複国籍PT


2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

あわせて読みたい

  • あわせて読みたいブログパーツ

« 究極の理論・外国人労働者「必然論」とは何か?(『日本が多民族国家になる日』より) | トップページ | 『戦争の抑え方☆軍備オフ ICCでつくる戦争のない世界』 »

テロ犯と誤認、11億円賠償:カナダ首相、第三国移送で謝罪(追記:中国残留孤児訴訟・東京地裁判決と日本政府)

2007.1.31.18:00ころ
(2007.02.01.6:35ころ、この色の部分、追記)

テロ犯と誤認、11億円賠償/カナダ首相、第三国移送で謝罪(京都新聞、2007.1.28/紙面版では1.29朝刊)

【ニューヨーク28日共同】国際テロ組織アルカイダの要員と誤認されたシリア系カナダ人男性が2002年、米国内で拘束後、シリアに強制移送された問題で、カナダのハーパー首相は26日、カナダ警察が米側に誤った情報を伝えたのが原因として男性と家族に謝罪、1050万カナダドル(約10億8000万円)の賠償金を支払う方針を発表した。
 男性はシリアで1年近く拘置され、繰り返し拷問されたと主張。米主要メディアは、米政府が外国の治安機関と協力して外国人テロ容疑者を拘束、過酷な取り調べを受けさせるため中東諸国などに移送しているとされる問題の実例と伝えた。
 この男性は情報技術者マヘル・アラル氏(37)。ハーパー首相は同氏を警戒対象者リストから外すよう米政府に求めたが、米側はテロ組織との関係が疑われる理由があるとして現時点でこれを拒否しており、両国間の外交問題にも発展しかねない雲行きだ。(共同通信)

拷問があったとの認定が、賠償金の金額に影響したのだろうと思います。

さて、昨春改定された日本の入管法(「出入国管理及び難民認定法」)では、入国審査時に「テロリストとして上陸を禁止された外国人」の入国を拒否し、送還するシステムや、法務大臣が「テロリスト」と認定した在日外国人を退去強制するシステムが導入されました。

それらのシステムが誰かをテロリストと誤認し、その結果、マヘル・アラル氏と同じような目に遭ったというケースが表れたとき、日本政府は同じように賠償金を支払うことになるのでしょうか。

今回の賠償金額は国際的な先例として残るわけですが、「自国民に対する賠償」という点で、「外国人をターゲットとする日本政府のテロリスト認定システム」とは微妙に違います。また、日本政府が当初予定している生体情報採取・保管・流用システムの年間予算70億円の16%近くに相当します。もし裁判などでこれだけの金額を請求されるなどすれば、あれこれ理由をつけて、日本政府は支払いを渋るような気がします。値切る気がします。
現政権の人権感覚・人権意識は、柳沢厚労相(まだ辞めてないかな?)の例の発言やそれに対する安倍首相の非常に寛容な態度に見られるように、極めて乏しいわけですし。

もちろん、人権感覚・人権意識の富んだ新しい政権ができれば話は別です。そういう政権なら、この生体情報採取・保管・流用システムの運用自体を取りやめるでしょうから、あれこれ心配する必要はなくなるはずです。前政権の失敗の尻拭いを除いては。

いずれにせよ、関連する国会会議録を読む限り、こういった事態を、日本政府は想定していないような気がします。
なにしろ、収集した指紋などの生体データが流出した場合にどんな被害が生じるのかという「プライバシー影響評価」(PIA)すらせぬままに、日本政府は入管法改定案を国会に提出していたのですから(杉浦法務大臣:5月16日:発言番号037)。
まあ、その場で「検討する」と言っていたので、さすがにその後、もうやっていると思いたいですが、どうも心配です。現政権の人権意識・人権感覚の乏しさが、ますますもって白日の下に曝されつつある昨今の様子を見れば、なおさらに。

昨日の報道によれば、日本人対象でも、こんな地裁判決がありました。
1人あたり3300万円の損害賠償請求を、国は争ってきている、と。

国の責任認めず=早期帰国、自立支援義務なし−中国残留孤児訴訟・東京地裁(時事通信社、livedoor NEWSより)
 首都圏の中国残留日本人孤児40人が、早期帰国の実現や帰国後の自立支援を怠ったとして、国に1人当たり3300万円、総額13億2000万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁(加藤謙一裁判長)は30日、「早期帰国実現などの法的義務はなかった」として、国の賠償責任を認めず、請求を棄却した。全面敗訴の判決で、原告側は控訴する方針。
 残留孤児が全国で起こした集団訴訟のうち、判決は3件目。先行した判決では、神戸地裁が国の責任を認めたが、大阪地裁は訴えを退けている。
 加藤裁判長は、旧満州(中国東北部)への国の移民政策と原告らが孤児となったことの因果関係について、「法的な賠償義務の発生根拠となる関係があるとは断定できない」と述べた。その上で、国の実質的な植民地政策や戦争政策は高度の政治的判断に基づくとして、「本来、司法審査の対象ではなく、戦前の国策も例外ではない」と判断。「司法審査対象外の国の政策を、作為義務を発生させる先行行為として取り上げ、法的判断を加えることは疑問」と言及した。旧憲法下では、国策が前提となって発生した事態について国家賠償請求権を認める例はないとして、「孤児らの被害は戦争損害の範疇(はんちゅう)」と指摘。法律上の根拠がないのに、国家賠償義務を認めることはできないとして、「国に早期帰国実現と自立支援の法的義務はない」とした。 

小日本の冬:中国残留孤児判決に 残留孤児敗訴 「正義のため闘う」 /神奈川(網谷利一郎・記者、毎日新聞、2007.1.31:livedoor NEWSより)
 ◇県内12人、無念さ訴え
 原告敗訴となった30日の東京地裁の「中国残留孤児訴訟」で、傍聴した県内の原告12人は「中国に置き去りにされてから61年余り。政府も裁判所も冷たい。正義のため、控訴して闘う」と無念さを訴えた。
 午後1時50分過ぎ、法廷から出てきた原告の山本斗南さん(63)=横浜市泉区=は「若い裁判長は戦争の実態も孤児の実情も分かっていない。夫婦で月7万円余の年金でがんばっているのに、本当に冷たい判決だ」と顔を紅潮させた。
 東京地裁の2次訴訟原告の笠松恵子さん(66)も支援にかけつけ、死亡原告の遺影を胸に地裁の外で待っていた。横浜市営住宅に夫(69)と中国人養母(96)と暮らす。ホームヘルパーで働き月に12万円ほど。「中国で55年間も苦しみ、帰国して10年余りも我慢してきた。国も裁判所も孤児を見捨てている」と涙声で話した。
 午後3時、原告弁護団の記者会見で原告代表の清水宏夫さん(69)=横浜市港南区=は「国の責任を認めた神戸地裁判決(昨年12月)に比べ、なんでこんなひどい判決が出るのか」と裁判所により判断が分かれる現状に疑問を投げかけた。
 関東軍元憲兵で原告団代表相談役の菅原幸助さん(81)=鎌倉市=は午後4時過ぎ、杖(つえ)をつきながら孤児に生活支援金の立法化を求め、議員会館を訪れた。「せめて北朝鮮の拉致被害者並みの保障を実現したい。安倍晋三首相に面会を求めているが、返事が来ない」と話す。「残り時間は孤児も私も少ないだけに、原告団の立て直しも必要となろう」と今後の対応に苦渋の様子もうかがわせた。

「せめて北朝鮮の拉致被害者並みの保障を実現したい。安倍晋三首相に面会を求めているが、返事が来ない」

だそうです。

その後、安倍首相との面会はなって、話題の柳沢厚労相が「今年の夏まで(つまり参院選前まで?)に新支援策を作る」と約束したようですが、原告の控訴に対して争う姿勢は撤回していないようです、やはり。

<中国残留孤児>訴訟原告団代表9人が安倍首相と面会(毎日新聞、2007.1.31:livedoor NEWSより)
 安倍首相は31日午後、首相官邸で中国残留孤児集団訴訟の原告団代表9人と面会した。孤児らが新たな給付金などの生活支援制度創設を求めたのに対し、首相は「今までも対応を講じたが不十分だった。新たな対策を考えたい」と約束。また、この後原告団と会った柳沢厚生労働相は、新支援策を今年夏までに作る考えを伝えた。

「入管法改定案に関する国会会議録より」シリーズの、議員さんたちのサイトなどへのリンクがきちんと張れていないことに気づき、修正しました。ワードで作ったデータをコピペしてたのですが、「"」が変な文字に勝手に置き換えられてたみたいです。ご不便おかけしてたかも知れません。どうかご容赦をm(__)m。


「入管法改定案に関する国会会議録より」シリーズ
1.【入管法問題】参院・衆院与党議員への宣戦布告(2006.05.09)
2.平沢勝栄議員の「テロ予告」!?(2006.09.22)
3.「またテロですよ!」(非国民通信)を読んで(2006.10.15)
4.共謀罪強行採決阻止のためのお役立ち情報、かも。(2006.10.20)
5.共謀罪審議に松島みどり議員が登場(2006.10.22)
6.教育基本法をイジる前に「外国人・民族的マイノリティ人権基本法」「人種差別撤廃法」の制定を!(2006.11.12)
7.「寛容の精神」のない国と、他の人間を平気で「人間以下」と見下す者/「多民族共生教育フォーラム2006愛知」から教育基本法改定を目論む日本政府へ(2006.11.13)
8.河野洋平・太郎父子、塩崎恭久&石原伸晃、議会制民主主義の破壊(2006.11.16)
9.「望ましい監視社会」!? 荒井正吾・参院「教育基本法に関する特別委員会」委員長(予定←変更アリマシタ)(2006.11.16)
10・外国人実習生への性暴力/植草一秀氏事件から見える「適正手続」問題(2006.12.27)
11.外国政府・メディア・市民に知られまいと日本政府が隠す目的(2006.12.30)
12. 「永住者」の扱いに関する立法事実と、政府による議会制民主主義の破壊(2007.1.10)
13.衝撃or当然(?)の検索フレーズ/政府と女性蔑視/国民投票法案バナー(by SOBAさん)(2007.1.28)
14.テロ犯と誤認、11億円賠償:カナダ首相、第三国移送で謝罪(2007.1.31)
15.テロの種まき、テロ対策!?(2007.3.17)
16.外国人の生体情報採取・蓄積・流用システムの問題点(2007.9.4)


Shuwappy_1

Banner2←何か感じていただけましたら、クリックひとつ、お願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ←「おおっ」と思われたら、クリックひとつ、お願いします。

« 究極の理論・外国人労働者「必然論」とは何か?(『日本が多民族国家になる日』より) | トップページ | 『戦争の抑え方☆軍備オフ ICCでつくる戦争のない世界』 »

2006入管法改定」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

国際人権法」カテゴリの記事

戦争・平和」カテゴリの記事

海外事情」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。いつも情報量の多い記事ありがとうございます。質問があるのですが、文中に「日本政府が当初予定している生体情報採取・保管・流用システムの年間予算70億円」というくだりが出てきました。その情報源はどこになるでしょうか?もしくはそれはどこを調べればわかるでしょうか?お暇でしたら教えてください。

一読者さん、こんにちは。

「70億円」というのは、昨春の国会での審議で出てきた数字です。
たぶん最初に出てきたのが、3月22日、民主党の平岡秀夫議員の質問のときです。
河野副大臣が、「システムのスペックを固めてからでなければ正確な金額はわかりません。最低70億、もし指紋の判定のレスポンスタイムを短くするというならば、100億円」の経費がかかる、と語り(3月22日:発言番号084)、その後はこの金額の中に70~80年間保管して利用していくための予算が含まれているのか(つまり法案の趣旨説明にない利用方法もこの金額に含まれているのか)が議論されていきました。

法案可決後の実証実験などの結果、予算規模が変動している可能性はありますが、ひとまず現時点では年間最低70億円はかかると考えてよいのではないかと考え、記事ではこの数字を使いました。

国会会議録は、下記サイトで検索できます。
http://kokkai.ndl.go.jp/

おは陽さんです。こんな↓情報が。
http://mrta1975.cocolog-nifty.com/thethe/2007/02/post_f2ed.html
そん評価は
#comment-11837031
にて。けっ、蛸壺! か? 
タコが自分のお足喰っている様な・・虚しさがある・・。

ほなまた。
でもカナダも凄いね~。ブッシュへの当て付けかな?

ivanatさん、こんばんは。
情報、ありがとうございます。

「伯夫つけて辞任回避」、うまい、一本とられた、っていうタイトルです(^^)。

なんだかもう、実際に苦労してる(させられてきた)人たちのことなんかどうでもいい、って感じの裏事情が透けて見えますね。
厚労省や官邸が、こんな小手先の処置で内閣支持率がアップするなんてマジに考えているとしたら、ため息こぼれます。
でもせっかくだから、イラン人一家強制退去の件なんかも内閣支持率アップのために、方針をどんどん改めていってくれた方がありがたいかも。

カナダの記事中の一件での賠償額にはびっくりしました。
ブッシュへのあてつけもあるのかも知れませんが、ともかく金額的に「日本では考えられん!」と、驚愕のあまり大笑いしてしまいました。笑いごとではないんですが。
こういう行動が出てくる国と日本のような国とでは、庶民・市民・国民(←どれが最も適切かわかりません)の国家観もまた全然違っているだろうなあと、SFだかファンタジーだかの世界をかいま見た気分です。


中国残留孤児の問題はソ連や中国人が悪いのであって、日本に文句を言うのは筋違いだと思うのですが。
台湾では残留孤児なんて出なかったんですけどね。この差はなんでしょう。
「正義のために」なんて言ってますけど、「自分の利益のために」の方が正確でしょう。金を請求しなければ、素直に同情できるんですけどね。


この裁判に仲さんは同情的だと思います。
そこで質問ですが、「日本政府の対応が遅くて、なかなか帰ってこれなかった」と
北朝鮮の拉致被害者が賠償金を日本政府に求めたら、仲さんは応援するんですか?

まあ、その前に「まだ拉致されている方々を日本に返還するよう母国に言ってくれ」と
北朝鮮人のお知り合いに進言していただけるようお願いします。

佐倉さん、

そろそろ佐倉さんの書き込みを禁止にさせていただこうと思います。どうかご自分のブログを立ち上げて、持論を展開してください。

初めての方へ、
佐倉さんについては、「佐倉さんへの提案」(2006.12.8)
http://ukiuki.way-nifty.com/hr/2006/12/post_df21.html
とそこで紹介しているエントリーをお読みください。

仲@ukiuki さん、おはようございます。お見舞い有り難うございました。
ところで、中々、大変ですね。
どうなんでしょう? ヒトラーやスターリン、或いは原爆投下命令をしたトルーマンが、えげつなく極悪非道やったとして、
例えば、僕が誰か見知らぬ人を殺したら、僕はそういった大量殺人命令者ほどじゃないから、無罪放免で大手を振るって街を歩けますか?
誰かが僕よりもっと酷いことをしていたとしても、それで、大して罪に問われてなかったとしても、やはり僕が何か悪さをすれば、僕は悪人です。ましてや殺人ともなれば、余程の情状理由(正当防衛)が無ければ、ね。

さて、指導者、国家の指導者ともなれば、どこの国でも戦争の決断せなアカン時、有ります。勝っても負けても殺人を命令せなアカン。僧侶やお坊さんとちゃいますから。独裁と闘う活動家もそうです。例えば、帝国と豪語していた頃の日本も、独裁者が君臨している北朝鮮も似ています。一切の反対派は牢屋か、前線送りです。こんな形で秩序を守っているといつかかならっず、崩壊します。歴史上の巨大帝国、何処も消えました。またあちこちに一杯作りたい人、仰山居るみたいですけど、ええ迷惑です。どうやったら、そうならへん(独裁国家がふえへん)か? 各国国内で、反対できる環境を整える以外おまへん。他所の国からの色々と手助けせなアカンでっしゃろうし。
やること仰山おまっせ~。ロシアも中国もトルコもインドもその他諸々、やっぱり欧米に比べたら、日本と比べても民主化の度合い、低いです。かといって日本が安泰とも言い切れません。民主化大先輩の英米でさえ、おかし~なることある位ですから。その分、引き返す術もよう知ってはるみたいやけど。
ここの被害者が、御自分の被害を最大限討ったえるのは、当然です。何の問題もない。1人の身体は一つ。動けること、訴えれることなんか、こんだけ問題が多かったら、手尽くせまへん。自分の仕事を納得づくで、ま、時々点検しつつするだけやね。拉致問題でもよし。権力の監視でもよし。核廃絶でもよし。どれが今の自分に重大問題か、どんだけの人の不幸に影響するんか、色んな角度から考え、その上でデッカイ方向性も、細かい動き方も決めんと(決めてる積もりやけど)、何やってんのか、僕もついつい、わからんようなります。嫌っている相手と、いつの間にか、同じ顔している自分に気付いたりして、落ち込む、言うたら好いんかな? 佐倉はんも、仲@さんも、気いつけんと、僕と同じ思いしまっせ~。
まあ、そんな感じです。
ほなまた~。

管理人さま。質問にお応えいただきありがとうございました。ついつい感謝の言葉を記すのが遅くなってしまいました。議事録まで記憶されてるのですね~。すごいです。

一読者さん、おはようございます。

昨春の法律改定に激しく猛烈にむかついた勢いで会議録を2〜3カ月かけて分析していくうちに、トリビア的な知識が身に付いてしまいました。
「そんなことしてるヒマがあったら他にやることがあるでしょ」という声が、相方や友人たちから聞こえてくるときもありますが、あれこれ理屈をこねて身をかわしています。でも、そろそろ限界かも(^^;)。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61333/13714081

この記事へのトラックバック一覧です: テロ犯と誤認、11億円賠償:カナダ首相、第三国移送で謝罪(追記:中国残留孤児訴訟・東京地裁判決と日本政府):

» NHK番組改変判決で、安倍の関与を認定+石原都知事には交際費の違法判決が! [日本がアブナイ!]
 大変だ~。書きたいことがたくさんあり過ぎて、アタマの中がまとまらない。  30日の国会の話も書きたいし<辻元氏の質問はGOODだった。自民党の青木参院会長 の「格差はある」発言、公明党の太田代表の「事務所費に領収書添付の提案」の話も 重要だし>。柳沢トンデモ発言はもちろん、事務所費問題の続報も書きたいし。  そこに当ブログのターゲット(?)「石原都知事に接待費を違法とする判決」は出るし。 さらに安倍氏も絡んでいた「NHKの番組編集に関する判決」も出たし。おまけに 「最高裁の... [続きを読む]

» 「いのちの危機管理体制」はなぜできないか [花・髪切と思考の浮游空間]
人の命を粗末にする国。その国日本の欠陥にメスをいれてきた柳田邦男氏が、「いのちの危機管理体制」を確立せよと訴えている(『現代』2月号)。 BSC問題、JR尼崎大惨事、エレベーター死亡事故――人々のいのちを奪う事件・事故に対して、政治家と官僚たちの当事者意識はあまりに薄い。国家として最優先すべきは行政改革ではなく、国民の「いのちの安全保障」なのである。 だが、こう主張する氏の考えとは裏腹に、政府与党は「行政改革」に血道をあげ�... [続きを読む]

» 藤田嗣治と戦争 [ 反戦老年委員会]
 「花・髪切と思考の浮遊空間」さんからTBを頂戴しました。お笑い芸人・太田光と画 [続きを読む]

» 佐藤優氏の2審有罪に抗議する [喜八ログ]
佐藤元分析官、2審も有罪 外務省関連機関の背任など 2007年01月31日 10:47 【共同通信】  外務省関連の国際機関「支援委員会」に学会参加費などを不正支出させたとして背任罪で起訴され、国後島の発電施設工事入札をめぐる偽計業務妨害罪にも問われた外務省の元主任分析官佐藤優被告(4...... [続きを読む]

» 生活維新! 以心伝心で国民に届け! [らんきーブログ]
憲法改正か生活維新か・・・。もう答えは出ている。 もうこのブログを読みに来てくださる皆さんにあえて問う事は必要ないと思いますが、今、憲法を変える事に何の意味があるのか? 生活の格差問題をほったらかして、国民の間で... [続きを読む]

» フランスの良識。ニホンの非常識。 [言ノ葉工房]
大臣任命する人だあれ?はーい、総理です。そうですね。その大臣にふさわしくない人任命しちゃったのだあれ?はーい、総理です。そうですね。こんな政権どうなのよっ。そうだ、政権交代しよう!追加キャンペーン! 昨日の柳沢... [続きを読む]

» 格差社会からレボリューション [BLOG BLUES]
いま思えばですが。世界が最も輝いていた年、1969年。 僕は、高校1年生だった。作家村上龍は、高校3年生だった。 その作家の追憶から生まれた作品「69」。僕の最も愛する小説であり、 僕のことを知りたかったら村上龍の「69」を読んでくれよ、 あの小説の主人公は、僕です。と言って憚らなかった。 それっくらい強いシンパシーを抱いている。 思うに村上龍は、 日本人社会特有の横並び意識、 閉鎖的ムラ体質が、嫌で嫌で たまらない人間なのだろう。 もう、よーく分かります。 分かり過ぎるほ... [続きを読む]

» 再生会議の「失言」とそこからの連想 [Like a rolling bean (new) 出来事録]
今日の教育再生会議関連のニュースアラートから、下記の話題を知りました。 再生会議の内容そのものが井戸端会議ですが、役人が渾身をこめて、さらにアベに100点満点だと絶賛された報告書ですら、こんな人権軽視があり、与党内からも強い非難がなされています。 日経 2007/... [続きを読む]

» ICCが初公判へ/裁判員制度フォーラム [人工樂園]
 ICCの歴史的な初公判が開かれることになりそうです。  【ブリュッセル29日時事】個人の国際犯罪を裁く国際刑事裁判所(ICC、オランダ・ハーグ)は29日、コンゴ(旧ザイール)の武装組織指導者トマ・ルバンガ容疑者(46)が子供を戦闘要員として徴用した容疑が固まったとして、公判を開始することを決めた。2002年7月に設立条約が発効して以来、 ICC初の裁判案件となる。公判は年内開始の見込み。  (時事通信1月30日「コンゴ武装組織指導者の裁判開始へ=設立以来初の案件−国際刑事裁」/配信元:Ya... [続きを読む]

» NHK番組改編事件判決書全文、NPJにPDFで掲載! [情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士]
NHK番組改編事件判決については、【半面、この判決が判例として確定し、取材される側の期待権が広く認められれば、重大な副作用を持つ恐れもある。報道機関は、取材活動で権力や権限を伴う立場の人と対立する場合がある。取材される側が望まないことも必要なときに記事にできないようでは、報道機関の名に値しない。仮に、取材される側の期待権を常に念頭に置いて取材活動をしなくてはならなくなれば、自己規制の心理が働き、委縮する恐れがある。こ... [続きを読む]

» ♪♪青いスイートピー?♪♪ [ミクロネシアの小さな島・ヤップより]
誰かさんの大チョンボで、天皇陛下のご都合も聞かずに国怪国会召集日を決めたため、ニホン始まって以来の大珍事、国怪が招集された翌日に、憲法の規定にのっとり天皇陛下ご出席のもと、国会が召集されたり(※)、柳沢コーセーロードーダイジン様の、オンナは出産マシーン発言が世界中でニュースになったり(※)、まったくもって、海外でニホン人をやっていくのも恥ずかしくなるような今日この頃、みなさん、いかがお過ごしですか?(笑) ※参照 〇現役雑誌記者による、ブログ日記!by オフイス・マツナガ「国会召集 中川秀直幹事... [続きを読む]

» 柳沢厚労相のクビもとれない優柔不断なりアベシ+シンキロウ発言=自民党は○○ばっかり、ホ〜イホイ [晴天とら日和]
何時も、当ブログにご訪問いただきありがとうございます。 『 2月4日のメンテナンスのお知らせ いつもlivedoor Blogをご利用いただき、誠にありがとうございます。 下記の日程でサーバのメンテナンスを行います。 メンテナンス中は、livedoor IDの新規追加・情報変更・...... [続きを読む]

» 柳澤大臣の発言の撤回と辞任を要求します [薫のハムニダ日記]
「あいた口がふさがらない」とはどのような状態を意味するのか、思い知らしてくれた柳澤伯夫厚生労働大臣の辞任を要求する署名フォームがAgainst GFBというところにありました。なんかもうあの年寄りの存在自体が恥ずかしいので、速攻で署名して送ってしまいました。みなさんもよろしかったらどうぞ。 ***** 以下転載 *****  1月27日、柳澤伯夫厚生労働大臣が、集会で「少子化対策」にふれながら、女性について「生む機械、装置」と発言したことが報道されました。この発言に対し、4つの団体が... [続きを読む]

» おばさんをお嬢様と言っているだけの言葉にだまされない! [とくらBlog]
 華氏451度さんが、柳沢伯夫厚生労働大臣の、「女性は産む機械、装置」発言について、 そうではないのだ。たとえ「生む機械・装置」を「生む性」とか、あるいはキレイげに「人類を未来へつなぐ存在」とか言い換えたとしても、同じことである。言葉そのものの問題ではない。と書いておられて、そうなのよ! と つぶやきました。先日、みのもんたさんが、朝の番組で、柳沢大臣の発言を最悪だと批判したあと、「女性は、人間の遺伝子を継承する貴重な存在ですよ。私なんか、毎日拝んでますよ。」と話をまとめました。それを聞いて、何言っ... [続きを読む]

» 主(あるじ)なき家 [いわいわブレーク]
深い林の中の国道を車で走ると、時々壊れかけた茅葺の家を見かけます。廃屋となった家々。元々は小さな集落をなしていたのかなあ、なんて思いながら、脇を通過する。こんな立派な国道に面していても、住む人がいなくなるんは、なんで(何故)やろう? そんな疑問を思い浮か..... [続きを読む]

« 究極の理論・外国人労働者「必然論」とは何か?(『日本が多民族国家になる日』より) | トップページ | 『戦争の抑え方☆軍備オフ ICCでつくる戦争のない世界』 »