複国籍PT


2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

あわせて読みたい

  • あわせて読みたいブログパーツ

« 「寛容の精神」のない国と、他の人間を平気で「人間以下」と見下す者/「多民族共生教育フォーラム2006愛知」から教育基本法改定を目論む日本政府へ(入管法改定案に関する国会会議録より) | トップページ | 河野洋平・太郎父子、塩崎恭久&石原伸晃、議会制民主主義の破壊(入管法改定案に関する国会会議録より) »

与党単毒採決/【イベント】横浜国際フェスタ2006/〔市民公開講座〕(1)「在日から見える社会」野中広務・加藤紘一・田中宏、(2)『「オシムの言葉』木村元彦

2006.11.15.19:40ころ

教育基本法改定案、与党が衆院で単独採決ですか。
今後の成り行きに予断は禁物。あきらめも禁物。戦いは、まだまだこれからです。
なにせ私などは、成立してしまった入管法改定の、しかも国民の関心も極めて薄いと思われる「外国籍者の人権を侵害するシステム」を止めることすら、まだまだ諦めてはおりませんのであります。
じたばた行きましょう! がっちゅです!!

さて、本題の、今週末の横浜でのイベント情報と、再来週の東京での公開講座のお知らせです。

★転載・転送歓迎★
●横浜国際フェスタ2006 〜入場無料〜

日時:11/18〜19の10:30〜17:00
会場:パシフィコ横浜展示ホールB
   (みなとみらい線みなとみらい駅から徒歩3分)
 約250の団体(国際機関、NGO/NPO、行政、企業、学校など)と約200名のボランティアによって作り上げられるお祭り。詳細は以下のURL参照。地図もあります。 http://yokohama-festa.org/index.htm
*問い合わせ:045-222-1174(横浜市国際交流協会)
※「FESTA ALEGRIA BRASIL」、「だがしや楽校」も同時開催。上記URL参照。
※YOKE(横浜市国際交流協会)のブースは「A-45」です。ぜひ、探して来てみてください!

●(行政書士による)「外国人無料相談」in 横浜国際フェスタ2006 開催!
神奈川県行政書士会が、上記フェスタ会場内ブースで、ビザなどの相談に応じます! YOKE(横浜市国際交流協会)はこれに協力します。
予約不要。無料。英・中・韓・スペイン語の通訳対応OK。

日時:11/18〜19の10:30〜17:00
場所:フェスタ会場内、「神奈川県行政書士会」ブース(「A-46」)
対応する相談内容:在留資格、ビザ、帰化、永住、国際結婚・離婚
対応する言語:日本語、英語、中国語、韓国語、スペイン語
        (通訳がついての相談対応が可能です。日本語での相談も勿論、OKです。)
*問い合わせ:横浜市国際交流協会(http://www.yoke.or.jp/blog2/diarypro/diary.cgi)
 045-222-1173
 045-222-1209(外国語対応)

★転載・転送歓迎★
【市民公開講座】「在日から見える社会」

★第一回講座 特別対談
タイトル:「外国籍住民とともに考えるナショナリズム」
〜2006.11.29 超豪華対談!遂に実現!歴代内閣官房長官来る!〜

日 時:2006年11月29日(水) 19:00〜21:00(18:30開場)

場 所:東京ウィメンズプラザ(青山)
出 演:野中広務さん(元衆議院議員)・加藤紘一さん(衆議院議員)
進 行:田中宏さん(龍谷大学教授)
内 容:今、歴代内閣官房長官が伝えたいこと/過去と現在のナショナリズムの相違 外国籍住民にとってのナショナリズムの在り方/国家主義と地域主義・影の首相と呼ばれた不世出の政治家、野中広務氏、首相候補と目された自他ともに認める政策通であり、気鋭の政治家、加藤紘一氏の二人による基調講演。

★第二回講座 特別講演
タイトル:「スポーツとナショナリズム」
     〜2006.12.2 空前のベストセラー「オシムの言葉」著者が語る〜

日 時:2006年12月2日(土) 16:00〜18:00(15:30開場)
場 所:情報オアシス神田淡路町スペース
(東京メトロ丸の内線淡路町・都営線小川町より徒歩0分)
講 師:木村元彦さん(スポーツジャーナリスト)
内 容:地域に根ざしたスポーツ振興/スポーツから見たナショナリズム/民族浄化の本質/国家に翻弄されるスポーツ界の現実/ベストセラー「オシムの言葉」の著者、木村元彦氏が語るスポーツと国家主義の相関性。

[チケット販売 ]
〔当日券〕1000円 〔前売り券〕500円 【11月7日(火)より発売開始】
電子チケットぴあのお店、全国のファミリーマート、サークルK・サンクスで
直接購入、または電話予約後、電子チケットぴあのお店他でお引き換えください。
音声認識予約 0570−02−9999(Pコード 608-285)
※以下のぴあのHPからも内容を確認できます。
http://ap0.pia.co.jp/pia/et/onsale/ons_perform_list_et.jsp?ons_search_mode=ON&ONS_COL_SHEET_NO=162760&P_CODE=608285
主 催:「在日から見える社会」実行委員会
連 絡:〒106−0047 港区南麻布1−7−32 5F
         TEL:03−3453−9350 FAX:03−3453−2326
         MAIL:koukai_kouza2006 @yahoo.co.jp(←当ブログ主があちこち全角に変えています。半角文字に直してお送りください)


Banner2←何か感じていただけましたら、クリックひとつ、お願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ←「おおっ」と思われたら、クリックひとつ、お願いします。

« 「寛容の精神」のない国と、他の人間を平気で「人間以下」と見下す者/「多民族共生教育フォーラム2006愛知」から教育基本法改定を目論む日本政府へ(入管法改定案に関する国会会議録より) | トップページ | 河野洋平・太郎父子、塩崎恭久&石原伸晃、議会制民主主義の破壊(入管法改定案に関する国会会議録より) »

2006入管法改定」カテゴリの記事

おすすめサイト」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

教育基本法」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

議会制民主主義の破壊」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61333/12698899

この記事へのトラックバック一覧です: 与党単毒採決/【イベント】横浜国際フェスタ2006/〔市民公開講座〕(1)「在日から見える社会」野中広務・加藤紘一・田中宏、(2)『「オシムの言葉』木村元彦:

» 教育基本法改悪法案を与党が単独採決 [花・髪切と思考の浮游空間]
衆院教育基本法特別委員会は教育基本法改悪法案を単独採決、賛成多数で可決した。同法案の採決については各界から審議を尽くせ、慎重にという声も出ていた。なによりも政府のやらなければならないことは、すみやかに文科省の関与にかかわる事実調査をおこない、その結果を報告するとともに、文科省の責任と反省を明らかにすることだった。与党衆院教育基本法特別委員会に抗議のファクスを集中しよう。委員名簿はこちら(自民、公明委員に集中を)。 以下、毎... [続きを読む]

» 参議院 文教科学委員会 名簿 (2006年10月) [秘書課、村野瀬玲奈です。]
野党が衆議院でかなりがんばったのですが、「愛人主義」教祖のLooperさん言うところの「民主主義未履修」の与党は、政府与党案の非民主主義的な側面を隠すようにしながら採決の道を選びました。しかし、それにがっかりしている暇はありません。とりあえず、次の舞台、参 ..... [続きを読む]

» 管理強化の弊害の実例~東京都の実情~ [平和のために小さな声を集めよう]
まずは、下記の記事を読んでもらいたいです。 (MSN毎日新聞ネットニュース:16日早朝) http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/edu/news/20061115k0000m040157000c.html nbsp; これを読むと、日の丸・君が代強制訴訟で、違憲判決を受けた、東京都教育委員会の「異..... [続きを読む]

» 許せない!教育基本法改正案が衆院特別委で可決 [とくらBlog]
 教育基本法改正案が採決されるかどうか気になっていましたが、午後から取材があり、衆議院TVが見れませんでした。でも、<教育基本法>改正案を衆院特別委が可決 与党単独でというニュースがありましたので、野党が欠席したまま、採決されたんですね。こんな状態で、採決するなんて、自民党はどういう神経なのでしょうか?信じられません!  こんな状態とは、当然、やらせで世論誘導していたことが判明し、タウンミーティング全体の信頼性が失われたような状態ということです。昨日の保坂議員の質疑を見ましたが、ホントにひどいです... [続きを読む]

» 円安と景気回復・経済成長は誰のため?(下) [関係性]
 (上)で〓意識的な円安誘導と〓企業減税への世論操作を述べてきた。  〓の概要は大量の税金を使って円安を誘導し、大手企業の収益増大を支えた。そして、〓の概要は未曾有の収益を上げた大手企業に対して大量の税金を使ってなお一層企業減税をしようとしている。  (下)で〓として「円安と景気回復・経済成長は誰のため」の他の新聞記事も見ていく。  前回のブログ記事「改正介護保険法とベッドはがし・・どの政党?」で述べてきた庶民“イジメ”は、将来の財政破綻を避けるために取った行動であるらしい。そして、将来の財政破綻... [続きを読む]

» 日本VSサウジアラビア [デザイナーズマンション 東京 厳選物件]
日本の勝利☆また遊びに来ます★ [続きを読む]

» 【緊急回覧】教育を金で買えると思うなよ!(美しい国の住人) [エクソダス2005《脱米救国》国民運動]
本日午後の衆議院本会議で何をトチ狂ったか?与党(自民・公明)は教育基本法改定案の単独採決を強行し,国会は未曾有の混迷に突入した!野党四党の審議ボイコットの結束は固く,参議院に送付される同議案が今会期中に可決成立する可能性はほとんどゼロに等しいとみられる.当初から短命政権と噂されてきた安倍政権ではあるが,まさか,まさかここまで華々しいことをやってくれるとは夢想だにしなかった.あぁぁぁ,おらー知らね! 政治家に金品を贈与して利便を図ってもらう行為は刑法上の犯罪である.(贈収賄罪として処罰される)政... [続きを読む]

« 「寛容の精神」のない国と、他の人間を平気で「人間以下」と見下す者/「多民族共生教育フォーラム2006愛知」から教育基本法改定を目論む日本政府へ(入管法改定案に関する国会会議録より) | トップページ | 河野洋平・太郎父子、塩崎恭久&石原伸晃、議会制民主主義の破壊(入管法改定案に関する国会会議録より) »