複国籍PT


2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

あわせて読みたい

  • あわせて読みたいブログパーツ

« 仏移民暴動:発生から1年/テュラム選手のちょっといい話 | トップページ | 市民権なき国民の国/拉致問題でますます歪む日本の民主主義と、報道規制その決定的証拠 »

フィリピンから介護士、日本から毒性廃棄物?

2006.11.04.01:17ころ

9月に日本とフィリピンの間で締結された、日・フィリピン経済連携協定

これによって、フィリピンから看護士や介護福祉士が日本に(基本的に期間限定で)働きに来るシステムが法的に認められたそうで、

「ろくに外国籍の人たちの権利も守らない、人としても遇しないこの国に、これ以上、外国から労働者を誘致する資格なんか、どこにある!?」

などと思っていたわけでありますが、

フィリピンの人たちが条文をじっくり読み込み、これまでの政府発表の経緯(当初フィリピン政府は、毒性のある危険な廃棄物を、「リサイクル物品」と呼んでいたようです)などと照らし合わせた結果、
この協定の第29条(おそらく2項(!?))には、まったく予想だにしなかった、恐ろしい「意味」が隠されているらしいとわかり、懸念が広がっているようです。

その懸念とは、何と、

日本からの毒性の強い廃棄物を、フィリピンに「合法的に」廃棄できるようになるんじゃないの!

RP-Japan accord ‘toxic’(2006.10.25、bilateral.org)

で、グリーンピースは、フィリピンの上院に、協定を批准しないよう、呼びかけているそうです。

また、「有害廃棄物の越境移動およびその処分の規制に関するバゼール条約」に日本政府もフィリピン政府も加盟していながら、「リサイクル目的での廃棄物の貿易を禁止する」修正を批准していないことが懸念を深めているようで、グリーンピースは、その批准をフィリピン上院に呼びかけているとのこと。

Greenpeace urges Philippine Senate to reject FTA with Japan(2006.10.25、KYODO NEWS)

ただ、上掲「bilateral.org」の記事は、
危険な廃棄物のフィリピンへの持ち込みは、いかなる目的であれ、禁固12年から20年の罰則付きでフィリピン国内法によって禁じられているので、懸念に根拠はない、心配いらない、
との同国環境・天然資源省のイグナシオ次官のコメントで締めくくっています。

でも、何をもって「危険な廃棄物」と定義するかとか、そのあたりに抜け道がありそうな気がします。蛇の道はヘビ、ですし。

それに、もし「これは危険性の程度が軽い」と言って何かの廃棄物が持ち込まれるとしたら、
「(スモーキマウンテンでわかるように)国内の家庭ゴミすら処理できていないうえ、リサイクル産業もフィリピンにはないのに!」
という、Green Initiative Inc.のシソンさんの悲嘆がますます深まるのは確実です(上掲「bilateral.org」の記事参照)。

一方、「KYODO NEWS」の記事は、上院の環境・天然資源委員会のカエタノ委員長が、条文を精査した結果、いくつかの条文が示す「品目(goods)」は、「日本がほしがらない産業廃棄物、自治体廃棄物、医療廃棄物」の婉曲的な言い回しに過ぎない、との懸念を語ったこと、そして同委員長の、フィリピン国内で暮らす人びとの健康や環境を日本での労働市場と引き換えにしてはならない、旨の発言で締めくくっています。

まあ、そんな懸念は杞憂でイグナシオ次官の言う通りであれば良いのですが、
もしそうであれば、そうであったで、
上掲「bilateral.org」の記事に出てくるさまざまな人たちの発言からは、自由貿易協定に対する反感、そしてひょっとすると「日本」への反感が、フィリピンの人たちの間に広まってきている気配を読み取らざるを得なくなり、何とも複雑な気分になりそうです。
まあ、外国に危ない廃棄物を捨てることになるのに比べれば、まだはるかに幸せな気分ではありますが。むむむ……。


Banner2←何か感じていただけましたら、クリックひとつ、お願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ←「おおっ」と思われたら、クリックひとつ、お願いします。

« 仏移民暴動:発生から1年/テュラム選手のちょっといい話 | トップページ | 市民権なき国民の国/拉致問題でますます歪む日本の民主主義と、報道規制その決定的証拠 »

おすすめサイト」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

ワーキングプア、格差社会」カテゴリの記事

地球環境」カテゴリの記事

外国人労働者・移住労働者」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

連帯でGO!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61333/12543953

この記事へのトラックバック一覧です: フィリピンから介護士、日本から毒性廃棄物?:

» 米兵がフィリピンで女性をレイプ!被害者のためにWEB署名を!【+安倍は退陣せよ】 [情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士]
以下は、Lily-y-victoriaさんのブログからの転載です。 ■ ■ ■ 米軍海兵隊員によるフィリピンでのレイプ事件についてお知 らせいたします。 どうか被害者のためにもWEB署名へのご協力をお願いいたします。 以下のBlogより一部引用 ▼CLick for Anti War http://d.hatena.ne.jp/claw/20061027 ---- [web署名]フィリピン・スービック基地レイプ事件につい�... [続きを読む]

» 日本国憲法公布60年 [薫のハムニダ日記]
日本国憲法が公布されてから昨日11月3日で60年になり、日本各地で憲法(特に9条)に関するイベントが行われたそうです。広島では7000人、そして兵庫では7500人が集まったのだとか。 ここのところ私は異郷の地から日本を見てはもどかしくなることばかりですが、こういった草の根運動を継続されている方々は心底スゲ~と思います。 さて、昨日の京郷(キョンヒャン)新聞の社説は日本の平和憲法に関するものでしたので、翻訳してみました。それではどうぞ。 日本の平和憲法改正論議を見て 3日... [続きを読む]

» 改正介護保険法とベッドはがし・・どの政党?(中編) [関係性]
 前編で、自民党・公明党と民主党による「改正介護保険法」が昨年(2005年)6月に成立し、その内容が公明新聞で明らかにされた。その内実が「自立」や「予防」であった。  それに対して、この法案の危険性を「介護保険をよくする大津市民の会」や「東京民医連」が抗議している、ことを記した。  この中編では、共産党、社民党の主張、そしていくつかのブログや朝日新聞「私の視点」を紹介する。  先ず、前編へのコメント2通を紹介しておく。  投稿者〓:nob  (2006/11/2 14:57)   moricha... [続きを読む]

» マザー・テレサより [精神保健福祉士・社会福祉士の資格取得方法、試験合格勉強方法]
もし私たちが、自分の心のなかに平和を持っていなければ、平和のために働くことも、平和をもたらすこともできません... [続きを読む]

» 福祉関係の資格試験 [介護福祉士(ケアワーカー)の資格に挑戦!]
介護福祉士についてのサイトを作りました。まだまだこれからですがよろしくお願いいたします。 [続きを読む]

« 仏移民暴動:発生から1年/テュラム選手のちょっといい話 | トップページ | 市民権なき国民の国/拉致問題でますます歪む日本の民主主義と、報道規制その決定的証拠 »