複国籍PT


2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

あわせて読みたい

  • あわせて読みたいブログパーツ

« 「青い目、茶色い目」/暖冬、『不都合な真実』と人の移動 | トップページ | テロ犯と誤認、11億円賠償:カナダ首相、第三国移送で謝罪(追記:中国残留孤児訴訟・東京地裁判決と日本政府) »

究極の理論・外国人労働者「必然論」とは何か?(『日本が多民族国家になる日』より)

2007.1.30.18:10ころ
(2007.1.30.18:40ころ、この色の部分を追記)

コメント欄でのやりとりで思い出した、別冊宝島106号『日本が多民族国家になる日』(1990年2月9日発行)を棚の奥から引っぱりだしてきました。

amazon.co.jpで観ると、2000年に文庫化されているようです。ユーズド扱いになっているということは、これももう絶版なんでしょうか。

ざっと眺めた中で、すごく興味深かったのが、巻末インタビュー「鎖国・開国論争にピリオドを打つ! 究極の理論・外国人労働者「必然論」とは何か?」(駒井洋・筑波大学助教授(当時))です。
インタビュー中の見出しを拾ってみると、

鎖国論は現実的に破綻しています。入管法を厳しくしても不法就労社は減りません。
開国論は日本に階級社会を作り、送出し国をつぶしてしまいます
「文化」も「研修」も低賃金労働力を入れる建前にすぎません
必然論というのは、低賃金労働力の移動が必然的に構造化されてしまっていることなんです
外国人労働者の人権を守り、日本の産業構造とODAを改善することが解決の道です
そもそも在日韓国・朝鮮人の問題をまず第一に考えるべきなんです

当ブログでここ半年ほど主張するに至った話が、17年も前に、実は『エコノミスト』誌上なんかで語られていたみたいなのです。私もようやく「究極のメニュー」じゃなくて「至高のメニュー」でもなくって、「究極の理論」にたどり着けたア!
なんて喜んでる場合ではなく、「外国人労働者を取り巻く基本的な事情・背景は17年前とほとんど変わっていない、っていうことになってしまうのでは?」と、ちょっと愕然としてしまいます。

経済界がおおっぴらに外国人労働力の輸入を唱えはじめたり、多文化共生が中央省庁の施策の中で語られたり、そういう部分では変化が見られても、非日本国籍者(無国籍の人もいるので、こう書くのが適切でしょう)の人権保障に関しては民間での取り組みが広がりを見せつつあるとしても、駒井氏が17年前に提示した問題の解決は、これからまだまだ取り組まねばならぬことのようです。

この駒井洋氏、昨年11月に開催された多民族共生教育・愛知フォーラムの代表をしておられて、会場での発言からは非常におそろしげな方に見えたのですが、こんな提言をしておられる方だったとは。お見それしましたm(__)m。


(追記)推敲してから明日以降に公開するつもりだったのに、気づけば「公開ボタン」を押していました。なんかショック……。

Usagimasters

Banner2←何か感じていただけましたら、クリックひとつ、お願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ←「おおっ」と思われたら、クリックひとつ、お願いします。

« 「青い目、茶色い目」/暖冬、『不都合な真実』と人の移動 | トップページ | テロ犯と誤認、11億円賠償:カナダ首相、第三国移送で謝罪(追記:中国残留孤児訴訟・東京地裁判決と日本政府) »

外国人労働者・移住労働者」カテゴリの記事

多民族国家ニホン」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61333/13718150

この記事へのトラックバック一覧です: 究極の理論・外国人労働者「必然論」とは何か?(『日本が多民族国家になる日』より):

» 民主党・小沢代表の「国民の生活重視」の主張に共感!・・・安倍首相はやや逃げ腰、最後は逆切れ? [日本がアブナイ!]
 29日から、衆院の代表質問が始まり、トップ・バッターとして、民主党の小沢一郎 代表が壇上に立った。 <質問の要旨、全文は民主党HPのコチラのページに。>  小沢氏が代表質問に立つのは、自由党党首だった2003年以来、4年ぶりだという。 本人は、以前から国会で話すのは苦手だと言い、党首討論以外は、国会の場は菅氏や 鳩山氏に任せることが多いのだが。参院選にも大きな影響を与える国会だけに、今回は 事前からしっかり準備を行なって、この日に臨んだようだ。  正直なところ、全体的に用意し... [続きを読む]

» 日中関係史考 [ 反戦老年委員会]
中国から見た日本 このシリーズは3回目になりまだ本論に至っていない。しかし、長い [続きを読む]

» 「つぼ割ったのは国が悪い」:民事控訴審判決期日 [不動産鑑定士半兵衛の権力との闘い]
<はじめてのかたは、トップページもお読み下さい> 明日1月31日、午後3時30 [続きを読む]

» 生活維新! 以心伝心で国民に届け! [らんきーブログ]
憲法改正か生活維新か・・・。もう答えは出ている。 もうこのブログを読みに来てくださる皆さんにあえて問う事は必要ないと思いますが、今、憲法を変える事に何の意味があるのか? 生活の格差問題をほったらかして、国民の間で... [続きを読む]

» 自民党とNHK+柳沢やめろⅣ(問題シーン動画) [kimera25]
 柳沢やめろⅣ 本人の発言シーンのニュースが残ってます。ヤフー動画ニュースのFNNの所に。他局は「ごめんなさい」シーンや安倍のぶら下がりなどのみ。ここに飛んで下さい。  http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn/20070129/20070129-00000459-fnn-pol.html   ご注意下さい。削除される時間が早くなっています。    MSN 2007年1�... [続きを読む]

» 気になる News & 記事 2007.01.29 [雑木帖]
・週刊誌販売ランキング、1位は「少年ジャンプ」──オリコンランキング [続きを読む]

» 再生会議の「失言」とそこからの連想 [Like a rolling bean (new) 出来事録]
今日の教育再生会議関連のニュースアラートから、下記の話題を知りました。 再生会議の内容そのものが井戸端会議ですが、役人が渾身をこめて、さらにアベに100点満点だと絶賛された報告書ですら、こんな人権軽視があり、与党内からも強い非難がなされています。 日経 2007/... [続きを読む]

» 太田光の藤田嗣治をみる眼 [花・髪切と思考の浮游空間]
回顧展を機に藤田嗣治の戦争画が話題にのぼっているようだ。「アッツ島玉砕」で有名な藤田だが、戦争画の是非をここで論じようとしているのではない。以前に、太田光の憲法観を私はとりあげ、安倍晋三のそれと比較した。そこには鮮やかな差異があって、それを落差という言葉で私は表した。むろん私は太田の視点を買うのだが、そんな経過もあるものだから、太田光が同じ著書で藤田に言及していることをいまスルーするわけにはいかない。 �... [続きを読む]

» マグロ消費と環境(おわり−中) [関係性]
  (副題:Boys be suspicious.)  「温暖化 突然熱気」(朝日新聞1月28日付け朝刊)で、ダボス会議(世界経済フォーラム年次総会)が地球温暖化問題に集中したことを伝えている。  01年に「京都議定書」から米国が離脱していた。そして、この会議直前にブッシュ大統領の一般教書演説で気候変動に立ち向かう姿勢を見せたこともこの会合の雰囲気を盛り上げた。「ハリケーンや竜巻、干ばつ、洪水、熱波、寒波。『変化』の背景にはここ数年、異常気象による自然災害が大規模化してきた現実がある」と。米の遅すぎ... [続きを読む]

» 非正規雇用が百万人増、女性と外国人も増えたぞ [非国民通信]
非正規雇用が百万人増 05年国勢調査労働力集計(共同通信)  総務省が31日発表した2005年国勢調査の労働力集計によると、1年超の雇用契約を結んでいる正規雇用者は2000年に比べ142万5000人減り、パートやアルバイトなど契約期間が1年以内の非正規雇用者は逆に99万5000人増えた。 調査結果によると、正規雇用者の総数は4061万7000人で、2000年の前回調査に比べ3�... [続きを読む]

« 「青い目、茶色い目」/暖冬、『不都合な真実』と人の移動 | トップページ | テロ犯と誤認、11億円賠償:カナダ首相、第三国移送で謝罪(追記:中国残留孤児訴訟・東京地裁判決と日本政府) »