複国籍PT


2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

あわせて読みたい

  • あわせて読みたいブログパーツ

« 「反レイシズム」で闘う人は「反日」か/大阪府警が滋賀朝鮮初級学校へ不当な強制捜索 | トップページ | MMR「ワーキングポアが暗示する衝撃の未来絵図」〜「長居公園ホームレス強制排除」/派遣労働と住居 »

坂中・元東京入管局長に御用心

2007.2.5.09:45ころ
(2007.2.5.10:2ころ、この色の部分を追記)

さわやかな週明けを迎える予定が、ウェブを巡回していて、朝から不愉快にさせる名前に遭遇してしまいました。

トヨタに社会貢献を求める元東京入管局長(天木直人のブログ、2007.2.3)
に登場する、坂中英徳・元東京入管局長です。

坂中氏については、
シンポジウム「入管体制50年をふりかえる─日本はこのままでいいのか?─」(2003.12.18、JANJAN)
『マタンゴ』(2005.5.30)
で、かなり前に書いたことがあります。

最近でも、入管法改定に関する国会会議録シリーズの共謀罪審議に松島みどり議員が登場で、ちょっと紹介しました。

坂中氏は、東京入管局長として展開した施策を通して「外国人は犯罪者(予備軍)だ」という偏見(間違ったイメージ)をさんざん巻き散らかしてきたうえで、「その偏見を払拭するために外国人は指紋を提供すべきだ」などという論理(衆院法務委員会で松島みどり議員の語った論理と同じです)を毎日新聞のインタビューの中で展開していたのです。盗人猛々しいというか、腹立たしいというか。

同じような時期に、東京都の治安対策担当部長をしていた(させられていた)久保 大氏と比べると、そのあまりの違いに慄然とさせられます。

これまでの氏の言動から垣間見えるのは、「人を格差づけていくこと、階層化することを自明とする精神構造」です。
不法滞在者を犯罪の温床などとウソ八百を並べ立てて、人権保障の埒外に置こうとしてきたことはそれを如実に物語っていますし、そのような政策の危険性は、虚構の上に立ついやしの「極右」か、現実の上に立つ節度ある「極右」かで触れてきたとおりです。
思えば、国連マンデート難民をトルコに追い返したのも、坂中・東京入管局長(当時)でした。

ですので、天木直人のブログで坂中氏の発言の要旨を読んだときも、ああ、坂中氏らしいなあ、と思いました。
毎日新聞、こんなやつに発言の場を与えるなよ、とも思いました。
だから購読止めたんだぞ、とも。

まあ、ここまでは、いつもと変わりません。

しかし、その後、急激に不安を覚えたのは、ひょっとすると、天木氏までがその意見におおいに賛同している、そんなふうに広く思われたらかなわんんぞ、ということです。

以下で、「天木直人のブログ」から引用させていただきながら、その不安について説明しますと、

外国人労働者の厳しい生活を見て見ぬ振りをして生活環境を整えることには消極的な企業に、受け入れ拡大を主張する権利はないと言う。まさに正論だ。

ここまでは同意します。しかし、問題はその先です。

 その上で坂中氏はトヨタに真剣に検討してもらいたいと次のように提案する。日系ブラジル人の子供を教育訓練する「トヨタ職業訓練学校」を創設してもらえないかと。トヨタ系列の工場で働いている日系ブラジル人の子供を、時間をかけて熟練技能者に育て上げ、親の後継者としてトヨタグループの正社員に採用する、というプログラムはトヨタにとっても有益ではないかという。

「ちょっと待ったあ!」と、私としてはツッコミを入れざるを得ません。

熟練技能者に向く子もいれば、そうでない子もいる。そのあたりをまったく考慮に入れないで「ブラジル人の子どもは熟練工としてトヨタで働け」と言わんばかりの発想が、「出自や在留資格による人の階層化」を押し進めようとしてきた坂中氏らしいです。

「トヨタ職業訓練学校」なんかをつくるよりも、外国人学校への支援を積極的に行うとか、「かんばんシステム」に象徴される「下請け」搾取、「派遣労働者(含・外国人)」搾取の生産システムをあらためるとか、労働時間が短くてもまっとうな収入が得られるようにしてたとえば日本語の勉強なんかをしやすい環境を整えるとか、不安定な雇用をなんとかするとか、本当に取り組んでもらうべきことは、他にあるはずです。
しかし、坂中氏には、そんな発想があるわけないんでしょう。

さすがに天木氏は、すぐに続けて、次のように書いています。

 職業訓練所をトヨタがつくるところまでいかないにしても、トヨタが率先して外国人労働者の福利厚生に範を垂れる事は必要ではないか。定住外国人を育成し、日本社会の一員として正当に受け入れる努力をする、それがトヨタのような大企業の責務であるという坂中氏は言いたいのだ。

ですので、坂中氏の「トヨタ職業訓練学校」構想に直接、全面的な賛意を表しているわけではないのでしょう。

率先して外国人労働者の福利厚生に範を垂れる

抽象的ではありますが、求められるのは、まさにそこでしょう。坂中氏の提案より、よほど真剣に論議されるべき指摘です。

しかし、そこまでじっくり読み取ってくれる読者がどれほどいることか。
よほど注意しないと、「天木氏が坂中氏を絶賛!」などという論評があちこちを駆け回りそうで、怖いのです。

そんなわけで、坂中氏の発言の底にあるものに気づかぬまま、坂中氏の発言力が増していくのを喜ぶ人が増えたらかなんなあと、大きな不安を覚えつつ新たな週が始まったわけでした。鬱。

(参考書籍)
『外国籍住民との共生にむけて/NGOからの政策提言』(移住労働者と連帯する全国ネットワーク編著、現代人文社)
『日本が多民族国家になる日』

(関連記事)
「外国人犯罪」の宣伝と報道(英訳付き、コムスタカー外国人と共に生きる会)他(2006.07.07)
『治安はほんとうに悪化しているのか』東京都治安対策担当部長(前)の懺悔あるいは告白(2006.07.16)
在留許可求め、東京入管前でデモ/「治安悪化説に異論」(東京新聞インタビュー)(2006.09.24)
虚構の上に立ついやしの「極右」か、現実の上に立つ節度ある「極右」か(2006.11.19)
【超お薦め!】『犯罪不安社会』を読んで、明るい2007年へ!(2006.12.25)
【「外国人犯罪」不安にどう立ち向かうか/「来日外国人」数の試算(2007.1.3)
「リピーター=凶悪犯」か?/人と人との連帯の可能性と素晴らしさと(2007.1.12)
法治国家で窮鳥懐に入れば大岡裁きに遠山桜!/在留支援のためのお願い2つ(2007.1.23)


インターネット新聞『JANJAN』
『マヤカシの「外国人犯罪増加」論〜「人種差別」と「棄民」を生む社会の行方〜』(2004/04/15)
『マヤカシの「外国人犯罪増加」論〜「人種差別」と「棄民」を生む社会の行方〜』(全4回の第2回)(2004/04/16)
『マヤカシの「外国人犯罪増加」論〜「人種差別」と「棄民」を生む社会の行方〜』(全4回の第3回)(2004/04/17)
『マヤカシの「外国人犯罪増加」論〜「人種差別」と「棄民」を生む社会の行方〜』(全4回の第4回)(2004/04/18)


Usagimasters

Banner2←何か感じていただけましたら、クリックひとつ、お願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ←「おおっ」と思われたら、クリックひとつ、お願いします。

« 「反レイシズム」で闘う人は「反日」か/大阪府警が滋賀朝鮮初級学校へ不当な強制捜索 | トップページ | MMR「ワーキングポアが暗示する衝撃の未来絵図」〜「長居公園ホームレス強制排除」/派遣労働と住居 »

2006入管法改定」カテゴリの記事

おすすめサイト」カテゴリの記事

ワーキングプア、格差社会」カテゴリの記事

国際人権法」カテゴリの記事

外国人労働者・移住労働者」カテゴリの記事

差別、排外、レイシズム」カテゴリの記事

教育基本法」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

粉砕! プロパガンダ」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

連帯でGO!」カテゴリの記事

難民」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ。

こういう地道な粘着行為(失礼!)って絶対必要ですよね。特に確信犯に関して注意喚起としてそのハンドル名ならぬ固定名を把握することは敵を大きくかつ漠然と認識するのと違って危機レベル、そして対処法が格段に上がります。また別に官僚や記者を組織から剥がして一個人として晒すことで、組織に寄りかかって甘えている連中に対しては、恐怖に近い感情を抱かせることでなんらかの抑止効果をもちうるかもしれないと夢想します。

遊鬱さん、おはようございます。

>こういう地道な粘着行為(失礼!)

全然失礼じゃありません(^^)v。私、遊鬱さんのブログ、素直に、すっげー!素晴らしい!と思ってるので、なんだかちょっと光栄な気分であります!

件の坂中氏の行動を見ていると、久保大氏への好感度がアップするばかりで、ああいう告白が在任中にできるような雰囲気というか環境をじわじわつくっていければなあとも思います。
抱えた夢想の現実化に向けて、今後も地道に粘着、やっていきましょう!!

半年以上前のエントリに今更コメントで恐縮です。
あれこれ、入管難民法関連の文章を読んでいると、坂中氏の「トンでもさ加減」が垣間見えて恐ろしい限りです。
彼の困るところは、「一見、在日外国人のためを思って発言している振りをしながら、その裏では何とかして彼らと在日日本人とを(バックグラウンドとして持つ文化以外の点で)区別し、格差社会の最下層に組み込もうとする発想を持っている」という点です。
『日本の外国人政策の構想』にそんなように取れることを書いてあったような気がします。

結局、自分の視点からすると彼は「出入国管理バカ」であって、それ以外の社会の状況についてはきちんと分かってないみたいです。

Sola さん、はじめまして。コメントありがとうございます。

>「一見、在日外国人のためを思って発言している振りをしながら、その裏では何とかして彼らと在日日本人とを(バックグラウンドとして持つ文化以外の点で)区別し、格差社会の最下層に組み込もうとする発想を持っている」

同感です。坂中氏は新しいカースト制度のようなものを日本社会に定着させたいと考えている、そうとしか思えないんです。
ですので、坂中氏の言説を利用しようとする動きを目にするたびに、ぞっとしてしまいます。
そしてさらにおそろしいのは、その方向に日本の政策が動き続けているとしかまた思えないところです。

『日本の外国人政策の構想』、未読なんですが、機会があれば立ち読みしてみます。買うのはシャクだし、図書館で注文するのもヤハリしゃくですので。

今後ともよろしくお願いします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61333/13795246

この記事へのトラックバック一覧です: 坂中・元東京入管局長に御用心:

» 韓国独裁政権時代の司法部 [薫のハムニダ日記]
コメント欄で「日本を批判してばかりで、韓国を持ち上げるなんて、キイキイ」という匿名さんからのご指摘があったからというわけではありませんが、韓国の独裁政権時代の反省を促すハンギョレ新聞(1月31日)の社説を翻訳してみました。 以前の死刑廃止リレーエントリーでも少し触れましたが、朴正煕の独裁政権時代は一般犯罪者のみならず、政治犯もがんがん死刑にしていました。そしてその政治犯として死刑が執行された人(まだごく一部)に対して、再審裁判で無罪判決が言い渡されました。 まだまだ過去の負の遺産を数多く... [続きを読む]

» 悪い奴ほどよく眠る!・その1とその2 [晴天とら日和]
悪い奴ほどよく眠る! その1 2007年02月05日13時25分 厚労相には引き続き国民の立場で責任を果たしてほしい [東京 5日 ロイター]  塩崎恭久官房長官は午前の記者会見で、4日行われた愛知県知事選と北九州市長選で苦戦したことについて、柳沢伯夫厚生労働....... [続きを読む]

» フィリピン女性はなぜ追放された [佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン]
私が指名していたフィリピン人の女の子は、入管に捕まってしまいました。(Espresso Diary@信州松本:社民党が吼えても歴史は進む)  斉藤さんにはご愁傷様ですと申し上げるしかないけれど、どうもこの世界も政治の力学が働いているような。... [続きを読む]

» 教育者、義家弘介が堕ちる日カウントダウン開始〜驕れる者は久しからず〜 [冬枯れの街]
>『残念ながら我々は善人からよりも、悪人からより多く学ぶものである。』                     バートランド・ラッセル あーあ、結局いじめ自殺でマスゴミが例のごとく大騒ぎしてくれたことがここまで波及していましたか…とりあえず、今回はまずは福音、コメント欄で教えていただいたもの。 ヤンキー先生(義家弘介)着ボイスに登場! >ケータイ着メロ配信サイト「Fヨコ SOUND♪」のDJボイスに1月5日からFMヨコハマの人気番組「Y-Y-Y」 (金 25:00〜27:00)のパーソナリティ... [続きを読む]

» 6か国協議だけを目立たせて電波法改正こそこそと・・・ + 国民投票法案 [わんばらんす]
■「国民投票法案」 自公・・・「今国会で強行採決も辞さない構え!」 で一致。民主党へ意見の集約を促しているようだけど、これはもう脅し・・・。 小沢党首の真っ直ぐな男気を・・・信じています!!! <わんばらん... [続きを読む]

» 自動車産業のノウハウがお手本ですか?! [とむ丸の夢]
23日の衆議院予算委員会でアベ総理は、自民党の深谷隆司氏に答えて、中小企業に対して「競争力の高い自動車産業のノウハウを普及させることも必要だ」と述べています。以下にどのような文脈でその言葉が出てきたのか記してみます... [続きを読む]

» 浅野新都知事!勝手に進める会 [kimera25]
迷走が迷走を生む民主党の都知事候補者選び。同等の松下グループは党からの菅追い落としをはかり、官氏を担ぐのではなく追い落としのための出馬を図る。全くへんな党である。こんなのに惑わされてはいけない!私たちは、政党主体の「上から下」の発想ではなく、私たちの手で都知事としてふさわしい人を、魔物が住んでいる利権と私欲の都庁に知事を送り込もう。東京の世直しだ。弱者抹殺・小姓政治の強権政策を福祉中心の社会に東京から日本を変えよう!その新知事は浅野史郎氏!コ... [続きを読む]

« 「反レイシズム」で闘う人は「反日」か/大阪府警が滋賀朝鮮初級学校へ不当な強制捜索 | トップページ | MMR「ワーキングポアが暗示する衝撃の未来絵図」〜「長居公園ホームレス強制排除」/派遣労働と住居 »