複国籍PT


2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

あわせて読みたい

  • あわせて読みたいブログパーツ

« 『週刊ポスト』連載ルポ「日系外国人は告発する」第3回 | トップページ | サンドラ母子在留特別許可!/ベトナム難民、在留特別許可! »

入管法改正案:指紋採取、顔画像採取

2006.2.9.00:00ころ

1)
入管法改正案:16歳以上の外国人 入国審査で指紋採取(森本英彦記者、毎日新聞、2006/2/8)

私の家族や友人たちが指紋採取や顔写真撮影なんかを強制されることになるかと思うと、非常に腹が立ちます。強い憤りをおぼえます。こんな法律を通したらタダじゃおかんぞ、と大声で叫びたくなります。夜中なので、我慢しますが。

アメリカ旅行で指紋や顔写真を撮られ、嫌な思いをした日本人も少なくないのではないでしょうか。観光客誘致には、逆効果でしょう。

そしてもちろん、人権の視点からも、記事で触れられているように大きな問題を含んでいます。
外国人の人権を軽視することは、人権そのものを軽んじる風潮を生み、やがては私たち日本人自身も、指紋採取、顔写真撮影をされるのが当然だと、思いはじめることでしょう。自身の尊厳を放り出し、隷属根性を根深く意識の底へ下ろしていくことでしょう。
そういう流れを、アメリカ政府の「対テロ戦争」に付き従って世界中に広めていくことが安全につながるとは、思えません。人権侵害・人権抑圧が「平和の敵」であることを、先の世界大戦2つで、世界は学び、「世界人権宣言」を生み出したのですから。

【関連情報】
日弁連「外国人の出入国・在留管理を強化する新しい体制の構築に関する意見書」(本ブログ、2006/1/13)
文化・多民族・多国籍社会と『戦争をなくすための平和教育 「暴力の文化」から「平和の文化」へ』(ICCで「人間の安全保障」、2006/1/10)
「テロ対策」があれば、安心して暮らせるのでしょうか?(移住労働者と連帯するネットワーク)…PDF版リーフレットもダウンロードできます。


Banner2←何か感じていただけましたら、クリックひとつ、お願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ←「おおっ」と思われたら、クリックひとつ、お願いします。

« 『週刊ポスト』連載ルポ「日系外国人は告発する」第3回 | トップページ | サンドラ母子在留特別許可!/ベトナム難民、在留特別許可! »

2006入管法改定」カテゴリの記事

おすすめサイト」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61333/8572060

この記事へのトラックバック一覧です: 入管法改正案:指紋採取、顔画像採取:

» 民主党は修正案提出か? [みちくさ(Michikusa)]
 本日3月22日午後、入管法の改正案を審議している衆院法務委員会では、民主党と社 [続きを読む]

« 『週刊ポスト』連載ルポ「日系外国人は告発する」第3回 | トップページ | サンドラ母子在留特別許可!/ベトナム難民、在留特別許可! »