複国籍PT


2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

あわせて読みたい

  • あわせて読みたいブログパーツ

« 【閑話休題】巨大ウサギとうさぎ汁! | トップページ | 「リピーター=凶悪犯」か?/人と人との連帯の可能性と素晴らしさと »

ダルビッシュ選手と二重国籍

2007.1.11.11:40ころ

ダルビッシュが22歳まで国籍選択せず(日刊スポーツ、2007.1.6)

 日本ハム・ダルビッシュ有投手(20)が期限ぎりぎりまで熟考し、自身の国籍を選択することになった。現在父のイラン国籍と母の日本国籍の二重国籍を有するが、それについて父ファルサさんは「本人と話し合った結果、22歳までゆっくりと考えたいということだった」と明かした。日本の国籍法では22歳の誕生日までにどちらかを選ばなければいけない。年末年始の家族会議で、本人の意思を尊重することとなった。
 08年北京五輪代表も視野に入れた上での話し合いだった。五輪憲章では二重国籍の選手も、いずれかの代表になることが可能だ。ただ北京五輪は8月8〜24日に行われる予定で、ダルビッシュの22回目となる誕生日16日を挟む。そのため、早めの決断になるかと思われたが「五輪よりも国籍の問題は大きい」とファルサさん。人生を左右する大問題の結論を、じっくりと考えて出す。

父母どちらかの国籍を選択しろと強制するのは、心情的にあまりにも酷な話のように思います。
家族の統合という面からも、国籍があればいつでも家族・親族の元に駆けつけられるのに、国籍がないがゆえにビザを取得してから出発せねばならない、なんてこともあるわけでして、これまた残酷な話でありますし。

思えば、たしか宇多田ヒカルさんも、日米の二重国籍のままだったはずですし、ダルビッシュさんにも、二重国籍を維持することは可能なはずです。
日本政府も「イラン国籍を捨てること」までは強制できないわけですし、重国籍容認が世界的な趨勢になりつつある中、こうした制度を日本政府が強制力を持って維持していけるとは到底思えませんので。

とはいえ、国際大会に出場する可能性もある実力派スポーツ選手として、ダルビッシュさんは国籍の問題で追っかけ回されることになりそうです。
せめてスポーツ・ジャーナリストの皆さまには、ぜひとも重国籍に関する諸外国の諸状況、日本国内の諸状況をよく調査・検討したうえで、ダルビッシュ選手を追っかけ回してほしいと思います。
その際、IST請願の会をご覧いただければ、参考になるはずです。

IST請願の会が、重国籍の容認を求める請願署名活動を展開しています。趣旨に賛同いただける方は、ご協力よろしくお願いいたします。


Banner2←何か感じていただけましたら、クリックひとつ、お願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ←「おおっ」と思われたら、クリックひとつ、お願いします。

« 【閑話休題】巨大ウサギとうさぎ汁! | トップページ | 「リピーター=凶悪犯」か?/人と人との連帯の可能性と素晴らしさと »

スポーツ」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

制度の不備」カテゴリの記事

国際人権法」カテゴリの記事

国際結婚」カテゴリの記事

恋愛」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61333/13438344

この記事へのトラックバック一覧です: ダルビッシュ選手と二重国籍:

» 「夫婦別姓は絶対に否だ??」…いなだともみ愛の劇場 [dr.stoneflyの戯れ言]
 「なだいなだ」という作家がいて、一体どっちなんだ!? と、笑っていたが、しかし、どっちなんだ、という事もなく、いきなり「いなだ」と言われても……笑えない……、「いなだ・ともみ」である。ウソである、めちゃくちゃ笑える。腹を抱えておもいっきり笑ってしまった。笑いすぎて、く、苦しい、誰か助けてくれ~。  今年こそおフザケはなしで全てを真面目にエントリーしようと思ったのに、もはや駄目だ。完璧に壊れた。書け~、か~け~、か~ぁ~け~ぇ~、と呪文を唱える「かめ !」のgege師匠が悪い(笑)。 ...... [続きを読む]

» 文化の融合3 初稿『境界』&政治経済学の復権 [いわいわブレーク]
大き過ぎるテーマですので、切り口をどこにしようかと、戸惑います。 「政治経済学の復権」は、都留重人さんがある本で言われてたことですので、その関連で書くのが正攻法?だと思います。 というわけで、やはりマルクス。やはり19世紀最大の思想家だったと思います。今もフ..... [続きを読む]

» まやかしのカタカナ語を・・・使わないようにしよう!!! [わんばらんす]
今日もブログ紹介だけにさせていただきます。ごめんなさい!^^ ■今日のどこどこ ◆ 保坂展人のどこどこ日記 <「一票一揆」と「ストライキ」を考える> ― 以下引用 ― 与党は「権力を拘束する憲法」の立憲主義... [続きを読む]

» 安部晋三 有識者から24%の高支持率?(笑) まだ高すぎ! [らんきーブログ]
自分が何をやっているかわからない人が総理大臣をやっている不思議な現政権。ホワイトカラー・エグゼンプションが少子化対策に役立つと信じ、昨年末には、「今年の漢字 」では「命」が1位になったことを受けて記者からあなた... [続きを読む]

» 愛知県との仁義なき闘い:その5 [不動産鑑定士半兵衛の権力との闘い]
はじめてのかたは、トップページもお読み下さい1週間ほどして、愛知県より下記のとお [続きを読む]

» 天木直人氏がブログを再開 [カナダde日本語]
市民社会フォーラムのMLで天木直人氏が新年からブログを再開されたことを知った。天木氏の名前を初めて知ったのは、ヤマボウシさんの防衛省についてのメッセージでだが、天木氏のプロフィールやブログの説明に書かれている彼の... [続きを読む]

» 規範意識 [内申書制度の廃止を求めます]
伊吹氏の政治団体も不適切処理 事務所費で飲食代 http://www.asahi.com/national/update/0110/TKY200701100301.html つくいさんに教えて頂きました。ありがとうございます! 臨時国会で耳にたこができるほど「法律以前の規範意識」を繰り返していた伊吹文科相の、昨日の開き直り会見にはびっくり仰天でした。開いた口がふさがらないとはこのことです。 12月14日の参議院特別委員会で、自民党の鴻池議員がモラルの低下を嘆き、伊吹文科相に質問しました。まるで... [続きを読む]

» ファシズムを撃て −『茶色の朝』がきたらどうする [花・髪切と思考の浮游空間]
透きとおるように晴れわたった空をみて、それを茶色だという人はいないだろう。しかし、それを強制される仕組みができあがったらどうなるのか。私なんかは、ただちに色彩感覚をさも失ったかのごとく以降、「ポストの色は赤、雪は白い」ということすら躊躇するのかもしれない。言語回路が切断されたような錯覚がしてならないだろう。要するに、「恐怖」のために何色だと言葉を発することさえできなくなってしまう... [続きを読む]

» 9条を選挙に [ 反戦老年委員会]
 安倍内閣を一刻も早く退陣させたい、そのためには、憲法問題を棚上げにして弱者切り [続きを読む]

» 開かれた地域共同体における国旗、国家、そして愛国心【まさちゃんさん、最大多数の最大幸福さん】 [どこへ行く、日本。(安倍とマスゴミの動向に要注意!)]
開かれた地域共同体における国旗、国家、そして愛国心 http://www.asyura2.com/0610/idletalk21/msg/1139.html 投稿者 まさちゃん 日時 2007 年 1 月 09 日 11:39:45: Sn9PPGX/.xYlo (回答先: 強制のない世が理想だが、ルールを守らない不埒者へ国家が強制力を行使するのは仕... [続きを読む]

» 仏様の「屋根の下で暮らす権利」法案 [言ノ葉工房]
あーあ、ニホンのほんとうに美しいニュースを取り上げたいよーなのに心が小躍りするのは外国のニュースばかりでトホホだー愛国心があるからこそニホンを良くすることを考えてるつもりさ。だからまたまた他国を褒めちゃいま... [続きを読む]

» アルベルト・フジモリ氏と二重国籍 [人工樂園]
 仲@ukiuki様から、プロ野球のダルビッシュ有選手と二重国籍についてのトラックバックを頂きましたので、私の関心の範囲から少しネタを振っておきたいと思います。現在、チリでペルーへの身柄引渡しの審理を受けているアルベルト・フジモリ元ペルー大統領についてです。  ペルーから亡命してきたフジモリ氏に対して日本政府が、ペルー国籍者であることを前提に日本国籍を認め(つまり二重国籍を認め)、日本国民として保護し続けてきたことについては、単一国籍政策をとっているわが国にあって、VIPのフジモリ氏をペルーか... [続きを読む]

» 二重まぶた整形をする前に [二重まぶた]
一重まぶたからキレイな二重まぶたにしたい。 そのためには、あなたがどんな二重まぶたを作りたいかをまずは決めることから・・・ [続きを読む]

« 【閑話休題】巨大ウサギとうさぎ汁! | トップページ | 「リピーター=凶悪犯」か?/人と人との連帯の可能性と素晴らしさと »