橋大学大学院教授の渡辺 治氏等による「改憲国民投票法案情報センター」が開設されました。 最新情報から過去の情報までこのサイトで分かります。法案成立阻止のため、活用しましょう。 「改憲国民投票法案情報センター」→http://web.mac.com/volksabstimmung/ {{{【以下、同サイトの設立趣旨からの転載記事です】}}} 憲法改正のための手続きを定める国民投票法案が今国会にか..... [続きを読む]

« 海外で花咲くニホン文化!?『Super Twins』 | トップページ | テロの種まき、テロ対策!?(入管法改定案に関する国会会議録より) »