複国籍PT


2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

あわせて読みたい

  • あわせて読みたいブログパーツ

« 「犯罪人引き渡し条約」ブラジル政府からの締結交渉申し込みを、日本の外務省は2003年から拒否していた | トップページ | 【ワンクリック緊急署名のお願い】アフガニスタン難民の在留資格について »

日本版ワーキングプアー 働いても貧しい人たち(『週刊東洋経済』)と移民関連記事

2006.10.3.19:00ころ

「日本版ワーキングプアー 働いても貧しい人たち/若年請負と外国人が支えるニッポンの最前線」(『週刊東洋経済』、2006.9.16号

「いしけりあそび」(2006.9.18)で知って幾星霜。
先週、某書店にバックナンバーが置いてあるのを四条のジュンク堂でようやく見つけ、ゲットしてきました。

全体的に、企業経営者向けに書かれた記事との印象がありますが、経済専門誌が取材班を組んでつくったレポートだけあって、さすがに読み応えがあります。

日系人(とその家族)、中国人などの研修生・実習生(10万人もいるそうです)などを「使い捨ての低賃金労働力」にすることで、日本の産業界は生き残りを図り、あるいは高収益を上げてきた。
そして今、新たな「使い捨ての低賃金労働力」として労働市場に導入されつつあるのが、日本人若年層で、
定住しようとする日系人も、日本人若年層も、どちらも新たな下層階級への道を邁進中で、貧困が再生産される歯車に巻き込まれていっている。その実態と背景を探ったレポートです。

「いしけりあそび」さんが指摘している、特集の弱点を補うには、移民国家ニッポンの近未来図(『週刊SPA!』2006年8月8日号)を合わせて読むと、なにがしかの足しになるのではないかと思います。

また、つい最近の記事では、
移民小国から脱却するための条件(神谷秀樹の「日米企業往来」、日経BPオンライン、2006.10.3)
15年でデカセギ問題を解決する方法(ニッケイ新聞、記者の眼、2006.9.30)

も参考になると思います。
「雑誌のバックナンバーはちょっと……」という方も、ぜひご一読を、どうぞ。


Banner2←何か感じていただけましたら、クリックひとつ、お願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ←「おおっ」と思われたら、クリックひとつ、お願いします。

« 「犯罪人引き渡し条約」ブラジル政府からの締結交渉申し込みを、日本の外務省は2003年から拒否していた | トップページ | 【ワンクリック緊急署名のお願い】アフガニスタン難民の在留資格について »

おすすめサイト」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

ワーキングプア、格差社会」カテゴリの記事

外国人労働者・移住労働者」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

連帯でGO!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61333/12129165

この記事へのトラックバック一覧です: 日本版ワーキングプアー 働いても貧しい人たち(『週刊東洋経済』)と移民関連記事:

» 朝日・東京新聞の共謀罪スクープに関する解説〜その1 [情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士]
共謀罪新設の根拠とされている国際組織犯罪防止条約の制定過程で,共謀罪(犯罪をしようと話し合っただけで犯罪となる)や参加罪(組織犯罪集団に参加することを犯罪とする)について,各国はいかなる検討をしたのか,最終決戦を前に,じっくりと検討したい。 まず,1999年1月,ウィーンで行われた第1回会合では,次のような案(←クリック)が提案された。 ■■引用開始■■ Article 3(3条) Participat... [続きを読む]

» 「ワーキングプア」…イス取りゲーム、負ければホームレス? [dr.stoneflyの戯れ言]
 NHKの特集「働く貧困層」-ワーキングプアを再放送で見た。ホームレスを強いられる若者や、切り捨てられ没落した「地方」の仕事がないなかで働く老人や家族。会社の倒産でアルバイトの掛け持ちをし子どもを育てる父親と教育を諦める子ども、貧困層の子どもに生まれたがゆえにホームレスを強いられる若者などが紹介された。まったく酷い状況は拡大している。... [続きを読む]

» サービス残業233億円 [王様の耳はロバの耳]
サービス残業233億円 高水準続く、労基署指導(共同通信) - goo ニュース 報道によればサービス残業が233億円に上ったそうだ {/hiyoko_thunder/} 簡単に言えば従業員が貰えるものを貰えないで社長さんが233億円助かったというか儲かった訳だ {/hiyoko_thunder/} アメリカでは大手外食のチェーンのマネージャー連中がサービス残業に対する支払いを認めさせ、その後の... [続きを読む]

» 「偽装請負」による初の事業停止命令 [S氏の時事問題]
コラボレートに事業停止命令 「偽装請負」で初  厚生労働省大阪労働局は3日、製造請負大手の「コラボレート」(大阪市北区)に対し、労働者派遣法に基づく事業停止命令と事業改善命令を出した。大手メーカーなどとの請負契約を装って労働者を都合よく働かせる「偽装請負」に絡んだ事業停止命令は初めて。停止期間は偽装請負が新たに発覚した同社の姫路営業所が4日から1カ月、ほかの83事業所が2週間。停止期間中は、新たな労働者の派遣ができなくなる。ただ、�... [続きを読む]

» 偽装請負のコラボレート親会社、15年で年商10倍(朝日) [タカマサのきまぐれ時評]
■先日の「偽装請負で事業停止命令へ 大手コラボレートに厚労省(朝日)」の続報。■やっぱり、ムリした急成長のウラには、大体不正がかくされている。ま、当然といえば当然だが。偽装請負のコラボレート親会社、15年で年商10倍2006年10月04日07時31分(asahi.com)...... [続きを読む]

« 「犯罪人引き渡し条約」ブラジル政府からの締結交渉申し込みを、日本の外務省は2003年から拒否していた | トップページ | 【ワンクリック緊急署名のお願い】アフガニスタン難民の在留資格について »