複国籍PT


2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

あわせて読みたい

  • あわせて読みたいブログパーツ

« 「多民族共生教育フォーラム2006愛知」開催のお知らせと教育基本法改定論議 | トップページ | フィリピンから介護士、日本から毒性廃棄物? »

仏移民暴動:発生から1年/テュラム選手のちょっといい話

2006.10.28.11:20ころ

仏移民暴動:発生から1年 パリ郊外で慰霊行進(福井聡記者、毎日新聞、2006.10.27.19:17)


 フランスで移民系若者による全国規模の暴動が起きて1年となった27日、発端となった2少年感電死事故のあったパリ東郊クリーシースボアで、2人の霊を弔うサイレントウオークが行われた。
 一方、周辺の移民地区では前夜からバスへの放火が相次ぎ、サルコジ内相は「乗客の安全確保のため(危険の可能性のある)すべてのバス路線での厳重警戒を命じた」と語り、警備強化を指示したことを明らかにした。
 これに対し、来春大統領選の社会党候補の1人、ストロスカーン元財務相は「1年となる日をドラマ仕立てにしたくないなら静かに迎えるべきだ。警備の警官は引き揚げさせるべきだ」と訴えた。警察も26日までは「移民系若者との対決を避けるため」として表に出ない控えめな警備態勢を組んでいた。

先月のことですが、フランスの不法移民に関するちょっといい話を、
「とりあえず」さん「日の丸君が代の強制は違憲」というエントリー(2006.09.22)で、
村野瀬玲奈さんが紹介してくれているのを知りました。

まず、事実関係として、

先月上旬に行われた、ユーロ2008予選のフランス対イタリア戦に、サッカー仏代表チームのビエラ主将とテュラム選手が、住んでいた建物を警察に退去させられた移民約70人を招待。
移民規制を強める仏政府への暗黙の抗議と受け止められる一方、保守派の政治家からは批判されている。

とまあ、このあたりは、Googleで検索する限り、日本でも報道されているようのなのですが、

村野瀬さんが紹介してくれた「強制退去させられた移民を試合に招待したことをテュラムは後悔せず」という記事に出てくるテュラム選手のコメントは、伝えられていないようです。

彼のコメントを、村野瀬さんの訳+コメントで、転載します。


カリブ海の仏海外県出身で、政府の移民規制策を批判してきたテュラム選手の言葉が出てます。訳すと

「これは僕が普段からやっていることだ。今回は外にそれが知られたところがちがうけど。」
「普通にやっていけている人が苦しんでいる人を見たら、援助の手を差し伸べたいと思うだろう。彼らが見ることのできた今晩の試合からして、彼らは幸せな気分で帰ったと思うよ。」

試合はフランスが3-0で快勝。

テュラム選手、カッコ良すぎ!!!

というわけで、テュラム選手関連の記事を探してみました。

リリアン・テュラム、バンリューからの代弁者 暴動騒ぎに揺れるフランスで(出村謙知、スポーツナビ、2006.4.26)

そして、この記事に出てくるサルコジ内相について、こんな記事も。

隣の芝はほんとうに青い(いしけりあそび、2006.9.20)


Banner2←何か感じていただけましたら、クリックひとつ、お願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ←「おおっ」と思われたら、クリックひとつ、お願いします。

« 「多民族共生教育フォーラム2006愛知」開催のお知らせと教育基本法改定論議 | トップページ | フィリピンから介護士、日本から毒性廃棄物? »

おすすめサイト」カテゴリの記事

その他」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

国際人権法」カテゴリの記事

在留資格」カテゴリの記事

外国人労働者・移住労働者」カテゴリの記事

多民族国家ニホン」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

海外事情」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

連帯でGO!」カテゴリの記事

コメント

仲@ukiukiさん、ごめんなさい。
試合の結果は3-0ではなくて3-1でした。m(__)m
黙っていようと思ったのに(爆)、また紹介していただいたので、自己ツッコミにまいりました。(^^;;
自分の間違いは自分で訂正しないとね。(笑)

フランスの快勝、テュラムとフランスチームのかっこよさに変わりはないです。

このスポーツナビの記事も、フランスでのこの件の事情がよくわかりますね。

反体制アスリート、ここにもいますよ、dr.stoneflyさ~ん!

村野瀬さん、お手数おかけしてしまいました(^^;)。

3対0が3対1になろうとも、おっしゃるとおり、
テュラム選手とフランスチームのかっこよさは、微塵も損なわれることありません。

ワールドカップで相方と共にブラジル代表を応援していた身としては、
こういう選手のいるチームにフランス大会に続いて2連敗したのであれば、潔くあきらめもつくというものです(;<>;)←感涙です!

dr.stoneflyさんの記事が紹介しているデルガド選手の整列拒否の件、以前、ニュースで観たことがあります。
「ロベルト・クレメンテ賞」とは、なんとも粋な賞があるもんですね。
う〜ん、デルガド選手もロベルト・クレメンテ賞も、これまた文句なしに、かっこいい!

↑ すみません。エントリ間違えました。削除よろしくです^^。

Nationalist さん、こんにちは。

エントリ違いでない方は残していますので、お返事はそちらに書き込みます。
http://ukiuki.way-nifty.com/hr/2006/10/2006_ee97.html

ただ、しばしお待ちください。
たまった仕事が山と積もって、身動きとれなくなっています(涙)。。。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61333/12458540

この記事へのトラックバック一覧です: 仏移民暴動:発生から1年/テュラム選手のちょっといい話:

» 「反体制アスリート」(4)…よっ、デルガド、あんたは偉い!! [dr.stoneflyの戯れ言]
 うぅぅ涙、嬉しいわぁ、苦節、十月と十日(トツキとトウカ)、 4.17のエントリーで夢みてから、このブログの大きな種の一つだった「反体制アスリート」がついに誕生したわ。おぎゃー!! ばぶ~!!  そりゃ、長かったわよ、つわりもあったのよ。苦しかったわぁ。悩んだ日々を思い出すわ、ホントよ。ほんとに地団駄ふんだのよ、 ジダンの頭突き。もう二度と訪れないだろう、最強最高の「反体制アスリート」になれる絶好のチャンスを、ただの頭突きで引退してしまったヘッド・バッド・ジダン。悔しかったわ、哀しかった...... [続きを読む]

» 共産党への公開質問への回答 [平和のために小さな声を集めよう]
10月25日に実施した、「共産党への公開質問」(http://heiwawomamorou.seesaa.net/article/26118501.html#trackback )に対して、共産党、国民の声へ室からの回答が届きましたので、全文を、修正せずに、公開いたします。私の意見はその後に続けます。nbsp; n..... [続きを読む]

» 海外ニュース [共通テーマ]
事故、事件、紛争、芸能。海外のニュース、時事で気になったことを何でも書いてください。 [続きを読む]

» 共産党、公明党の一般の方々へのお願いビラ [平和のために小さな声を集めよう]
今日は記事を書かない予定でしたが、思わず、早く予定が済んだために、新記事を書きます。 予告の通り、共産党、公明党・創価学会の構成員の方々に向けた、投票行動での独自性をアピールするための「ネットビラ」です。 公表はしていますが、まだ試行段階です。広く皆様の..... [続きを読む]

» 改正介護保険法とベッドはがし・・どの政党?(前編) [関係性]
 「幸せになるために」のブログの10月15日付け記事「未来へのビジョンを示そう」    http://blog.livedoor.jp/yyyyohko/ にコメント(10月21日)を入れた。そして、うれしい返事をいただいた。  そのやり取りが次のものである(若干の修正も加えた)。  morichan: yohkoさん、こんばんは。  身体が感じる文章、有難う御座います。  実は3年前にビジネスで海外に行き、大怪我(腰椎2本と片足を骨折)をしました。長期入院で、身体全体をコルセットで固定し、歩ける... [続きを読む]

» 沖縄知事選 つばぜりあいの様相 [花のニッパチ、心のままに?]
 つばぜりあいの様相  しんぶん赤旗 11月2日 http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2006-11-02/2006110204_01_0.html  「仲井真さんの政策を120%サポートする」「自民、公明の衆参合わせて四百六十人の国会議員で全力で支える」  自民党の中川秀直幹事長は十...... [続きを読む]

» ユーロ2008予選 各地で開催 [世界サッカー紀行]
ユーロ2008の予選が各地で行われています [続きを読む]

« 「多民族共生教育フォーラム2006愛知」開催のお知らせと教育基本法改定論議 | トップページ | フィリピンから介護士、日本から毒性廃棄物? »