複国籍PT


2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

あわせて読みたい

  • あわせて読みたいブログパーツ

« がんばれ!三井物産/にほんブログ村へ | トップページ | 「永住者」の扱いに関する立法事実と、政府による議会制民主主義の破壊(入管法改定案に関する国会会議録より) »

「オーストラリアの多文化共生社会を考える」フォーラム&シンポジウム

2007.1.7.17:00ころ

下記のイベントが開催されるそうです。

【フォーラム】オーストラリアの多文化共生社会を考える(国際交流基金:豪州多文化共生・異文化理解グループ(招へい)事業)

オーストラリアは日本に比べて、外国人受入れの歴史が長く経験も豊富で、多文化共生社会が進んだ国と認識されています。
国際交流基金(ジャパンファウンデーション)では、市民青少年交流に関する関係者間のネットワーク形成と新たな市民青少年交流事業の発展に資することを目的に、多文化共生・異文化理解事業分野で指導的立場にあるオーストラリアの専門家(若手・中堅の指導者・担い手を優先する)を複合分野の構成により招へいします。
日本側の同様な分野にかかわる専門家(指導者・担い手)との情報・意見交換の機会を提供し、この分野での両国間の相互理解の促進を図ります。
また、オーストラリアにおける多文化共生・異文化理解事業の実情を紹介するための一般公開のフォーラムを東京で実施します。
(仙台では関係者との意見交換(非公開)、名古屋ではシンポジウム(一般公開)を開催)

「オーストラリアの多文化社会を考える」一般公開フォーラム@東京
 日時:2007年1月20日(土) 14:00〜16:30
 会場:国際交流基金(ジャパンファウンデーション) 国際会議場
 入場:要・事前申込、無料
 言語:英語(同時通訳付き)

「多文化共生〜オーストラリアから学ぶ」一般公開シンポジウム@名古屋
 日時:2007年1月27日(土) 13:00〜17:00
 会場:名古屋国際センター 別棟ホール
 定員:200人(要予約・先着順、入場無料)
 申込み:2007年1月11日(木)から(定員になり次第締め切り)
 言語:英語(同時通訳付き)

いずれも、申込方法は上記ページをご覧ください。

関連して、以前【コメント返答(3)】「大久保住民」さんへの答えに窮して、両さんに助けを求める?……の巻で書いたものを再掲しておきます。

現実に押される形で多文化主義へと進んできたオーストラリアの歴史が、
「マルチカルチュラリズム(多文化主義)のゆくえ—オーストラリアの人種・エスニック問題をめぐって」(杉本 修平)
にまとめられています。「共産主義者同盟(火花)」という、激しく熱いタイトルのサイトです。

在留許可求め、東京入管前でデモ/「治安悪化説に異論」(東京新聞インタビュー)でのコメントのやりとりをしている時に見つけた記事でして、今後の日本社会、日本人の進路を考えるとき、示唆に富む内容が書かれていると思います。

また、最近初めて当ブログを訪れたという方は、


人として!(「もうひとつの日本は可能だ! 人間尊重の多文化・多民族・多国籍社会へ!」より)
虚構の上に立ついやしの「極右」か、現実の上に立つ節度ある「極右」か
【コメント返答(2)】文化の「無常」を受け止め、共生のための新たな社会変革を
「ワーキングプアII」再放送のお知らせと中国人研修生、「地獄への競争」

などの過去ログや、そのコメント欄なども、ご参考にしていただければと思います。

今回のこの紹介記事、『単一民族神話の起源』(小熊英二)を読んでの報告へ、おそらく、to be continued...


Banner2←何か感じていただけましたら、クリックひとつ、お願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ←「おおっ」と思われたら、クリックひとつ、お願いします。

« がんばれ!三井物産/にほんブログ村へ | トップページ | 「永住者」の扱いに関する立法事実と、政府による議会制民主主義の破壊(入管法改定案に関する国会会議録より) »

おすすめサイト」カテゴリの記事

その他」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

外国人労働者・移住労働者」カテゴリの記事

多民族国家ニホン」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

もうしわけありません。TB不調ですぐ反応せず重複記載しました。不要分削除願います。

ましまさん、はじめまして。
いつも勉強させてもらっています。今年もよろしくお願いいたします。

こちらからお送りしているTBも、通っているのかいないのかわからない状態が、ましまさんのところに宛てたものも含めて、最近、増えてきている気がします。年末年始のせい、であればよいのですが……。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61333/13369185

この記事へのトラックバック一覧です: 「オーストラリアの多文化共生社会を考える」フォーラム&シンポジウム:

» 日本人も闘う時は闘ってきた人種である【坂牛哲郎氏】 [どこへ行く、日本。(安倍とマスゴミの動向に要注意!)]
日本人は闘わない人種か(「科学的社会主義」より転載) http://www.asyura2.com/07/senkyo29/msg/760.html 投稿者 kerogaso 日時 2007 年 1 月 06 日 23:27:13: 9br6ZD/XKVfwo 「科学的社会主義」(社会主義協会)07年1月号(第105号) 今月の展望「学習とたたかいが... [続きを読む]

» アベソウリも民主党も、そのままゆけゆけ [言ノ葉工房]
あーあ全然おめでたい感じがしないお正月も終わってアベソウリの会見があったけど何言ってんのかわかーんなーいよーでもわかりやすくてもコイズミみたいな売国奴じゃ困っちゃうし野党の政治家さんしっかりしてね追加キャンペー... [続きを読む]

» 「痛いニュース・ 2ちゃんねるの安倍首相発言談義」 [雑木帖]
・痛いニュース(ノ∀`)【残業代ゼロ】 安倍首相 「日本人は働きすぎ。少子化対策にもホワイトカラー・エグゼンプションは必要」 [続きを読む]

» イタリア、コロッセオで死刑制度に抗議 [言ノ葉工房]
1月6日、イタリアのローマで死刑制度に抗議してコロッセオをライトアップするイベントが行われた (2007年 ロイター/Dario Pignatelli) 伊コロッセオで死刑制度に抗議のライトアップ 1月7日16時55分配信 ロイター ... [続きを読む]

» 『ちょっとヤバイんじゃない?ナショナリズム』 [喜八ログ]
姜尚中《かん・さんじゅん》東京大学大学院教授(政治学・政治思想史)の「従属的ナショナリズム」に関する発言を見つけたので以下に引用させていただきます(『ちょっとヤバイんじゃない?ナショナリズム』高橋哲哉・村井吉敬・姜尚中・辛淑玉・内海愛子・李省展・恵泉女学園大学大学院国際シンポジウム実行委員会編、...... [続きを読む]

» 政治屋三代目 安部晋3は国の身上を潰す [らんきーブログ]
ホワイトカラー・エグゼンプションは簡単にいうと、ホワイトカラー(一般に事務職)の評価を労働時間ではなく成果で測るというもので、安部晋三がろれつも回らないくせに大好きなカタカナ用語ではあるけれど、その言葉自体は70年も... [続きを読む]

» 続・関東住民の台所 【検索八分編】 [Like a rolling bean (new) 出来事録]
在宅仕事をしている日は、ついアクセス解析の検索条件を見てしまいます。 サイト名以外では、12月は「年末の挨拶」というものがトップでした。 ご訪問いただいた方々のご期待に反するコンテンツだったろうな、とは思いますけれど(笑) また、12月~この数日前までは「市場を... [続きを読む]

» 日本の未来の姿 [忙しいママのための しんじつのえほん]
よその国の話・・ それだけじゃ終わらない深い話 正月、ということもあり、 なかなか、ブログ更新できないな~。 今日も無理かな~、とか思っていたら、 実家にいた私に、大阪の叔母から、電話がありました。#63720; そうそう、今年の年賀状に、このブログのこと、 ち..... [続きを読む]

» 新年の挨拶 [関係性]
  寒中お見舞い申し上げます  昨年は義母を亡くし、今日からブログを開始しようと思います。  義母との30年間の同居を通じて、70歳までの助産婦として歩き回る姿を見、その後の89歳までの老人福祉施設との係わりから多くのことを学んできました。  決して私の得意分野ではない福祉問題は、新聞等からの知識では補えない実態(福祉の現場で働く人たちと援助を受ける人たち)に接近することで深められました。  新年早々から「ロストジェネレーション―25〜35歳」(朝日新聞)の記事が連載されています。バブル崩壊によ... [続きを読む]

» 安倍の改憲は基本的人権を骨抜きにしてしまうもの [どこへ行く、日本。(安倍とマスゴミの動向に要注意!)]
改憲というと、九条の問題ばかりがクローズアップされる傾向がある。 しかし、私は、それよりも、基本的人権が「公の秩序」との文言のもと、骨抜きにされてしまうということの方が、もっと気になる。平和を訴える主張も、中・下流層切り捨て政策にNOを言う主張も、基本的人権(言... [続きを読む]

» 弁護士に岡っ引きになれというのか! パート3 [情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士]
政府は,このブログでも「弁護士に岡っ引きになれというのか!」というタイトルや「犯罪収益防止法に関する読売新聞社説への反論〜小さく生んで大きく育てる… 」というタイトルなどで書いた「ゲートキーパー制度」(犯罪収益流通防止法案)を,今月25日開会される通常国会で成立させようと狙っている。 この法案は,テロ資金や犯罪収益が国内外に送金されるのを防ぐため、金融機関や各士業に疑わしい取引を警察(国家公安委員会)に密告することを義務づ�... [続きを読む]

» ランキング・考�六麓圈�伴腟措圈� [いわいわブレーク]
ええ、たまには『破格』を入れます。型通りやと、おもろないと思いまして・・。 ボードレールが『象徴』をうたったのは意味があるけど、それに群がる連中?が『象徴主義』にした途端、つまらなくなった。 そんな様なことを故・藤田省三氏が言ってました。これは柄谷行人氏..... [続きを読む]

» 「共通の価値観」の危険 [ 反戦老年委員会]
 誰がいいだしたのか知らないが、「共通の価値観を持つ国」という表現がよく使われる [続きを読む]

» 自民党とか、社会保険庁の改革とか [とむ丸の夢]
 自民党の英語名はLiberal Democratic Party(LDP)です。  ああ、驚いた。  リベラル・デモクラティック・パーティ。  うそだあ! 看板に偽りありだあ!! とわめいてみたい。  強行採決はデモクラティックで... [続きを読む]

» ニホンと外国人とデモとフランス [言ノ葉工房]
愛国心はあるさ。ありますとも。あるからより良い国になってほしいのだーだから外国と存分に比べさせてもらいまーす追加キャンペーン! いくつかのブログで見かけたのだけれど、 1/1の元旦にこんなニュースがあった。... [続きを読む]

» 植草さんに思うこと(2)・(3) [晴天とら日和]
植草さんに思うこと(2) 又聞きとか、風評とか、メディアの報道とか、と言うのでは無しに純然たる事実をもって皆様方と一緒に考えていきたいと思います。 AAA植草一秀氏を応援するブログAAAさんが記録として残されていますので、皆様方にもご一読をお願いしたいと....... [続きを読む]

» 危うい我らの「憲法」=1 [競艇場から見た風景]
「障害者自立支援法」のその後を書いているのですが、あれもこれもと考えて・・・文章が長くなるばかりで整理が付きません。 「障害者自立支援法」関連記事は、整理が付き次第、数回に分けて掲載して行くことにしました。 今日は、「現憲法」が極めて深刻な危機的状況下に置..... [続きを読む]

» 新憲法草案が通ると住民投票ができなくなるよ。 [お玉おばさんでもわかる政治のお話]
天の瞳 幼年編〈1〉 「子供に教えるとか、しつけるとか、そんな傲慢なことをいうなって。子供に添うてやれって教えてくれたの。20人の子がいたら20通りの添い方がある。それを考えるのが保母の仕事だって」 昨年なくなった灰谷健次郎さんの小説「天の瞳」の冒頭部分に出て....... [続きを読む]

» ホワイト・カラー・エグゼンプションと少子化問題 [カナダde日本語]
今日の『きっこの日記』「またまた出ましたオチョボグチ」にも書かれている通り、またまたシンちゃんがホワイト・カラー・エグゼンプションについてとんでも発言しちゃったみたいだね。残業がなくなったら、家に早く帰っ... [続きを読む]

» 右の翼左の翼(その1) [お玉おばさんでもわかる政治のお話]
なんか・・ものすごく濃いネット生活を送った10日間でした。 右の翼の方も左の翼の方もた〜〜くさん来られている、今だから書くべき事を毎日考えているお玉です。 今日は最近本格的に復活している三輪のレッドアラートさまがおっしゃる、右や左の壁取っ払ってとにかく次の....... [続きを読む]

» キノコの傘、核の傘、ニホンの防衛...? [ミクロネシアの小さな島・ヤップより]
このキノコの写真、数日前から「非公開」でアップしてあったのだけど、なかなか本文が書けないまま間があいてしまった。もちろん、全員ヤップのキノコです。 キノコの写真を用意したきっかけは、田中宇の国際ニュース解説「閉じられるアメリカの核の傘」を読んだからだが、そのまま日が過ぎているうち、自民党の山崎拓が平壌訪問というニュースが入ってきた。ありゃりゃりゃりゃ... 去年うちは、安倍政権打倒の掛け声のもと、パトリオット・ミサイルの沖縄配備にしても、それに続く知事選にしても、教育基本法にしても、そしても... [続きを読む]

» 民主主義的市場経済と労働運動 [未来を信じ、未来に生きる。]
 雇う側と雇われる側に分かれている社会を資本主義とするのならば、社会主義は全企業・国家・自治体をみんなの社会の所有にして雇う側と雇われる側を消滅させることなのか。つまり、みんなが働きたい職種で働きたいだけ「のうのうと」働く社会環境が生産手段の社会化なのか。  そうではないのではないか。株式会社は会社員の労働の成果であるのに、株式会社は株主の所有物だ。これが資本主義の根本矛盾ではないか。だから、この矛盾を解消する社会主義は株式会社�... [続きを読む]

» 中国と日本、「知っている」と「しらない」 [中国からみた中国と日本の違い]
 中国人が話をする時、相手がその話の内容を知っているかどうかに係わらず、「あなたは知らないだろうが、町の変化はとても大きい。私は町から帰ったばかりである。・・・・」等々。このような話方を日本人が聞いた場合、魯迅の作品中の人物「阿Q」を思い浮かべるだろう。中...... [続きを読む]

» 多文化共生オーストラリアから学ぶ [国ヲ愛ス 〜佐倉のページ K10DとForzaで日本を旅する〜]
1月27日、愛知・名古屋 名古屋国際センターにて、フォーラム「多文化共生オーストラリアから学ぶ」が行われた。参加してきた。レポート遅すぎorz 根本的に原住民を殺戮した侵略者の国家と、原住民が国民の大多数を占める国とを比較して、「多文化」の国が優れている、とするのはとんちんかんだと思うのですが。 根本的に違いがあるのことを会場のどれくらいの方が認識していたのか。 とはいえ、�... [続きを読む]

« がんばれ!三井物産/にほんブログ村へ | トップページ | 「永住者」の扱いに関する立法事実と、政府による議会制民主主義の破壊(入管法改定案に関する国会会議録より) »