複国籍PT


2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

あわせて読みたい

  • あわせて読みたいブログパーツ

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月

人として!(「もうひとつの日本は可能だ! 人間尊重の多文化・多民族・多国籍社会へ!」より)

2006.8.14.00:00ころ

「夏休みに突入! だから、ちょっと手を抜いて……」

というわけではないこともないのですが、以前、もうひとつの日本は可能だ! 人間尊重の多文化・多民族・多国籍社会へ!に連載しかけて止まっていた文章(こっちのブログを始めちゃったので)を、転載してみます。
そこで書いていたテーマは、今春の「入管法改正」問題にやはり直結するものでもありますし、「入管法改正」問題を本格的に取り上げていく前に、振り返っておくべきだと考えました。

「そこに暮らす人のための国家」って、けっこうアバンギャルドな発想かなあと当時は思っていたのですが、今、冷静に考えると、社会権規約や自由権規約という2つの国際人権規約を批准したときに日本政府は、そちらへ進むべき義務を負う約束をしていたのではあるまいか、とも思います。

まあ、きちんと校正してなかったみたいでして、読み返すと気になる部分もあるのですが、当ブログの開始直前に私がどんなことを考えていたか、あらためて出発点を振り返る意味で、そのままにしておきます。ちょうどありがたいタイミングで、保坂展人のどこどこ日記に関連するコラム(東京レズビアン&ゲイパレードに行ってきた)が掲載されていましたので、そちらへの文中からのリンクを一つ追加しました。
(続きを書くかどうかは、「入管法改定」に関する浮世絵太郎さんたちの仕事の催促でどれだけ私が消耗しないでいられるかにかかっています。だから、期待しないでね!)

第1回(2005年6月8日)
人というもの

 どうも日本の入管行政をはじめ、日本社会全体をおおいつつあるゼノフォビア(外国人嫌悪)には、「自分の国から他の国に移動するやつは問題児、悪。特に日本に来るやつは、日本の富を奪いに来る極悪人」という認識があるような気がする。
 気のせいならばいいのだが、以前、ある警察官と話をしていたとき、あからさまにそういう態度をとられたことがあり、もしそんな認識が一般的にあるのだとしたら放っておけない……というわけで、ちょっと論じてみたい。

 まあ、長々と論ずるまでもなく、上記のような「認識」を持って、人の移動を制限、管理しようとする「封建社会」的な発想とその実践(←日本政府が推進している)は、破綻を運命づけられている。
 なぜなら、人はよりよい生活(「夢」と置き換えてもいい)を求めて生きていくという本質を持つ存在だから。

 このことは、日本国内の日本人の現状に目を向けるだけで、わかるだろう。多くの人が自分の望む暮らしを実現しようと、都会に出ていく。あるいは、都会から地方へ移動していく。よりよい暮らしがあると考えた場所に向かって、移動している。

 こうした移動は人間存在の本質に根ざすものであるがゆえ、どんなに精巧で厳格な移動制限手段を設けても、それをくぐりぬける道を、人は見つける。現代のように人の移動手段が高度に発達し、遠隔地間での情報交換がたやすくなってくれば、なおさらだ。人の移動の範囲は大きく広がり、目的地への距離も伸びる。

 しかも、商品や資本の国際的な移動、いわゆるグローバリズムが、是非はともかく、現実として、抑えきれない勢いで進んでいる。先進国や国際機関が生み出し、拡大してきた経済の南北格差の影響で、生活基盤を破壊され、自分の生まれ故郷では生活できない、夢を叶えられない、という人が増えていくのも、自然の流れだ。日本が、そんな人たちにとって「よりマシ」な生活を実現できそうな場であれば、日本は彼・彼女らにとって、新たな生活の場として、目的地にもなる。その人の流れが絶えることはなく、合法・非合法のあらゆる障害を乗り越えて、綿々と続いていく。

 付言するなら、日本がそういった「グローバリズム」の恩恵を受けておきながら、日本で働きたい、日本で暮らしたいという人の受入れを拒み続けるのは、私には、あまりに醜い「植民地主義」に見えてしまう。

 まあ、「植民地主義」を醜いと感じるかどうかはともかく、上述のような人間の本質を皆が考えてくれるなら、たとえば、外国からの労働力輸入をどうするかとは別の次元で、たとえば、この日本国に暮らす「在留資格」を与えられていない人に対する日本社会の眼差しも対応も、少しはやさしいものになるのではないか。
 そして、そこから、「すべての移住労働者とその家族の権利保護に関する条約」(在留資格に関わりなく人としてのさまざまな権利を保障する条約)の批准も可能になっていくのではないかなあと、考える次第である。

 こういう論理に対しては、「国家はそういった人の流れを管理し、阻止するという本質を持つ」との反論があるかも知れない。
 だが、「国家」をどういうものにしていくかは、近代以降の民主主義国家では、主権者がデザインすべきものだ。立憲主義による制約の範囲内で。その点、お忘れなく。(これについても、『無意識の植民地主義 日本人の米軍基地と沖縄人』(野村浩也。御茶の水書房)をご参照あれ)


第2回(2005年07月21日)
家族とは

 先月、移住連のワークショップが京都であったとき、中国帰国者(残留孤児とその家族のこと)に関する「定住者告示」というものが変わりそうだ、との話を聞いた。
 で、今、その変更についてパブリック・コメントが募集中なのだが、何とも気になるのが、
 中国残留邦人の6歳以上の養子及び中国残留邦人の配偶者の婚姻前の子のうち、6歳に達する以前から中国残留邦人と同居し扶養されていた者
 に限ってる部分だ。

 これを文言どおりに解釈すると、6歳以上の年齢で養子になった子は、日本につれて来ちゃダメだよ、という結果になる気がする。そんな形で家族を分断することが、はたして許されるんだろうか。

 「6歳」という条件はどこから来たのか。
 日本の民法には「普通養子縁組」と「特別養子縁組」というのがあって、「特別養子縁組」では、子は実親との親子関係をまったく無にして、養親の子になる。そして、その基本的要件が、6歳未満の子に限る、とされている。
 たぶん、そのあたりに数字を合わせたのだと思うが、特別養子の場合はそれなりに理由(子の福利のためという目的)があるとしても、定住者告示のようなものの中でまで、「家族」というものに実体があるかどうかを、こんな一律の基準で判断しちゃっていいものなんだろうか。

 家族の形はそれぞれさまざま。まずは、その多様性をど〜んと受け容れる寛容さから、法制度ってやつはスタートするべきだと思う。

 おそらく法務省・入国管理局は、就労目的で残留孤児の養子になった中国人が日本に押し寄せてくるんじゃないかと恐れているのだと思うが、そういうケースこそ、実態で判断して、入国不可、とかすればいい。就労目的で養子になったことを入国管理局が裁判の場で証明していくわけだ。難しいが、入管職員としてはやりがいのある仕事で、担当部署の士気もあがるのではあるまいか。

 そんなわけで、次のようなパブリック・コメントを寄せてみた。


 養子縁組みの事情には、年齢を含めて、さまざまなものがあると思います。ですので、「6歳に達する前に」という要件がなぜ必要なのか、理解に苦しみます。たとえば、特別養子縁組制度において「6歳未満の子」とされていることには、実親子関係と近い状況を、養子となる子どものために準備するという、法的にも合理的な、社会的にも国際的にも説得力のある理由があります。しかし、本件告示のようなものにこうした取扱いの区別を設けることに、はたして合理的理由があるのでしょうか? 年齢による不合理な差別であるとして、近い将来、さまざまな面で問題になるのではないでしょうか。

 ちなみに「合理的な差別」とは、最高裁が、憲法14条の「平等原則」の例外を許すために使っている論理だ。

 あと、外国籍者の人権を制限するときは、「在留制度の枠内でしか人権は保障されない」という最高裁判決(マクリーン事件と呼ばれる事件の判決)の論理も使われるが、こちらについては、その判決の翌年に、国際自由権規約や社会権規約を日本政府は批准しちゃってるので、もう使うのは無理ちゃうの、との疑問の声があったりする。


 以上については、残念ながら定住者告示にまつわる制度にくわしくない私なので、勘違いがあるかも知れない。

 「そんなあほなかたちで家族を引き裂くなんてえげつないまね、わしら、するわけないやないですか」

 と、入管ないし法務省の人が答えてくれればありがたいのだが。さて?


第3回(2005年10月10日)
家族とは (2)

 定住者告示は、9月28日、原案通りに変更されたそうだ。
 その変更に際してのパブリックコメント実施結果について発表されたPDFファイル(11KB)を読むと、奥歯に物の挟まったような物言いというか何というか、今回の変更でもたらされる結果が、どうにもなんだかよくわからない。
 6歳以上での養子縁組は一律不可、というわけでもないようであり、そうなると、6歳という線引きのなされた理由にますます謎が深まるばかりでもある。
 要するに、今後の運用に厳しく注視しなければならない、というこのなのだろう。
 家族の統合という権利が、入管行政の中で当たり前に尊重される日が到来するよう、皆様も厳しく監視の目を注いでいただきたい。よろしくお願い申し上げる次第であります。


第4回(2005年10月11日)
「国民のための国家」の限界を越える──「そこに存在する人のための国家」へ──

 今回は、人が人として差別なく人権を尊重され守られる社会が、どんな御利益をもたらすか、搦め手から論じてみよう。日本国籍者の皆さまが本当に幸せになるための、
 「もうひとつの日本は可能だ!」
 の、多文化・多民族・多国籍社会バージョンである。いざ。

 近代以降の「国民国家」時代にあっては、国家は国民を構成要素とするものとして、国民のためにある、との建前がとられてきた。今の日本国籍者も、多くの人はそう考えているように思う。
 だが、はたして国家が本当に「国民」のために仕事をしてきたのか?
 なんてことは、論じる価値が大いにあるテーマではあっても、本論考の取り上げるところではない。ごめんね。

 ここで論じたいのは、「国民のための国家」は、「国民」でない者の人権を制限しがちだが、それがはたして「国民のため」になるのか、という点だ。言い換えれば、かえって「国民」自身の首を絞めることになっちゃうよー、というお話。

 たとえば、私は日本で暮らす中南米系の子どもたちを支援する活動に関わっているので、そこでの体験を元に語らせてもらうが、日本の学校システムの受け入れ体制の不備もあって、日本の公立学校に通うその子たちの高校進学率は、驚くほど低い。大多数が、中学卒業と同時に工場で働きはじめるか、あるいは、その前に学校をやめていく。やめた子は、日本での「就学義務」はないので、そのまま放っておかれる。子ども権利条約を日本政府が批准しているなんてことは、実際の現場では、単なるお題目でしかない。中には、12、13歳で、派遣労働者として工場で働きはじめる子どもさえいる。なんとまあ、第三世界でばかり起こっていると多くの日本国籍者が想像しているだろう児童労働が、他ならぬこの日本の中で、読者の皆さまもおそらくその名は知っているだろう有名企業やその関連会社の工場の中で、行われているのである。
 その背景や理由については、これもまた本論考の取り上げるところではない。論じはじめると、なが〜くなるし。もいちどごめんね。

 ともかく、そういう「結果としての差別」が現実にあり、その現実を肌身で感じながら子どもたちは育ってきている。残酷な現実の中に放り込まれている中南米系の子どもたちだけでない。その子らと同級生になったり同じ地域で暮らしたりしている、日本で生まれ育った日本国籍の子どもたちもまた、同じ現実の中を生きているのだ。自分とたいして変わらない年齢の子たちが、「日本国籍でない」という生まれついての条件の違いのせいで、自分たちとはまったく違った人生を宿命づけられて生きていく姿──まるで封建時代さながらの階層社会の現実だ──を間近に見ながら。

 大人たちが生み出したこの差別構造が、日本で生まれ育った日本国籍の子どもたちにどんな意識を育むだろうか。
 大人社会への反発を育む子もいるかも知れない。しかし、それより、
 「人間には出身や民族、言語なんかで差別して構わないやつがいる」
 そんな意識がじわじわと育まれていくのが落ちではないか。
 そして、そんな意識が、
 「人権なんて、しょせんは国籍とかで制約されるものだから、普遍性なんてない」
 とか、
 「人権よりも国籍のほうが大事」
 「人権なんてたいしたものではない」「もっと大切なものがある」
 といった感覚に変わっていくのは、水が低きに流れていくのと同じくらいに、自然な流れだ。

 ──それは19世紀的なナショナリズムと一体化しやすい感覚で、すでにこの社会に蔓延してしまっている19世紀的な植民地主義、帝国主義時代的な「弱肉強食」「暴力至上主義」の発想・風潮をますます後押しし、排外的な気分をさらに強烈に煽る燃料の役割を果たす性質を持つ。そしてついには、排外的な気分の果てに再度の破局を招くかも知れないが、まあ、この危惧もまた、本論考の主題ではない。またまたごめんね。──

 要するに、「国籍」による差別、人権制限が常態化した社会環境は、そこで暮らす差別者側(自国籍者側)の人権感覚の摩耗と人権意識の低下・劣化をもたらす。
 その感覚はやがて、差別者側(自国籍者側)自らの人権をも誰かの恣意的な制限下に進んで委ねてご満悦という、愚か極まりない結果を自ら呼び込むことにつながっていく。「もう手遅れ」ってのは、言いっこなし。

 もちろん、世界人権宣言を受けて、国民国家の連合体が作った国際自由権規約や社会権規約でも、国家は、国民でない者を国民と、すべての場合においてまったく同等に扱わねばならない、と強制しているわけではない。
 だが、たとえそうではあっても、同じ国家の中つまり同じ社会の中に、「国籍」を基準にして、ある人はこの人権は全部享受できるが、ある人は部分的にしかその人権を享受できない、などという状態があることが、はたして健全か。
 そもそも、近代の「国民国家」は、封建社会の持つ伝統的な差別構造を破壊する過程で生まれてきたものだ。伝統的な差別構造を、新たな差別構造に置き換えることで満足していて良いものか。悲しすぎないか。
 また、2つの世界大戦を経て確認された、人権の重要性を、低下させてしまう、あるいは否定してしまうことは、やはり危険極まりないと言うほか、ないではないか。

 とまあ、ここでは話の都合上、「国籍」による差別を主題にしたが、もちろん、差別対象の「目印」になるのは「国籍」に限らない。民族や文化、性別、性的指向、あるいは今の社会でハンディキャップとなったり差別の「目印」とされたりしている何らかの特徴など、いろんなものを当てはめて考えてくれてかまわない。ある程度合理的なものと考えられてきた感のある「国籍」以外についてであれば、なおのこと当てはまる話ではないかと思う。

 さあ、そこでいよいよ本題だ。どうすればこの「人権制限へ向かう悪夢のスパイラル」から脱出できるか。

 「もう手遅れ」
 などと泣き言こぼしたい気分を抑えつつ私が考えるに、結局は、「国民のための国家」から「そこに暮らす人のための国家」、いや、もっと厳密に言えば「そこに存在する人のための国家」へ転換する以外に、本質的な解決策は、ない。

 「そこに暮らす人のため」平たく言えば「住民のため」とは、地方自治レベルではすでに議論されてきている、というより、憲法上の地方自治制度に関しては、自明のこととして受け容れられているところだが、それを「住民」という枠にも「地方自治」という枠にも留めず、「そこに存在する人」へ、そしてさらに「国家」レベルにまで敷延するのである。大胆に。

 この大胆かつ極めて先進的な試みが実現すれば、「手遅れ」感の強い現状も、一気に吹き飛ばせるだろう。実現には、おそらく改憲なんかは不要としても、主権者たる日本国籍者の変革へ向けた強力な意思は必要だし、主権者でありこの社会の圧倒的マジョリティである日本国籍者自身がこれまでと違う新たな道を自身で選び取ることは、あらゆる方面に強烈なインパクトを与えるに違いないのだから。

 「国家」像をこうして組み換えていこうとすれば、各論レベルではいろいろと論ずべきこと、対処せねばならぬ新しい問題がいくつも出てくるだろう。だが、それはどんな社会でも同じ、どんな国家でも同じことだ。諸行無常、万物流転の世の中なのだから、新たな問題が生まれてこない社会など、どこにもない。「国家」像の転換で得られる利益と比べれば、転換それ自体を躊躇させるほどのものではあるまい。たいていのものは、技術的なレベルで解決できるものだと思うし。

 「国民のための国家」から「そこに存在する人のための国家」へ──。

 この転換を成し遂げて初めてようやく、日本社会は「人権制限へ向かう悪夢のスパイラル」から脱出することができ、人が人として差別なく人権を尊重され守られる社会の実現が近づき、日本国籍者の皆さまもようやく本当に幸せになるときが訪れるのである。

 すごくない?


Banner2←何か感じていただけましたら、クリックひとつ、お願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ←「おおっ」と思われたら、クリックひとつ、お願いします。

在日コリアンの子どもたちに対する嫌がらせ等への対策を求める会長声明(愛知県弁護士会)

2006.8.13.00:00ころ

愛知県弁護士会の会長声明が、8月11日付けで発表され、内閣総理大臣、文部科学大臣、法務大臣、愛知県知事、愛知県教育委員会、名古屋市長、名古屋市教育委員会等に宛てて送付されたそうです。
「嫌がらせ等への対策を求める」というあたりが、積極的な対策を催促している点で、非常に嬉しい内容だと思います。

在日コリアンの子どもたちに対する嫌がらせ等への対策を求める会長声明

1.2006年(平成18)7月5日の朝鮮民主主義人民共和国政府による弾道ミサイル発射の報道以降、日本各地で、朝鮮学校に通う子どもたちが、心ない人たちにより嫌がらせや脅迫的言動、暴行にあっています。
嫌がらせや脅迫的言動は、匿名での電話やメールによるものが多く、その内容も、ミサイル発射を理由に子どもたちへの生命・身体への危害を予告するものなど、陰湿なものも少なくありません。教育関係者によれば、その数は、同日以降は10倍以上になっているといわれています。
暴行事件は、大阪府内、埼玉県内で報告されている他、愛知県内でも豊明市にある愛知朝鮮中高級学校の生徒に対する脅迫的言辞を含めた暴行事件が発生しています。
2.しかしながら、在日コリアン(在日韓国人・朝鮮人)の子どもたちには、弾道ミサイル発射の問題について何の責任もないことは明らかです。
  わが国においては、急速な国際化や経済のグローバル化に伴い、多民族・多文化の傾向が急速に進展しつつあり、多民族・他文化の共生する社会の構築が強く求められています。しかし、その中で、かつての植民地支配の結果、日本での生活を余儀なくされた朝鮮、台湾などの旧植民地出身者とその子孫を中心とする民族的少数者に対する差別を未だに根絶できていません。朝鮮学校に通う子どもたちに対する嫌がらせや脅迫的言動、暴行も、まさにその例と言うことができます。
3.これらの嫌がらせや脅迫的言動、暴行は、在日コリアンの子どもたちの生命・身体の安全と自由を脅かしています。
  同時に、これらの行為は、日本国憲法第13条及び世界人権宣言第1条、第2条、第3条をはじめ、国際人権規約、人種差別撤廃条約、子どもの権利条約などにおける人の尊厳の保障及び人種差別禁止の理念及び規定に根本的に反するものです。
  在日コリアンの子どもたちにも、当然に人種や民族的出身等によるいかなる差別も受けることなく安心して生活して学ぶ権利が保障されています。
  現在行われている嫌がらせや脅迫的言動、暴行は、いかなる理由があっても決して許されるものではありません。
4.当会は、在日コリアンの子どもたちへの嫌がらせや脅迫的言動、暴行を強く非難するとともに、政府、愛知県及び関係諸機関(教育機関を含む)に対し、在日コリアンの子どもたちへの嫌がらせや脅迫的言動、暴行等を防止し、在日コリアンの子どもたちが安心して学校に通い生活できるための対策を直ちに講じ実現するよう強く要請いたします。

       2006年(平成18年)8月11日
           愛知県弁護士会
               会長 山田靖典


Banner2←何か感じていただけましたら、クリックひとつ、お願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ←「おおっ」と思われたら、クリックひとつ、お願いします。

【「こういう人たちも不法滞在者であり犯罪の温床だ」と??】在留支援のための署名のお願い

2006.8.12.0:00ころ

神戸市長田区に住むベトナム人、タンさん一家の在留を支援する署名に協力お願いします!(「タンさん一家の在留を求める会」)

こういう人たちをも「不法滞在者だから犯罪の温床だ」とひとくくりにして排斥しようとしているのが、現在の日本政府、自民・公明連立政権の姿なのです。そこには、自らの無能と失政、「対米売国」の実態を隠すために偏狭な排外主義やレイシズム、差別主義を煽り続けるという、そんな腹黒い意図さえうかがえます。

署名の趣旨に賛同してくださる方は、どうかよろしくお願いします。


Banner2←何か感じていただけましたら、クリックひとつ、お願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ←「おおっ」と思われたら、クリックひとつ、お願いします。

先週の『週刊SPA!』移民国家ニッポンの近未来図/通り魔とハチと(『治安が「あぶない」は「あぶない」』河合幹雄)

2006.8.11.00:30ころ

1)
今週号(8月15・22日合併号)が発売される直前の月曜日、なかなかありがたい記事が掲載されていると聞き、あわてて購入しました。

移民国家ニッポンの近未来図(『週刊SPA!』2006年8月8日号)

「どうしたんだい、へへい、扶桑社!?」

驚かれるかも知れませんが、この特集に関する限り、私は扶桑社さんと共同戦線を展開させていただきたいと思います。もっと前から知っていれば、発売中にどしどし宣伝できたのに〜と、悔やむことしきり、です。

バックナンバーを入手できる方は、ぜひどうぞ!
他の記事には当ブログの管理人として頭が痛くなるものもあるにはありましたが、
捨身成仁日記 炎と激情の豆知識ブログ!さんが紹介している「報道されない未解決事件の"その後"」のような、逆方向で「おおっ!」と唸らせてくれた記事もあります。

とりあえず、小見出しごとに、記事の内容をちょっとだけ紹介します。番号は便宜的に私が打ったものであり、記事本体にはありません。

1)「外国人労働者受け入れで、国の収入が5兆円以上アップ」
→野村證券の試算です。5年で人が入れ替わる「出稼ぎ型」よりも「定住型」のほうが日本政府の税収などにおける経済的メリットが大きいそうで、この項は、名古屋市立大学の村井忠政教授の次のコメントでしめくくられています。曰く、「移民は日本の活力になる。積極的に受け入れるべき」「現在、日本の不法滞在者数は22万人といわれています。彼らのほとんどは、無権利状態に置かれながらも日本人が嫌うようなキツい仕事を引き受けている。彼らの身分と安定的な雇用環境を保障し、税金や社会保険料を払ってもらうようにするというのは、双方にメリットのある政策だと思います」
注釈を添えてみます。未認可就労者(不法就労者)も税金を天引きされているはずです。消費税だって払ってますし。社会保障は、雇用保険とか健康保険とか年金とか生活保護とかいろいろ種類もありますし雇用・就労形態もいろいろあるようなので、私もよく知りません。たとえば雇用保険って、今はやっぱ無理??

2)「犯罪の増加を名目に外国人労働者を排除する日本政府」
→コメントは、おなじみコムスタカー外国人と共に生きる会の中島真一郎氏です。

3)「まるで国がからんだ人身売買? 外国人研修生・実習生制度」
→コメントは、移住連運営委員の鳥井一平氏。この制度、暴力団関係者が関わってるみたいです。この制度によって「日本の先端技術を学ぶことができ、日本人と同じだけの賃金ももらうことができる」と説明され借金をして来日した中国人実習生の、悲しいコメントも紹介されています。曰く、「来る前は日本の文化や人情にも興味があったし、憧れと希望でいっぱいでした。でも、今は日本という国に失望しています」

4)「現場から慎重論続出のフイリピン人看護師受け入れ」
→コメントは、財団法人アジア・太平洋人権情報センター藤本伸樹氏。

5)「先駆者に学べ!外国人労働者と共生する方法」
→浜松市の「多文化共生政策」の内容と、現在、難民として在留特別許可を受けた男性を雇用している運送会社社長のコメントが紹介されています。

6)「移住してくるのは、単なる「労働力」ではなく「人間だ」」
→ここのコメントも、移住連運営委員の鳥井一平氏。

さらに、
「ジダン頭突き事件」の背景にあるフランスの移民事情とは?
として、稲葉奈々子・茨城大学助教授の解説が紹介されています。

→「ジダン頭突き事件」について興味をお持ちの方は、Zidane 選手のインタビュー(全6回。「学校行かずにフランス語!」)や、本ブログの以下のエントリもどうぞ!
SAY NO TO RACISM/『拉致問題で歪む日本の民主主義 〜石を投げるなら私に投げよ』/「9条守ろう! ブロガーズ・リンク」
諦めることなく SAY NO TO RACISM AGAIN

2)
捨身成仁日記 炎と激情の豆知識ブログ!で知りました。

『治安が「あぶない」は「あぶない」』(河合幹雄、知のWebマガジンen)

ポイントを的確に突いています。
記事の中で個人的に特に印象に残った部分を引用させていただきます。その前後にどのような論理が展開されているか、皆さま、どうか原文もお読みください、グラフもご覧ください。

この年間数件や二、三十件といったレベルがどの程度のことなのかを理解するために、再び、死因の統計を見てみよう。それによると、「スズメバチ、ジガバチ及びミツバチとの接触」つまりハチに刺されたことにより2003年に27人死亡している。「ネズミと犬以外の哺乳類による咬傷又は打撲」つまりクマなどに襲われた場合、15人、毒ヘビによって8人となっている。これでもって、人間である通り魔は、動物たちより安全であったということが主張したいわけではない。日本でクマや毒ヘビにやられる確率と比較して、どれほど、通り魔事件が滅多にないことであるかを自覚してほしい。その年に数回しかない事件を、大きく報道し続けて、治安悪化の印象を与えてきたことをマスコミは反省すべきであろう。安全対策論としては、先にハチからはじめるべきであろう。


Banner2←何か感じていただけましたら、クリックひとつ、お願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ←「おおっ」と思われたら、クリックひとつ、お願いします。

【誤報?】北朝鮮ミサイルと9.11/『名探偵コナン』&ザ・ハイロウズ「そばにいるから」&『チャングムの誓い』

2006.8.7.01:30ころ
(2007.2.21.23:30ころ追記。下記で紹介している「ワールド・トレード・センター7号棟が崩壊」のお話、こちらで説明がされています。あれれれ、きわめて自然な現象だったのかいな。。。)

1)
[AML 8488] テポドン2の落下地点の完全なデマが発覚!!(peacemag、2006. 8.1)
[AML 8580] ミサイル報道、他の6発も誤報だった!(peacemag、2006. 8.6)

「いったいこれはどーゆーことよ!?」

と叫びたくなるのは、
かの「9.11同時多発テロ」の折に、航空機の激突も火災もないのにワールド・トレード・センター7号棟が崩壊していた、という話を、
『9.11テロ捏造/日本と世界を騙し続ける独裁国家アメリカ』(ベンジャミン・フルフォード著、徳間書店)
で初めて知ったときの衝動に似たものがあります。

やはり世の中には、私などにはとうてい想像もできない「隠された真実」があちこちに横たわっており、誰かがそれを種に罠を張って待ち受けている、のかも知れません。

夏にピッタシのホラーですねえ……。

2)
皆さまは、テレビアニメ『名探偵コナン』の初代オープニングテーマ&挿入歌を、「ザ・ハイロウズ」が歌っていたのをご存知でしょうか?

「ザ・ブルーハーツ」解散後、どうしているか知らなかった甲本ヒロト氏の歌声が、たまたまつけていたテレビから流れてきたときの飛び上がらんばかりの嬉しさを、私は今でも覚えております。

で、その挿入歌である「そばにいるから」です。

この歌の歌詞のどこがどう『名探偵コナン』とつながるのか、よくわからないまま21世紀を迎えてしまった私ですが、

家族の誰かが入管に収容されたとか強制退去させられたとか、させられそうだとか、そんな人たちの切ない思いに寄り添うような、悲しげな歌だなあ、でもいいよなあ、希望もあるよなあ……

などと、いくぶん支離滅裂な感もある好印象を今も抱いています。

そんな中、先日、レンタルビデオ屋さん経由で某テレビドラマ・シリーズを最後まで見て、
「このドラマの●○は「そばにいるから」にインスピレーションを受けてつくられたか、あるいは元になった何かが「そばにいるから」と同じなんでないんかい!?」
と思う体験がありました。

そのドラマこそ、そうです、あの『大長今 チャングムの誓い』なのです。

「チャングム」ファンで、すでにシリーズ全部をご覧の方は、ぜひ一度、「そばにいるから」をお聞きください。
たしかに、よくあるオーソドックスな話ではありましょうが、
「ありゃ?」と驚き、「そばにいるから」はまさに「ミン・ヂョンホさまの歌」ではないかと思うこと、ほぼ確実でありましょうぞ。はい。
(「そばにいるから」は、アルバム「flip flop」などに収録されています。)

Banner2←何か感じていただけましたら、クリックひとつ、お願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ←「おおっ」と思われたら、クリックひとつ、お願いします。

去れ! 戦争の時代よ!!/靖国神社/WOWWOW「スター・ウォーズ」デー/在日コリアンの子どもたちに対する嫌がらせ等に関する緊急アピール/共謀罪、入管法と『9.11テロ捏造/日本と世界を騙し続ける独裁国家アメリカ』

2006.8.1.23:00ころ
(2008.9.1.20:10ころ追記。下記で紹介しているベンジャミン・フルフォードの本について、化けの皮がはがれる話が後日談としてあります。。。)

1)
レバノンで友人が住んでいた都市ティールも、破壊の魔の手に襲われました。
美しい海とすてきな住まいの写真を見せられ、「いつか絶対に行く」と約束していたのですが。

北朝鮮政府もかなり追いつめられているようです。
「太平洋戦争の頃の日本海軍にさえアメリカの内通者がいて、アメリカの思惑通りに対米開戦に踏み切った、北朝鮮にもそんなスパイがいるのは容易に想像できる」との趣旨のことをベンジャミン・フルフォード氏は『9.11テロ捏造/日本と世界を騙し続ける独裁国家アメリカ』で述べていますが、その真否はともかく、このままでは、朝鮮半島の平和的統一を望むかの地の人々の思いが、またしても我らが日本政府と、そしてそのご主人様であるアメリカ政府によって無惨にも踏みにじられることになりそうで、悔しく、情けなく、腹立たしくてなりません。

ともかく再び、『戦争の抑え方☆軍備オフ ICCでつくる戦争のない世界』へリンクしておきます。
同胞同士で再び無益な血を流すことのないよう国際刑事裁判所規程(ICC規程)をアジアでいち早く批准し、太陽政策を取り続けてきた韓国の人たちの願いが、どうか叶いますように。

2)
先週末、噂の靖国神社「遊就館」に行ってきました。

「戦争神社」とはよく言ったものです。どこもかしこも「日本の戦争」賛美で溢れていました。
遺族の思いをいいように利用して肥え太る、戦争志向、軍国志向。
情報の断片だけを畳みかけるように投げかけて受け手を洗脳しようとするかのような、極めて危険な「カルト臭」に満ち満ちた映像の数々。
靖国神社はやはり「平和」や「共生」とは相反する思想を広める場でしかないようです。A級戦犯を分祀するかどうかにかかわらず、やはり日本の首相や閣僚が参拝すべき場とは到底思えませんでした。

また、源頼朝とか織田信長とかの業績(?)を讃えるかのような展示もあって、実は靖国神社にとって天皇家などどうでもよくって「軍事」と「戦争」と「戦死者」だけがあればいいのかなあ、などとも考えてしまいました。だって、天皇家から政治の実権を奪った男と、天皇家を亡きものにしようとしてたって見られてる男じゃないっすか。このあたりに、靖国神社の宮司たちの意識が現れてるんではありますまいか。

参道沿いの土産物店の冷蔵庫にペットボトルのお茶「若武者」がズラリと並んでいるのを見て、「なるほど」と感心したのは、まあ、余談です。

3)
「戦争反対!」を訴えてきた後でなんですが、WOWWOWが、「スター・ウォーズ」デーを開催するとか。
となると、ここは一つ、ファンとして語りださねばなりますまい。
うち、WOWWOW入っとりませんですが。

個人的に一番好きなのは、やはり最終話、「ジェダイの帰還」であります。

シスの暗黒卿との対決の最中、家族への思いの強さゆえに、激しい怒りと憎しみに呑み込まれた若きジェダイ、スカイウォーカー。彼が最後に選んだ道とは!? そして遂に、死んだと思われていた伝説のジェダイが、かえっ……!?

私は旧3部作から見たわけですが、新3部作の「エピソード1」から順に見た人は、最後、どんな感想を持つんでしょうか。

4)
以下は、第2東京弁護士会からのアピールです。

在日コリアンの子どもたちに対する嫌がらせ等に関する緊急アピール

 本年7月5日の朝鮮民主主義人民共和国による弾道ミサイル発射の報道以降,朝鮮学校及び朝鮮学校に通う子どもたちに対する嫌がらせが東京都をはじめ全国各地で頻発しています。
私たちの社会は,残念ながら依然として民族的マイノリティに対する差別を根絶できていません。朝鮮学校及び朝鮮学校に通う子どもたちに対するこのような嫌がらせもその例であるといえます。しかしながら,在日コリアンの子どもたちには,弾道ミサイル発射について何らの責任もないことは明らかです。
 日本国憲法及び国際人権法は,人間の尊厳を最大限に保障するとともに,人種等によるいかなる差別も禁止しています。そして在日コリアンの子どもたちにも,当然に人種等によるいかなる差別も受けることなく安心して生活し学ぶ権利が保障されています。嫌がらせは,そうした権利を侵害するものであり,決して許されるものではありません。第二東京弁護士会は,人権の擁護を使命とする法律家の団体として,在日コリアンの子どもたちに対する嫌がらせを決して行わないよう強く訴えます。
 そして,当会は,今後も国籍・民族や文化が異なっても一人ひとりがお互いの人権を尊重し共生できる社会の実現に向けて,関係機関と協力のうえ,積極的に取り組み続ける決意を表明します。

   2006年(平成18年)年7月31日
        第二東京弁護士会       
             会長 飯 田  隆

5)
ベンジャミン・フルフォード氏の『9.11テロ捏造/日本と世界を騙し続ける独裁国家アメリカ』については、また後日。
アメリカの「愛国者法」の代わりに、日本では「入管法改正」や「共謀罪制定」が目指されてるんだなあと実感したことのみ、今は記しておきます。

Banner2←何か感じていただけましたら、クリックひとつ、お願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ←「おおっ」と思われたら、クリックひとつ、お願いします。

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »