複国籍PT


2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

あわせて読みたい

  • あわせて読みたいブログパーツ

« 「お年寄り、子ども、障害者、お客さま」は宝物(タンザニアでは)(『世界の母さんニッポンに生きる!』(2)より) | トップページ | 【笑って大天使(ミカエル)!】シンポジウム:人身取引の防止をめざして〜国際機関の経験に基づく実践モデルと新たな視点の探求〜 »

平沢勝栄議員の「テロ予告」!?(入管法改定案に関する国会会議録より)

2006.9.22.23:00ころ
(2007.12.19.02:00ころ、この色の部分を追記)

本日は、閑話休題ってことで、入管法改定案に関する今春の国会会議録を読んでいて、政府答弁の論理性・非論理性とは別に、気になった発言を、紹介してみます。

その発言は、2006年3月17日、衆議院法務委員会で、なされました。発言者は、トップバッターとして質疑に立った平沢勝栄議員(自民党:公式サイト)。発言番号は同日の第034番。以下、問題の発言部分の抜粋です。

 時間が来ましたので、最後の質問にさせていただきます。  今回の入管法の改正は第一歩ですけれども、これから将来に向かってもっともっと、とりわけテロの面では、あるいは犯罪もこれから非常に凶悪化していきますから、もっともっと制度面の整備が必要になってくると思いますけれども、これについて大臣の御所見を最後にお伺いできますか。

「これから将来に向かってもっともっと、とりわけテロの面では、あるいは犯罪もこれから非常に凶悪化していきます」などとは、そういうテロないし犯罪計画に関与ないし計画を関知している人間でなければ、ちょっと断言できないことではないの?! まさか平沢議員とその背後にあるナントカカントカが、前代未聞のテロや犯罪を計画中ってわけ!?

これがホリエモン・偽メール騒動で名を落とした、あの永田(前)議員や前原(前)民主党代表の発言だったりしたら、笑って聞き流せるのですが、しかし、平沢議員となると……。
だって、平沢議員は、あの騒動で、真っ先に偽メールを入手した、という恐るべき情報網と情報収集力をお持ちの議員なのであります。
その平沢議員がこんな発言をするってことは、本人が直接関わってるかどうかはともかく、やっぱり……そーいうことなのでありましょうか!?

ここで、安倍晋三の「日本CIA構想」「日本NSC構想」に孕む危険性(ジャパン・ハンドラーズと国際金融情報、2006.8.24)や『 9・11テロ捏造—日本と世界を騙し続ける独裁国家アメリカ』(←これについては、こちらの記事&コメント欄もご覧ください)がんばれ野党連合! 北朝鮮経済封鎖は 日本版9.11の序章だ!(新党を欲する人 〜 立憲平和党本部、2006.9.20)や、さらには新首相が次に画策していること…?(路上日記@なんで屋、2006.9.21)、そして、安倍晋三が改憲を急ぐワケ(きっこのブログ、2006.9.22)なんかを読むと、一層猛烈な勢いで妄想に突っ走りたい衝動にかられます。ああ、トンデモ本が書けそうな気になってきました。

いや、冷静に考えても、上記新首相が次に画策していること…?(路上日記@なんで屋、2006.9.21)、そして、安倍晋三が改憲を急ぐワケ(きっこのブログ、2006.9.22)なんかで取り上げられている「未確認計画」におあつらえ向きの法律が制定され、その各自治体版の計画が立案・作成中なわけで、かなりヤバゲな香りがします。そう、あの「国民保護法」そのためのあれこれです。

この邪推が「単なる揚げ足取り」に過ぎないことを心底願っていますが、
「テロの脅威」で恐怖を煽って、人権制限、人権侵害を正当化しようとする平沢議員の手法には、
「さすが、霊感商法の総元締である統一教会の合同結婚式に祝電を送ったりするお人らしいなあ」
と、あまりうれしくもない感慨を禁じ得ませんでした。うーむ。

それにしても、もし共謀罪なんてのが成立したら、私なんかが平沢議員みたいな発言を道ばたで口走っただけでも、お縄になっちゃうんでしょうか。「マバタキだけでもアウト!」って話だから、きっとそうなんだろーなー。
くわばら、くわばら。

「入管法改定案に関する国会会議録より」シリーズ
1.【入管法問題】参院・衆院与党議員への宣戦布告(2006.05.09)
2.平沢勝栄議員の「テロ予告」!?(2006.09.22)
3.「またテロですよ!」(非国民通信)を読んで(2006.10.15)
4.共謀罪強行採決阻止のためのお役立ち情報、かも。(2006.10.20)
5.共謀罪審議に松島みどり議員が登場(2006.10.22)
6.教育基本法をイジる前に「外国人・民族的マイノリティ人権基本法」「人種差別撤廃法」の制定を!(2006.11.12)
7.「寛容の精神」のない国と、他の人間を平気で「人間以下」と見下す者/「多民族共生教育フォーラム2006愛知」から教育基本法改定を目論む日本政府へ(2006.11.13)
8.河野洋平・太郎父子、塩崎恭久&石原伸晃、議会制民主主義の破壊(2006.11.16)
9.「望ましい監視社会」!? 荒井正吾・参院「教育基本法に関する特別委員会」委員長(予定←変更アリマシタ)(2006.11.16)
10・外国人実習生への性暴力/植草一秀氏事件から見える「適正手続」問題(2006.12.27)
11.外国政府・メディア・市民に知られまいと日本政府が隠す目的(2006.12.30)
12. 「永住者」の扱いに関する立法事実と、政府による議会制民主主義の破壊(2007.1.10)
13.衝撃or当然(?)の検索フレーズ/政府と女性蔑視/国民投票法案バナー(by SOBAさん)(2007.1.28)
14.テロ犯と誤認、11億円賠償:カナダ首相、第三国移送で謝罪(2007.1.31)
15.テロの種まき、テロ対策!?(2007.3.17)
16.外国人の生体情報採取・蓄積・流用システムの問題点(2007.9.4)


Banner2←何か感じていただけましたら、クリックひとつ、お願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ←「おおっ」と思われたら、クリックひとつ、お願いします。

« 「お年寄り、子ども、障害者、お客さま」は宝物(タンザニアでは)(『世界の母さんニッポンに生きる!』(2)より) | トップページ | 【笑って大天使(ミカエル)!】シンポジウム:人身取引の防止をめざして〜国際機関の経験に基づく実践モデルと新たな視点の探求〜 »

2006入管法改定」カテゴリの記事

おすすめサイト」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

戦争・平和」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

平沢 って きんもちわりい! ガマガエルの化身なり。

「新党を欲する人」さん、コメントありがとうございます。

人の印象はそれこそ人それぞれでしょうが、ガマガエルって、ぼくは結構好きなんです、実は。
まあ何にしろ政治家さんには、見た目よりもまずは実際の行動、そして次に(かな)、中味で勝負してもらいたいと思っています。

入管法改定案の会議録を読みながら、質疑に立たれている議員さんのHPに掲載されている本人の写真を見ていると、写真から(ぼくが)受けるイメージどおりの発言をしている人もいれば、それとは真逆の人もいて、なかなかおもしろいです。

今後ともよろしくお願いします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61333/11990710

この記事へのトラックバック一覧です: 平沢勝栄議員の「テロ予告」!?(入管法改定案に関する国会会議録より):

» 戦争がやってくる、ヤァ ヤァ ヤァ! [Some Kind of Wonderful]
日本に平和省を!と旺盛な活動を展開していらっしゃる、きくちゆみさんのメルマガ「地球平和ニュース」に、週刊オルタの西山澄夫さんの文章が掲載されています。転載のお許しをいただきましたので、ぜひご覧下さい。******************************...... [続きを読む]

» 安倍は日本と中国を戦争させる方法を研究する集会に出席していた!【きっこの日記 他】 [どこへ行く、日本。(安倍は小泉より危険!)]
安倍は2005年10月25日、26日に、「日本と中国を、どのようにして戦争に突入させるか、そのプラン作り」とのテーマの政策研究集会に出席していた! ↓ 2006/09/21 (木) 安倍晋三が改憲を急ぐワケ【きっこの日記】 http://www3.diary.ne.jp/logdisp.cgi?user=338790&log=200609... [続きを読む]

» Loose Change 第2弾 「911の嘘を崩せ」 @ダウンロードTAG貼っときました [ぬぬぬ?]
911の嘘を暴く、第2段    「配ってくれ」の意に感じ、転載 google videoで見れるようだが、権力側が嫌がる情報は分散アーカイブが吉 消されたら上げるの無限増殖作戦 ダウンロードの仕方がわからんという方には... [続きを読む]

« 「お年寄り、子ども、障害者、お客さま」は宝物(タンザニアでは)(『世界の母さんニッポンに生きる!』(2)より) | トップページ | 【笑って大天使(ミカエル)!】シンポジウム:人身取引の防止をめざして〜国際機関の経験に基づく実践モデルと新たな視点の探求〜 »